映画「クルエラ」が劇場公開 5月27日から お得に映画を見る方法 無料配信サイトはあるの?あらすじ見どころ感想を徹底解説【映画マニアが解説】

映画

映画「クルエラ」映画館で公開されましたが、自宅で無料で配信されるのでしょうか。

✅こう言った疑問に答えます。

 

✅本記事のテーマ

映画「クルエラ」が劇場公開 5月27日から お得に映画を見る方法 無料配信サイトはあるの?あらすじ見どころ感想を徹底解説【映画マニアが解説】

ディズニー映画「クルエラ」劇場公開されましたね。

Disney+では5月28日よりプレミアアクセスで配信が開始されます。

ディズニープラスは月額770円(税込)

プレミアアクセスは3,278円(税込)

いち早く自宅で見たいというなら、初月無料の間にディズニープラスで楽しむという方法しかありません。

自宅で見ようとすると、結構な出費になりますね。

 

2021年5月時点で無料配信サイトはありません。

映画館で公開されたところですので、無料配信はまだまだ先になりそうですね。

 

しかし、最もお安く見る方法ならありますよ。

映画館では1,900円かかりますが、900円で新作映画を見る方法です。

公開直後の映画は、やはり映画館で見たいですね。

映画館でお得に見る方法は、こちらの記事が参考になりますよ。

 

 ディズニースタジオ公式

ファッションデザイナーを夢見ていた少女が悪人になった!!エマ·ストーンがディズニー史上悪魔のように残忍なヴィランのクルエラに変身!!

ディズニー映画”クルエラ”は、ディズニーのクラシックアニメ”101匹わんちゃん”(1961)の独歩的ヴィラン·クルエラを、新しく再解釈した映画です。

才能はあるが、どん底の人生を生きていたエステラが、バロネス女男爵に出会って、衝撃的な事件を経験し、ロンドンのファッション界をひっくり返す、破格のアイコン<クルエラ>として、生まれ変わるストーリーを描きます。

“眠れる森の美女”(1959)や”美女と野獣”(1991)など、アニメーションを基に作られたディズニーの実写映画が、原作に近い形で再現されたとすれば、”クルエラ”はアニメーション”101匹わんちゃん”(1961)の登場人物である<クルーエラ·ド·ビル>(Cruella De Vil)の話を、再創造しました。

映画は、名前から<残忍な>(cruel)<悪魔>(devil)であるクルエラと、クルエラをしのぐバロネス女男爵の対決を通じて、反抗的だが、大胆で天才的なクルエラの姿と真の自分を見つけ出して、変化していく過程を描いています。

プロデューサーのアンドリュー·ガンは、「華やかでファッショナブルで、少し狂ったようなクルエラの強烈な姿の後ろにどんな事情があるのか暴きたかった」と話したそうです。

映画は、エステラの平凡ではない誕生から、騒々しい幼い時代を経てクルエラに生まれ変わるまで、ありふれた回顧もミステリーもなく、すぐに駆け抜けます。また、クルエラが枠組みを壊し、限界を超える姿はカタルシスを抱かせます。

本作は、”アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル”(2017)で、ゴールデングローブ賞候補に挙がったクレイグ·ガレスピー監督がメガホンを取りました。そして、”ラ·ラ·ランド”(2016)でアカデミー主演女優賞を受賞したエマ·ストーンがクルエラを演じ、エステラとクルエラを行き来する人物の急激な変化を見事に演じ、没入度の高い演技を披露しました。

クルエラとツートップの活躍を見せるバロネス女男爵も、やはり視線を引くキャラクターです。バロネス役を演じた、”ハリー·ポッターとアズカバンの囚人”(2001)のエマ·トンプソンが、クルエラに押されないカリスマを発散し、印象的な演技を披露しました。

この他に、国内興行に成功した”キングスマン”(2014)シリーズに出演した演技派俳優マーク·ストロングも、映画で特別な存在感を見せてくれました。

”クルエラ”は、私達が知っていたヴィラン·クルエラを新しく解釈し、生き生きと魅力的なキャラクターを完成させました。

特に、派手な見所と音楽で目と耳を捕らえます。音楽とファッションの世界に革命が起きた1970年代の英国ロンドンを背景に、多彩なコンセプトのパーティーとショー、そして、約277着の衣装で目が離せません。

“マッドマックス 怒りのデス·ロード”(2015)などで、アカデミー賞2回受賞と8回ノミネートの快挙を成し遂げたジェニー·ビーヴァンが、衣装を担当し実力を発揮します。

ここに多彩な音楽が調和し、ミュージカル映画を見ているような感じを与え、豊かな映画を演出しています。

 

スタッフやキャスト

脚本:アライン·ブロッシュ・マッケンナ / ジェズ·バターワース / デイナ·フォックス / ケリー·マーセル / トニー·マクナマラ / スティーヴ·ジシス

監督:クレイグ·ガレスピー

音楽:ニコラス·ジョナサン·ブリテル

主題歌:Florence and the Machine / Call me Cruella

登場人物 / 役者

エステラ : クルエラ·ド·ヴィル / エマ·ストーン

バロネス女男爵 / エマ·トンプソン

ジャスパー / ジョエル·フライ

ホーレス / ポール·ウォルター·ハウザー

ジョン / マーク·ストロング

キャサリン / エミリー·ビーチャム

アニタ / カービー·ハウエル=バプティスト

ジェラルド / ジェイミー·デメトリウ

アーティ / ジョン·マクリー

 

クルエラ あらすじ

“美女と野獣””アラジン”のスタジオが贈る、ディズニー史上最も悪名高きヴィランの誕生秘話。

パンクムーブメントが吹き荒れる70年代のロンドン。

親を亡くした少女エステラ(エマ·ストーン)は、反骨精神と独創的な才能を活かし、ファッション·デザイナーになることを決意。ロンドンで最も有名な百貨店リバティに潜り込む。

そんなある日、伝説的なカリスマ·デザイナーのバロネス(エマ·トンプソン)との出会いによって、エステラはファッショナブルで破壊的かつ復讐心に満ちた<クルエラ>の姿へ染まっていく–。

何故、少女は悪名高き<ヴィラン>に変貌したのか??

-https://www.disney.co.jp/movie/cruella.html-

 

クルエラ 感想

本作は、ディズニー映画”クルエラ”のストーリーを、より詳しく知る事が出来る魅力的な要素として、公開前から注目を集めていました。

特に、クルエラ役のエマ·ストーンとバロネス女男爵役のエマ·トンプソンの強烈な対立が印象的であり、更に”キングスマン”(2014)シリーズで国内観客から愛されたマーク·ストロングの、短いながらも強烈な登場から、各キャラクターの固有性を持つファッションとスタイルも関心を集めています。

“クルエラ”の始まりについて

歴代級の賛辞と共に、ディズニー史上最も破格的なアイコンの誕生を扱ったディズニー”クルエラ”は、才能はあるものの、下積みの人生を生きたエステラが、バロネス女男爵に出会い、衝撃的な事件に遭遇し、ロンドンのファッション界を驚かす破格のアイコン<クルエラ>として、生まれ変わる事になるストーリーです。

バロネス女男爵が「他人は邪魔物に過ぎない。私が他の人に気を使ったらもう死んでしまった」とし、彼女がロンドンのファッション界で生き残る事が出来た方法、そして成功した自分を妨害する人物は容赦なく処断するという宣戦布告と共に、始まります。

そして、一瞬も目を離す事が出来ないクルエラの多彩な姿が描かれています。時々刻々変化するエマ·ストーンの姿は、変化に富んだ立体的なキャラクター、クルエラに対する疑問を極大化させ、場面を重ねる毎に変貌するクルエラの姿は圧倒的でした。雑用係だったエステラで、能力のあるデザイナーとして、そして完全に変わった姿で大衆に自分を「クルエラ」と紹介する姿は、不埒な程に堂々としています。

予告編でもあるように、「新しい時代には、新しい主人公が必要だ」という言葉と共に、「しかし全ての件は因果応報で終わった。一緒に事故を起こしてみませんか」と言いながら思いっきり疾走したクルエラと、「あいつが私の犬達を盗んで行った。私に挑戦して来たのね。私は負ける気ないわ」と立ち向かうバロネス女男爵の鋭い対立が、映画の緊張感を増します。

最後に「心配しないで。これは始まりに過ぎないから」というクルエラの台詞は、これから繰り広げられる2人の間のストーリーに対する好奇心を刺激し、観客の期待を高めさせました。

クルエラについて

悪党にも、それだけの事情はあります。残酷な性情とその悪い性格の裏には、人間が当然受けるべき愛がなかった為かも知れません。英雄は、末梢神経を刺激する痛快さを与えるが、悪人は、人間への深い思惟の機会を提供します。

ディズニーでは、なかなかよい悪人が登場しました。クルエラです。名作アニメ”101匹わんちゃん”(1961)で、子犬を自分の衣装の皮にしようとする悪党<クルーエラ·ド·ビル>の成長期を描きました。

クルエラの本名は、エステラでした。星の名前のように、彼女は個性的な特徴で注目されたのです。母親の下で育ったが、明るくて陽気でした。生まれた時から髪の色が半黒、半銀色だった為、よくからかわれたのです。よく喧嘩し、結局退学になってしまいました。ファッションデザイナーを夢見るエステラの夢を守る為、彼女の母親はロンドンへの移住を決心しました。母と娘が、夢に一歩近寄った日。母が、謎の死を遂げてしまいます。

エステラは、友人のジャスパーやホレースと共に、ロンドンでスリとしての荒い生活を送ります。やがて、エステラの内面には、新しい自我が芽生え始めるのです。

クルエラという悪魔的な姿で、ミジャンセン(視覚的演出)が完璧な映画でした。半黒髪と半白髪を同時に再現したクルエラの姿から、魅了されます。

”ラ·ラ·ランド”(2016)のミア·ドーラン役で主演女優賞を総なめにしたエマ·ストーンが、クルエラという新しい代表キャラクターを追加したのは、明らかでしょう。

クルエラとバロネス女男爵の火花散る対立について

終始輝くエマ·ストーンとエマ·トンプソンの悪辣で、ユーモラスな演技は、長く記憶に残るでしょう。

自分の内面に隠された本当の姿を目覚めさせ、登場だけで話題を呼ぶロンドンファッション界最高の反抗者であると同時に、トラブルメーカーに生まれ変わる事になったクルエラ役をエマ·ストーンが演じ、生き生きと立体的に描き出し、フィルモ史上歴代級の熱演を繰り広げ、皆に感嘆を与えました。

スポンサーリンク

天才的な能力を持っているが、どん底の人生を生きたエステラがクルエラに生まれ変わる人生の変化で、最も重要なきっかけは、バロネス女男爵との出会いです。

製作陣が「バロネス女男爵がいなかったら、クルエラもいなかっただろう」ときっぱり言う程、ディズニー映画”クルエラ”のストーリーに重要なこのキャラクターは、アカデミー賞2回受賞に輝くハリウッドの大物女優エマ·トンプソンが演じました。

優雅で洗練された姿の中に、冷静で容赦ない姿を隠しているロンドンファッション界の伝説であると同時に、絶対権力者でもあるバロネス女男爵に扮したエマ·トンプソンは、圧倒する驚くべき演技力で映画の没入度を高めさせます。

クルエラが、バロネス女男爵に反撃を加えながら繰り広げられるこの二人の熾烈で、先鋭な対立は劇の緊張感を吹き込み、楽しさを倍増させます。特に、バロネス女男爵のキャリアを揺らしながら、大胆な復讐を続けるクルエラの姿から、観客は痛快なカタルシスを感じる事が出来るでしょう。

ロンドン·ファッション界の絶対的権力者であるバロネス女男爵は、世間の前では優雅で洗練された姿だが、後ろでは冷静でヒステリックな反転を持つキャラクターです。プロデューサーのアンドリュー·ガンは「エマ·トンプソンはバロネス女男爵のキャラクターを時代にとらわれない姿に昇華させた。新たな演技の変身と言え、見守るのが楽しかった」と伝えました。

このように、強烈で独歩的なキャラクタークルエラとバロネス女男爵の激しい対立構図と完璧な演技は、映画の重要なポイントでもあります。クレイグ·ガレスピー監督は、「エネルギーが違う2人のキャラクターが一緒に出る場面は火花が散っている。仕事に対する熱い情熱と優れた才能を持った2人が正面から取り組むからだ。見守るのが本当に楽しかった」と伝えたのです。

また、エマ·ストーンは「二人の関係が変わる姿はとても興味深い」とし、「バロネス女男爵に従順だったエステラがクルエラに変貌し、彼女にとって脅威的な相手になる。二人がだんだん同等になる変化過程が面白いが、エマ·トンプソンとそうした過程を共にしながら、キャラクターを作る作業がとても楽しかった」と伝え、頭からつま先まで、全てが異なる二人のキャラクターの対立が、どんな姿になるのか期待感を膨らませます。

エマ·ストーンの顔には、夢見る少女の顔と、残酷な悪人の表情が同時に漂っていました。笑って泣いて、また残酷になる演技には、”ダークナイト”(2008)のヒース·レジャーが、ちらっと映ります。

クルエラを地獄へ落とすバロネス女男爵を演じたエマ·トンプソンは、悪役の定石、悪人に対する愛には、その理由があるでしょう。

名助演キャラクターの優れた演技について

クルエラとバロネス女男爵以外にも、魅力的な演技、キャラクターにすっかり溶け込んだ個性豊かな魅力を持った助演キャラクターも、視線を引きます。

”シャーロック·ホームズ”(2009)や”キングスマン”(2014)シリーズ、”1917 命をかけた伝令”(2019)などに出演した俳優マーク·ストロングが、無口でミステリーなバロネス女男爵の執事ジョン役を演じ、特別な存在感を誇りました。クレイグ·ジレスピー監督は、「マーク·ストロングは、非常に少ない事で多くを見せてくれる俳優なので、目つきや表情だけで、ものを言うキャラクタージョン役を真っ先に思い浮かべた。演技は本当に素晴らしかった」と称賛しました。

クルエラにとって、なくてはならない家族のような友達で助っ人のジャスパーに、”イエスタデイ”(2019)、HBOドラマ”ゲーム·オブ·スローンズ”(2011-2019)で知られるジョエル·フライと、クレイグ·ガレスピー監督の”アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル”(2017)、クリント·イーストウッドの”リチャード·ジュエル”(2019)に出演したポール·ウォルター·ハウザーが、ホーレス役を演じました。

ジャスパーとホーレスは、クルエラとの完璧なチームワークでロンドンの街を騒がせ、観客に愉快な笑いと深い感動を与え、映画を更に豊かにします。

そこに、クルエラとバロネス女男爵の火花散る対決の現場を、集中的に報道する記者アニタ·ダーリング役を、”僕のワンダフル·ライフ”(2017)のカービー·ハウエル=バプティストまで、有名助演陣の幻想的な呼吸と演技相乗効果のある映画の中で、彼らが繰り広げるストーリーも、しっかりと目に焼き付くべきでしょう。

目をうっとりさせる圧倒的なビジュアルの饗宴について

童話ではなく、現実世界を背景にした映画は、ファッションの中心だった1970年代のロンドン独特のエネルギーとトレンドを、提供しました。

全てが素敵で、完全に破格的で、息が詰まるほど恍惚としたファッションと新時代相応しく、独創的なビジュアルと撮影は、映画に完璧に没入させてくれます。衣装、ヘア&メイク、プロダクション全てがオスカーにノミネートされる事は明らかでしょう。

名制作陣の参加で高い完成度はもちろん、多様な見所で観客の目を確かにする本作のファッションも大変素晴らしいです。大胆で破格的なファッションのクルエラの衣装と、優雅で華麗なムードのバロネス女男爵の衣装、そして、彼らの自尊心をかけたランウェイシーンまで、約277着の衣装と240の特殊かつらが制作された”クルエラ”の中の衣装コレクションは、大きなスクリーンに圧倒的に映し出され、見る人の目を一瞬も離せません。

また、クルエラとバロネス女男爵のファッション対決も同様です。1970年代、英ロンドンで流行ったヴィヴィアン·ウェストウッド(Vivienne Westwood)を参考にしたそうです。高級感溢れる優雅さを演出したバロネス女男爵の服は33着、既存の衣装の文法を破壊し、新しい秩序を創造するクルエラの服は47着を用意したようです。

英国全域の約44のロケーションで行われた撮影と、エステラの隠れ家やバロネス女男爵の巨大なファッション会社、宴会場、デパートなどが再現された130余りのセットは感嘆を与え、映画を見るだけでも、1970年代ロンドンを旅行しているような恍惚感を与え、観客達に一風変わった経験を伝えます。

目と耳を夢心地にさせるサウンドトラックについて

感嘆がおのずと出る音楽、サウンドトラックも最高なこの映画は、華やかなビジュアルと爆発的な音楽で表現しました。

音楽に対する期待を高めた”クルエラ”に登場するキャラクターを、より豊かにする音楽も観客に忘れられない瞬間をプレゼントします。クルエラとバロネス女男爵の強烈な初出会いと火花を散らす対立、破格のランウェイなどで使われた<I Get Ideas>、<Perhaps, Perhaps>など、強烈なパンク·ロック(Punk Rock)と伝説的なミュージシャンの音楽が加わり、観客を劇に完璧に没頭させます。

プロデューサーのアンドリュー·ガンは、「この映画の音楽はそれ自体で一つのキャラクターです。エネルギーと抵抗意識を高めてくれる」と音楽の重要性を強調しており、更に特別さを増しています。特に、サウンドトラックのタイトル曲である<Call me Cruella>は、映画の強烈さとクルエラならではの独創的な魅力を披露し、観客に熱い音楽を与えます。

エンディングクレジット&ビハインドクッキーの映像について

映画が終わっても、観客が席を離れられないようにする”クルエラ”の中のエンディングクレジットとクッキー映像も、話題を集めています。本編同様、強烈なエンディングクレジットのビジュアルは、最後まで完璧をプレゼントし、観客らを驚かせました。

メロディーと共に、流れ出るびっくりクッキー映像は、意味深長なメッセージを残して、観客を熱狂させます。

短いが、濃い余韻と共に、最後まで映画の楽しさを倍増させ、待つ事が決して惜しくないようにする歴代級のクッキー映像で、熱い反応を引き出しています。

 

クルエラ まとめ

 

ディズニーの実写への拡張プロジェクトは、何処まで続くのでしょうか。

今回は”101匹わんちゃん”(1961)でよく知られているクルエラのキャラクターを実写化しました。

以前にはないプロジェクトでもありませんでしたが、また復活させたも同然で、主人公をエマ·ストーンに据えて完成させたのはかなり素敵な選択だと思います。

更に、キャスティングが神の一手のように映っていて、とても優雅な絵になりましたね。特に、お人好しで飾らない女優だったエマ·ストーンには、また他の新鮮なキャラクターが一つ出来ました。

本作は、出生の秘密と復讐とテーマに映画を作られていますが、映画のジャンルにはケイパームービーと共に、” プラダを着た悪魔”(2006)スタイルのドラマもあります。

即ち、色んな見慣れたものを和えたのです。その混合はそんなに悪くないです。基本的に、興味津々に映画を引っ張っていくからでしょう。

また、ここには映画のビジュアル的な要素が、大きく一役買っています。70年代の様々な文化を再現し、ファッションも目を見張る程、視覚的な魅力が独特です。

そして、英国の俳優陣が主演に勢揃いしていて、映画の品格を高めていると言えるでしょうか。ハリウッド映画では、簡単には満たせなかった部分が、他ならぬ英国俳優や映画の独特な品格でしたが、エマ·トンプソンやマーク·ストロングの存在は、これを一段と際立たせていましたね。以前に演じたキャラクター達と似ている点がなくはないが、やはり彼らは、名不虚伝です。

ファンタジーとドラマ的な構成を行き来しながら、視覚的な楽しみ以外に、家族の事情を紐解くやり方は多少暗くても、ケイパームービーは面白くなくても始終愉快に解いていて、商業映画としての魅力も、充分に発散しています。

考えてみれば、かなり重い素材であるにも関わらず、そんなに重くないと感じたのは、確かに家族連れの観客を期待したように見えて、70年代ポップカルチャーが沢山登場すると同時に、その時期のヒット曲がぎっしり映画に登場します。聞き慣れた曲と不慣れでも、耳に染みる選曲が素晴らしいです。

もし、エマ·ストーンが好きな観客なら、”ラ·ラ·ランド”(2016)のミア·ドーラン役をしばしでも忘れる程に強烈で、彼女の魅力に、どっぷり浸る時間になるのではないかと思います。

ヴィランの前では、いつも弱気になっていたディズニー。

母性の前に限りなく弱い心を抱いた“マレフィセント”(2014)シリーズ、”アラジン”(1992)に登場するジャファーの存在感。

ディズニー最高の悪女クルエラは、彼らと違った道を歩む。

自分の限界を乗り越え、新しく独創的な衣装を創造して来たクルエラのような道を歩む映画というか、ディズニーに想像する善良な展開はないので、安心して見ても良いでしょう。

これまで見た事のない、ディズニーの破格展開を期待してみるのもありでしょう。

 

公開から早ければ3ヶ月程度で他のサイトでも配信が開始されると予想しています。

どうせなら、自宅でお得に見たいですよね。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました