silent いろいろつらい第6話 奈々の夢のシーンに号泣でした

silent

奈々さんの演技すごかったね

 

第6話は色々辛かった

想と奈々

想と紬

想と湊斗

想と萌

それぞれの思いが交差する第6話

だんだんと聞こえなくなっていった想

 

ろう者の就活セミナーで出会って、想の思いを感じ取って聞いてあげた奈々

 

筆談が素敵でしたね。

 

奈々と手話することを目標に頑張ったという想

奈々にだけ伝わればいい

こんなこと言われたら好きになっちゃうよね。

 

奈々ちゃんの夢に出てきたバックは欲しかったけど、使えないハンドバッグでした。

いつもリュックなのは、両手が塞がると不自由だもんね。

聞こえない無音の夢の中では、奈々は聴者のように電話できないのに想と電話し、

本当の恋人のように、手を繋いで歩いている。

 

演出でそこまで見せるシーンに大号泣でした。

 

何気に見ているだけでは普通のシーンも聴者には気づけない。

スポンサーリンク

 

 

想が戻ってくるのならと

聞けないCDを処分しようとする母

それを止める父と

私がもらうという萌の優しさ

色々辛すぎた

 

想からの電話に聞こえるはずもない耳を近づけたの、声が聞きたいという意味もあったけど、あなたが好きだって意味だった。

離れた場所からそのことを知った紬ちゃんの表情がなんとも言えなかったな。

まとめ

奈々との出会いは、想の手話を覚えたきっかけにすぎず

想には恋愛感情なし。。。

いろいろ辛い第6話に大号泣でした。

次回も楽しみですね。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました