竹野内豊主演「イチケイのカラス」あらすじ感想第7話 開かずの間が開かれる

ドラマ

 

イチケイのカラスがドラマ化

漫画でも楽しめたし、ドラマも楽しみだなあ。

無料で見るのはどのサイトがいいのかな。

こういった悩みを解決します。

 

結論

「イチケイのカラス」は2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】に登録すれば見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\イチケイのカラスが無料で視聴可能です。/

FODプレミアム

2週間以内の解約なら完全無料!

”上記の情報は2021年4月9日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

イチケイのカラス 第7話あらすじ

弁護士時代のみちお(竹野内豊)が最後に担当した12年前の東丸電機殺人事件。東丸電機の研究部主任だった被告人の仁科壮介(窪塚俊介)は、被害者である同社の経営戦略部部長・布施元治(中野剛)から研究部門の解体および製造部門への異動を命じられたことが原因で彼と度々トラブルを起こした挙句に撲殺した罪で、無期懲役を言い渡されていた。だが仁科は、判決後も無罪を主張し続け、獄中で命を絶ってしまう。仁科は、事件現場から逃げていく男を目撃したと主張していた。その男こそ、イチケイが扱った窃盗事件の被害者で、国税庁OBの志摩総一郎(羽場裕一)だった。この窃盗事件がきっかけで、志摩が所長を務めるオメガ会計事務所が、東丸電機を含む大手企業数社の脱税に関与していた疑いが浮上していた。

 坂間(黒木華)は、仁科の妹・由貴(臼田あさ美)を訪ね、再審請求をすれば12年前の事件の真相を明らかに出来ると説得するが、断られてしまう。そんな坂間と入れ違いで由貴を訪ねたのが、みちおの元同僚でもある弁護士・青山(板谷由夏)だった。ふたりの説得が功を奏し、再審請求を決意する由貴。弁護人を務めることになった青山は、ただちに会見を開き、今回の再審請求について公開での審理を求めた。

再審を認める判決を受け、次長検事の中森(矢島健一)と検察官の小宮山(テイ龍進)は、期限の3日以内に「即時抗告申立書」を出すよう、城島(升毅)と井出(山崎育三郎)に命じる。「開かずの扉」と言われる再審請求――その扉は今回も開かないものと思われたが……。

公式HP https://www.fujitv.co.jp/ichikei/story/index.html

第7話の見どころ感想

12年前の判決

無実の罪で無期懲役を受けた

再審請求をすすめる坂間

妹は再審請求をしないという。

 

ようやく見つけた居場所を失いたくないという。

 

みちおが裁判官を目指すことになったのもあの事件があったからと。

 

仁科の妹が再審請求を決めた

通常非公開で行われる再審請求

検察は即時抗告をするように命令する

 

城島が俺がやっておくと言っていたが、わざと忘れたという。

最初からそのつもりだったのだ。

 

中森から何をやったのかわかっているのかと問われるが。

 

しかし、こんなことをするために検察になったんじゃないと中森につめよる。

こんなことをしてといいかけるが、

 

とばせ!といいきる

 

なにが真実なのか

第1回公判が開かれた。

12年前の事件で弁護人を務めた入間みちお

 

開廷に先立ち、公正な裁判を行えないと判断されたなら、弁護人、検察官、異議を唱えてくださいという。

 

どこまでも公正な裁判を徹底するみちおかっこいいですね。

 

仁科さんは無実を訴えて命を絶ってしまった。

もし万が一、かつての裁判が間違っていたのなら、正す。

司法の過ちは司法でしか正せない。

 

当時の証拠及び証言を改めて調べたいと思います。

 

職権を発動します

日高さんを信じたいが真実を明らかにしたい。

 

仁科は、事件現場から逃げていく男を目撃したと主張していた。そしてその男こそが、イチケイが扱った窃盗事件の被害者で、国税庁OBの志摩総一郎だった可能性が高い。

この窃盗事件がきっかけで、志摩が所長を務めるオメガ会計事務所が、東丸電機を含む大手企業数社の脱税に関与していた疑いが浮上していた。

 

当時のドライブレコーダーに映された志麻宗一郎だとされる証拠は決定的なのか。

 

検察が隠そうとしていたことは事実なのか。

検察から

忌避申し立て

裁判からはずされそうになるみちおたち。

スポンサーリンク

 

拒否をすれば最高裁に申立し、差し戻し、判断を改めるよう指導されるという元々描かれていたストーリーだった。

思ったよりも早い差し戻しにより、裁判官を変えられてしまう。

 

次が最後なら法廷に呼びたいというみちお

 

その人物とは、

 

中森次長検事

 

日高最高裁判長

 

これは面白くなってきましたね。

第3回公判

歩き方のわかる最新の技術で、当時のドライブレコーダーの検証が行われた。

一致率70%証拠として不十分。

志麻宗一郎の元妻の会社の経理情報も出さず、海外に買い付けと言って逃亡した行動は異常であると判断

中森検察次長の尋問

志麻宗一郎は裏で脱税に関与していたことを知った上で、検察は守ろうとしていたのではとつめよるが、笑いながら余裕の表情で答える中森。

そのような証拠があるのなら、出してみろという。

そこで、井出が国税庁をなぜまもろうとしたのかそれがわかる証拠書類を提出

 

国税庁からオメガへ天下り

その脱税を検察が守っている。

 

全て疑惑に過ぎず、証拠不十分とされてしまう。

 

うーん、憎たらしい!

 

日高の尋問

12年前の書記官の証言

早く審理を行うよう言われた。日高はその証言を偽証という。

 

裁判官を敵視してい他とされる人物の信憑背は低い。

同じ裁判官として、明確な証拠に基づき真理を行えという。

 

みちお敗北か・・・

 

 

最後に、日高に問いかけるみちお

仁科さんと真鍋さん

 

奪ったのは命だけじゃない。

苦しみを、痛みを、憤りを想像してみてください。

遺族に。

 

法に携わるものとして、あなたは上に忖度をして判決を下しましたか。

みちおは日高に問うが、

誰にも忖度をしていないと言い切る日高。

 

さらに、

 

裁判官失格という日高。

 

裁判は終わり、これまでか・・・

 

と思いきや、日高は中森と小宮山と屋上でなにやら話し始めた。

 

国益に関わることは、公表しない方がいい。

中森もそれに同意しながら、正義は複雑という。

これまで、その詳細を聞くことを避けてきた。あえて教えてほしいと中森に聞く。

 

すると、中森が「12年前の真犯人は志麻宗一郎だ。」と答えた。

 

 

中森検事から聞いたことをボイスレコーダに収めていた日高は会見を開き公表

 

真実から目を背けたことを認めた日高は裁判官の職を辞し、罰を受けると会見したのだ。

 

中森から真実を引き出すため、日高が芝居を打ったのだった。

 

7話 まとめ

日高の最後は潔かったですね。

まさか、中森から真実を引き出すために打った芝居だったとは。

 

仁科さんの無罪も確定するといいますが、亡くなった命は帰ってきません。

 

国益に関わるかどうかで、二人の命が司法に殺されたも同然という辛い事件でした。

 

みちおが裁判長でなければなし得ない偉業でしたね。

 

 

「イチケイのカラス」はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば、無料で原作漫画を楽しむことができます。

イチケイのカラス全話の見どころは

動画を見逃しても大丈夫

「イチケイのカラス」は2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】に登録すれば見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\イチケイのカラスが無料で視聴可能です。/

FODプレミアム

2週間以内の解約なら完全無料!

”上記の情報は2021年4月9日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました