ドラマ「silent」第2話 「好きな人がいる、別れよう」本当の意味を知って大泣きしました。

silent

silent第2話も泣いたなあ( ;  ; )

 

高校卒業の時から、耳の不調はあったんですね。

耳鳴りがしてて、すごくうるさいと。。。

 

好きな人がいる、その本当の意味を知って、涙腺崩壊でしたね。

 

ここでもうるさいが使われていましたが、うるさいという言葉一つにさまざまな思いが伝わる演出ですね。

 

 

だんだんと聞こえにくくなるというのは、

完全に聞こえなくなる。そういう意味でした。

ある決意とは、紬と別れることだったんですね。

最後に紬の声を聞きたかった想

 

名前で呼んで欲しかったんですね( ;  ; )

 

まさか、聞こえなくなるなんて思わないもんね。

想も紬に本当のこと話せなかったんですね。

 

 

イヤホンを落としたことで、二人が再び会うことができました。

知らなかったとはいえ、想を傷つけたことを謝る紬

 

好きな人がいる、別れよう

好きな人は紬で、耳が聞こえなくなったことを知って悲しませたくなかったから、別れを切り出した想

 

ずっと振られたと思っていた紬でしたが、ようやく本当の意味を知ることになります。

紬を悲しませたくなかった想の気持ちが痛いほど伝わりましたね。

スポンサーリンク

 

好きな人がいる、って送ったで涙腺崩壊です。゚(゚´Д`゚)゚。

 

まとめ

紬は想のことをまだ好きなんじゃないか。

不安になる湊斗は、想と紬が会っていたところに偶然通り掛かります。

 

三角関係勃発かな( ̄◇ ̄;)

 

次回も見逃せません。

 

 

https://yamas-life.com/silent-3wa/

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました