進撃の巨人The final season あらすじネタバレ感想 第69話「正論」

アニメ

進撃の巨人The final season 第69話「正論」あらすじ

第69話「正論」ネタバレ感想

もしかしたら別の道があったのではないか……。後悔も、懺悔も、失ったものは、二度と戻らない。

公式HPよりhttps://shingeki.tv/final/story/#/episode/69

スポンサーリンク

第69話「正論」ネタバレ感想

戦え

エレンが戦え戦えと鏡に向かってつぶやきます。

突然、ハンジが現れ、

エレンに「誰とはなしてるの?」「何と戦うの?」と質問攻めします。

このシーン前にも見たような気がします(笑)

思春期で、恥ずかい所をお母さんに見られた息子みたいでおもしろいですね。

 

必死でフォローをしようとするハンジに、ブチギレするエレン。

恥ずかいところ見られたら気が気じゃなくなりますよね。エレンの気持ちすごくわかります。

思春期なんですかね。エレン。

精神的に病んでいるかと思えば、今度は怒り出し、情緒不安定が炸裂しています。

キヨミアズマビト

キヨミアズマビトは100年以上前、フリッツ王国と仲良しでしたが、

巨人敗戦後、ヒーズル国は、立場を追われてしまい、将軍家の忘れ形は壁の中に取り残されたと言っていました。

 

だから、ミカサのお母さんは、東洋人で、狙われていたのもあり、すごく珍しいということで誘拐されかけて、殺されてしまったのですね。

 

でも、なぜ、壁の人類がそんなことを知っていたのでしょうか?

東洋人は、最後に、逃げてきたとだけしか書かれていないので、それで物珍しさで、狙ったのでしょうか?

 

アズマビトが、ジークと密会し、立体起動装置をプレゼント

アズマビトは、金になる話だと飛びつくとイェレナが言っていましたが、本当にその通り!

ミカサの心配ではなく、地下に眠っていた資源ほしさでした。ミカサはダシに使われてしまったんですね。

この時のミカサの顔。
ミサカは、だいぶ感情豊かになってきたような気がします。

クールなミカサが、話が進むたび、怒ったり、泣いたり、笑ったりと感情が出てきました。

2年前のエレンの本音

島の開発で、汽車の線路を作っていたリヴァイ班。

エレン、アルミン、ミカサ、サシャ、ジャン、コニー。

訓練時代の104期生たちですね。

 

5年とちょっとしかない中、誰がエレンの次に、進撃の巨人を継承するかと話し合います。

みんな俺が私がと継承者に相応しいと言わんばかりです。

だけど、エレンの本音は、同期が大事なので誰も継承せず、長生きして欲しいと伝えます。

みんな顔を真っ赤にします。

そりゃそうですよね。いくつもの、ピンチを掻い潜ってきた仲間なので、誰一人死んで欲しくないです。

ピリピリしていたシーンが多かったので、久しぶり和むシーンが見れました。

これは、エレンの本音だったのでしょう。

ですが、その1年後、エレンは何があったんでしょうか。

 

たいぶ、疲れ切って変わってしまったんですね。

サシャが殺されてしまった時、エレンは笑っていました。

スポンサーリンク

仲間が大事だと言っていたエレンの心境の変化が気になります。

第69話「正論」まとめ

今回は平和でなおかつ、穏やかなシーンを久しぶりに見れましたが、まだまだ謎の多い進撃の巨人。

エレンはどうしちゃったんでしょうか。

そして、やはり、ジークが送ってきた、反マーレの義勇兵。

特にイェレナという人物です。

 

ジーク信者とはいえ、なぜそこまでするのでしょうか?

マーレを裏切ってしまったら、家族も一緒に処刑されてしまうはずなのに、そこまでして、ジークについていく理由が気になります。

 

そして、アズマビト。

 

アズマビトは、ウドが着物にワインをこぼしてしまいましたが、助けました。

腹の底が全く読めないです。
アズマビトはお金だけのために、動いているしょうか?

そしたら、エルディア人である、ウドを助けたりしませんよね。

今後の動きが気になります。

これまでのストーリーは

<<60話>> <<61話>>

<<62話>> <<63話>>

<<64話>> <<65話>>

<<66話>> <<67話>>

<<68話>> <<69話>>

<<70話>> <<71話>>

<<72話>> <<73話>>

<<74話>> <<75話>>

※「進撃の巨人The Final Season」はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば見ることができますよ!

詳しくは

↓↓↓

見逃し配信バナー

 

”上記の情報は2021年2月3日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました