純愛ディソナンス第6話ロケ地や見どころネタバレ感想のまとめ

ドラマ

純愛ディソナンス第6話面白かった。

ロケ地はどこなのかな?

8月18日(木)に「純愛ディソナンス」第6話が放送されました。

 

6話で登場したロケ地や見どころを紹介します。

純愛ディソナンス第6話ロケ地や見どころネタバレ感想のまとめ

スポンサーリンク

この記事では、第6話のあらすじネタバレ感想のほか、

登場したロケ地の場所が特定できたものを掲載しています。

「純愛ディソナンス」で放送されたロケ地 ネタバレ感想

5年前、正樹(中島裕翔)と冴(吉川愛)の盗撮写真をネットに拡散したことを認めた愛菜美(比嘉愛未)。愛菜美がこれまで優しくしてくれたのは自分をコントロールするためだったと知り、怒りを露にした冴は、愛菜美の本性を正樹に知らせようとするが、愛菜美の妨害に遭い、タイミングを逸する。

一方、正樹は、路加(佐藤隆太)とのコラボ企画『セカプリゾート』の記者発表の準備を進めていた。路加は、ユーザーが記者発表と同時にサービスを利用できるよう、リゾート施設のリノベーションの完成を早めてほしいと正樹に依頼する。正樹は、プロジェクトを成功させるためにも路加のオーダーに応えようと動き出す。

冴が会社にやってくると、何故か母親の静(富田靖子)が来ており、社員たちに菓子を配って回っていた。冴は、静を外へ引っ張り出し、追い出そうとした。だが静は、そんな冴の気持ちなどお構いなしで、まだ正樹に会っている冴のことが心配だったなどと言い出す。

正樹と会う約束を取り付けた冴は、公園で彼に会い、ついに愛菜美のことを話す。 しかし、正樹から返ってきたのは意外な言葉で……。

https://www.fujitv.co.jp/lovedisso_fuji/story/index.htmlより

 

新田のマンション前

5年前の新田との写真をばら撒いたのが碓井先生だったことを慎太郎から聞いた冴。

愛菜美の本性に気づき、新田に本当のことを伝えますが、すでに愛菜美に先手を打たれていました。

 

土台がしっかりしていないと

冴の小説がもうすぐ書き終わる

過去へのけじめだという冴は、慎太郎のおかげで小説を書き始めることができたのでした。

一夜明けて完成した小説を新田に読んでもらうため、会う約束をする冴。

AYUMI GALLERY

〒162-0805 東京都新宿区矢来町114

 

路加とのコラボ企画

記者会見を始めようという時、路加は別会社と同じプロジェクト会見を始めていました。

最初から、碓井の会社を裏切るつもりだったんですね。

スポンサーリンク

愛菜美は全て知っていました。

新田は必ず戻ってくる。

レオーネマルチアーノ

 

新田を待っていた冴

鏡水公園でというメッセージを送っていたのは、新田ではなく、新田のふりをした愛菜美だとも知らず・・・

18:00の待ち合わせに16:42に到着する冴

可愛すぎます!

 

電話をすれども取れない電話。

すれ違いの二人が結ばれる日は来るのか

 

板橋区立舟渡水辺公園

〒174-0041 東京都板橋区舟渡4丁目4−1

 

人生は何を選択するかで全てが変わる

冴に愛菜美が陥れようとしていると言われても、妻の見方をした正樹

路加との契約が元々仕組まれていたことだということも愛菜美は知っていました。だまされていたことを痛感し、絶望しながら歩いていた交差点

 

路加が愛菜美にキスをした交差点

帰ろうとする愛菜美にいきなりキスする路加

父を恨んでわざと近づいていたことも知っていた。

最初から利用するつもりだった。

 

 

何を選ぶのが正解だったのか

そう気付いた正樹が冴にかけた電話は取られることがありませんでした。

タイミングを間違えてしまった二人はもう戻らないのか。

第1話ロケ地

第1話のロケ地はこちらの記事で紹介しています。↓

第2話ロケ地

第2話のロケ地はこちらの記事で詳しく紹介しています。↓

第3話ロケ地

第3話のロケ地はこちらの記事で詳しく紹介しています。↓

第4話ロケ地

第4話のロケ地はこちらの記事で詳しく紹介しています。↓

第5話ロケ地

第5話のロケ地はこちらの記事で詳しく紹介しています。↓

まとめ

「純愛ディソナンス」第6話のあらすじ、見どころ感想、ロケ地情報をまとめてみました。

次回も楽しみですね!

 

純愛ディソナンスの意味は?原作はあるの?最終回のあらすじネタバレ感想まとめはこちらに詳しくまとめています。↓

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました