エクスペンダブルズ2 豪華なキャストが勢揃い!この映画をもっと楽しめる裏話 無料でフル視聴できるサイトは

映画

 

※「エクスペンダブルズ2」はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\「エクスペンダブルズ2」が無料で視聴可能です。/

見逃し配信バナー

U-NEXT公式HPはこちらから

31日以内の解約なら完全無料!

”上記の情報は2021年4月13日時点の情報です。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

 

全世界を興奮させた英雄達の帰還!!シルベスター·スタローンを皮切りに映画界に号令したアクションスター達が男らしくあっさりと悪をぶち壊す!!

スポンサーリンク

 

ハリウッドのベテラン軍団による、華麗なアクションヒーローが、再び戻って来ました。

シルベスター·スタローンは、監督と脚本を担当した前作とは違って、本映画では、共同脚本を担当しています。

監督は”コン·エアー”(1997)、”トゥームレイダー”(2001)、”メカニック”(2011)などの監督で知られるサイモン·ウェストが務めました。

前作に引き続いて、映画界に号令したアクションスター達を集めたアクション映画”エクスペンダブルズ2”。

かつて、”ロッキー”(1976)シリーズと”ランボー”(1982)シリーズで、筋肉質のアクションスターの典型をかけたシルベスター·スタローンを主演に、アクションヒーロー代表の彼らが勢揃いしました。

ジェイソン·ステイサム、ジェット·リー、ドルフ·ラングレン、アーノルド·シュワルツェネッガー、ブルース·ウィリス、テリー·クルーズ、ランディ·クートゥアを続役し、新たなメンバーに、リアム·ヘムズワースが、チームに入ります。そして悪役に、ジャン=クロード·ヴァン·ダムなど、豪華俳優陣が共演しています。

前作”エクスペンダブルズ”(2010)も、色々な面で奇跡のような映画でしたが、今回の続編では、その奇跡をよりパワーアップさせ、想像可能な最善の結果として、進化した姿を見せてくれます。

スタローン本人が監督、共同脚本、主演を一度に引き受けた為、前作とは違い、サイモン·ウェストを監督に迎え、スタローンは主演により集中する事で、はるかにすっきりして精製された構成を見せています。

ストーリーもキャラクター紹介に加え、中南米の独裁者-アメリカの背後操縦者からなる悪党達を、段階別に倒すと同時に、独裁者と娘との葛藤を解決し、ジェイソン·ステイサムが演じたリー·クリスマスとガールフレンドのロマンスを支える為に、前作に比べ、悪役をジャン=クロード·ヴァン·ダムが率いる傭兵集団に限定して、<チームの活動→メンバーの死→追跡と助け合い→豪快な復讐>という簡略な構造で、楽しむ事が出来ます。

また、アクション場面もスケールが大きくなった上に、第1作目よりはストーリーも蓋然性が生じ、相手の悪党も精鋭化し、数も多いので、ある程度は激しい戦いが繰り広げられるのを見ることが出来ます。

スタッフやキャスト

脚本:シルベスター·スタローン / リチャード·ウェンク

監督:サイモン·ウェスト

音楽:ブライアン·タイラー

主題歌:Rare Earth / I Just Want to Celebrate

登場人物 / 役者

バーニー·ロス / シルベスター·スタローン

リー·クリスマス / ジェイソン·ステイサム

イン·ヤン / ジェット·リー

ガンナー·ヤンセン / ドルフ·ラングレン

ヘイル·シーザー / テリー·クルーズ

トール·ロード / ランディ·クートゥア

レイス / カリスマ·カーペンター

ビリー·”ザ·キッド”·ティモンズ / リアム·ヘムズワース

ジャン·ヴィラン / ジャン=クロード·ヴァン·ダム

ヘクター / スコット·アドキンス

マギー·チャン / ユー·ナン

パイラー / アマンダ·オームス

ソフィア / ニコレット·ノエル

ブッカー / チャック·ノリス

チャーチ / ブルース·ウィリス

トレンチ / アーノルド·シュワルツェネッガー

 

エクスペンダブルズ2 あらすじ

全世界を興奮させたリアルアクション英雄達の帰還!!

真のアベンジャーズに会おう!!

自らを<エクスペンダブルズ>と呼び、金を受け取って激戦の現場に、命をかけて飛び込む元特殊部隊出身者からなるエクスペンダブルズチーム。刃物使いの殺人マシン、世界最強の狙撃手、退役した軍事作戦官、統制不能の狂ったファイター、戦術のブレーンなど、それぞれの任務で世界最強を誇る彼らは長い間一緒に働き続け、チームワークも世界最強だ。

ひと休みも後にして、ミスター·チャーチの要請で、新しい任務に就く事になったエクスペンダブルズチーム。表向きは容易に見えるミッションだったが、作戦がこじれて、目の前で仲間が無残に殺されてしまう。

しかし、復讐を誓った彼らは、想像以上の巨大な陰謀に遭遇して危険に陥る。地球を丸ごと飛ばしてしまうプルトニウム兵器を持った最強悪党に立ち向かう事になったのだ。

彼らは果たして、仲間の痛快な復讐と共に、一触即発の危険に陥った全世界を救う事が出来るだろうか..??

 

みどころ感想

今度の続編では、出演者達の過去の出来事を連想させるオマージュが前作よりも露骨に入っていて、昔を記憶する観客を驚かせるのはもちろん、時には、そのオマージュが現在の自分達に対する自虐ギャグにまで昇華されて、妙な切なさと郷愁を催す事もあります。

リアム·ヘムズワースに代表される新世代の活躍も、たとえ先輩達には及ばないが、それなりに自分ならではの特技を見せる事で、存在をアピールすると同時に、ストーリーにも効果的に溶け込んでいて、ぎこちなさは全く感じられません。

本作と前作の差異

基本的には前作と同じく、シルベスター·スタローンが演じたバーニー·ロスとジェイソン·ステイサムが演じたリー·クリスマスのツートップ体制ですが、前作に比べてバーニー·ロスの個人的な葛藤が浮き彫りになり、リー·クリスマスは忠実な補佐役としての本分を守ります。前作で敵として出て合流したドルフ·ラングレンが年相応しくない寒いギャグで周りを凍らせると、いつもと変わらず、親しい隣家のおじさんイメージのテリー·クルーズとランディ·カーツアーが、ギャグで中和させてくれる役割を果たしています。

前作では、束の間の友情出演にとどまったアーノルド·シュワルツネッガーとブルース·ウィリスの比重が著しく増しており、それに加えて、伝説のベテラン、チャック·ノリスが参戦する事で、まさに<スーパーアクション大戦>といえる陣容を、ますます強固に支えています。

前作で熱心にプレーしたジェット·リーは、残念ながら、比重が大きく減って前の部分でやや活躍した後、チームと別れるが、その暫くの間、1対多数の激しい裸体格闘アクションで、存在感をアピールしている為、残念な気持ちを軽くしてくれます。

異彩にも、”スピード·レーサー”(2008)でテジョ·トゴカーンの妹ハルコ·トゴカーンに扮したユー·ナンが、ブルース·ウィリスの部下として登場し、東洋系武術家としてのブランクを埋めると共に、シルベスター·スタローンに興味を持ち、絶えずコミュニケーションしようとするヒロインとしての役割まで果たしています。

ただし、前作同様に<自分と近い人達はいつも酷い仕打ちをされる>という罪悪感にとらわれたシルベスター·スタローンは、ロマンスを意識的に回避しています。

1980~90年代のアクション

見栄っ張りのマッチョ達が、タバコを吸いながら互いに友情に満ちた悪口を飛ばし、主人公が適当に銃をばらまいても、悪党達は自ら秋風落ち葉のように倒れ込み、主人公の弾はいくら撃っても空くことがなく、危機に陥った時は、誰かが救援者が便利に現れてくれる上に、善良な人達は自ら進んで先に全部逃げるので、2次被害の心配は全くありません。

こうしたクリシェこそ、当時を記憶する今の30~50代の観客には、耐え難い誘惑で近付く魔法の飛躍であり、彼らに一時でもスクリーンの中のベテラン達が、現役で活躍していたあの時代を振り返らせるタイムカプセルのような効果を発揮するのです。

言わば、この映画を見るという事は、私達の祖父母や両親世代が引退したコメディアンや人気歌手のアンコール公演、あるいは親孝行パーティーを見に行く時に感じるのと似た慣れと既視感を楽しむ事であり、復刻版商品を購入するのと似た体験です。

映画のコンセプト

映画を見れば分かりますが、そもそものコンセプトから、1980年代のアクションスターのFun/Fan Diskに近いので、その為か、よりストーリーが上手く作れるにも関わらず、わざと手間を省くような跡が随所に残っています。 一応、ストーリーは第1弾よりは蓋然性が非常に高く、起承転結自体はあまり問題がないので、映画の目的を考えれば大丈夫です。

そして、悪党側も大きく強化されました。悪党のボスがシルベスター·スタローンに匹敵する程有名だったアクション俳優のジャン=クロード·ヴァン·ダムに替わったのを始め、一般の下級悪党も、アクション映画でよく目にする<銃を撃てば豆が飛び散る従者>ではありません。本気で殺しても追い詰められ、射撃も正確で、横で大爆発が起きても、落ち着いて対応します。

実は、全体的なストーリーの仕組みは、アクション映画というよりは、古典的な西部劇にもっと近いと感じる部分が多いが、主人公達が金銭的な理由より義理と復讐を重視して動くという中盤部以後の展開もそうだし、悪党達の圧制に苦しむ田舎町を、主人公達がすっきり解放してくれるという点もそうです。そして何より、チャック·ノリスが彗星のように登場して、主人公を救出する時に使うBGMが、他ならぬ”続·夕陽のガンマン”(1967)テーマ音楽だから、これは狙ったとしか言いようがないです。

ジャン=クロード·ヴァン·ダムが率いる傭兵達もその副官を除けば、一定のキャラクターがいない没個性的な群衆に設定されていて、昔の西部劇のインディアン達と大差ありません。根本を突き詰めてみると、米国の大部分のアクション映画や犯罪映画は、西部劇の遠い子孫に当たるが、こんなに露骨にそのルーツを徹底的に利用する映画は、最近初めて見るようです。

むしろ西部劇自体は、”ダンス·ウィズ·ウルブズ”(1990)や”ブレイブ”(1997)のように、ドラマの要素を強化した修正主義西部劇が、より主流に近く出て来る世の中なのです。良し悪しは別として、かなり興味深い特色であることだけは間違いないです。

この映画をもっと楽しめる裏話

1.シルベスター·スタローンのキャラクター名バーニー·ロスは、世界第2次世界大戦に参戦した勇士であり、3階級のうちチャンピオンを席巻した元ボクサー、バーニー·ロス(1909年~1967年、本名はバーネット·デビッド·ラソフスキー)から取られています。

エンディングクレジットの最後に出て来るこの映画製作コンソーシアムの名称は、バーニー·ロスとリー·クリスマスを合わせた、<バーニーのクリスマス(Barney Christmas)>なのです。

スポンサーリンク

 

2.チャック·ノリスのキャラクター名ブッカーは、映画”暗黒殺人指令”(1978)で、チャック·ノリスが演じた役名ジョン·T·ブッカーから取りました。この映画でも、チャック·ノリスのキャラクターは、昔の仲間達を助けて救出作戦に飛び込む退役軍人です。

「そうだよ。確かにコブラに噛まれた。その後、5日間、のた打ち回ってコブラが死んだ」という台詞は、有名な<チャック·ノリスの真実>(The Chuck Norris facts)シリーズから取ったものです。チャック·ノリスが出演した映画、”テキサスSWAT”(1983)を連想させます。

 

3.ドルフ·ラングレン演じるガンナー·ヤンセンは、意外に化学工学と修士号まで持つインテリ。これは、実際のドルフ·ラングレンの学歴を反映したものです。ガンナー·ヤンセンは、女性と付き合う目的で、飲み屋の警備員に就職する為に、科学者の道を諦めたという設定だが、実際ドルフ·ラングレンも、当時ガールフレンドだった歌手グレイス·ジョーンズのボディーガードとして働く為に、似たような選択をしたといいます。

 

4.アーノルド·シュワルツェネッガーは、映画の中で口癖のように、「すぐに戻って来る(I’ll be back)」を連発し、途中で主人公達を救出しに来た時には、「俺が帰って来た(I’m back)」と叫びます。”ターミネーター”(1984)シリーズで、有名になった彼の名ゼリフをパロディーしたものです。

序盤の救出作戦で、テリー·クルーズが演じたヘイル·シーザーから重火器を借りるシーンでは、ヘイル·シーザーが「If I don’t get this back, your ass is TERMINATED. (後で返さなければ最後まで引き返される)」という台詞を吐きます。字幕では、”ターミネーター2”(1991)のラストシーンにちなんで「これ、ごくりと溶鉱炉に打ち込む」と意訳されます。

また、アーノルド·シュワルツェネッガーの最後の出演シーンをよく見ると、彼がジャケットの下にハワイアンスタイルの、<プラネットハリウッド>シャツを着ているのが分かります。これは、アーノルド·シュワルツェネッガー、シルベスター·スタローン、ブルース·ウィリスなどが、共同出資した伝説のレストランチェーンの名前なのです。

 

5.シルベスター·スタローンとジャン=クロード·ヴァン·ダムが、空港倉庫で繰り広げる最後の決闘は、”ブルージーン·コップ”(1990)、”HELL ヘル”(2003)など、ジャン=クロード·ヴァン·ダムが出演した刑務所の映画から、インスピレーションを得たような閉鎖空間での息詰まる接戦で構成されています。

脚本では、ジャン=クロード·ヴァン·ダムがヘリコプターで逃げようとするのを、シルベスター·スタローンが鎖で阻止し、墜落したヘリコプターから脱出して逃げていたジャン=クロード·ヴァン·ダムが撃たれて、死ぬ事になっていましたが、ジャン=クロード·ヴァン·ダム本人がシルベスター·スタローンを、「観客は、モハメド·アリとジョー·フレージャーのボクシングの試合のような世紀の対決を見たがるだろう」と説得して、変更されたのです。

本来は、シルベスター·スタローンがあまりにも多血質なので、怖がっていたジャン=クロード·ヴァン·ダムが直接話せなくて、スタッフ達にだけ話しかけて、手紙で自分の意思を伝えようとしたが、手紙を持って行って何処に置いたのか忘れてしまい、結局シルベスター·スタローンと首脳会談をする事になったのですが、シルベスター·スタローンが意外にも、気軽に意見を聞いてくれて驚いたというそうです。

 

6.悪党ナンバー2のヘクター役で出演したスコット·アドキンスは、”ユニバーサル·ソルジャー”(1992)シリーズ最新作”ユニバーサル·ソルジャー 殺戮の黙示録”(2012)に、旧シリーズの主人公であるジャン=クロード·ヴァン·ダムとドルフ·ラングレンと共に、主役として登場しています。

スコット·アドキンスは、”ダニー·ザ·ドッグ”(2005)でジェット·リーと、”ザ·プロテクター”(2008)及び”ジャン=クロード·ヴァン·ダム/アサシン·ゲーム”(2011)で、ジャン=クロード·ヴァン·ダムと共演した事があります。

しかし、彼の一番衝撃的な出演作は多分、”ウルヴァリン:X-MEN ZERO”(2009)で改造手術を受けた後のデッドプールだと思います。

 

7.ジャン=クロード·ヴァン·ダムのキャラクター、ジャン·ヴィランは、この映画の結末で、シルベスター·スタローンに殺害される為、ジャン=クロード·ヴァン·ダムがこのシリーズに再登場する事はなさそうですが、最近のインタビューによると、”エクスペンダブルズ3”(2014)に、ジャン·ヴィランの双子の兄弟クロード·ヴィランを登場させるアイデアをシルベスター·スタローンが検討していたそうです。

“ダブル·インパクト”(1991)などで、双子キャラクターの1人2役を上手に演じたジャン=クロード·ヴァン·ダムの前歴を考えると、不可能な話ではないと思いますが、まだ冗談なのか本当に真剣に考えているのかは不明でした。

おまけに、既にチャック·ノリスが1人で、1個分隊+タンク1台を掃いてしまう大活躍を見せたので、もう何が出て来ても、驚かないでしょう。

 

8.シルベスター·スタローンは本作、アーノルド·シュワルツェネッガーは”ラストスタンド”(2013)という映画を撮影中に、負傷して入院したが、彼らが偶然にも同室に入院した為、有名なギャグが出たのです。

 

この映画の最も注目すべきシーン

空港の銃撃シーンで、”ダイ·ハード”(1988)シリーズのジョン·マクレーン刑事として有名なブルース·ウィリス(ミスター·チャーチ役)と、”ターミネーター”(1984)シリーズで有名なアーノルド·シュワルツェネッガー(トレンチ役)が、最後の銃撃戦で、会話するシーンがあります。

2人は、劇中で同じ味方です。便宜上の処置、トレンチではなく、本物の自分の名前を対話名にします。

アーノルド·シュワルツェネッガーが、自分が撃った銃で銃弾が全てなくなると、ブルース·ウィリスに伝えます。

 

Arnold Schwarzenegger : I’m almost out. I’ll be back.

Bruce Willis : You’ve been back enough. I’ll be back.

Arnold Schwarzenegger : Yippee-ki-yay.

 

上記の会話は、ご理解頂けましたか。この部分は、本当にセリフのセンスがあって、巧妙に作られていました。

解釈は、以下の通りです。

 

アーノルド·シュワルツェネッガー:銃弾がほとんどなくなった。また戻って来る。

ブルース·ウィリス:あなたはもう十分に沢山戻って来たよ。俺がまた戻って来る。

アーノルド·シュワルツェネッガー:イーピーカイエイ。

 

映画”ターミネーター”(1984)シリーズの、有名な名ゼリフです。

アーノルド·シュワルツェネッガーがこのセリフを言うや否や、ブルース·ウィリスは「You have been back enough.」と言います。そして、「l’ll be back.」と続けます。

とてもセンス良く、現在完了have + P.P.で言いますよね。過去のある瞬間から現在まで状態が続く事を、意味します。

「とんでもない」アーノルド·シュワルツェネッガーが、一言言います。そして、続いて言った言葉が「Yippee-ki-yay」。

「Yippee-ki-yay」という言葉は、”ダイ·ハード”(1988)シリーズでジョン·マクレーン刑事(ブルース·ウィリス)が最後のテロリストを排除したり、致命打を与える直前に、必ず言う名ゼリフです。

過去のアメリカ西部時代に関連して、1930年代の歌に由来する喜びと興奮を表す感嘆詞や興趣をそそる言葉、<いいね!!行こう!!一度やっていこう!!>程度に、理解すれば良いと思います。

”ダイ·ハード”(1988)シリーズで、この言葉が使われた理由は、”ダイ·ハード”(1988)で、ジョン·マクレーン刑事がテロリストと無線機で通話しながら、テロリストがジョン·マクレーン刑事に、「お前正確に何だ??ランボナ西部時代のジョン·ウェインにでもなるとでも??英雄にでもなりたいのか??お前は我々を止められると??ミスターカウボーイ??」こういうふうに話したら、ジョン·マクレーン刑事が、「Yippee-ki-yay,mother f___r」と応酬して、始まりました。

<俺がまさに西部時代の英雄>という意味で、こう言ったのでしょう。

アーノルド·シュワルツェネッガーが、照れくさそうに、この言葉をぶつぶつ言うのが、どんなに面白い事でしょう。

 

エクスペンダブルズ2 まとめ

“エクスペンダブルズ2”は、実は<エクスペンダブルズ>という言葉は、<消耗用の、消耗品>という意味を込めた言葉なのですが、この作品、このシリーズには多くのものを、内包している言葉だと思います。

傭兵団とは、劇中のキャラクターの職業的特性、そして年輪が感じられるので、アクションとはジャンル的特性、そして内容に盛り込む様々な材料、前シリーズでカメオのように登場した俳優の方々も、あるいはチャック·ノリスのような新しく投入されたキャラクターも、該当作品で活躍するのを見て、この映画を見てよかったという思いがありました。

更に、前回の”エクスペンダブルズ”(2010)より、アップグレードした作品を見て、<原作より優れた続編はない>という俗説から、例外される作品の一つが、まさにこの作品なんだと感じました。

今度の作品では、もっと各キャラクター的にも内容的にも、そして俳優の方々の部分でも意味のあるセリフが多かったですが、それなりにノスタルジア的な部分でも、充分ユーモア的でありながら、ベテランの年輪的な姿が引き立って見えるようでした。

本作の悪役も、普通の悪役では手に負えない為、作品が似合う俳優の方々が、悪役を演じられたのです。

そして個人的には、実は第2弾で、傭兵団同士の義理と人脈を扱う面もあるので、今後のシリーズも多いに期待しても良いでしょう。

アーノルド·シュワルツェネッガー、ブルース·ウィリスの活躍再分配などを通じて、単なるサプライズ出演を超えた夢の公演を実現させたという点や、ジャン=クロード·ヴァン·ダム、チャック·ノリスの起用を通じて、今後もいくらでも、伝説の人物を連れて来る可能性が無限にあるという事を示したという点で、この続編の意義は、本当に大きいです。

もし次回作を作る場合、果たして、どのような怪人が登場するのか、今からとても楽しみです。

 

 

 

 

※「エクスペンダブルズ2」はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\「エクスペンダブルズ2」が無料で視聴可能です。/

見逃し配信バナー

U-NEXT公式HPはこちらから

31日以内の解約なら完全無料!

”上記の情報は2021年4月13日時点の情報です。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

 

どのサイトを選べばいいのかわからない。

そんな時は、こちらの記事が参考になりますよ。

おすすめの動画配信サイト どれを選べばいい?厳選10サイトを比較 見たいエンタメが見られる おうち時間の有効活用方法
動画配信サイトってたくさんあるけど、一体どこがいいんだろ? どうやって選べばいいのか迷うよなあ。 無料体験期間をフル活用! 初回登録は全て無料。最終的に落ち着いたのは、U-NEXTとAmazonプライムだった。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました