映画「ジュラシック・ワールド」あらすじ ネタバレ 見どころ感想 無料で配信されているサイトは?

映画

「ジュラシック・ワールド」

無料で見れるサイトありますか?

 

※「ジュラシック・ワールド」はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば無料で見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\ジュラシック・ワールドが無料で視聴可能です。/見逃し配信バナー

31日以内の解約なら完全無料!

”上記の情報は2021年6月5日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

スポンサーリンク

 

恐竜と人のダイナミックな物語!!クリス·プラット主演の肌と血と肉まで恐竜の姿を実感を持って絶妙なバランスを描いた映画!!

誰もが知ってるであろう、伝説の恐竜映画”ジュラシック·パーク”(1993)から数年後のストーリーが、14年ぶりに、公開された”ジュラシック·パーク”(1993)シリーズの4作目です。

“ジュラシック·ワールド”は、伝説のシリーズ物”ジュラシック·パーク”(1993)3部作の世界観をそのまま描き出し、いわゆる<規模の経済学>で新しいシリーズ物を再現しようと、”ジュラシック·パーク”(1990)、”ロスト·ワールド/ジュラシック·パーク”(1997)、そして”ジュラシック·パークIII”(2001)のバトンを受け継ぎました。

2015年に公開されたSF冒険映画で、コリン·トレヴォロウが演出し、クリス·プラット、ブライス·ダラス·ハワード、ヴィンセント·ドノフリオ、ニック·ロビンソンらが出演しました。

1993年に世界を驚かせたスティーヴン·スピルバーグ監督の作品”ジュラシック·パーク”(1993)を皮切りに、“ジュラシック·ワールド”は、その裏話へと展開されます。

“ジュラシック·ワールド”は、このように”ジュラシック·パークIII”(2001)以後、およそ14年ぶりに新しく誕生したが、この作品“ジュラシック·ワールド”に続いて“ジュラシック·ワールド”の続編である”ジュラシック·ワールド/炎の王国”(2018)、そして”ジュラシック·ワールド/ドミニオン”(2021)の封切りを控えています。

童話のような想像力を呼び起こし、子供はもちろん中高年層にまで、大きな影響を与えた”ジュラシック·パーク”(1993)は、既に映画ファンに深く刻まれた代表的なハリウッド映画産業の副産物です。

スティーヴン·スピルバーグ監督に対する信頼を更に強固にして、スティーヴン·スピルバーグ監督の真の姿を如実に描きました。

更に、サム·ニール、ローラ·ダーン、ジェフ·ゴールドブラム、リチャード·アッテンボロー、サミュエル·L·ジャクソンなど、俳優達の好演がスクリーンを埋め尽くしました。それから4年後、”ロスト·ワールド/ジュラシック·パーク”(1997)でも、ジェフ·ゴールドブラムを始め、ジュリアン·ムーア、ヴィンス·ヴォーン、リチャード·シフなど、主演女優の調和がとりわけ目立ち、シリーズ物の完成度を高めました。

そして、2001年、ジョー·ジョンストン監督にバトンが渡された”ジュラシック·パークIII”(2001)も、サム·ニール、ウィリアム·H·メイシー、ティア·レオーニなど、しっかりした演技力を持つ俳優達が、布陣して楽しさを倍増させました。

スティーヴン·スピルバーグ監督の流麗な映像美と卓越した芸術の魂はもちろん、興行力を注いだハリウッド代表のフランチャイズ·ブロックバスター”ジュラシック·パーク”(1993)。

SFアクション冒険映画の真髄を、そのまま見せてくれた映画です。

アクションと冒険、すなわちアドベンチャーもの象徴、”ジュラシック·パーク”(1993)シリーズの完結編となる“ジュラシック·ワールド”。

恐竜というハリウッド最高のアイテムで、数十年間、興行不敗神話の最前線に立ったスティーヴン·スピルバーグ監督に、名声を与えました。

コリン·トレヴォロウ監督は、”彼女はパートタイムトラベラー”(2012)と、”ザ·ブック·オブ·ヘンリー”(2016)、“ジュラシック·ワールド”、”ジュラシック·ワールド/炎の王国”(2018)、そして、”ジュラシック·ワールド/ドミニオン”(2021)を担当しました。

主演のクリス·プラットは、”ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”(2014)以後、“パッセンジャー”(2017)と”マグニフィセント·セブン”(2017)などに相次いで、出演して人気を上げている俳優の1人です。

そして、ヴィンセント·ドノフリオは、”フルメタル·ジャケット”(1987)、アメリカのドラマ”LAW&ORDER:犯罪心理捜査班”(2008-2010)と”マグニフィセント·セブン”(2017)で、大活躍した演技派俳優です。

ブライス·ダラス·ハワードは、”スパイダーマン3”(2007)のグウェン·ステーシー、”ターミネーター4”(2009)、”ヘルプ~心がつなぐストーリー~”(2011)で、見事な演技を披露した女優、主に強烈なキャラクターを演じました。

あまりにも強い反響を呼んだ映画の続作なので、観客達が動かずにはいられない作品に違いないでしょう。

<ジュラシック·パーク>が閉園してから、22年が過ぎました。

遺伝子組み換えによって誕生した恐竜が登場した<ジュラシック·ワールド>は、地上最大のテーマパークとなっています。

多くの人達が<ジュラシック·パーク>を楽しみ、 新しい恐竜が出る度にいつもヒットしました。

しかし、新しく生まれ変わったハイブリッド恐竜は絶えず、知能と攻撃性を進化させ、人間の統制を抜け出し始めます。恐竜管理の最中に、人類を脅かす危機が訪れます。

彼らは、この事件をどのように、解決していくのかについてのストーリーです。

“ジュラシック·ワールド”は、期待にある程度応えた上に、ランニングタイム2時間近く、いわゆるテーマパークの威容を遺憾なく発揮し、以前の名声を受け継いでいこうと努力した跡が見られました。

楽しいアクション冒険SFスリラージャンルの基本を果たした作品、新しいシリーズ物“ジュラシック·ワールド”は、“ジュラシック·ワールド”3部作のスタートを無難に切りました。

 

スタッフやキャスト

脚本:コリン·トレヴォロウ / リック·ジャッファ / アマンダ·シルヴァー / デレク·コノリー

監督:コリン·トレヴォロウ

音楽:マイケル·ジアッチーノ

主題歌:Michael Giacchino / Welcome to Jurassic World

登場人物 / 役者

オーウェン·グレイディ / クリス·プラット

クレア·ディアリング / ブライス·ダラス·ハワード

ザック·ミッチェル / ニック·ロビンソン

グレイ·ミッチェル / タイ·シンプキンス

サイモン·マスラニ / イルファーン·カーン

ザラ·ヤング / ケイティ·マクグラス

ロウリー·クルーザース / ジェイク·ジョンソン

ヴィヴィアン(ヴィヴィ)·オキアミ / ローレン·ラプカス

バリー·センベーヌ / オマール·シー

若いラプトル調教師 / コルビー·ブースマン·シェパード

ジャイロスフィアのオペレーター / マーティ・カルバロプリー

ジミー·ファロン / ジミー·ファロン

ミスター·DNA / コリン·トレヴォロウ

パドックの監視員 / エリック·エデルシュタイン

パドックの労働者 / エディ·J·フェルナンデス(ノンクレジット)

タカシ·ハマダ / ブライアン·ティー

オースティン、クーパー、クレイグ、リー、マイヤーズ、ミラー、スピアーズ、ACUガンナー、ACUトルーパー / トム·ブイ、ニコ·ウラード、ポール·ダーネル、ケヴィン·フォスター、ティモシー·ユーリック、その他(ノンクレジット)

ヴィック·ホスキンス / ヴィンセント·ドノフリオ

ヘンリー·ウー / B·D·ウォン

ライアン·クレスト博士 / ブレント·カペル(ノンクレジット)

インジェン社の契約者 / マイケル·パパジョン

カレン·ミッチェル / ジュディ·グリア

スコット·ミッチェル / アンディ·バックリー

ハル(ハロルド)·オスタリー / ジェームズ·デュモン

 

ジュラシック·ワールド あらすじ

ジュラシック·パーク事件から22年経った後、イスラヌーブラ島では、遂に正式に開かれたジュラシック·ワールドが、通常通り営業中である。

遺伝工学者らは、これまでの研究を基に、新たな遺伝子組み換えハイブリッド恐竜を誕生させる。

一方、長年ベロシラプターを研究して来たオーウェン·グレイディ(クリス·プラット)は、こうした試みに反対し、彼の予想通り、このハイブリッド恐竜が脱出した事で、ジュラシック·ワールドは修羅場となるが..。

 

ジュラシック·ワールド 感想

90年代の”ジュラシック·パーク”(1993)と繋がっているような、非常に見る価値のある映画でした。

“ジュラシック·ワールド”は、この作品は、遵守するように作られました。”ジュラシック·パーク”(1993)を思い出させるイースターに、昔の郷愁を呼び起こしながらも新鮮で、何よりも映画の中のユーモアが出て来て、絶妙に合っていました。

アクション、スケール、スペクタクル、アドベンチャーのどれ一つが欠かせない素晴らしい映画でした。

映画の序盤、2万人余りの観光客で埋め尽くされた<ジュラシック·ワールド>の風景を見ていると、一度も開場出来ずに事故が起き、閉場した旧<ジュラシック·パーク>を思い浮かべながら、感慨深かったです。

前作に比べ、恐怖感や真剣さは落ちていたが、メインターゲット層から見れば、今の世代よりも事実上”ジュラシック·パーク”(1993)シリーズを見て来た世代の30~40代を狙った映画で、ちょうど懐かしい時期に適切に続作が出て来た為に、既存の”ジュラシック·パーク”(1993)シリーズのファン達のラッシュが続き、そこに夏の大型ブロックバスターを楽しむ現世代の映画ファン達が、追加で集まったのでしょう。

制作総括を務めたスティーヴン·スピルバーグ監督も数回にわたり計画を修正したが、「ファンの再三の要請で制作を推進する事になった映画」と明らかにしています。

ヴェロキラプトルとティラノサウルス·レックスのエネルギッシュなアクションは大変印象的で、ティラノサウルス·レックスとインドミナス·レックスの決闘は、誰も予想出来ない方向に流れ、恐竜争いというよりは怪獣やスーパーヒーローの決闘のように見える程、圧倒的な迫力を誇りました。

興行評価について

パリで開かれたプレミア試写会に参加した人達は、業界関係者達とこの映画に好意的な人々である為、少し選り分ける必要はあるが、それを勘案しても主な評価は、”ジュラシック·パーク”(1993)は超える事が出来ないが、シリーズの中で最も立派な続編という事には、他の映画評論家達も同感を呼んでいます。

国内でも試写会が開催されたが、ほぼ全て”ジュラシック·パーク”(1993)以来最高のシリーズ映画だという意見を持っています。特に、既存”ロスト·ワールド/ジュラシック·パーク”(1997)と”ジュラシック·パークIII”(2001)より優れているという評価が強く、アクションシーンだけは抜群という評価を受けています。

北米を含めた海外サイトでは、肯定的な評価を受けており、実際、Rotten Tomatoesの数値が57%で始まり、ファンの間では恐怖感と失望感を与えていたが、次第に点数が上昇し、6月11日時点で73%まで上昇しました。これは、”ロスト·ワールド/ジュラシック·パーク”(1997)と”ジュラシック·パークIII”(2001)より高い数値だが、公開日が過ぎてから下がったものの、最終結果は71%と新鮮なトマト等級に入ったのです。これは、現在のRotten Tomatoesの数値が93%である”ジュラシック·パーク”(1993)の次に高いのです。因みに、メタスコアの評点は61点です。6月15日基準で、トップクリティックは64%(allcriticは70%)。11月3日現在で、トップクリティックは60%(all criticは71%)。因みに、”ロスト·ワールド/ジュラシック·パーク”(1997)は43%、”ジュラシック·パークIII”(2001)は29%であります。

8月13日基準、Rotten Tomatoesによると、評論家達の評価は「“ジュラシック·ワールド”は”ジュラシック·パーク”(1993)の完璧な独創性には及ばないが、効果があり、気軽に楽しめるスリラーとして視覚的に華やかで、娯楽の目的を達成している」と称賛しました。

しかし、ストーリーが単純な方で、アクションとスリルは優れているが、その間のギャップがやや退屈だという評価を受けています。また、キャラクターがちょっと貧弱だという評価です。

しかし、こうなるしかないのが、映画全体の焦点が人間ではなく恐竜達に合わせられており、作中の活躍ぶりも恐竜が占めているからです。事件の発端、展開、解決全てにおいて、恐竜が主導的な役割を果たし、主人公達は傍観者やサポーター的な面が強いのです。

既存のシリーズファンの間では、”ジュラシック·パーク”(1993)のように、もっと恐怖感があって暗い雰囲気であって欲しかったのが、思ったよりサスペンスが弱い雰囲気なので、がっかりしたという意見もありました。しかし、恐怖水位を下げたお陰で、幼い子供連れの4-5人以上の家族単位の観客が集まるのを見ると、商業的には良い選択と見えます。

それでも徹底的に、前編に対する敬意と郷愁でファンを刺激する作品です。そのような点で、原作(特に”ジュラシック·パーク”(1993))に対する徹底した献呈作であり、原作ファンが熱狂するオマージュが多く、従来はただ恐怖の象徴だった恐竜達(ヴェロキラプトルとティラノサウルス·レックス)に、ある程度のキャラクター性を与える事で、善役の役割を浮き彫りにしたという点が、素晴らしいです。

キャラクターについて

主人公のオーウェン·グレイディ役のクリス·プラットは、マーベル映画で、私達に親近感を与えたのですが、マーベル映画”ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”(2014)の主人公であるピーター·ジェイソン·クイル:スター·ロードとして、色々な面で記憶されている事でしょう。

主人公の名前は、恐竜という名称を命名した英国の古生物学者リチャード·オーウェンに対するオマージュであるという推測があります。

<ジュラシック·ワールド>内で、ベロシラプターを研究し調教する一種の研究員兼飼育員として雇われており、以前は米海軍にいたと作中で言及されています。

今回の映画でも、慎重で仲間達を信じるキャラクターであると同時に、茶目っ気たっぷりで、冒険感溢れる主人公の姿を巧妙に見せてくれました。

主人公だからか、命がいくつもあると思うその堂々とした姿が、素敵でした。クレア·ディアリングとの相性も、映画の面白さを増してくれる要素です。

この映画で、彼は2016年の<2016 キッズ·チョイス·アワード>、<第25回MTVムービー·アワード 2016>で、最優秀男優賞を受賞しました。

クレア·ディアリング役のブライス·ダラス·ハワードには、彼女の印象的な場面がありました。

恐竜に追われ、死の峠を何度も越えながら、彼女の髪はボサボサに変わりました。毎日小綺麗な姿で出勤するキャリアウーマンの見えない苦情を見せているような気がしてか、無駄に目が行きました。

そして彼女は、ハイヒールを履いて走り回っているのです。命の危機がかかった状況だと、足の痛みは忘れるかも知れませんね。

最後は、ティラノサウルス·レックスを命がけで導き出して来て、ハッピーエンディングに決定的に貢献するが、本当に色々な面で目が行く魅力的なヒロインでした。

そして、クレア·ディアリングの2人の甥達。映画では、この兄弟の話を欠かす事は出来ないが、最初は気まずいような関係だったのが、事件によって兄弟愛が絆を深め、家族の大切さを知ったという点で、この映画は、素晴らしい兄弟愛もテーマにしています。

彼らの母親は、息子達二人きりの時に、兄が弟に意地悪していると心配していたが、実はツンデレみたいな部分があり、おっかない顔をしていても、心だけは弟の事を凄く気遣う、心優しい兄でした。

<ジュラシック·パーク>年代記について

”ジュラシック·パーク”(1993)

マイケル·クライトンのベストセラーを脚色した、スティーヴン·スピルバーグ監督のSFアクションアドベンチャー物。遺伝子複製技術で恐竜を復活させて作ったテーマパークが、主な舞台でした。

1993年、全世界を恐竜の恐怖に追い込んだ20世紀最高の冒険物として、位置づけられていました。

サム·ニール、ローラ·ダーン、ジェフ·ゴールドブラム、リチャード·アッテンボロー、サミュエル·L·ジャクソンなど当代最高の俳優達の共演まで豪華でした。もっと面白かったのは、この頃にもB.D.ウォングが端役で出演をしたのです。

今、写真を見ただけでも、スリルが溢れた最高の家族アドベンチャー物で、一時代に記憶される最高の名作でした。

”ロスト·ワールド/ジュラシック·パーク”(1997)

それから4年後、スティーヴン·スピルバーグ監督の冒険アクションSF”ジュラシック·パーク”(1993)は、続きました。今や忘れられていた全ての種類の恐竜が、網羅されるようになり、スリルは倍加されました。

規模の経済学が適用され、スケールが更に大きくなり、それに伴う観客数も膨らむようになった、真の意味のブロックバスターに成長しました。ストーリーもやはりしっかりして、恐竜ハンター達との死闘が、興味津々に展開されます。

”ジュラシック·パークIII”(2001)

再び4年後、今度はジョー·ジョンストン監督が、メガホンを受け継ぎました。しかし、”ジュラシック·パーク”(1993)と、”ロスト·ワールド/ジュラシック·パーク”(1997)の好評は負担だったのか、あまりにも巨大さのみ重点を置き過ぎて、ストーリーラインの至る所で、弱点が明らかになってしまいました。

”ロスト·ワールド/ジュラシック·パーク”(1997)で、降板したサム·ニール、ローラ·ダーンまで呼び込み、またウィリアム·H·メイシーとティア·レオーニが加わったが、力不足だったのです。

ジョー·ジョンストン監督は、”ミクロキッズ”(1989)を皮切りに、”ロケッティア”(1991)、”ジュマンジ”(1995)、”くるみ割り人形と秘密の王国”(2018)などで、家族映画の最大の貢献者です。

”ジュラシック·パークIII”(2001)に続いて”ウルフマン”(2010)、”キャプテン·アメリカ/ザ·ファースト·アベンジャー”(2011)などの作品を引き受けたが、あまりにも名声を得た”ジュラシック·パーク”(1993)シリーズの後を継ぐのは、難しかったかも知れません。

”ジュラシック·ワールド”(2015)

そして、14年ぶりに復活する“ジュラシック·ワールド”。

見せるものは、既に全て見せたと判断されたが、再び持ち出した”ジュラシック·パーク”(1993)シリーズが意味するものは何でしょうか。家族映画やアドベンチャーとしての名声を、再確認したかったのでしょうか。それとも、ハリウッドの素材枯渇の自助策だったのでしょうか。

ありきたりだと思われていたストーリー、あるいは素材にも関わらず、いつもハリウッドシステムは毎回観客を驚かせる才能に長けています。そのような点で、改めて、“ジュラシック·ワールド”に対する期待は大きいかも知れません。新しいステップと俳優達で、再び興行神話を作り上げるか、気になるのは仕方がないでしょう。

何よりも、スティーヴン·スピルバーグ監督が、制作に参加して行われる作品なので、期待感が募りますね。

“ジュラシック·ワールド”の背景について

“ジュラシック·ワールド”シリーズの背景となる場所で、インジェン社を買収したマスラニ·グローバルがイスラヌーブラ島をまとめ、新しくオープンした新生<ジュラシック·パーク>。マスラニ·グローバルサイトによると、2002年からテーマパークの建設工事を始めていて、開場年度は2005年です。以前の<ジュラシック·パーク>との差別化を図ったのか、名称は<ジュラシック·ワールド>です。

絶滅してから復元された恐竜は、映画開始まで順調に運営されており、管理施設と関連インフラも、以前の”ジュラシック·パーク”(1993)とは比較にならない程、膨大で華やかで体系的です。旧<ジュラシック·パーク>が恐竜動物園だったとしたら、こちらは恐竜動物園が含まれている総合リゾートに近いです。

恐竜の観覧は、以前”ジュラシック·パーク”(1993)の時に、高圧電気鉄柵を一つ置いて観覧する形だったのとは違い、ジャイロスピアや白亜紀クルーズなどの様々な移動手段を通じて、恐竜達が動いているのをすぐ横で、観覧出来るようになっています。

従来の恐竜達を一種距離を置いて、観覧出来る施設もありますが、恐竜が全く照らす事のなかった”ジュラシック·パーク”(1993)とは違い、しっかりと観覧出来るようになっています。比較的最近開設されたと思われるモササウルスの観覧は、観客席が水中に移動する機能まで備えています。

イスラヌーブラ島で生きていた恐竜を集めたとはいえ、運営しながら種類を増やしたのか、以前の”ジュラシック·パーク”(1993)で、観覧可能な恐竜の種類が5種類ほどだったのとは異なり、かなり多様な恐竜が用意されています。マスラニ社によって、新しくリニューアルされたイスラヌーブラ島の地図とパンフレットに、該当する恐竜の地域が存在します。

序盤の台詞で、かつてジュラシックワールドが始まった時は、計8種の恐竜がいましたが、今は、草食恐竜14種と肉食恐竜6種があるという台詞が出ています。

映画撮影技法と大幅に発展したコンピューター技術を反映した為か、施設を管理するメインセンターの規模も、殆どNASA宇宙センターやペンタゴン戦争状況室、様々な創作物で基地本部操縦室の構造を彷彿させる水準で、オフィス水準だったジュラシック·パークの数倍に達する水準です。また、最も大きく指摘されたメインシステムを補完し、膨大なプログラマーが全員集まって、一緒に管理するようになっています。

また、”ジュラシック·パーク”(1993)時代にずさんだった保安チームも大幅に強化されました。基本的に公園保安チームであるACUは、散弾銃UTS-15で武装しており、その他には麻酔用DMRなどが備えられており、更にはミニガンまで保有しています。

その他にも、建築技術の発達のお陰か、高圧電流だけでなければ、大規模な恐竜は一度押しただけで粉々になる程、耐久度が低かった<ジュラシック·ワールド>のケーブルロープの垣根とは違い、<ジュラシック·ワールド>の恐竜檻には、インドミヌス放射場からも見えるように、いくら強力で凶暴な恐竜でも壊す事が最初から不可能な程、丈夫な電気コンクリート壁が作られています。

観覧コースは、ツアーカーが全てだった”ジュラシック·パーク”(1993)の時とは異なり、殆どの観覧コースが観覧客が、内部に入って恐竜を観覧する形で施設が作られた為、全体を壁で囲んでしまっても問題にならない事で、このようにしたようです。また、我々の内部の観覧窓の場合、インドミナス·レックスのような力の強い恐竜をも、破る事が出来ない程の強度を持っています。

また、旧<ジュラシック·パーク>で使っていた観覧用ジープは、大型恐竜が踏んでしまっただけでも壊れる程耐久度が弱い為、サファリ型の観覧は危険過ぎてしまい、その為ツアーカーの観覧コースといっても、鉄柵を挟んで恐竜を観覧する形だったが、恐竜が草むらの間に隠れてしまったり、奥に入ってしまうと、観覧客が隠れた恐竜探しをしなければならないなど、観覧に様々な面でネックが花開きました。鉄柵の為に、遠くでぼんやり立っている恐竜を、暫く見物して通り過ぎる構造なので、ツアーの楽しさも落ちたが、ジャイロスフィアの場合、驚異的な耐久度のお陰で、恐竜の檻の内側まで入るサファリ型観覧が初めて可能になり、恐竜達が躍動的に動く姿を、目の前で見る事が出来るようになりました。

スポンサーリンク

また、設定上、透明の遮蔽幕という詐欺的な技術が、公園に適用されたようであるが、不可能と思われるレベルのコースまで、全て実現出来たようであります。白亜紀クルーズやプテラノドンがその例です。でも、これは”ジュラシック·パーク”(1993)時代から、企画にあったのです。

当時は、恐竜に対する理解が低く、ツアーが不可能な状態だったといいます。施設が全て新造ではあるが、初期の“ジュラシック·ワールド”はこのような形で事実上、”ジュラシック·パーク”(1993)時代にあった企画を、殆ど持って来たようです。このように、当時は技術力の限界で構想に止まり、実現出来なかったコースを全て実現したというのが、大きな意義です。

色々な面で、”ジュラシック·パーク”(1993)と比べて、安全性が向上した事だけは確かだが、実際に全員が下りて、すぐに動物園全体が恐竜達の暴れ回るヘルゲートになった<ジュラシック·ワールド>の場合、インドミナス·レックスのように、人間を翻弄する程の知能を持った怪物でなければ、そのティラノサウルス·レックスを含むいかなる恐竜も、自分の意志で脱出する事が不可能な程、安全施設がよく構築されていました。以前の施設の最大の問題点だった恐竜達が、指定された区域外に放たれる危険性は、事実上ないと言っても良さそうです。

安全性の低さに気を使い、まともな観覧すら不可能だった”ジュラシック·パーク”(1993)に比べ、近くで動物を体験する事が出来るようになり、観客がより楽しめる施設になったのはおまけです。

きちんと組織された運営陣と技術力の発展のお陰で、事故以前にも”ジュラシック·パーク”(1993)の足を引っ張っていた安全性問題が、初めて解決されたと言え、根強い問題の解決策が遠かったせいで、改装をしてもまともな運営が出来るか疑わしかった程ずさんだった<ジュラシック·パーク>とは違い、10年以上安定的に経営されていた事実だけを見ても分かります。実際、何人かの不道徳な人間でなかったら、ずっと正常な運営が出来たはずですが。

これらの施設は、全て開設以来徐々に増大しました。オープンしてから10年間、恐竜達の観覧の間、少なくとも表面的に難なく正常に運営されたという点を見ると、以前の”ジュラシック·パーク”(1993)の事態を教訓に、最初から徹底的に準備していたように見えます。恐竜達の管理が、現実的に非常に困難だという点を勘案すると、このような準備性と体制だけは、高く評価すべき部分です。

このような安定したシステムに基づいて、毎年、過去の惨劇は跡形もなく、嘘のように思える盛況を成していた。離島である為、入場者の往復に制限があるにも関わらず、入場者数は連日2万人余りであり、入場者の満足度も、90%前半を占めていました。

単に、興行だけでなく恐竜に対する研究も活発になり、たとえ不完全なDNAに現生動物達の塩基配列を追加して、作り出したキメラとはいえ、以前の恐竜学者為が100年間研究して明らかにしたものより、この10年間で明らかにしたものが多いという程です。

”ジュラシック·パーク”(1993)のオマージュについて

1.ロウリー·クルーザースが、”ジュラシック·パーク”(1993)のTシャツを着て、登場しました。ロウリー·クルーザースは、恐竜のオタク人物で、”ジュラシック·パーク”(1993)の時は、少なくとも恐竜に本物の生き物として接しているとし、“ジュラシック·ワールド”ではなく、”ジュラシック·パーク”(1993)の時を支持する意見を述べ、このTシャツを誇ります。

2.前半に、マスラニ会長がヘリに乗る際に、乱気流に遭遇して揺れる場面があるが、”ジュラシック·パーク”(1993)でも、主人公一行がヘリに乗って来る際に、乱気流の為に揺れる場面があります。また、ヘリが飛んで行く時に見える滝は、”ジュラシック·パーク”(1993)で、着陸場があった滝なのです。

3.主人公の兄弟が<ジュラシック·ワールド>に入場する門も、”ジュラシック·パーク”(1993)で、<ジュラシック·パーク>に入場する門とそっくりでした。

4.主人公一行が、<ジュラシック·ワールド>に初めて入場しながら流れるBGMは、”ジュラシック·パーク”(1993)の有名なテーマ曲である”Theme From Jurassic Park”だが、このテーマ曲は、”ジュラシック·パーク”(1993)でも訪問者に、”ジュラシック·パーク”(1993)の様子が映し出される場面で、使われたようです。

5.また、マスラニ·グローバルがクレア·ディアリングをヘリコプターに乗せて、インドミナス·レックスの放飼場に行く時、絶頂でティラノサウルス·レックスが登場する時は、”ジュラシック·パーク”(1993)の別の主題曲(ハモンド一行が<ジュラシック·パーク>へヘリに乗って行く時、初めて島の姿が現われる場面で出るBGM)が使われました。

6.サムスンイノベーションセンターを訪れたグレイ·ミッチェルが、タッチスクリーンを操作するが、この時にMr.DNAが登場します。因みに、Mr.DNAの声は、本作の監督コリン·トレヴォロウです。

7.サムスンイノベーションセンター内の発掘体験場で、子供達が発掘体験する最初の場面は、”ジュラシック·パーク”(1993)で、アラン·グラントがヴェロキラプトル化石を発掘する場面とそっくりでした。

8.コントロール·ルームでロウリー·クルーザースの机をよく見ると、イアン·マルコムの本が並んでおり、タイトルは<神が恐竜を創造した>です。参考にこの本は映画の序盤、スッポンが子供達を連れてリニアモーターカーに乗って行く時に、読んでいる姿で登場します。この時、表紙のイアン·マルコムの顔まで見えるのです。

9.ヴェロキラプトルの軍事的活用を追求するヴィック·ホスキンスが、これに反対するオーウェン·グレイディに「進化の歴史が教えてくれた教訓」という話を持ち出すが、”ジュラシック·パーク”(1993)で、イアン·マルコムが<ジュラシック·パーク>の運営陣の生命を統制しようとする試みに一撃を加える目的で、このような話をした事がありました。言葉は正反対に、イアン·マルコムが言った教訓とは、生命は拘束出来ず、いつも生きる術を見出すという事であり、恐竜に対する拘束に対する否定的な意見を表します。しかしヴィック·ホスキンスは、その教訓を弱肉強食で結論づけ、人類を強者と定義して拘束を正当化しました。

10.オーウェン·グレイディが「君はあの森に入って、2分も経たずに死ぬんだ。そんな面白い靴を履いたらもっと早くにね」とクレア·ディアリングのファッションをディスすると、彼女は突然シャツのボタンを外して、シャツの裾を腹の方に結び、両腕をまくり上げて準備して、腰に手をあてました。この時、クレア·ディアリングが着たスタイルが、”ジュラシック·パーク”(1993)のヒロインである、エリー·サトラーのシャツを着るスタイルと一致します。また、後半はシャツを脱がされ、シャツの中に着ていたランニング·シャツだけが残るが、”ジュラシック·パーク”(1993)後半のエリー·サトラーも、シャツを脱いで奥に着ていたランニング·シャツだけが残ったのです。

11.インドミナス·レックスの攻撃を受けて、逃げたザック·ミッチェルとグレイ·ミッチェル兄弟が彷徨して到着したのが、旧<ジュラシック·パーク>の旧ビジターセンター。この場面こそ、”ジュラシック·パーク”(1993)のオマージュで、ここでは<恐竜が地球を支配した時>という垂れ幕の一部が出て来ました。それは、たいまつとして使われ、床にはティラノサウルス骨格の残骸が依然残っています。食堂にあったベロシラプター壁画も姿を映し、ガレージからはジープ·ラングラーと暗視鏡(チームがフォード·エクスプローラーで使ったそれ)まで、出て来ます。インドミナス·レックスが咆哮する所は、”ジュラシック·パーク”(1993)で、ティラノサウルス·レックスがヴェロキラプトルを殺しながら、暴風干支として咆哮する所でした。

12.ザック·ミッチェルとグレイ·ミッチェル兄弟が、訪問客センターで拾ったジープに乗って移動中、鉄門をジープで壊して通過する場面で、敢えて鉄門に付いている感電危険表示板をクローズアップして見せるが、”ジュラシック·パーク”(1993)のデニス·ネドリーが、恐竜DNAを盗んでジープに乗って逃げる途中、感電表示板が貼られた鉄門を手動で開ける場面のオマージュだったと見られます。

13.オーウェン·グレイディとクレア·ディアリングが、インドミヌス·レックスにやられたアパトサウルスを探る場面は、”ジュラシック·パーク”(1993)で一行が、病気になったトリケラトプスの世話をする場面と似ています。実際にこの場面は、”ジュラシック·パーク”(1993)のトリケラトプスが100%アニマトロニクスで作られた事を反映し、グラフィックではなく、アニマトロニクスで撮影されました。また、この場面はペッティングズー(Petting Zoo)で、子供達と一緒に、”ジュラシック·パーク”(1993)では、アラン·グラント、アレクシスとティモシーが大きな木の上でブラキオサウルスを眺める場面とも、オーバーラップします。

14.”ジュラシック·パーク”(1993)で、物語の主役の一人であるアレクシスとティモシーが、公園の設立者であり、最高経営者であるジョン·ハモンドの孫娘であるように、今作の主役の一人であるザック·ミッチェルとグレイ·ミッチェルが、実質的な公園の最高経営者(設立した会長は別にいるが)であるクレア·ディアリングの甥という設定、そして人間側の物語を担当した主役達が大きく2組に分かれて、後半に合流するというストーリー展開は、細かい部分で少し違いはあるが、”ジュラシック·パーク”(1993)のオマージュとして浮上させています。

また、”ジュラシック·パーク”(1993)のアラン·グラントが、子供達を嫌う人だったが、危険に陷った子供達を守ってあげながら、ますます子供達と親しくなるように、今作のクレア·ディアリングは、甥達に関心もなく歳も知らずと、クレア·ディアリングの叔母としての資質に対して叱咤されます。最後に、いつ見たか分からない程無関心だったが、ザック·ミッチェルとグレイ·ミッチェルが行方不明になると、恐竜達が暴れる公園の真ん中に駆けつけて、甥達を助けようとしたり、後半には車を運転して甥達を守り抜き、最後まで連れて逃げるなど、親しくなる姿が浮き彫りになりました。

15.ザック·ミッチェルとグレイ·ミッチェルの両親が離婚するというストーリーは、”ジュラシック·パーク”(1993)で、ハモンドが娘(アレクシスとティモシーの母親)の離婚問題で、頭を悩ませているという話を、オマージュしたものと見られます。

16.特に、ティラノサウルス·レックスが登場する場面では、オマージュの饗宴が繰り広げられるが、赤色の照明、ヤギ、そして横に傾いて倒れた木など、ティラノサウルス·レックスを象徴する要素が多く見られます。

17.遺伝子組み替え恐竜を作る人達のうち、ヘンリー·ウーは”ジュラシック·パーク”(1993)で、ヴェロキラプトルの卵が孵化する時、隣で説明していた研究員です。ヘンリー·ウー役には、B·D·ウォンであり、同じ俳優です。

18.オーウェン·グレイディの台詞のうち、「ドローンはご飯をくれないからといって人を食べない」があるが、これは、”ジュラシック·パーク”(1993)のイアン·マルコムの台詞、「カリビアンの海賊は故障しても観覧客を食べない」と、一致しています。

19.ヴェロキラプトルが、クレア·ディアリングの車を追撃する時、サイドミラーでヴェロキラプトルが接近するのを見せるが、他ならぬ、”ジュラシック·パーク”(1993)では、ティラノサウルス·レックスの車を追撃する場面のパロディーです。この場面はあまりにも有名で、”トイストーリー2”(1999)でもパロディーされています。

20.恐竜が、クレア·ディアリングの車両を追撃する際、車両の後ろの車両に飛びかかるヴェロキラプトルに向かって、ザック·ミッチェルとグレイ·ミッチェル兄弟が、電気ショック機を使う場面がありました。この時、使い方が分からず戸惑うが、これは”ジュラシック·パーク”(1993)のアレクシスとティモシーが、電灯を消す事が出来ず、戸惑う姿をオマージュしたものです。しかし、”ジュラシック·パーク”(1993)で、結局ティラノサウルス·レックスの攻撃を受けたのと違い、電気ショック機を見事に使って、ヴェロキラプトルを撃退します。

21.オーウェン·グレイディ一行が、ヴェロキラプトル達に包囲される場面は、”ジュラシック·パーク”(1993)終盤のヴェロキラプトル包囲場面のオマージュであり、よく見れば構図が全く同じです。

22.放飼場から出ようと、走るオーウェン·グレイディとインドミナス·レックスが、彼を追うシーンで、インドミナス·レックスの足取りについて出る部分があるが、この部分は、”ジュラシック·パーク”(1993)の厨房のシーンで、冷凍倉庫に逃げる子供達と子供達を追うヴェロキラプトルの構図のようです。

23.インドミナス·レックスが、孵化場から脱出した後、車の後ろに隠れた警備員を見せてくれる場面は、”ジュラシック·パーク”(1993)の厨房で、ヴェロキラプトル達が子供達を捜す場面と同じアングルで見せてくれます。

24.滝から飛び降りるシーンは、”ジュラシック·パーク”(1993)で、電気塀を越えるシーンへのオマージュです。

25.ジャイロスピアの中に入った子供達を見つめるインドミヌス·レックスは、”ジュラシック·パーク”(1993)で、ティラノサウルス·レックスが、アレクシスとティモシーを見つめるオマージュで、恐竜の構図も似ています。

26.最後に出て来るティラノサウルス·レックスの嵐の咆哮シーンで、右頬に昔からあったような傷跡があるが、これは”ジュラシック·パーク”(1993)のティラノサウルス·レックスが、ヴェロキラプトル達と戦う時に受けた傷跡と同じであります。つまり、最後に出た救世主ティラノサウルス·レックスは、実は、”ジュラシック·パーク”(1993)で皆を恐怖に陥れた、まさにティラノサウルス·レックス。実に、22年間生きていたのです。

27.クレア·ディアリングが、姉のカレン·ミッチェルと通話する時、姉が母がよく言っていた言葉を引用して小言を言うと、「切って、ママ」と言うが、これは”ジュラシック·パーク”(1993)で、デニス·ネドリーが小言を言うジョン·ハモンドに、「分かったよ、アバズレ」という風に皮肉ったものに対するオマージュだと言うには、雰囲気が違うようですね。

28.最後のインドミヌス·レックスとティラノサウルス·レックス、ブルーとの決闘で、クレア·ディアリングが「逃げて」と叫ぶのも、ジョン·ハモンドがアラン·グラントとの電話会談中、ヴェロキラプトルがドアを壊して、襲い掛かろうとした時、「RUN」と叫ぶのと同じでした。

この映画の特徴について

–グラフィックが華やか–

華麗なグラフィックで、実際に何処かの島に恐竜がいっぱいの観光地がありそうな気分です。

確かに、アメリカのグラフィック技術は、常に追従する立場にならざるを得ないですね。

–華麗でとてつもないスケール–

映画は、叔母が働く恐竜島に行く2人の甥の姿で、始まります。そして、この2つの視線で新概念の恐竜観光地を照らし、多様で大規模な恐竜にスポットライトを当て、映画を見る観客の目を楽しませました。

特に、まるで動物園のイルカを扱うように、海洋恐竜を調教する姿、そして観客席が下りて、水中の恐竜の姿を観察するように作動する最先端システムの場面は、実際にありそうな観光地の雰囲気を醸し出し、映画に夢中にさせました。

また、緑色に広がる茂みの上で、自由に闊歩する草食動物と、それを間近で見守る人々の姿も壮観で、大きな印象を与えました。

新しく帰って来た“ジュラシック·ワールド”は、こうした前作の思い出と栄光に寄りかかっている事を、敢えて隠しません。荘厳なテーマ音楽、ストーリーの連続性、寂しく廃墟と化した昔の<ジュラシック·パーク>の姿、そして一部登場人物まで、映画の中で”ジュラシック·パーク”(1993)のノスタルジアを刺激します。

これは当然の事でもあり、また一定程度成功しています。特に映画の序盤、ジョン·ウィリアムズのオリジナルスコアが鳴り響いた時と「人々はもう恐竜に熱狂しない」というセリフが出た時、心にジーンとするのを感じ、映画に自然に、打ち込む事が出来ました。前作より、技術的にはるかに、精巧に製作されている事が明らかな恐竜達を見るのも、映画の愉悦の一つです。どの前作シリーズよりも、多様な恐竜達が登場するだけでなく、先端遺伝工学技術で、人間が生み出した新しい恐竜インドミナス·レックスの設定も、かなり斬新でした。

この映画の名場面の名ゼリフについて

–ヴェロキラプトルを調教する場面–

最初のヴェロキラプトルを操る場面は、 予告編でよく見たような場面です。

ヴェロキラプトル達に食事を与えている途中、ヴェロキラプトルの力が強過ぎて、食事を与える店員が中に落ちてしまいます。

ヴェロキラプトルは、空から落ちた人が食べるものなのかを確認しようと攻撃しようとした瞬間、オーウェン·グレイディが入って行って、ヴェロキラプトルを制止しようとします。

職員達は、当然ヴェロキラプトルを麻酔銃で攻撃し制止しようとしたが、オーウェン·グレイディは攻撃を止め、指示を与えて制止しようとしました。

彼らに攻撃を仕掛けて来たら、彼らは自分を信じないだろうと言っていました。彼は、生命体を人間並みに考え、尊重しようとする態度を見せました。

彼らが、どんなに怖い恐竜だとしても、むやみに攻撃するより尊重した方が良いという事に、胸がジーンと温かくなりました。

–「喧嘩するなら、俺のやり方でやる」–

オーウェン·グレイディが、脱出しようとするティラノサウルス·レックスを制止する為に、人間達が恐竜と戦争するアクションシーンでのセリフです。

人間達は、武器を使って攻撃と戦術を繰り広げましたが、失敗に終わりました。オーウェン·グレイディは、自分が恐竜についてよく知っているので、自分のやり方で戦おうと言います。

彼は、自分を信じてついて行くヴェロキラプトルと共に、恐竜を恐竜化して戦おうとします。彼の戦術が効果があるかは、映画を見れば分かります。

彼は、人が自惚れているのとは違い、彼らにとって、どの方式が最も賢明な選択かを深く考え、決断力のある姿を見せます。

これにより、普段はお茶目なキャラクターであるにも関わらず、このように重要な状況では、真剣なキャラクターの姿を通じて、誰よりも一番に恐竜を想い、愛している事を魅せてくれました。

恐竜の遺伝子について

白い卵の表面に、金がちょろちょろ入り、その隙間から小さいけれど、恐怖に満ちた恐竜の足が出てくる最初のシーンは、映画への期待を高めるのに十分でした。それ以降、20分間あまり、画面に実際の恐竜を全く露出させず、好奇心を増幅させます。そして、遂に登場した恐竜達には、驚きの声が出る程、現実感がありました。

この映画は、人間の欲で、様々な種のDNA組み合わせで作られた生命体インドミナス·レックス。人間が神様じゃなくて、それぞれの動物の長所だけ選んで作ったのです。映画に出ている内容だけを見ると、ティラノサウルス·レックスの遺伝子を基に、コウイカの胃腸術遺伝子、アマガエルの熱感知遺伝子、マムシの遺伝子が入っているといいます。自分に挿入されたチップも抜き取り、面白半分に食べない恐竜達を狩り、脱出したように見せようと壁に爪の跡をつけるのを見て、人間遺伝子も入っているのではないかと思いました。そうでなくては、あんなに残忍で、用意周到な行動が出るはずがないですから。この生命体の正体が、完全に明らかになった訳ではない状況なので、今回公開された映画は、見応えがあります。

科学の恐ろしさについて

遺伝子を、単純に完成体にする事に止まらず、新しい生命体を作る為に、遺伝子を玩具のように、もて遊ぶようになって起こる災難を描いた映画で、人間の持つ傲慢さと共に、どれ程無知かを見せており、未来に発生するかも知れない科学による恐ろしい状況を警告する映画と言えるでしょう。

科学がいかに親近感があり、安全で、人生に大きな潤いをもたらすという言葉だけを信じて、学び、研究し、使用しているが、それにどれ程、矛盾と無知が存在するかは知らなくてはなりません。

何故なら、人間も自然界の一部に過ぎないからです。人は特別な存在だが、知識を学べる程素晴らしい知能を持っているだけで、自然界から外れている神ではない事に気付くべきだという事です。

食べずに長く持ちこたえる生物、暫く冬眠出来る生物、深海と海水面を自由に行き来しながら肺で息をする生物、闇の中でも前を見て狩りが出来る生物とは異なり、むしろ食べ物、水がなく、とても暑い場所、水中、深海などで、裸体では死にやすい生き物である事を認識し、科学に対して知識に接すべきだという事を認識すれば、その時こそ、必要な科学が適切に使える真の人類に、生まれ変わると思います。

 

ジュラシック·ワールド まとめ

 

本当に、興味深くて、知能を持った恐竜がこんなに怖いんだと実感しながらも、いつかは現実に向き合いそうなテーマパークの形をした“ジュラシック·ワールド”。

人間が、様々な遺伝子を混ぜて作った遺伝子組み換えの恐竜より、実際のティラノサウルス·レックスが真理です。

幼い頃から共にした、ヴェロキラプトルの義理は、なんだか勇ましいオオカミのようなイメージというか、楽しさと感動とスケールまで武装した“ジュラシック·ワールド”は、映画が終わった後も、深い脳に刻み込まれる素晴らしい恐竜の存在。

自然と交感出来るその暖かい可能性に、もっと胸ときめく余韻が残る、そんな映画でした。

多様面で、”ジュラシック·パーク”(1993)に対する献呈作品であるが、従来のシリーズの伝統を受け継いでいくのではなく、時代の変化を認識した決定が多くあるという点も、注目に値します。

作中で言及される「もう人々が恐竜を見ても驚かない」という発言は、作品内的には人間が、インドミナス·レックスを作るようになった理由でもあるが、一方では、もう映画にあらゆる幻想的なものが登場し、恐竜程度は、滑稽になった現実に対する隠喩でもあるでしょう。

そして、”ジュラシック·パーク”(1993)シリーズを包括するメッセージ、<生物を絶滅から蘇らせたという理由で商品を扱い、それらを自分の思い通りに扱ってもいいと勘違いする人間に対する批判>を、主な題材にしている点。

全体的な展開と最後の半分の反転は、一見幼稚で平面的にも見えるが、”ジュラシック·パーク”(1993)シリーズに対する深い理解を、そのままメッセージとして織り込んだ作品でもあります。

このような本作は、新しいシリーズを導く序幕として遜色ないでしょう。一度ヒットした作品は、続作としてすぐ突入し、いわばフランチャイズシリーズが誕生する事になります。

”ジュラシック·パーク”(1993)シリーズ、“ジュラシック·ワールド”シリーズは、あまりにも有名になっただけでなく、恐竜という特別なキャラクターが、世界中で愛されているのです。

 

 

※「ジュラシック・ワールド」はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば無料で見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\ジュラシック・ワールドが無料で視聴可能です。/見逃し配信バナー

31日以内の解約なら完全無料!

”上記の情報は2021年6月5日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

どのサイトを選べばいいのかわからない。

そんな時は、こちらの記事が参考になりますよ。

おすすめの動画配信サイト どれを選べばいい?厳選10サイトを比較 見たいエンタメが見られる おうち時間の有効活用方法
動画配信サイトってたくさんあるけど、一体どこがいいんだろ? どうやって選べばいいのか迷うよなあ。 無料体験期間をフル活用! 初回登録は全て無料。最終的に落ち着いたのは、U-NEXTとAmazonプライムだった。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました