【サタプラ】奥井海生堂 羅臼昆布の佃煮 の作り方 購入方法サタデープラス

サタプラ

羅臼昆布の佃煮 たべてみたいなあ。簡単に作れたらいいのになあ。

こういった悩みに応えます。

10月30日、朝の情報番組サタデープラスで、料理研究家小林まさる・まさみさんが紹介するヘビロテアイテムが紹介されました。

この記事では、その中で紹介された出汁を引いた後の昆布を使った佃煮「羅臼昆布の佃煮 」の作り方・購入方法を紹介しています。

本記事のテーマ

【サタプラ】奥井海生堂 羅臼昆布の佃煮 の作り方 サタデープラス

スポンサーリンク

それでは、早速作ってみましょう

羅臼昆布の佃煮の作り方

羅臼昆布の佃煮の作り方

 

材料

だしをひいたあとの羅臼昆布

水・酒・醤油・砂糖・水あめ

 

作り方

スポンサーリンク

❶出汁を引いた後の羅臼昆布を刻み

❷水・酒・醤油・砂糖・水あめを入れて2時間ほど焦げないように煮込めば完成

奥井海生堂 羅臼昆布の購入方法

ネットで購入が可能です。

創業明治4年

福井県の昆布の老舗「奥井海生堂」の羅臼昆布は旨味がたっぷり

料理研究家 小林まさる・小林まさみ

小林まさるさんと小林まさみさんは、義父と嫁の関係

まさみさんが著書を出版することになり、アシスタントを探していたところ、まさるさんが立候補!

70歳で料理研究家のアシスタントとして18年!

まさるさんは現在88歳まさるさんにも料理研究家としての仕事が舞い込むように。

 

料理研究家として著書も多数出版されているお二人

 

レシピ本は助かります。ぜひ参考にしたいですね。

小林まさる

小林まさみ

まとめ

サタデープラスで紹介された料理研究家小林まさる・まさみさんが紹介してくれたヘビロテアイテムの中から、まさるさんが作った佃煮のレシピを紹介しました。

美味しそうなのでぜひ作ってみたいですね。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました