イチケイのカラスになれ!作中でみちおが坂間に伝えた意味とは?

イチケイのカラス

イチケイのカラスになれ!坂間千鶴。

これってどういう意味なんかなあ。

✅こういった疑問に答えます。

 

 

✅本記事のテーマ

イチケイのカラスになれ!作中でみちおが坂間に伝えた意味とは?

4月5日21:00〜第1話が放送されました。

 

原作はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば、無料で楽しむことができます。

 

第1話は衝撃のスタートでしたね。

 

見るからに堅物のエリート裁判官という感じの坂間千鶴が東京地裁第3支部第1刑事部の立て直しのため、やってきましたが、入間みちおの型破りな判決スタイルに度肝を抜かれます。

 

ふるさと納税で購入したという、いろんなものが、入間のデスク周辺に並んでいます。

 

そして、その中の一つに和歌山の返礼品として額に飾られたカラスの絵が登場します。

 

 

そして、坂間に「イチケイのカラス」になれと言いいます。

 

どういう意味なのかは、作中で明らかにされると思われます。

 

ここで、考察していきましょう。

 

 

イチケイとは

これは、作中でも設定されている入間たちが所属している東京地裁第3支部第1刑事部を指すものです。

通称「イチケイ」と紹介されていますね。

 

カラス

一般的にカラスといえば、知能が高いとされていますね。

わざと車に轢かせることで、食べ物を得たり、人間の言葉がわかると言われたり。

 

スピリチュアル的にもカラスは吉兆をもたらすものとされ、縁起が悪いと思いきや、歓迎や豊作などいい意味を表す場合もあります。

 

八咫烏

神話に登場する八咫烏とは

天照大御神が遣わせたとされるのもカラス

初代天皇が天下を納めることに貢献したとされています。

 

また、サッカー日本代表のエンブレムとしても有名ですね。

 

成功へと導く象徴として、カラスのペンダントも縁起がいいものとされています。

 

法衣

何者にも染まらないという意味もあり、裁判官が判決の際に来ている法衣もカラスのように黒いですね。

イチケイのカラスはカラフル

カラスは真っ黒。何者にも染まらない。

なのに、イチケイのオープニングに用いられているカラスはカラフルですね。

 

これはどういった意味なのでしょう。

いろんな色でみてみる。

 

つまり、やったという嘘も見抜く。

スポンサーリンク

 

そんな見方もできますね。

 

真の意味は第4話で明らかになりました。

>>竹野内豊主演「イチケイのカラス」あらすじ感想第4話 坂間が職権を発動!イチケイのカラスの意味が判明!

 

イチケイのカラス全話の見どころは

まとめ

イチケイのカラスとは、東京地裁第3支部第1刑事部の裁判官として、何者にも染まらないカラス。

 

一番いい方法で、正しい判決を行う。

正義を貫き、勝利の象徴であるカラスのように、何者にも染まらない。

 

いろんな色で、いろんな視点で、

 

真実を突き詰め、罪に正しい罰を下すためには、疑うということが重要なんですね。

 

そんな正しい判決ができる裁判官になれと言った意味が込められているのではないかと思われます。

 

ドラマの中で、徐々に明らかになるのでしょうか。

今後の放送も見逃せませんね。

「イチケイのカラス」は2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】に登録すれば見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\イチケイのカラスが無料で視聴可能です。/

FODプレミアム

2週間以内の解約なら完全無料!

”上記の情報は2021年4月9日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました