竹野内豊主演「イチケイのカラス」あらすじネタバレ見どころ感想第10話 入間みちおの秘密が明らかに

ドラマ

 

イチケイのカラスがドラマ化

漫画でも楽しめたし、ドラマも楽しみだなあ。

無料で見るのはどのサイトがいいのかな。

こういった悩みを解決します。

 

結論

「イチケイのカラス」は2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】に登録すれば見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\イチケイのカラスが無料で視聴可能です。/

FODプレミアム

2週間以内の解約なら完全無料!

”上記の情報は2021年4月9日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

イチケイのカラス 第10話あらすじ

 みちお(竹野内豊)は、弁護士時代の同僚でもある青山(板谷由夏)と、彼女の母親の多恵(銀粉蝶)に会いに行く。愛犬みちこの弟妹が生まれたからだった。帰り道、青山は、独立して事務所を立ち上げるにあたって、得意の企業法務だけでなく国選弁護もやっていくつもりだとみちおに告げる。青山は、その国選弁護である案件を担当するため、またイチケイに通うことになる、と続けた。

 あくる日、駒沢(小日向文世)は、レアケースの案件が上がってきたので合議制で審理する、とみちおや坂間(黒木華)たちに伝える。それは傷害事件だったが、被告人が『名無しの権兵衛』なのだという。青山が弁護人を引き受けた案件だった。

 第1回公判。どこか飄々とした雰囲気を持つ被告人(板尾創路)は、名前はもちろん、自らの素性を明かすことを拒む。事件は、当時17歳だった被害者の朝倉純(小野寺晃良)の胸部を工具で殴打し、ケガをさせたというものだ。この事件の背景にあるのは、路上生活者に対する少年たちの投石事件だった。河川敷で路上生活者仲間とバーベキューをしていた被告人は、被害者の純を含む5名の少年たちから石を投げつけられた。少年たちを追いかけた被告人は、純を捕まえて注意をした。すると、そのことに腹を立てた少年たちは再び投石行為に及び、路上生活者のひとりにケガをさせてしまう。純を探し出した被告人は、もみ合いになった際に彼が持っていたスパナを奪って殴りつけたという。純は肋骨が折れるほどの大ケガだった。だが、みちおから、起訴事実について間違いはないか、と問われた被告人は、間違っている、嘘だと答えた。そして、自分は嘘が嫌いだ、と言い放ち……。

公式HP https://www.fujitv.co.jp/ichikei/story/index.html

第10話の見どころ感想

被告人名無しの権兵衛

第1回公判

名前を教えないという被告人。

 

罪状は、路上生活者を襲った少年達の1人、朝倉純をスパナで殴り、肋骨を折る重傷を負わせた。

検察のいうことは嘘というが、自分の名前は明かさない。

被告人は無実なのか・・・

 

名無しの権兵衛を入間みちおがどう裁くのかが今回の見どころです。

 

名無しの権兵衛を弁護するのはみちおの弁護士時代の同僚、青山

 

被告人は、積極的路上生活者・ポジティブ路上生活者と自らのことを説明する。

ものを持たないシンプルライフ、周りからはかんちゃんと慕われているようで、

 

河川敷で野菜を育て、川でしじみをとり、かんちゃんのしじみは、料亭からも買いに来ると言います。

 

投石をしてきた少年たちを探し、河川敷の草むらに被害者が苦しんでいるところを見つけた。

 

朝倉純くんを法廷によんでくれないかな。

嘘は心を蝕むから。

 

私は嘘が嫌いだと被告人はいいます。

 

みちおを守る会は

おいでやすこが、矢部太郎の登場でした。

嘘が嫌いなのに名前を名乗らない名無しの権兵衛

 

これまでのみちおを見守る会の登場人物は

ドラマ「イチケイのカラス」原作と微妙に違う作者の意図 全話のみちおを見守る会 登場芸人は?
竹野内豊が主演のドラマ「イチケイのカラス」 初回から、楽しみにみていますが、このドラマには原作漫画があるんですね。

 

 

弁護士青山

みちおの弁護士時代の同僚だった青山は、元々企業弁護士。

儲からない国選弁護人を受けたのには理由があった。

青山が名無しの権兵衛の素性を話さないのは、その理由からなのでしょう。

 

そして、名無しの権兵衛の素性を知らなくとも、裁判には影響がないとし、

被告人のアリバイを証明できるといいます。

 

 

被害者が119番をした同時刻、かんちゃんのしじみを買い付けに来た鷹和建設の原口人事部長が、一緒にいた二人が、料亭に電話しているときの会話を聞いています。

予約した電話の時間が証言できれば、アリバイが確認できると言います。

鷹和建設の原口にその2人の素性を明らかにするよう、証人として出廷を依頼しますが、証言にも応じません。

 

誰なのかを証言できれば、アリバイが証明できるのにもかかわらず、証言に応じないのには、その二人に知られてはいけない重要な事実があるに違いありません。

スポンサーリンク

 

被害者の証言

法廷で朝倉純が被告人にスパナで殴られたことを証言します。

 

被告人には我流で身を守る練習をしている。

嘘は嫌いなんですよね?

 

被害者の少年に嘘はダメだというなら、あなた自身も嘘をついてはいけません。

いまだ名前を名乗らない被告人に坂間が妹トークを始めます。

 

嘘の種類は9種類

・悪事を隠す嘘

・方便

・優しい嘘

・言い訳、言い逃れ

・自己保身

・自分をよく見せようとする嘘

・冗談

・守れない約束

・悪意のない嘘

 

どういう理由でどういう嘘をついているのかを見極めなかればならない。

 

裁判長!

坂間からの誘導で、みちおが職権を発動します。

 

依頼人を守るという青山。

名無しの権兵衛と青山との関係が明らかになった時、その過去が紐解かれていきます。

そして、嘘をついていた理由が明らかになった時、全てのパズルが組み合わさりました。

 

裁判所主導で捜査

再度の出廷を依頼しようと鷹和建設を訪れますが、人事部長の原口が長期休暇を取って雲隠れしていました。

そして、その影には検察も動いていました。

 

つまり、それは、知られてはいけない何かがあったのです。

 

鷹和建設は、例の巨額脱税のうちの一社で最も脱税額が多い会社だった。

特捜が慎重に動いているということは、原口と一緒にいた人物に政治絡みの人物がいるということ。

 

一人は社長の的場の可能性がある。

 

 

主任検事の城島はみちお達にあるヒントを伝えます。

河川敷近くに的場御用達の店、看板のない店を探ってみろという。

 

犬がお手をできるようになってから

かたいかたい

お利口という意味の方言というが、どこの方言かわからない。

 

そしてみちおが、富山の方言かも知れない。

青山との接点が見えてきたようです。

 

少年の危険な状態は高度な処置により回避されていたようです。

青山の母は名無しの権兵衛と接点があった。

 

人口千人、長い間名無しの権兵衛は富山で医師をしていた。

そこで、危険な状態の妊婦の出産を行ったが、妊婦は死んでしまった。

 

そして、失踪。

青山が失踪するまで支えていたのが青山の母

 

母が彼のことを探していたのが、こんな形で会うのか。

 

素性を隠そうとする事実は。

 

母が批難を受けることになるという青山に、

だからって、法に嘘をつくの?

 

みちおに問われる青山にも心境の変化がありました。

第10話 まとめ

全ての嘘がなくなった時、真実が明かされる。

青山の母と名無しの権兵衛との関係

 

被告人と被害者との関係

 

嘘をつかなければいけなかった理由が全て明かされ、すっきりしましたね。

 

そして、坂間と青山が飲みにいきます。

議題は入間みちお。

みちおがなぜ、中卒なのか、過去が明かされた神回でした。

 

次回は最終回。さよなら入間みちお

絶対に見逃せませんね。

 

 

 

「イチケイのカラス」はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば、無料で原作漫画を楽しむことができます。

イチケイのカラス全話の見どころは

動画を見逃しても大丈夫

「イチケイのカラス」は2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】に登録すれば見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\イチケイのカラスが無料で視聴可能です。/

FODプレミアム

2週間以内の解約なら完全無料!

”上記の情報は2021年4月9日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました