ドラマ「silent」めめの演技に泣いた 目黒蓮と川口春奈の再会シーン 最終話までの見どころまとめ

silent

silentみたけど、ラストシーン号泣しちゃったよ

10月6日(木)スタートのドラマ「silent」が泣けると話題ですね。

私も、号泣しちゃいました。

 

silentシナリオ本

created by Rinker
¥1,650 (2023/02/06 04:01:24時点 楽天市場調べ-詳細)

Blu-ray &DVD

 

ドラマ「silent」めめの演技に泣いた 目黒蓮と川口春奈の再会シーン 最終話までの見どころまとめ

スポンサーリンク

 

高校卒業後、一方的にふられた形で、別れてしまった想(目黒蓮)と紬(川口春奈)

偶然出会った想は耳が聞こえなくなっていました。

 

耳が聞こえなくなった想の手話をみても、何を言っているのか理解できなかった紬でしたが、本当の想の思いが伝われば、別れたいと言った理由も理解できたでしょうね。

 

ネットでも泣けたという声が多く寄せられていました。

 

ほんと、私も最後涙いっぱい泣きました。

第1話から、大号泣させられるドラマって、これからますます目が離せませんね。

 

 

 

二人の演技も凄すぎ

手話で伝えようとする想の思いがわからない紬のもどかしさ

辛かったね。

涙ながらに伝える想くん見てたら、号泣しちゃった。

 

めめの演技が神でしたね。

言葉を出さず、表情だけであそこまで表現できるなんて、

SnowManとしての目黒蓮の顔と俳優としての目黒蓮の顔をあわせ持つなんて、素敵すぎです。

ますますファンになってしまいました。

「好きな人がいる、別れたい」って、好きだから、別れたいってことだったのかも

 

 

最後の「お前、うるさい」

高校時代を思い出しちゃった。

最初の楽しそうな「うるさい」

最後の辛そうな「うるさい」

同じ言葉なのに、全く違う意味になっちゃうんですね。

それを表現できるめめってすごい!

 

 

川口春奈ちゃんの高校生姿もかわいかったね

 

サッカーボール転がしたら雪だるまになるって可愛すぎ

SnowManさりげなく入れ込んできて、最高

同じ世界線ってくだりも髭男だもんね。脚本素敵だね。

 

改めて学校ってすごいところだったと思わせる一言でした。

いやでも週5で好きな人に会える場所って、ほんとそう💕

 

想のことが気になった湊斗(鈴鹿央士)は想の実家へ

妹の萌(桜田ひより)がつい話してしまった耳が聞こえなかったこと。

 

ショックでしたよね。

 

ひよりちゃんもめちゃくちゃ可愛いですね。

 

桜田ひより 19歳

小さい頃は成田ひよりとしてモデルを中心に活躍

『Seventeen』専属モデル

2014年、ドラマ『明日、ママがいない』に児童養護施設に暮らす子どもたちの一人として出演し脚光を浴びる。

最近では

スポンサーリンク

2022年4月期の夜ドラ『卒業タイムリミット』と7月期のドラマL『彼女、お借りします』でそれぞれヒロイン役、8月から放送のドラマイズム『生き残った6人によると』でも主演を務めるなど、現在注目の女優さんです。

目がくりくりして可愛らしい女優さんですが、子役時代からなので、芸歴は長いんですね。

 

次回の第2話の予告

二人の止まった時間が動き出す感じですね。

紬も手話を勉強して、想に思いを伝えるのかな。

第1話のあらすじ・みどころ

高校時代に彼の声と紡ぐ言葉に惹かれた青羽紬(川口春奈)は3年の時に佐倉想(目黒蓮)と同じクラスになる。中学からの幼馴染である戸川湊斗(鈴鹿央士)の紹介もあり、二人は音楽という共通の趣味をきっかけに仲良くなり、愛おしいかけがえのない時間を過ごしていた。

大学進学というタイミングで東京と群馬で離れ離れになるも、何も心配することはないと思っていた紬だったが、紬は想から一方的に別れを告げられてしまう。何が理由なのかもわからないまま振られた紬。8年という時が過ぎ、紬は心残りはありながらも、今は大型CDショップで大好きな音楽に囲まれて働きながら、湊斗と幸せな日々を送り、2人の将来を考えるようになっていた。

しかし、そんなある日、駅で想の姿を偶然見かける。思わず声をかける紬だったが、彼にはその声が届いていなかった。なぜなら彼は…

https://www.fujitv.co.jp/silent/story/story01.htmlより

第2話のあらすじ・みどころ

青羽紬(川口春奈)は8年ぶりに佐倉想(目黒蓮)と偶然の再会を果たすも、手話で一方的に話され、状況が把握できずに立ちすくむ。一方、想はこの8年間の想いが募り、行き場のない気持ちを消化できずに紬のもとから立ち去る。そんな様子をみていた桃野奈々(夏帆)は、想のもとに駆け寄り、そっと寄り添うのだった。

想は高校卒業のころに耳に違和感を抱くようになり、その異変にいち早く気づいた母の律子(篠原涼子)が病院に連れて行くと、遺伝性の可能性があると診断された。自分のせいかもしれないと責任を感じ、なかなか受け入れられない律子に対し、想は申し訳なく感じ、そのまま上京することを決め、紬にも病気のことは隠して別れを告げた過去があった。

戸川湊斗(鈴鹿央士)は紬と想が再会したことに不安はぬぐえないものの、想いとは裏腹に、春尾正輝(風間俊介)の手話教室を紹介する。想と話せるようになりたいと思う紬は手話教室に通うことを決意し、想に「もう一度会って話したい」と告げるが…。

https://www.fujitv.co.jp/silent/story/story02.htmlより

第3話のあらすじ・みどころ

青羽紬(川口春奈)と佐倉想(目黒蓮)、どちらも大切な存在だからこそ本当の気持ちを伝えることができなかった高校時代から8年の時が経つ。戸川湊斗(鈴鹿央士)は、今は自分が紬の一番近くにいるという自負と、心のどこかに残る不安を抱えながら過ごしていた。そんな中、紬と想が一緒にいるところに遭遇してしまった湊斗は気持ちの整理がつかない。

想は桃野奈々(夏帆)と一緒にいる時に、一方で紬は春尾正輝(風間俊介)から手話レッスンを受ける中で、聞こえる人と聞こえない人との間にある距離感を、実感をもって感じていく。そんなある日、想はあることのために紬の家へ向かうが、そこに紬の姿はなく…

https://www.fujitv.co.jp/silent/story/story03.htmlより

第4話のあらすじ・みどころ

青羽紬(川口春奈)の家で鉢合わせした佐倉想(目黒蓮)、戸川湊斗(鈴鹿央士)、光(板垣李光人)。思わずその場を去ろうとする湊斗に、紬は想と二人でちゃんと話した方がいいと諭す。

湊斗は8年ぶりに想と向き合う中で何も変わっていないと感じ、高校仲間のフットサルに参加してみないかと誘う。そんな湊斗に対して、紬と想の復縁を懸念する同級生たち。だが、横井真子(藤間爽子)は、紬が今は湊斗のことを本当に大切に思っていることを理解する。 迎えた当日、フットサル場で待つ同級生たち。そのとき、想は…。

https://www.fujitv.co.jp/silent/story/story04.htmlより

エピソード0のみどころ

 

第5話のあらすじ・みどころ

戸川湊斗(鈴鹿央士)から突然の別れを告げられた青羽紬(川口春奈)は、なかなか気持ちの整理がつかないでいた。そして佐倉想(目黒蓮)もまた、2人の関係がくずれたのは自分のせいではないかと懸念し古賀良彦(山崎樹範)に相談する。

紬は春尾正輝(風間俊介)に湊斗の話をする中で、自分が彼のことを大切に思い、本当に好きだったことを実感するとともに、聞こえる聞こえないに関係なく相手に思いを伝えることの難しさを痛感する。そんな中、紬の携帯に湊斗から着信が入って…。

https://www.fujitv.co.jp/silent/story/story05.htmlより

第6話のあらすじ・みどころ

青羽紬(川口春奈)と戸川湊斗(鈴鹿央士)が別れ、佐倉想(目黒蓮)はあらためて自分の紬への気持ちを再認識するようになっていた。しかし、同時に、紬や湊斗から離れ一人で生きようとしていた大学時代に、耳が徐々に聞こえなくなる不安を聞いてくれ、そばで寄り添ってくれた桃野奈々(夏帆)とちゃんと向き合わなければいけないと感じる。

紬もまた、想にとって奈々がどんな存在なのか気になっていた。そんなとき、想のスマホに奈々から着信が。想は奈々に何かあったのかもしれないから代わりに出て欲しいと紬に頼む。困惑しながらも電話にでる紬だったが…。

https://www.fujitv.co.jp/silent/story/story06.htmlより

第7話のあらすじ・みどころ

佐倉想(目黒蓮)は、桃野奈々(夏帆)が泣いていたのは自分に原因があると感じていた。そのことで青羽紬(川口春奈)に心配をかけまいと「紬とは関係ない」と線を引くが、紬はそんな想の態度に壁を感じてしまう。

一方、律子(篠原涼子)は、想が高校時代の友達と関わりをもつようになったことに不安を感じていた。

そんな律子の態度に萌(桜田ひより)は苛立ちをおさえきれない。そんな中、奈々はある決意をもって、想に借りていた本を返しにくる。紬は、想が声で話さないことに疑問を感じ、質問してみるが…。

https://www.fujitv.co.jp/silent/story/story07.htmlより

第8話のあらすじ・みどころ

佐倉想(目黒蓮)は青羽紬(川口春奈)に、声が出せないわけではないが、自分で感じとれないことへの怖さがあることを話し、紬はそれを受け入れる。しかし、2人の距離が縮まるほどに、想は自分と一緒にいるのが大変なのではないかと紬を気遣うようになり、紬は否定するものの、なかなか思いは伝わらない。

一方、桃野奈々(夏帆)は春尾正輝(風間俊介)との再会を果たす。「紬と想を見ていたら春尾くんのことを思い出して」と言う奈々。そんな中、紬は実家の群馬に帰り、母・和泉(森口瑤子)に想のことを話そうとするのだが…。

https://www.fujitv.co.jp/silent/story/story08.htmlより

 

第9話のあらすじ・みどころ

久しぶりに実家に帰ってきた佐倉想(目黒蓮)は、空になったCDラックを見て、大学にサッカー推薦で入ったものの、耳が聞こえにくくなったことで部活を辞めてしまったことや、青羽紬(川口春奈)に別れを告げると決めた日、母・律子(篠原涼子)に友達には病気のことを隠してしてくれと伝えたこと、そして大好きな音楽から自分を遠ざけてきた過去を思い出す。

一方の紬は、東京の部屋でCDを整理しながら音楽への想いについて考えていた。ある用事のために実家へ戻っていた戸川湊斗(鈴鹿央士)は、偶然にも同じタイミングで想も実家に帰っていることを知り、会いにいくことにするのだが…。

https://www.fujitv.co.jp/silent/story/story09.htmlより

第10話のあらすじ・みどころ

青羽紬(川口春奈)の部屋にCDを借りにきた佐倉想(目黒蓮)は、2人の距離が近づいていく中で、紬の笑顔を見るたびにうれしくなる反面、ふと紬の声が自分に聞こえてこないことを寂しく感じてしまう。

横井真子(藤間爽子)から、どうして想と付き合わないのかを問われた紬は、そんな想の様子を心配し、なにか言いづらいことがあるのだろうから、呑気に付き合ってほしいなんて言えないと答えるのだった。

そんな2人の事情を紬の弟・青羽光(板垣李光人)から聞いた戸川湊斗(鈴鹿央士)は、あることを伝えるために想を呼び出すことに…。

https://www.fujitv.co.jp/silent/story/story10.htmlより

最終話のあらすじ・みどころ

「一緒にいるほど、好きになるほど辛くなっていく。…声が聞きたい。もう聞けないなら、また好きになんてならなきゃよかった」と青羽紬(川口春奈)に想いを伝えた佐倉想(目黒蓮)。紬はそんな想に自分の気持ちを伝えるが、想には響かない。

お互いの気持ちがすれ違う中で、紬は戸川湊斗(鈴鹿央士)から、想は桃野奈々(夏帆)から、それぞれある言葉を投げかけられる。そして、二人は別々にある場所へと向かう…。

…変わったものがあって、それでも変わらないものがある。8年という時を経て再び出会った二人がたどりつく結末とは…?

https://www.fujitv.co.jp/silent/story/story11.htmlより

まとめ

最終話までの見どころをまとめました

毎回、泣かされてしまうsilent

最終回は怒涛の伏線回収

最後までお読みいただきありがとうございました。

silentシナリオ本

created by Rinker
¥1,650 (2023/02/06 04:01:24時点 楽天市場調べ-詳細)

Blu-ray&DVD

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました