純愛ディソナンス第10話ロケ地や見どころネタバレ感想のまとめ

ドラマ

純愛ディソナンス第10話

ロケ地はどこなのかな?

 

「純愛ディソナンス」第10話のあらすじ、見どころ感想、最終話までのロケ地情報をまとめました。

純愛ディソナンス第10話ロケ地や見どころネタバレ感想のまとめ

スポンサーリンク

この記事では、第10話のあらすじネタバレ感想のほか、

登場したロケ地の場所が特定できたものを掲載しています。

「純愛ディソナンス」で放送されたロケ地 ネタバレ感想

正樹(中島裕翔)のもとに、服役中の元同僚・加賀美(眞島秀和)から手紙が届いた。手紙には「すぐそばに禍が迫っている。過去からは、逃れられない」と書かれていた。加賀美と接見した正樹は、手紙の言葉の意味を尋ねた。加賀美はそれには答えず、愛菜美(比嘉愛未)との結婚や、現在、正樹が冴(吉川愛)と交際していることに触れ、「あの時、俺が言った通りになったな」と告げる。

一方、路加(佐藤隆太)は、『セカプリ』の顧客情報流出の責任をとり、代表の座を退くと発表する。冴は、行方がわからない木之本(清水伸)が関係しているのではないかと路加に告げる。だが路加は、「カリスマ社長をやるのも飽きてきた」などと言って出て行ってしまう。

『モノリスエステート』社長の賢治(光石研)は、路加の謝罪動画を見て喜んでいた。「これでもう私がこの会社にいる必要はないのでは?」と賢治に問う正樹。すると賢治は、「これが最後だ」といって正樹に書類を渡す。それは、正樹の父・秀雄(神保悟志)が理事長を務めていた学校法人『立秀学園』の土地の売買契約書だった。

アルバイトから戻った冴は、自室に静(富田靖子)がいることを知って驚く。だが、冴が部屋を出て行こうとすると、背後で突然、静が倒れた。冴は、静が搬送された病院で、彼女が3年前に胃がんの手術をしており、昨年再発したと聞かされる。

そんな中、賢治からの指示を受けた正樹は、5年ぶりに実家を訪れるが……。

https://www.fujitv.co.jp/lovedisso_fuji/story/index.htmlより

 

 

正樹の実家

モノリスエステートの仕事で正樹の実家へ

そこにいた父は今までの父ではなかった

父・秀雄(神保悟志)が理事長を務めていた学校法人『立秀学園』の土地の売買契約書にハンをもらうだけ

最後に託された仕事が自分の父の学校法人の土地の売買

 

すでに認知症になっている父

正樹が出て行ったことでずっと守ってきた学校を手放さなければならなくなってしまっていた。

 

 

シェアハウスで真実を知る

加賀美から正樹宛にきた手紙

自分の周りに恨んでいるものがいる

その人物こそが加賀美の息子の、晴翔(藤原大祐)でした。

スポンサーリンク

 

晴翔の鞄の中からは鏡との家族写真が。

 

これまで、正樹と冴(吉川愛)の仲を引き裂こうと暗躍していた正体不明の人物『Hermit』も晴翔だったのだ。

 

小坂先生と不倫をしていた父

そのせいで母の精神はボロボロでした。

そんな小坂先生を恨んで、殺したのも晴翔だったんですね。

 

加賀美先生が殺したんじゃなかったんだ。

ずっとモヤモヤしていた誰かを庇っている感じ。ようやく晴れましたね。

 

AYUMI GALLERY

〒162-0805 東京都新宿区矢来町114

 

 

第1話ロケ地

第1話のロケ地はこちらの記事で紹介しています。↓

第2話ロケ地

第2話のロケ地はこちらの記事で詳しく紹介しています。↓

第3話ロケ地

第3話のロケ地はこちらの記事で詳しく紹介しています。↓

第4話ロケ地

第4話のロケ地はこちらの記事で詳しく紹介しています。↓

第5話ロケ地

第5話のロケ地はこちらの記事で詳しく紹介しています。↓

第6話ロケ地

第6話のロケ地はこちらの記事で詳しく紹介しています。↓

第7話ロケ地

第7話のロケ地はこちらの記事で詳しく紹介しています。↓

第8話ロケ地

第8話のロケ地はこちらの記事で詳しく紹介しています。↓

第9話ロケ地

第9話のロケ地はこちらの記事で詳しく紹介しています。↓

まとめ

「純愛ディソナンス」第10話のあらすじ、見どころ感想、最終話までのロケ地情報をまとめてみました。

次回も楽しみですね!

 

純愛ディソナンスの意味は?原作はあるの?最終回のあらすじネタバレ感想まとめはこちらに詳しくまとめています。↓

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました