映画「バットマン ビギンズ」解説 あらすじ見どころ感想 見逃し配信をフルで視聴する方法

映画

公式HPより:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=2373

「バットマン ビギンズ」見たことないんだよなあ。動画配信サイトはあるのかな?

✅こう言った悩みに答えます。

 

✅結論

大丈夫です!

 

※「バットマン ビギンズ」はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば全て無料で見ることができますよ!

詳しくは

↓↓↓

\「バットマン ビギンズ」が無料で視聴可能です。/見逃し配信バナー

31日以内の解約なら完全無料!

”上記の情報は2021年3月27日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

スポンサーリンク

世の中を占領した悪の力に向かって巨大な戦争を宣言!!今度のクリスチャン·ベールは強力なパワーと驚くべき頭脳回転に先端技術で武装した恐るべき英雄バットマン!!

 

DCコミックスの代表キャラクターバットマンをベースに、2005年に制作されたスーパーヒーロー映画です。

本作は、ダークナイトトリロジーの1作目で、バットマンの実写映画シリーズをリブートし、ブルース·ウェインの親の物語からバットマンになる為の過程、そしてラーズ·アル·グール、スケアクロウがゴッサム·シティを混乱に陥れる事を防ぐ為の彼の旅の起源を描いています。

監督はクリストファー·ノーランが、脚本はデヴィッド·S·ゴイヤーとクリストファー·ノーランが担当しました。

バットマン/ブルース·ウェイン役に”フォードvsフェラーリ”(2019)のクリスチャン·ベール、アルフレッド役には”TENET テネット”(2020)のマイケル·ケイン、更に、ジェームズ·”ジム”·ゴードン役に”レオン”(1994)のゲイリー·オールドマン、デュカード役に”96時間”(2008)シリーズのリーアム·ニーソンなど、実力派俳優陣が勢揃いしています。

また本作は、第78回アカデミー賞授賞式の撮影賞ノミネート作品です。

アメリカで2億ドル以上の興行に成功し、その後続作として”ダーク·ナイト”が2008年に、3作目で2012年に”ダークナイト ライジング”が公開されました。

“シザーハンズ”(1990)のティム·バートンが作っておいた既存のバットマン世界観のイメージを完全に打ち破り、スーパールーキーのクリストファー·ノーランのポテンシャルが爆発した作品です。

“バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲”(1997)興行と批評の両方で、大ピンチに立たされたバットマン実写映画シリーズが、数年間のブランクを破り、ついに新しく帰って来ました。

ジョエル·シュマッカーは、元々”バットマン·フォーエバー”(1995)の後続作として、フランク·ミラーの”バットマン·イヤー·ワン”(2011)を原作とする映画を作ろうとしたが、ワーナー·ブラザース側がフランチャイズ収益の為に、子供に優しい作りを要求した為、それが稀代の妄作“バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲”(1997)。作品が台無しになった後、ジョエル·シュマッカーは次期バットマンに関する作品をもっと大人好みにしようと提案し、“バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲”(1997)の続編である”Batman Triumphant”(1999)を構想して失敗し、これによってもう一度、”バットマン·イヤー·ワン”(2011)を土台とする映画企画案、バットマン·ビヨンド映画企画案が登場、当時新鋭監督だったクリストファー·ノーランにメガホンを任せます。

この時までワーナー·ブラザース側は、既存の作品をそのまま続けると予想していたプロジェクト名を、”バットマン5”と命名していました。そして、”Batman: The Frightening”、”Intimidation Game”などが取り上げられたが、”バットマン ビギンズ”が最終決定しました。

クリストファー·ノーランはその代わりに、<バットマンの起源と誕生に関するストーリー>を構想し、”Batman: The man whofalls”などの作品を基に、シナリオを完成させました。共同脚本を書いたデヴィッド·S·ゴイヤー氏は、”バットマン:ロング·ハロウィーン”と”Batman:Dark Victory”などを参考にしたといいます。

バットマン実写映画シリーズが出る度に、最大の話題になる悪役は、極端な正義を追求するラーズ·アル·グールとバットマンの力の根源ともいった恐怖を扱う悪党スケアクロウに決まり、バットマンの起源を扱うストーリーに、自然に溶け込むようになりました。

また、バットマンとヴィラン達がキャラクターの比重の大部分を占めた以前と違って、端役や登場組手出来なかったバットマンの助力者ジェームズ·ゴードンとルーシャス·フォックスなどにも、一定以上のキャラクター性を与え、色彩と奇怪さが目立つチームボタン式の背景から脱して現実志向的な背景デザインを借用し、バットマンの装備と武装にも科学的実用性を重視するなど、新しい世界観の構築に力を入れました。ジョエル·シュマッカーのバットマンは言及も出来ません。

このような観点は、映画の質感そのものを決定するのに、主人公の悩みと行動、そしてその始発点を現実的重みと強く結びつけ、メカニックアクションシーンでは、まるで以前のジェームズ·キャメロンの映画がそうであったように、重厚な重装備のタフさとスピーディーさを同時に確保する事もあります。

そこで、従来のバットマン実写映画シリーズが構築してきたキャラクターと世界観の影響を一切受けない、完璧に新しいバットマンの物語が誕生する事となりました。”バットマン ビギンズ”は、以後、大衆に広く知られたモダンクラシック、即ち現代の傑作スーパーヒーロー物ダークナイトの基礎となった種であり、強固な踏み石の位置にあります。

不安だった興行を完全に成功させ、米国では2億ドル以上のように評判が良く、ワーナー·ブラザーズは続編の製作を自信を持って推し進めています。その結果が、まさに”ダークナイト”(2008)。もう一つの伝説的なジョーカーが誕生した、まさにその映画です。

バットマン実写映画シリーズの復活に成功し、暫くハリウッドでプリクエルシリーズが流行るのにも、大きな影響を与えました。そして、この作品で現れた現実的な都市の風景と精神の領域で繰り広げられる悪役達との対決は、”ダークナイト”(2008)で頂点に達します。

OSTには、秘密が隠されています。製作者のハンス·ジマーが意図したもので、最初はOSTのタイトルが全て、コウモリの学名という事です。つまり全てのサウンドがコウモリを表現しています。そして、この4番トラックから9番トラックまで、タイトルの頭文字だけ取って読めば、<BATMAN>になります。これはブルース·ウェインが恐怖を克服し、遂にバットマンになるが、自分の恐怖と心の中の空しさを持った状態を描写したものです。

説得力のあるストーリー展開、派手なアクション、そして一昔前のシリーズだったバットマンの解釈の深さで、本作は熱狂的な支持を受けました。

 

スタッフやキャスト

脚本:クリストファー·ノーラン / デヴィッド·S·ゴイヤー

監督:クリストファー·ノーラン

音楽:ジェームズ·ニュートン·ハワード / ハンス·ジマー

主題歌:James Newton Howard,Hans Zimmer / Lasiurus

登場人物 / 役者

ブルース·ウェイン : バットマン / クリスチャン·ベール

ヘンリー·デュカード : ラーズ·アル·グール / リーアム·ニーソン

ジェームズ·”ジム”·ゴードン / ゲイリー·オールドマン

アルフレッド·ペニーワース / マイケル·ケイン

レイチェル·ドーズ / ケイティ·ホームズ

ルーシャス·フォックス / モーガン·フリーマン

ジョナサン·クレイン : スケアクロウ / キリアン·マーフィー

カーマイン·ファルコーニ / トム·ウィルキンソン

リチャード·アール / ルトガー·ハウアー

アーノルド·フラス刑事 / マーク·ブーン·ジュニア

ギリアン·B·ローブ市警本部長 / コリン·マクファーレン

フィンチ検事長 / ラリー·ホールデン

フェイデン判事 / ジェラルド·マーフィー

トーマス·ウェイン / ライナス·ローチェ

マーサ·ウェイン / サラ·スチュワート

ブルース·ウェイン(幼少期) / ガス·ルイス

レイチェル·ドーズ(幼少期) / エマ·ロックハート

ラーズ·アル·グール(影武者) / 渡辺謙

ジョー·チル / リチャード·ブレイク

ジョージ·フレデリックス / ジョン·ノーラン

ミスター·ザーズ : ビクターザーズ / ティモシー·ジョン·ブース

 

バットマン ビギンズ あらすじ

トーマス·ウェイン(ライナス·ローチェ)は、コウモリに対するトラウマに苦しんだブルース·ウェイン(クリスチャン·ベール)の痛みを和らげる為に、家族でオペラ劇場に行く事にする。公演中に酷い恐怖を感じたブルース·ウェインは公演中に「家に帰ろう」と言う。映画館に出た瞬間、ブルース·ウェインの両親は銃に撃たれて死亡する。

自分のせいだと思ったウェインは、トラウマと罪悪感に苛まれ、生きて来たが、恐怖を振り払い、悪に対抗する為にゴッサム·シティから静かに姿を消す。

そんな中、ウェインはデュカード(リーアム·ニーソン)の下に潜り込んで修練を受け、一番弟子にまで至る。彼らと共に悪を審判しようとするが、彼らの極端な計画を聞いて彼らを阻止しようとするが..。

バットマン ビギンズ 見どころ 感想

2005年の作品というのが信じられない程洗練されており、ビジュアルとアクションスケールも素晴らしいです。

オープニングの画面を覆うコウモリの群れで、最初からただ世界観の中に吸い込まれる感じでした。ダークな雰囲気は一貫して続き、ブルース·ウェインの罪悪感と怒りが自然に溶け込んでいました。そして訓練と修練を通じて幼年期のトラウマを乗り越え、むしろそれを踏み台にして、悪人に恐怖を植え付けます。

シリーズを重ねるにつれアクションスケールは大きくなるのに、”バットマン ビギンズ”のアクションスケールも無視出来ません。ぶつかってバットモービルと一緒になって列車を追いかけながらチーム活動まで。

しかし、後半になるにつれてゴッサム·シティが修羅場と化していきます。アベンジャーズの中で苦痛を受けているニューヨーク市の感じです。とにかくバットモービルのシーンが一番胸に打たれました。そのスピード感と、どんな障害物も突き抜ける破壊力が良く感じられます。

警察のゴードンがバットモービルに乗って運転して椅子を動かす場面、映像美としては列車アクションシーンが一番記憶に残ります。ウェインタワーや列車の明かりは暗い都市の風景と対照的に、一層際立って危険な感じがしました。

クリストファー·ノーラン監督

本作は2005年の映画だが、全然ぎこちなくなく台本や演出、演技などとても気に入っています。

クリストファー·ノーランが数本のSFスリラーを作ったが、ハリウッドのCGがあまり好きではない点もまた意外です。どれだけ対峙する現実なのか。ヒーロー物にCGが沢山入るという事実は、誰もが知っている事だが、CGを好まないクリストファー·ノーラン監督は、一体このような映画をどうやって作ったのか。

”インセプション”(2010)だけを見ても、SFスリラーものでファンタジーものだが、彼が映画の完成度の為に、どれ程努力するかは敢えて想像も出来ないが、映画一本見る度に感嘆せざるを得ないでしょう。

“ダークナイト”(2008)、”ダークナイト ライジング”(2012)と、続く3部作の中でも、最も原作に忠実で、”メメント”(2001)や”インソムニア”(2002)で、見せてくれたクリストファー·ノーランの編集スタイルが、最もよく表れている作品でもあります。“メメント”(2001)を見て、鈍器を殴られたような新鮮な発想と新しい映画に熱狂したように、常に彼の映画は感嘆がおのずと出ます。

“ダークナイト”(2008)、”ダークナイト ライジング”(2012)では、ゴッサム·シティをそのまま<ニューヨーク>としても構わない程、現実と同じ場所を表現したが、”バットマン ビギンズ”でのゴッサム·シティは依然として、SF的な感じがします。夢幻的な雰囲気が好きな既存のバットマンファンには、続編より高く評価される要素です。

映画的な才能も天才的なのに、もの凄く努力しているようで、努力型の天才ではないかと思います。物理学科出身の弟もシナリオ作家であり、クリストファー·ノーラン監督の映画に多くの参加をしたようです。

何よりも彼は、人、世の中を見る深みのある哲学的な見方が大好きです。彼の映画を見ると、いつも多くの事を考えさせられます。

ハリウッド資本で作りながらも、商業映画としても優れており、自分の哲学まで盛り込むとは、本当に粘り強いです。

クリスチャン·ベール

新しいバットマンには、”アメリカン·サイコ”(2000)、”リベリオン”(2002)、”マシニスト”(2004)など、かなり多くの映画で様々なキャラクターを演じて来たクリスチャン·ベールが選ばれています。

以前のバットマンに比べてバットマンの仮面を被った状態でも、様々な感情を表情ではっきりと表に出す事で、クリスチャン·ベールの感情表現が実感出来ます。喉頭がんの発声についてはよく言われるが、それよりも<最高のブルース·ウェイン>という評価の方が多いです。

俳優の整った顔立ちに、百万長者の演技も逸品なので、高い評価を受けています。

クリスチャン·ベール、かっこいいです。そして、無表情にもカリスマと特有の暗さと傷が生きています。バットマンの時も格好いいし、暴れん坊のように振舞うブルース·ウェインの時も格好いいです。

彼が出演する毎に、それぞれの役柄が強い印象を与える為、いかにも素晴らしい情熱的な役者魂という事はご存知の通りです。それだけでなく、彼は真摯である上に、かなりのイケメンである事をこの映画によって、彼のビジュアルに驚かされます。元々、子役出身の俳優であり、”太陽の帝国”(1987)にも、素晴らしい演技を見せてくれました。

この映画の注目すべき点

実はこの映画は強いて言えば、リブートであってプリクエルではありません。プリクエルは、従来存在した内容と結びつく内容だが、裏話ではなく過去の話を意味するものであり、当然既に、バットマンとジョーカーの誕生を紹介した以前のバットマン実写映画とも結びつかない新たな設定と内容を扱ったリブートなので、この作品はプリクエルではありません。リブートとプリクエルをきちんと区分出来ず、国内に生じた誤解の一部です。

映画で、バットモービルに乗ったバットマンは、レイチェルに早く解毒剤を注射する為の物もあるが、とにかく追撃をかわす為に、バットモービルで駐車場を壊し、屋上と屋根を走りながら数多くの器物を破損し、数台のパトカーを壊し、道路を破壊して交通混雑を引き起こしました。

このようなやり方なら、バットモービルを一度使う度に、バットマンは数多くの器物破損と共に、警察官の命を脅かさなければなりません。そして、毎回バットケイブの近くで消えるバットモービルを、衛星であれヘリコプターであれ、タイヤの跡であれ追跡出来ない理由はありません。

いくら現実的なバットモービルとはいえ、無理数な設定なのです。このような理由からなのか分からないが、”ダークナイト”(2008)でジョーカーのRPGを壊して以来、ずっと機動が便利なバットポッドと、<ザ·バット>と呼ばれるバットウィングだけが登場します。

スポンサーリンク

従来のシリーズで、これまでウェインは、あれこれ武器を調達して来たり、豪邸で暮らす以外には、それ程金持ちのような面が出て来なかったのですが、ここからは本格的に金を使い始めるのです。アルフレッドがお金持ちの生活に対してエサを食べなければならないとアドバイスしたお陰で、普段対外的に着飾っているプレイボーイの姿を強化し、本来の自我と克明に対照させました。

バットマンスーツも、コストパフォーマンスに欠ける防弾スーツをブルース·ウェインがカスタムして使用し、マントも特殊繊維で作って滑降が可能です。”ダークナイト ライジング”(2012)が出た時、米国の経済専門誌でバットマン装備価格を評価、測定したところ、約7千7百億ウォン(1ドル1ドル=1135ウォン基準)が出ました。

リアリティを追求する驚きの性向から、今までのバットモービルのイメージ、例えばスポーツカーのような感じを捨てて、タンクを連想させるデザインを取り入れるなど、従来のバットマンシリーズに比べて、装備や服装などを最大限リアルに製作しました。これに恐怖を中心テーマに主要悪党を組み合わせるなど、ストーリー自体も既存の作品を超えた真剣さと重みを込める事に成功しました。

また、バットマン役を巡って競争したキリアン·マーフィーはスケアクロウ役を演じました。スケアクロウがカーマイン·ファルコーニと会話をする時、キリアン·マーフィーのそのきらめく聡明さが見える青い目がよく見えて、素敵でした。

映画の醍醐味は、最後にゴードン警部がバットマンに見せる一枚のカードです。ゴードン曰く「あらゆる凶悪犯罪を犯し、君のような象徴が好きな子ですね」と言って、悪党が残したカードを一枚くれるのですが、まさにジョーカーです。当時、3~5秒程この場面一つで登場した一枚だけのカードで、後続作を切なく期待した人々が多かった程です。

バットマン実写映画シリーズの復活に成功し、暫くハリウッドでプリクエルシリーズの流行にも大きな影響を与えました。そして、本作に現れた現実的な都市の風景と精神の領域で繰り広げられる悪役との対決は、”ダークナイト”(2008)で頂点に達します。

ブルース·ウェインの素顔と変化

クリスチャン·ベールが演じるバットマン、ブルース·ウェインは幼い頃、井戸の中に落ちながら、そこに棲息していたコウモリの群れの攻撃を受けます。その後、コウモリに対する恐れを持って育つようになります。ブルース·ウェインは、裕福で愛情深い両親の元で幸せに育ちます。特に父親のトーマス·ウェインは、息子を心から愛し、息子が恥ずかしがるような些細な秘密を尊重し、母親にも話さない程、思いやりのある温かい人物として登場します。

ブルース·ウェインがコウモリに対する恐怖で、途中両親とオペラ劇場から出た時、丁度強盗が銃を持って、彼らを訪ねて来て、金と宝石を出せと脅迫します。トーマス·ウェインは、財布を地面に下ろして強盗を落ち着かせながら、「持っているものは全部あげる」となだめます。ところが、強盗が宝石を要求して母の方に向かうと、トーマス·ウェインはマーサ·ウェインを守ろうと動いていたが、あっという間に撃たれてマーサ·ウェインもまた撃たれる。そして残されたブルース·ウェインは、瞬く間に両親を失い、途方に暮れます。

まさにこの瞬間から、ブルース·ウェインの人生は変わります。ブルース·ウェインは、途中で映画館を出ようとした為に両親が死んだという罪悪感で苦しんでいます。この罪悪感は結局、犯罪行為と犯罪者に対する激しい怒りに繋がります。彼は金持ちの坊ちゃんの人生を投げ捨て、他国を転々とし、犯罪を犯して監獄に閉じ込められ、監獄で他の犯罪者を攻撃し、怒りを解消します。

幼い頃、両親が亡くなった時に何も出来ない無力感と犯人が対する恐怖を、このように解消します。彼は怒りと恐怖を克服する為に、犯罪者を自分なりに処断するが、これは結局自己破壊的な行為に終わってしまいます。彼の人生もめちゃくちゃになったからです。

罪悪感と恐怖は人間をかなり蝕む感情であり、そのような感情を誘発する対象に対する怒りに繋がります。そして、この怒りを解消する為に暴力を振るい、これを正当化します。ブルース·ウェインは、「目には目を、歯には歯を」としなければ、誰も私の怒りを解消する事は出来ず、正義の審判を下す事は出来ないと考えています。ブルース·ウェインがずっとこのような考えを持って行動していたら、犯罪者になり刑務所に閉じ込められ、バットマンの誕生も考えなかったでしょう。しかしブルース·ウェインは結局、<恐れ-罪悪感-怒り-暴力-自己破壊>の輪を断ち切り、彼のトラウマを次第に克服していきます。

彼は犯罪者に対する恐怖、コウモリに対する恐怖を直接向き合いながら克服していきます。恐れの対象は全く向かい合いたくもなく、いつも回避したい。やはり英雄は誰でもいい。

そして自分によって両親が死んだのではなく、悪人である犯罪者によって両親が死んだという事実を悟ります。罪悪感を持つべき人間は犯罪を犯した人なのに、いざそれによる被害者が罪悪感を感じる状況は、実は今日でもありふれたものです。善人は犯罪者に矛先を向けるのではなく、自分に向けます。もし私がそのような行動をしなかったら、私がそこにいなかったら、という事です。

 

幼いブルース·ウェインが井戸の中に落ちる事故によって闇とコウモリの恐怖がまぎれてしまった日。

闇の自警団バットマンがコウモリを象徴として選択して使う理由であり、財閥家のブルース·ウェインがバットマンの人生に進む始まりを知らせる場面で、父トーマス·ウェインの処置が印象に残ります。

息子をこよなく愛する父トーマスは、突然の息子の事故にも関わらず、身じろぎもせず落ち着いた対応で心配された身の回りや怪我をした息子を事故から安心させます。過ちでも故意でも人は不完全なのでいつでも踏み外す事が出来、知らず知らずのうちに奈落の底に辿り着く事が出来るが、それでも直す穴があり、立ち直る道があるという事を心から治療します。

当時は幼い息子が父が言ってくれたこの言葉の意味を全ては分かりませんが、これがウェイン家の資産であり、訪れる危機にどのような観点で従うのかについての信念が、垣間見えます。

父の意思から危機の鼓談を救う為、死の峠を越えて生まれ変わったブルース·ウェインだったが、先祖から代々受け継がれた大切な遺産の邸宅が、火事で一晩に崩れ落ちる悲劇に立つ場面があります。

ブルース·ウェインの遥か遠く心の中に、種としてあった記憶。

コウモリと闇に対するトラウマだけでなく、光に再び乗り上がらせた父のその種でさえ、今も残っている事を確認したブルース·ウェインに胸を打たれました。

 

「私は犯罪者が元々悪人なのか、それとも社会が作った悪人なのか」という質問を投げかけるようになります。答えを出すのは、本当に難しいです。ブルース·ウェインは都市の貧困化、スラム化、両親の死といった悲劇的な事件を防ぐ為に、バットマンになる事を決心しました。

バットマンのモチーフになったコウモリは、ブルースの恐怖と罪悪感そのものでした。コウモリに対する恐怖が結局、両親の死に繋がったからです。しかし、彼がコウモリを真似てバットマンになった事は、彼が恐怖と罪悪感を克服したという事とも考えられ、もしかすると、一生抱いていかなければならない自分の一部として受け止め、個人的な怒りを、社会的責任に変えていったと見る事も出来ます。英雄の器は、この程度でなければならないのか。

そのような面で、ブルース·ウェインの<バットマン>は、英雄として、十分に正当性を確保したと考えます。

バットマンというヒーロー

バットマンは悲劇と苦悩、生まれつきの善良さ、辛い訓練と正しい道に導いてくれる助っ人達の助けなどが合わさって誕生したヒーローです。それで、ただかっこいいバットマンか、ただ強いとかで描写が単純ではなく、複雑なキャラクターだと思います。

ブルース·ウェインを同情せず、はっきりとした主観で思い切り苦言を呈するレイチェル、どんな事があってもブルースを諦めない忠実な執事アルフレッド、バットマンのハードウェア製作を担当する賢くてウィットのあるフォックス、そしていつも頼もしいゴードン巡査部長まで..。

この映画の核心キーワードの一つが、<恐怖>だが、その恐ろしさを乗り越える事が出来たのは、ブルース·ウェイン自らが変わろうとする堅い心構えもあったが、いつも笑って傍を守ってくれる人々がいたからこそ、可能だったと思います。

「落ちたら登ればいい」と胸いっぱいに抱いてくれた父とアルフレッド、ただ信じて向こう見ずにバットマンになる為の基盤を築いてくれるフォックスまで、皆彼を諦めずに恐怖それ以上を乗り越えてくれました。

そのお陰で、悪にただ悪で対抗する<バットマン>ではなく、最小限の善を守り抜く<英雄バットマン>になる事が出来たと思います。

映画の中のブルース·ウェインのようなヒーローなら、この世の中に本当に、存在するかも知れないと思います。人間的なヒーローであり、バットマンが誕生するまで、ブルース·ウェインの話がかなり共感されます。

”バットマン ビギンズ”は、ブルース·ウェインが、何故バットマンになる事にしたのかを、そしてバットマンになった後の活躍ぶりまで見せてくれます。今まで見て来たヒーロー物では、ただ人より抜きん出ている能力を持った正義のある者が、自分の正体を隠して夜な夜な現われて、悪の群れと戦いました。

しかし、”バットマン ビギンズ”のバットマンは、努力型ヒーローです。熱心に働いて怪我をしたりもし、新しい装備の為の費用もかかります。彼を助ける執事と協力するゴードン刑事、ルシアスの進化する防弾服と防弾車に助けられます。”バットマン ビギンズ”映画が進行する程、バットマンがフォームや戦いスキル、そして敵に対する態度がますます進化·発展する点も興味深いです。もちろん、彼が遺産を多く受け継いだ金持ちなので、バットマン投資にも積極的なメリットがあります。

人間的なバットマンでヒーローなのか??

彼が、昼は女性と遊ぶ情けないブルース·ウェイン会長として、ポーカーフェイスをしながら暮らし、夜になると、正義の使徒バットマンとして犯罪の群れと戦う点など、彼の二重生活を見る楽しみも、なかなかのものです。だから、ヒーロー物がタイムキル用以外には、何の印象を受けた事もありませんでした。とても完璧、で優れた神的な才能を持っていたから、見ると虚しかったのです。あんな能力に正義のあるヒーローが何処にいるの??現実とのギャップの違いで、「映画は映画に過ぎない」という気がしました。

世の中に対する怒りと犯罪を掃討する為に、献身する為のブルース·ウェインの苦悩と努力。

そして、幼い頃コウモリトラウマと両親の死に怒りを感じ、長い間彷徨していた人間的な姿と、その克服ストーリーもかなり共感出来ました。ヒーローも結局人であり、誰もがトラウマと怒りと不安定な姿があるが、発展する為の孤軍奮闘記とは..。

”バットマン ビギンズ”で自分の能力を開発し、安全と迅速、どこにでも活躍する為のバットマンになる取り組みと、周囲の人々の助けなどの内容も印象的であります。

彼は、何故自ら恐怖のトラウマの対象だったコウモリを象徴するバットマンが、自発的になったのかに対するストーリーテリングを詳しく見せてくれた点が、他のヒーロー物と差別化された点で、とても良かったです。

”バットマン ビギンズ”は、断然私が見たヒーロー物の中で最高です。

 

バットマン ビギンズ まとめ

 

”バットマン ビギンズ”は、ブルース·ウェインが、幼年期の恐ろしいトラウマで迷い、覚醒してゴッサム·シティを守るヒーロー<バットマン>になる内容です。

英雄の誕生を見せてくれるありふれたストーリーテリングではあるが、映画全体に敷かれている無彩色の闇とディストピアのようなゴッサム·シティの風景が、バットマン仮面の下にあるブルース·ウェインの持つ使命感と悲壮さを、より際立たせているようです。結論は、個人的にヒーロー物はこうやって、少し落ち着いた方が好みだと思います。

タイトルから”ビギンズ”だけに、ここではまだ未熟だったブルース·ウェインが、親の復讐も果たせないまま彷徨い、バットマンとして成長していく姿が目を引きます。

まだヒーローとしては少々物足りない部分もあり、スケアクロウのガスを吸い込んで苦しみ意識を失うなど、物足りない面貌に加え、ファルコーニを照明にぶら下げておくなど、かなり感情的に過酷な姿も見せるが、ここで注目すべき点は、おおっぴらに炎を守るバットマンだという事です。そして、この炎がバットマンにアイデンティティを守らせる装置として、”ダークナイト”(2008)にまで重要なテーマとなります。

ディストピアの世界観にも、善人はあります。ブルース·ウェインは、市民に報いようとする父親トーマス·ウェインの意志を受け継ぎ、直接犯罪と戦う事にします。法曹界が腐敗したにも関わらず、ゴードンやレイチェルのような人々が居ます。この世界観にも、このような金持ちがいれば良いですね。

<社会の寛容は犯罪を生む>という言葉が、今でも通じます。メッセージもそれなりに胸に響き、緊張感と映画的な面白さも、素晴らしい秀作です。

人が、どのような正義を持つかによって行動に移る事になるが、そのような行動に移る前に、権力というものは本当にどう使えば人にとって、有利に働くかを知る人が持たなければならないという事を知らしめた映画です。

自分の正体を隠して、夜だけ活動し、黙々と一人で彼の道を行く寂しさが、目立つ映画です。

象徴は、崩す事が出来ません。永遠に、存在します。

無料で視聴できるサイトは

U-NEXT

作品数は業界トップクラス 家族間で4アカウントも登録できるので、好きなものを好きなだけ楽しめます。

アニメ以外にも映画、ドラマ、バラエティーに作品が豊富!19万本以上が見放題

女性誌から情報誌などの雑誌も読み放題

漫画や電子書籍も一部読み放題

自分の好きなジャンルが読み放題というのは嬉しいですよね(^^)

31日間は無料です。期間内に解約すれば実質タダでたくさんの動画が楽しめるのは嬉しいですね。

 

 

 

 

※「バットマン ビギンズ」はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば見ることができますよ!

詳しくは

↓↓↓

\「バットマン ビギンズ」が無料で視聴可能です。/見逃し配信バナー

31日以内の解約なら完全無料!

”上記の情報は2021年3月27日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

 

>>おすすめの動画配信サイト どれを選べばいい?厳選8サイトを比較 見たいエンタメが見られる おうち時間の有効活用方法

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました