エクスペンダブルズ あらすじ見どころ感想 無料でフル視聴する方法

映画

 

※「エクスペンダブルズ」はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば全て無料で見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\エクスペンダブルズが無料で視聴可能です。/見逃し配信バナー

31日以内の解約なら完全無料!

”上記の情報は2021年4月1日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

スポンサーリンク

死をも恐れない最強のアベンジャーズ戦士達がやって来る!!シルベスター·スタローンが脚本&監督&主演で往年アクションのレジェンドを一堂に集め新たに全世界を興奮させろ!!

2010年に公開された“エクスペンダブルズ”の脚本、監督、そして主演を引き受けたシルベスター·スタローンは、ご存知のように、既に30代からハリウッドで”ロッキー”(1976)シリーズと”ランボー”(1982)シリーズの脚本、または直接メガホンまで取って、驚くべき技量を発揮して来たが、もう一度、新しい本人だけのフランチャイズであるこの作品の“エクスペンダブルズ”を持ち出しました。

北米映画の興行成績を暫定集計によると、“エクスペンダブル”は20日から22日間で、3,270の上映館で1,650万ドルを稼ぎ、累積収入6,489万ドルで、2週連続トップの座を維持しました。

キャスティングがこうなので、過激なアクション映画マニアに絶対的な支持と期待を一身に受けながら、俳優だけを見ていたら、10年の最高期待作の一つに選ばれたと思います。

本作は、往年一筋だったアクションスター達が、大挙出演しました。助演すら、その大半が他のアクション映画でワントップとして、大活躍した方々です。

“エクスペンダブルズ”は、いわゆるレジェンドアクションスター達、つまり往年一時代を風靡した大俳優達が大勢出演して、魅力的なキャラクターとして表現しました。シルベスター·スタローン、ジェイソン·ステイサム、ジェット·リー、ドルフ·ラングレン、ランディ·クートゥア、テリー·クルーズ、ミッキー·ローク、ブルース·ウィリス、アーノルド·シュワルツェネッガーなど、彼らを一つの作品で見る事が出来るという事自体、果たして、これ以上の大作映画に出会えるでしょうか。

ちなみに、前世で何の罪を犯したのかが気になる哀れな独裁者役を演じたのは、ドラマ”デクスター~警察官は殺人鬼”(2006-2013)でエンジェル·バティスタ刑事役を演じたデイヴィッド·ザヤスです。その他、エリック·ロバーツ、スティーブ·オースティンなどそれなりに有名な助演が出演します。

バーニー·ロス(シルベスター·スタローン扮)と彼の傭兵グループが攻撃隊を構成して、<ビレナ>という小さな島国の独裁者を叩き潰すという内容です。

血と肉が飛び散る、あまりにも愛するBの情緒たっぷりのホットな映画です。とても編集もスマートでスピード感のある進行に、本当に何も考えずに、全部叩き壊す直線的な映像が、映画の意義になっています。豪華出演陣だけで、熱さに包まれる勢いです。

スタッフやキャスト

脚本:シルベスター·スタローン / デヴィッド·キャラハム

監督:シルベスター·スタローン

音楽:ブライアン·タイラー

主題歌:Shinedown / Diamond Eyes(Boom-Lay Boom-Lay Boom)

登場人物 / 役者

バーニー·ロス / シルベスター·スタローン

リー·クリスマス / ジェイソン·ステイサム

イン·ヤン / ジェット·リー

ガンナー·ヤンセン / ドルフ·ラングレン

ヘイル·シーザー / テリー·クルーズ

トール·ロード / ランディ·クートゥア

ツール / ミッキー·ローク

ジェームズ·モンロー / エリック·ロバーツ

ダン·ペイン / スティーブ·オースティン

ローレンス·”ザ·ブリット”·スパークス / ゲイリー·ダニエルズ

ガルザ将軍 / デイヴィッド·ザヤス

ガルザ将軍の部下 / アントニオ·ホドリゴ·ノゲイラ

ガルザ将軍の部下 / アントニオ·ホジェリオ·ノゲイラ

サンドラ / ジゼル·イティエ

レイス / カリスマ·カーペンター

チャーチ / ブルース·ウィリス

トレンチ / アーノルド·シュワルツェネッガー

 

エクスペンダブルズ あらすじ

バーニー·ロス(シルベスター·スタローン)は、恐怖も知らず、刺しても一滴の血も出ない程、冷たい傭兵達のリーダーで、彼が唯一愛情を持っているものがあるとすれば、ピックアップトラック、水上飛行機、そして愚直な勇士達で構成された彼のチームです。元英国特殊部隊のSAS要員であり、刃物がついているなら何でも操る専門家のリー·クリスマス(ジェイソン·ステイサム)、マーシャルアーツの老練家のイン·ヤン(ジェット·リー)、兵器専門家のヘイル·シーザー(テリー·クルーズ)、老練な爆破専門家のトール·ロード(ランディ·クートゥア)、そして、精密射撃の達人のガンナー·ヤンセン(ドルフ·ラングレン)などだ。

 

そうしたある日、ミステリーの人物、チャーチ(ブルース·ウィリス)が、バーニーに誰も受諾しないような仕事を勧め、バーニーと彼のチームは、いつものように新しい任務に着手する。それは、<ビレナ>という小さな島国で殺人を日常的に行いながら、独裁者として君臨しているガルザ将軍(デイヴィッド·ザヤス)を追い出して、住民達を死と破壊から救う事だ。しかし、元CIA要員のジェームズ·モンロー(エリック·ロバーツ)と彼の手下のペイン(スティーブ·オースティン)によって、作戦は失敗に終わるが..。

エクスペンダブルズ 見どころ感想

本作は、死なない主人公と綺麗な女達、それにも関わらずキスシーンさえない淡白さに、はっきりと自分の女を守る男の活躍など、ラブロマンスは出ない為、アクション俳優ファンとしては心配無用です。

映画のテーマとして、掲げられるのは男達の友情です。宿命、モーターサイクル、サングラス、タトゥー、最近あまり見かけない回転式拳銃が、多く登場します。

過ぎ去った時代への郷愁を呼び起こす映画で、彼らの最高のアクション映画を思い出として、保管して創作されたと言っても過言ではないでしょう。

ストーリー重視よりは、彼らが一緒に出演したという事です。まるで、寿命になった宇宙船の最後の飛行のような感じです。

実際に、シルベスター·スタローンはキャスティングする際、1980-90年代のアクションスターに、全て電話をかけたといいます。そのせいで、昔のアクションスター達の親睦的な映画だという話も出ていました。

また、映画を作って気に入ったのか、シルベスター·スタローンが続編を準備していました。それが、2012年に公開された、”エクスペンダブルズ2”です。当時、続編にはウェズリー·スナイプス、スティーヴン·セガール、チャック·ノリス、ジャン=クロード·ヴァン·ダムと、ジャッキー·チェンが出演すると噂がありました。パワーバランスを取ろうとしているのか、シルベスター·スタローンが2010年8月27日付ツイッターで、「ブルースが第2弾に悪党で出演してほしい」と話したそうです。その後に出た情報によると、これまで続編オファーに関する話が交わされたスターは、ハルク·ホーガン、ミスター·T、カール·ウェザース、ヴィン·ディーゼル、ドウェイン·ジョンソン、チャーリー·シーン、ロレンツォ·ラマス、そしてジェフ·スピークマンなどになったそうです。

サンドラ·ブロックもヒロイン役の提案を受けたが、続編が出るならその時「考えてみます」と言って、断ったそうです。映画の封切り間もなく、世を去った女優のブリタニー·マーフィも声で出演する予定だったが、最終的には削除されてしまったようです。

更に、”ジョン·ウィック”(2014)シリーズ監督のチャド·スタエルスキが、スタントコーディネーターとして、参加した事もあります。

豪華なハリウッド·アクション·スター達の活躍

新·旧世代のアクションスターが一堂に会しました。ハリウッドのアクションスターの同窓会が開かれたような気がします。アーノルド·シュワルツェネッガー、ブルース·ウィリス、ミッキー·ロークにプロレスラーのスティーブ·オースティン、異種格闘技選手のランディ·クートゥアまで登場します。

男達は反省がなく、憚りもないです。悪党は容赦なく殺しながら、エクスペンダブルズ·チームは、銃一発撃たれません。女の前では他愛ないですが、女を虐める男はただではおきません。他の国に攻め込んで不法な事をしますが、悪党を始末するという名分がある為か、何の葛藤もありません。

一時代を風靡した、風味豊かな、風味豊かなハリウッド·アクション·スター達が多数出演。

ブルース·ウィリス、アーノルド·シュワルツェネッガーの2人まで、カメオにする威厳。

米国の映画雑誌で、20世紀最高のアクション俳優を選定したが、1位がシルベスター·スタローン、2位が僅差でアーノルド·シュワルツェネッガー、3位が僅かな差でブルース·ウィリスでした。また、彼らが全盛期を迎えた1980~90年代には、この3人のうち、2人も同じ映画に出演した事が無かったのです。

この映画の興行成績

好意的な反応は、期待した程に出たという反応です。1980-90年代のスター達の郷愁を刺激するアクションが、この映画のセールスポイントだが、シルベスター·スタローン監督はその点をうまく引き出しています。

スポンサーリンク

70代半ばのシルベスター·スタローンは、自分が持っている1980年代の感受性のアクション映画を、相変わらず撮っており、米国の観客達は、この逆転のベテランに先週末、米国の興行成績1位というプレゼントを贈ったのです。

好意的な評論家達は、「血と爆破シーンが飛び交う男性ホルモンが溢れる映画」、「キャスティングだけでもすぐ見る価値がある」と評価しました。制作費8千万ドルで、米国だけでも1億3百万ドルを稼ぎ、海外でも1億7千万ドル以上を稼いで、興行に成功したのです。

シルベスター·スタローンの本作に対する意図

シルベスター·スタローン、ミッキー·ローク、ブルース·ウィリス、アーノルド·シュワルツェネッガー、ドルフ·ラングレン、エリック·ロバーツ、ジェイソン·ステイサム、ジェット·リー。

“エクスペンダブルズ”に登場する俳優の名前を列挙していると、アナクロニズム的なことが起こっているような気がします。この人達が、皆盛りを過ぎた過去の人達だというのではありません。

シルベスター·スタローンが、この映画を通じて狙うのも、まさにそのような時代錯誤的な感性です。”ランボー”(1982)や”ロッキー”(1976)のような既存のキャラクターを使わないからといって、彼が過去から離れた何か新しい映画を作るつもりがある訳ではありません。彼は、彼が属している1980年代のアクション映画の伝統を、2010年代にそのまま受け継いでいこうとしているのです。

彼らのファンである成熟した観客が記憶するジャンルの公式を、そのまま誇張して再現する事がもっと重要です。独創的である必要は、全然ありません。

この映画のストーリー全ては、男性主人公に暴力行為をさせた動機として存在します。ロマンス、過去の傷痕、チームメンバー達の葛藤、行きつけの店でする娯楽時間、全てがあります。

やはり本作で、目立つのは暴力シーンです。筋肉質の男性がとてつもなく大きな金属武器を持って、多くの悪党を突き刺して切り抜いて倒します。まさに皆が、このようなやり方の1980年代のアクション映画に期待出来るアクションです。

映画で、氷のように冷たい心を表現する為に、氷を持っている俳優を撮影する監督はいないはずです。ところが、シルベスター·スタローンはそうするのです。主演·演出·脚本を兼ねた“エクスペンダブルズ”で、主人公は仲間達と共に、悪党の基地に乗り込みます。その場によって、四方から銃弾と爆薬が飛び交っています。悪党への怒りを表現するかのように、主人公の瞳には、燃え盛る炎が映し出されます。

劇中のシルベスター·スタローン、ジェイソン·ステイサム、テリー·クルーズ、ジェット·リーが殺した数字は、合計180人です。たった4人が殺した数字だけ、集計したのですが、180人です。

“エクスペンダブルズ”は、そういう映画です。30年前なら、洗練されて見えたかもしれない試みが堂々と出て来ます。その勇気に、魅力を感じる観客も少なくはありません。最近、アクション映画の主人公達はどうしてそんなに悩みが多いのか、どうしてそんなに弱いのか、どうして悪党を退ける事が出来ないのか、不満を感じた観客も、この映画は好きかも知れません。

この映画は、映画の大部分を占めるアクションを、シルベスター·スタローン中心に見せてくれます。”ランボー”(1982)や”ロッキー”(1976)で有名になり、アクションスターとして確実なイメージを持っているシルベスター·スタローンが、この映画でも、”ランボー”(1982)のようなアクションを見事に見せながらも、よりレベルの高いアクションを見せてくれているように思えました。年を取ってもっと成熟し、老練になった感じかもしれませんが、もっと自然になったと感じました。筋肉は、年を取っても変わらりませんでした。

この映画の注目すべきポイント

この映画“エクスペンダブルズ”は、序盤から痛快なアクションを見る事が出来ます。銃撃アクションはもちろん、格闘アクションに爆発物が爆発し、刀を振り回すようなアクションを多く見られます。それに、そんなアクションを非常に喜ばしい人物達が見せてくれて、カッコ良く披露してくれて、更に嬉しく思いました。さすが、印象的なアクションを見せてくれますね。

多数の主人公の間でもバランスを失わず、アクションの配分がかなり上手く調和しています。それぞれの人物の個性もよく生かして、アクションのクオリティも非常に素晴らしいです。

また、それぞれ得意分野が明確なので、画面の転換が目まぐるしい中でも、キャラクターを見分ける事が出来ます。刀のついた武器の達人やマーシャルアーツの老練家、爆破専門家、狙撃手、レスリング、AA-12の圧倒的な火力など、各自が持つ能力でチームを組んで、任務を遂行する過程で繰り広げられるアクションが調和を成して、チームワークを見る事が出来ます。

ひたすら、アクションスター達のアクションにだけ、比重を置いたような感じがそれなりに良かったし、今はベテランになりましたが、相変わらず最強の素敵なアクションが見られます。

それに、専門の俳優ではないのですが、ランディ·クートゥアやスティーブ·オースティンの姿を見る事が出来、個人的にはとても嬉しかったです。総合格闘技やプロレスで見た姿を、映画でクオリティのあるアクションを見る事が出来て、新鮮でした。

多くのアクションスター達が登場して、圧迫により、映画の雰囲気がちょっと落ち着かないような感じがしたのですが、意外にそのような感じは、あまりありませんでした。それぞれ個性がある人物だからだと思いますが、彼ら同士の呼吸も良かったと感じました。かなり派手で、迫力溢れるアクションを堪能出来ます。

シルベスター·スタローン、アーノルド·シュワルツェネッガー、ブルース·ウィリスの共演

アーノルド·シュワルツェネッガーやブルース·ウィリスの場合は、カメオとして出演したが、アーノルド·シュワルツェネッガーに「大統領出馬でもするようだ」など、たまにユーモアを交えた彼らの場面が見られます。

最も面白い場面は、アーノルド·シュワルツェネッガー、シルベスター·スタローン、ブルース·ウィリスの三者対面です。短い場面ではあるが、とても強い存在感を持ったアイコン3人が、一堂に会しています。

見ると、何をしてもそれが全部、絵になります。

アーノルド·シュワルツェネッガーとシルベスター·スタローンの長年のライバル関係を挙げたり、大統領選出馬の夢の為忙しく、シルベスター·スタローンに仕事を譲って、優雅に回るアーノルド·シュワルツェネッガーを見せたり、ブルース·ウィリスが特有の言葉遣いと気迫で、シルベスター·スタローンをしばらくでも虐めるといった部分を見ると、くすくす笑うメタフィクション的な面白さがあります。

アーノルド·シュワルツェネッガーは、これ以上本編に出ませんでしたが、やはり”ターミネーター”シリーズ(1984)や”プレデター”(1987)など、数多くの大作を代表するアクション大物俳優といった彼が、少しでも出演してくれた事さえが、奇跡のようでした。

 

エクスペンダブルズ まとめ

 

アベンジャーズ英雄達が、力を合わせました。アクションスター達が力を合わせて、任務を遂行するアクションが見られる作品です。

彼らが、一つのチームを組んでそれぞれの能力を披露しながら、素晴らしいチームワークで見せるアクションは非常にクオリティがあり、迫力が感じられました。ストーリーはシンプルですが、華麗なアクションで、映画の大半を飾ったのです。

「俺は価値のある奴なんだから」

かっこいい名台詞に、胸を打たれました。映画“エクスペンダブルズ”、最高に面白かったです。

当代を総なめにした、ハリウッド最高最強のアクションスター達。

今は、皆年老いて来た為に、もうすぐ引退になってもおかしくない俳優が増えていますが、それでも幼い頃の心の片隅で、最高最強の素晴らしい英雄達だという点は、変わらないでしょう。

1980年代のアクションヒーローと、1990年代の格闘技スター達の残影が、まだ記憶に残っており、彼らが体現する時代のオーラ、あるいは、迫力男のイメージを消費する事が出来る観客であれば、かなり満足して、楽しむ事が出来るでしょう。

最後に、主人公達がバイクに乗って疾走しながら、BGMとして<The Boys Are Back In Town>が流れる時は、本当に涙が出ます。

 

 

※「エクスペンダブルズ」はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば全て無料で見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\エクスペンダブルズが無料で視聴可能です。/見逃し配信バナー

31日以内の解約なら完全無料!

”上記の情報は2021年4月1日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

 

どのサイトを選べばいいのかわからない。

そんな時は、こちらの記事が参考になりますよ。

おすすめの動画配信サイト どれを選べばいい?厳選10サイトを比較 見たいエンタメが見られる おうち時間の有効活用方法
動画配信サイトってたくさんあるけど、一体どこがいいんだろ? どうやって選べばいいのか迷うよなあ。 無料体験期間をフル活用! 初回登録は全て無料。最終的に落ち着いたのは、U-NEXTとAmazonプライムだった。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました