進撃の巨人The final season あらすじ感想 第62話(3話) 希望の扉

アニメ

The Final Season 第62話 希望の扉 あらすじ

 

故郷に帰り、母と再会したライナー・ブラウン。その夜、彼は戦士をめざした幼き日々を思い返していた。エルディア人を母に持つライナーの夢は、母と共に名誉マーレ人の称号を手に入れて、離れ離れになった父と共に暮らすこと。巨人の力を継承して世界を救う英雄になれば、その願いが叶うと信じて……。
スポンサーリンク

第62話 希望の扉  感想

第62話は幼少期時代のライナーから始まります。
母親が、マーレ人に生まれていれば、幸せに暮らしていたと小さいライナーを寝かしつけ中に泣いてしまいます。
寝かしつけ中に母親が泣くのは子供かりしたら衝撃的ですよね。
戦士時代のライナーは、今とは真逆な性格で、骨格もまだ小さく泣き虫でなんとも可愛い!!ジークや、アニ、ベルトルトも出てきます。
ジークイケメンすぎて何故髭をはやしてしまったんだと思う主です。
まさかの戦士時代のライナーはドベ。
ポルコと喧嘩し泣くライナーはやはり女性心をくすぐります。
ライナーは、マーレ人の父と、エルディア人との母と3人で暮らすため、戦士を目指しています。
世界一親孝行な息子ですね!巨人を継承したら、13年しか、寿命はありません。
だけど母のために、その13年を捧げる子供ながら本当に健気です。
小さい頃のベルトルトはやはり背が大きく、ベルトルトのままでした。
アニもあのまま小さくした感じでこの三人が揃うと懐かしいです。
ライナーが、鎧の巨人継承しポルコが激怒してます。
ようやく戦士になり、父親を見つけましたが、まさかの、父親から、悪魔の親子と言われました。
これは本当に子供ながらショックですよね。
島の壁を壊すため島に上陸し、ライナーが戦士になれたのはポルコの兄が軍に印象操作したことを知ります。
マルセルは弟を守るために、してしまったそうです。
その時、無知の巨人だった頃のユミルにマルセルが食われてしまい3人は逃げます。
リーダー的存在のマルセルが食われてしまい、作戦失敗し戻ろうとするアニとベルトルトですが、何がなんでも、作戦を成功させようとするライナー。
このまま帰ればマルセルを食われた失態で食われてしまうことを恐れ3人は仲間割れします。
何がなんでも作戦成功させようと約束して、パラディ島の壁を破壊しに行きました。
ここで、開拓地で一緒にいた、男性の話を聞いているベルトルトと、ライナー。
ベルトルトが、 season1で、窓を開けたら巨人がいたと言っていた話しは、ここからきていたのですね。
一方アニは、王都の情報を集めていましたが、アッカーマンと接触してしまい、逃げていました。
アニはもう、マーレに帰ろうと言いますがまだ、始祖を見つけるまでは帰らないと言うライナーに対して、冷たい態度を取るアニ。
訓練兵時代のエレンを思い出し、現在に戻ります。
ライナーが自殺しようとしていた瞬間、ファルコの声でライナーが正気を取り戻します。
ちょうど、ファルコは、潜入中のエレンと接触しました。
久しぶりのエレンは髪が長くなっており、あの少年がかなり大人になっていました。
ここで第62話は終了です。
今回のメインはライナーでしたが、壁を破壊する前のシーンが描かれていました。
大人たちに島の悪魔を殺すことが正解と教えられてきたまだ、12歳の少年たちが葛藤するシーンでした。
ついに、エレンが登場しましたが、何か雰囲気が違う感じでした第63話は、どうなるんでしょうか。またすごく楽しみです。

Twitterの反応は?

これまでのストーリーは

 

<<60話>> <<61話>>

<<62話>> <<63話>>

<<64話>> <<65話>>

<<66話>> <<67話>>

<<68話>> <<69話>>

<<70話>> <<71話>>

<<72話>> <<73話>>

<<74話>> <<75話>>

※「進撃の巨人The Final Season」はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば見ることができますよ!

詳しくは

↓↓↓

見逃し配信バナー

 

”上記の情報は2021年2月3日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

 

どのサイトを選べばいいのかわからない。

そんな時は、こちらの記事が参考になりますよ。

おすすめの動画配信サイト どれを選べばいい?厳選10サイトを比較 見たいエンタメが見られる おうち時間の有効活用方法
動画配信サイトってたくさんあるけど、一体どこがいいんだろ? どうやって選べばいいのか迷うよなあ。 無料体験期間をフル活用! 初回登録は全て無料。最終的に落ち着いたのは、U-NEXTとAmazonプライムだった。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました