竹野内豊主演「イチケイのカラス」あらすじ感想第4話 坂間が職権を発動!イチケイのカラスの意味が判明!

イチケイのカラス

 

イチケイのカラスがドラマ化

漫画でも楽しめたし、ドラマも楽しみだなあ。

無料で見るのはどのサイトがいいのかな。

こういった悩みを解決します。

 

結論

「イチケイのカラス」は2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】に登録すれば見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\イチケイのカラスが無料で視聴可能です。/

FODプレミアム

2週間以内の解約なら完全無料!

”上記の情報は2021年4月9日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

イチケイのカラス 第4話あらすじ

みちお(竹野内豊)は、坂間(黒木華)を訪ねて裁判官官舎にやってきた彼女の妹・絵真(馬場ふみ)と出会う。大学で考古学の研究に携わっている絵真は、休暇の予定が流れたためしばらく坂間のもとにいるつもりだという。

そんな絵真とすぐに意気投合するみちお。坂間とAI裁判官について話していた際、ふいに絵真から、姉はどんな裁判官なのかと尋ねられたみちおは、裁判を傍聴してみてはどうかと言い出す。

絵真は、みちおと一緒に、坂間が裁判官を務めた美人局行為による詐欺事件や、銃刀法違反など、いくつかの公判を傍聴する。だが坂間の裁判官ぶりは、傍聴マニア「みちおを見守る会」のサイトで、「面白くない」「心がないベルトコンベアー裁判官」などと酷評されてしまう。

すっかりイチケイに溶け込んだ絵真は、サイトの評価を気にする坂間を尻目に、もっと傍聴したいと言い出す。そこにやってきた駒沢(小日向文世)は、家裁から逆送されてきたある少年事件を合議制で扱いたい、とみちおたちに告げる。

被告人は17歳の望月博人(田中偉登)。半年前に高校を中退した博人は、東京ドリームランドというレジャー施設でアルバイトスタッフとして働いていたが、あるとき売上金5000万円を盗んで逃亡。警察に逮捕されそうになった際には、繁華街のビルの非常階段から盗んだ現金をばらまいていた。

難しい案件だったが、みちおは、裁判長は坂間がいいのではないかと提案する。

そして始まった第1回公判。だが博人は、取り調べ時と同様に完全黙秘を貫く。じっと博人を見つめていたみちおは、まず裁判官のことを知ってもらうのはどうかと言い出し、坂間は優秀だが、心を開かない被告人に戸惑っている、と伝えた。

すると駒沢も、黙秘が不利に扱われることはないが、反省しているかどうかわからないため、正直に話す被告人と比べると相対的に判決が重くなることはあり得る、と続けた。

それに対して、話すように無理に勧めるのは黙秘権の侵害にあたり、弁護士会からクレームがくると抗議する坂間。それでもみちおはお構いなしに、「この裁判官、頭でっかちなところがあると被告人は思いましたね。その通りです」というと、博人はクスッと微笑んだ。

国選弁護人の辰巳(夙川アトム)が博人の周辺調査に注力していないことを知った坂間は、みちおに促され、彼が育った児童養護施設を訪れる。博人は、8歳のころに両親と死別し、この施設で育ったのだ。

そこでみちおたちは、9年前、博人と同じ日に施設にやってきたことから、兄弟になろうと誓い合ったという吉沢未希(ついひじ杏奈)と、滝本陸(細田佳央太)に出会う。陸は、罪を犯した博人に怒りを向け、縁を切ったと言い放つが…。

第2回公判で、坂間は未希と陸について調べたことを博人に告げる。未希はピアノの才能があり、コンクールでも何度も優勝していたが、1年前、東京ドリームランドのジェットコースターで起きた事故で左手を負傷して麻痺が残り、ピアニストになる夢を諦めていた。事故があった日は未希の誕生日で、東京ドリームランドに誘ったのは博人だった。

事故を起こした施設側は起訴されたものの、不慮の事故として無罪。博人は判決後に高校を中退し、東京ドリームランドで働き始めていた。

その最中、坂間は居眠りをしていた辰巳を一喝。そんな坂間を見つめていた博人は、「法律なんてクソだ」とつぶやく。みちおは、やっと君の声が聴けた、といって微笑むと、未だに「なぜ」がたくさん残っている被告人にこのまま判決を下せるか、と坂間に問いかけた。

駒沢、そして検察側の井出(山崎育三郎)までもが、みちおに同調。そこで坂間は、職権を発動し裁判所主導で改めて捜査を行うと宣言する。

みちお、坂間、石倉(新田真剣佑)の3人は、東京ドリームランドの管理責任者だった門田(水野智則)に会いに行く。そこで門田は、博人から妹のような存在が事故に巻き込まれた、本当に不慮の事故だったのか、と尋ねられたことを打ち明ける。

だが、そこに1年前の事故の公判を担当した顧問弁護士の稲垣(前川泰之)が現れる。国内屈指のファームに所属し、主に不祥事で社会的信用を落とした企業の法務を得意とする稲垣は、仕事に戻るよう門田に指示すると、裁判は白を黒に、黒を白にすることもできるオセロだと言い放つ。稲垣にとって裁判はゲームで、そのすべては金のためなのだという。

イチケイでは、川添(中村梅雀)や浜谷(桜井ユキ)、糸子(水谷果穂)に、井出や城島(升毅)、辰巳も加わって、博人が金を強奪し、非常階段からばら撒くまでの空白の3時間について調べるため、膨大な量の防犯カメラ映像をチェックしていた。

すると、その中の一つに、博人が金をばら撒いた場所とは別方向に向かうバスに乗り込む姿が写っていた。

みちおと坂間は、博人に会いに行き、門田のこと、そして空白の3時間のことを切り出す。イチケイから送られてきたバス停の映像を見せられた博人は、動揺を悟られないように耐え、席を立って接見室から出て行こうとした。

坂間は、そんな博人に、あなたの夢はなんですか、と問いかけ、すべてを投げ打っても大切な人のために犯行に及んだ理由があるのではないかと必死に訴えた。だが博人は、遮へい板を叩き、連れ出されてしまう。

その夜、イチケイでは、空白の3時間を埋めるために、博人ではなく、関係者の行動を調べ始める。そこで、ついにある映像を見つけ…。

第3回公判。坂間は、犯行後に陸と会っていた映像を博人に見せる。すると博人は、陸は関係ない、自分1人でやったことだから早く判決を、と言って泣きながら土下座する。

みちおたちは、児童養護施設を訪れ、陸と未希に所在尋問する。そこで井出は、未希の左手は最先端医療で完治する可能性が高いが、高額な医療費が必要であることに触れると、博人の犯行動機について話し始めた。

博人は、5000万円という大金を敢えて盗むと、手術に必要な金額だけ抜いてそれを陸に渡し、その目的を悟られないための偽装工作として、衆人環視の中で金をばら撒いたのだ。金は紛失したり、持ち去られたりして、予め手術費用が抜き去られているとは誰も思わない。博人だけが捕まることで成立する犯行計画だった。

スポンサーリンク

博人と仲違いしているように振る舞うのはつらかっただろう、と陸に声をかけるみちお。陸の目から涙が溢れた。手術費用は奨学金支援制度で集めたと聞かされていたが、それが嘘だと気づいていたという未希は、博人と陸を重い罪にしないでほしい、と何度も頭を下げ…。

坂間は、博人に懲役3年、執行猶予3年と保護観察処分を言い渡す。博人から、陸と未希のことを尋ねられた坂間は、陸は家庭裁判所で審理にあたり、未希の手術は中止になったと告げる。すると激高した博人は坂間に飛びかかろうとして、刑務官に取り押さえられる。

法壇を降りた坂間は、博人を放すよう刑務官に指示すると、自分のことを許さなくてもいい、博人の苦しみ、憤りを受け止めると告げる。「そして願っています。いつかあなたが、あなたたちが手を取り合い、前を向いて生きてくれることを。あなたが逆境を跳ね返し、努力して自分の人生を切り開いてくれることを。そして、つらい経験があったからこそ今があると、いつかそう思える日がくることを」。坂間は、そう博人に伝えて……。

みちおは、判決後も法廷で動けなくなっていた坂間に、誰よりも被告人のことを考えていた、坂間にしかできない裁判だった、と声をかけ、法廷を出て行く。ひとり残された坂間は、涙を流し…。

絵真は、「そば処 いしくら」で「みちおを見守る会」のサイトを見ていた。サイト内でも坂間の今回の裁判は話題になっていた。

そこにやってきた駒沢は、みちおは坂間が「イチケイのカラス」になれると思っているはずだと伝える。みちおが裁判官を志したとき、ワタリガラスの創世神話を話していたことがあるという。

神話の中のカラスは、気まぐれに世界を創っているが、その知恵を駆使して、自ら人間に光や火や水を与えたりもする――神様や英雄のような存在ではないが、何者にも束縛されない個性的で自由の象徴だった。駒沢は、みちおと坂間の化学反応で何か生まれるのか、楽しみだと絵真に告げた。

別の日、みちおは、稲垣に会いに行く。みちおは、オセロの続きがやりたくなった、というと、昔の弁護士仲間の青山瑞希(板谷由夏)を紹介する。青山は、東京ドリームランドの事故の件で、民事で損害賠償請求を出そうと動いていた。

絵真と食事の約束をした坂間は、あるレストランを訪れる。と、そこにはなぜかみちおの姿があった。みちおも絵真に呼び出されたのだという。

するとそこに、「お似合いだと思うよ、お姉ちゃん。私からのプレゼント」という絵真からのメッセージが届く。お互いにデートに見えるから嫌だと言いあうみちおと坂間。その店の前を通りかかった石倉は、そんなふたりの姿を目撃してしまい…。

公式HP https://www.fujitv-view.jp/article/post-292056/

第4話の見どころ感想

坂間の鋭い判断能力から、エンディングの可愛い表情まで、黒木華の神回だと、ネットでも大絶賛でしたね。

涙のシーンは、感動の素晴らしい名演技でした。

坂間の裁判を傍聴

妹が傍聴し、姉の裁判の様子を伺う。

 

的確な判断で裁き、みちおを見守る会からは、ベルトコンベアー裁判官と言われてしまう。

坂間は気にしないと言いつつも、ネットを検索し、めちゃくちゃ気になってましたね。

 

今回のみちおを見守る会は

今回は空気階段の二人がみちおを見守る会として登場しました。

 

坂間の判決を「面白くない」、「ベルトコンベアー裁判官」、「駄作製造機」とこき下ろします。

職権を発動します。

ベルトコンベア裁判官が入間った!
痺れましたね〜♪
周りから誘導されたとは言え、実刑判決か、執行猶予か、決められない・・・
坂間が初めて、裁判所主導で捜査をし直すことになりました。

イチケイのカラスになれの意味が判明!

坂間はきっとイチケイのカラスになるという駒沢

みちおが裁判官になる時にワタリガラスの神話について話していました。

 

神話の中のカラスは気まぐれに世界を作っている。ただその知恵を駆使して、人間に光や火、水を与えている。英雄じゃないけど、自由の象徴。

 

3本足のカラスは、英雄じゃないけど自由の象徴。裁判官はその知恵を駆使して、人間に光、道を示すものなんですね。

 

単に被告人を裁くだけではなく、将来のことを考えて判決を言い渡す。

こんな裁判官が増えたら良いですよね。

 

まさに被告人にこれからの人生をしめすことができた神判決でした!

第4話のまとめ

隠しておきたい真実が暴かれることを怯える被告人。

 

客観的事実に基づき裁く必要があるという坂間。

 

AI裁判官は悩まないんだろうという入間。

 

事件の真相は3人の強い愛情から、犯行に及んだのだったが、望んだ結果には至らなかった。

 

法律はクソだ!

 

あなたは罪を犯しては行けなかった。

あなたの苦しみ、憤りを受け止めます。

 

前を向いて生きていけることを

自分の人生を切り開いていけることを

心から願っています。

 

 

強い絆だが、事実を知ってしまったことで、誰も喜ばない。

 

そんな愛情が交差する感動の判決でしたね。

 

次回は前代未聞の結末が!

「イチケイのカラス」はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば、無料で原作漫画を楽しむことができます。

イチケイのカラス全話の見どころは

動画を見逃しても大丈夫

「イチケイのカラス」は2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】に登録すれば見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\イチケイのカラスが無料で視聴可能です。/

FODプレミアム

2週間以内の解約なら完全無料!

”上記の情報は2021年4月9日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました