映画「トランスポーター」あらすじ ネタバレ 見どころ感想 無料で配信されているサイトは?

映画

「トランスポーター」

無料で見れるサイトありますか?

 

※「トランスポーター」はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば無料で見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\トランスポーターが無料で視聴可能です。/見逃し配信バナー

31日以内の解約なら完全無料!

”上記の情報は2021年6月5日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

スポンサーリンク

 

血も涙もない運び屋の孤軍奮闘!!ジェイソン·ステイサムの華麗なカーアクションと切れ味の良いハリウッドアクションに息を呑む!!

リュック·ベッソン監督製作のアクション映画、ジェイソン·ステイサム主演の3部作は、一気に有名シリーズとなり、3部作の終了後にはTVシリーズ化され、2015年にリブート作が公開されました。

アクションスリラー犯罪の”トランスポーター”シリーズは、18年前の2003年この頃、35歳のジェイソン·ステイサムを、今のハリウッド最高のアクションスターにのし上がるきっかけになった作品です。

“グラン·ブルー”(1988)、”レオン”(1994)、”フィフス·エレメント”(1997)、”TAXi”(1997)などの作品を通じて、お馴染みのリュック·ベッソン監督が製作·脚色し、中国出身のユン·ケイ監督がメガホンを取ったスピードアクション映画です。

ユン·ケイ監督は、この作品展までは数多くの香港及び中華圏の映画で、既に名声を得ていたが、ジェット·リー主演の”ザ·ワン”(2001)で、武術監督を通じて、ハリウッドに顔を知らせ、この作品の”トランスポーター”で、遂に進出しました。

”トランスポーター”の注目すべき点は、この頃、中華圏の俳優達と一緒に協業をしたユン·ケイ監督の作品だったという点が目を引き、ジェイソン·ステイサムには、”ミニミニ大作戦”(2003)、”デス·レース”(2008)、”ワイルド·スピード EURO MISSION”(2013)シリーズなど、カーアクション映画に最適化された俳優として、いわゆるターニングポイントになりました。

ジェイソン·ステイサムとスー·チー、そして中華圏及び欧州の俳優陣が出演した作品、”トランスポーター”の歴史は珍しいのです。

ジェット·リーが出演した”キス·オブ·ザ·ドラゴン”(2001)以降、1年間心血を注いでシナリオ作業を行ったリュック·ベッソン監督の新しい映画、”トランスポーター”は、イギリス国家代表ダイビング選手出身のアクションスター、ジェイソン·ステイサム主演のアクション映画です。

リュック·ベッソン監督に抜擢され、キャスティングされたジェイソン·ステイサムは、映画の中で、ワイルドな外見に、華麗なアクション、スピード感が男心を刺激する運転技術まで、素晴らしい演技を披露します。

サウンドトラックには、ジャズからヒップホップまで、多様なジャンルの音楽を取り揃えた、ベテランジャズミュージシャンであるスタンリー·クラークが、音楽監督を務め、多様なミュージックファイルを披露しています。

 

スタッフやキャスト

脚本:リュック·ベッソン / ロバート·マーク·ケイメン

監督:ルイ·レテリエ / ユン·ケイ

音楽:スタンリー·クラーク

主題歌:Stanley Clarke / Lai Snoops Around

登場人物 / 役者

フランク·マーティン / ジェイソン·ステイサム

ライ·クワイ / スー·チー

ウォール·ストリート / マット·シュルツ

タルコニ警部 / フランソワ·ベルレアン

ミスター·クワイ / リック·ヤン

ボス / ディディエ·サン·ムラン

リーダー / ダグ·ランド

部下 / トニオ·デカンベル

部下 / ローラン·デスポン

部下 / マシュー·アルベルティーニ

パイロット / ヴァンサン·ネメス

リトル·サグ / ジャン=イブ·ビリエン

ジャイアント·サグ / ジャン=マリー·パリ

ニュースキャスター / アドリアン·デアルネル

警官 / アルフレッド·ロット

秘書 / オードリー·ハム

ホイールマン / セバスチャン·ミニョー

ヤング·サグ / ローラン·ジュモクール

 

トランスポーター あらすじ

元特殊部隊のフランク·マーティン(ジェイソン·ステイサム)は、犯罪組織が依頼した品物を運んでくれる別名<トランスポーター>。

秘密で危険な仕事をする彼は、<契約条件を変更しない事><取引は匿名でする事><絶対に包装を開けない事>という確固たるルールに、従って動く。

ある日、ウォール·ストリート(マット·シュルツ)と呼ばれる男の依頼を受けて、目的地に向かっていた彼は、貨物が動く事に気付く。

気になる事に耐えられなかったフランク·マーティンは、カバンの中で中国人女性ライ·クワイ(スー·チー)を発見する。

だが、自分のルール通りにウォール·ストリートにライ·クワイを渡し、新たに運ぶべきバッグを渡される。

何の疑いもなく、目的地に向かっていたフランク·マーティンは、暫く席を外している間に、自動車が爆破される光景を目にする。

ウォール·ストリートがフランク·マーティンを片付ける為に、時限爆弾を渡したのだ。奇襲に遭ったフランク·マーティンは、ウォール·ストリートを襲撃し、不本意ながらライ·クワイと同行する事になる。

そして彼女から、ウォール·ストリートは、彼女の家族を含む数百人の中国人密入国者を密売しようとしているという話を聞く。

フランク·マーティンは、1人で彼らを救出しようとするライ·クワイの手助けをする事にした。

しかし、巨大犯罪組職が彼らを追いかけ、普段フランク·マーティンの周りを見回りながら、彼を疑っていた警察の包囲網が狭まり、状況は予想出来なかったところに突き進むが…。

 

トランスポーター 見どころ感想

軍人の仕事をして引退した後、秘密の運搬仕事をするフランク·マーティン。

条件を変えず、依頼は匿名で行い、中身を開封しない。

この3つの条件さえ守れば、何でも運搬して大金を貰う。ところが、彼が一つの組織の依頼を受けて、ライ·クワイの手助けをする事になり、フランク·マーティンが一つの組織を粉々にしてしまうという内容が全てです。

背景はフランスで、フランク·マーティンの愛車は、1999年式のE38、BMW735i手動ミッションです。

犯罪組織が依頼した品物を運ぶ途中、パンクしてしまったタイヤ交換の為に、トランクを開ける事になるが、人のように見える品物の動きに、人情を捨てられず飲み物を与える為、自ら自分のルールの一つである<絶対に包装を開けない事>を破ってしまい、包装を開け、依頼品である中国の女性ライ·クワイと出会い、犯罪組織に絡むフランク·マーティンの話を扱っています。

フランク·マーティンというキャラクターについて

映画で、キャラクターというのは重要です。

“ツインズ”(1988)は、家族全員が楽しめるコメディ映画です。しかし、もし“ツインズ”(1988)で、アーノルド·シュワルツェネッガーと合わせるダニー·デヴィートがいなかったと考えてみましょう。いつも陽気で憎めないキャラクターが、慎重なアーノルド·シュワルツェネッガーの傍で思考を作り上げてくれた為、“ツインズ”(1988)が、家族で見るにも、相応しい映画になったのでしょう。

それと同じく、”トランスポーター”でも、キャラクターの力量は大きいです。この映画が、ただ最高のアクションさえあれば、他のアクション映画と一緒になって記憶に残るだろうが、”トランスポーター”は”トランスポーター”というジャンルで、記憶されます。フランク·マーティンというキャラクターは、自分だけのルールを作り、途方もない程、最後まで守り抜くのです。また、フランク·マーティンは、強迫に近いキャラクターです。

映画が始まって、銀行強盗が銃口を向け、規則厳守を叫ぶ姿を見ましょう。

その場面から、ルイ·レテリエ監督は最初から、フランク·マーティンというキャラクターが、どんなキャラクターなのかをはっきり見せてくれます。

また、”トランスポーター”という独特な職業、一見すると、”トランスポーター”が、銃声乱舞するアクション映画で何の役割をするのかと思うと、素敵な車両と素晴らしい運転の腕前が見せてくれます。

お陰様で、最先端の秘密兵器とスーツで、”007 ゴールデンアイ”(1995)シリーズが記憶されるように、<規則厳守>と<素敵な車両>で、”トランスポーター”は、世界中に大いに記憶されます。

ここで登場したフランス警察のタルコニ警部は、”トランスポーター3 アンリミテッド”(2008)まで助演キャラクターとして登場し、ドラマでもそのまま登場します。

フランク·マーティンの本業をある程度疑っているが、完璧に徹底したフランク·マーティンが相手なので、確実な物証を掴む事が出来ず、とりあえず彼と親しい関係にあるが、シリーズが進行され、本当に親友になってしまいます。

スポンサーリンク

ジェイソン·ステイサム特有のアクションと彼の魅力的なポイントについて

”007 ゴールデンアイ”(1995)シリーズと同様、最初の10分は、本編と関係のない銀行強盗からの脱出を助けるアクションシーンだが、これを通じてフランク·マーティンというキャラクターの性格と能力を、一気に感じる事が出来ます。後半部に、フランク·マーティンが全身にタールを被って戦うアクション場面が、非常に魅了されました。

ジェイソン·ステイサム特有の華やかなアクションと共に、キリングタイム用に適したストーリーラインが今まで続いているが、その出発点となった作品”トランスポーター”も、やはり面白く見るには、もってこいのものでした。

昔の映画なので、アクションが野暮ったく感じられることはあるが、2003年の映画にしては、大部分のアクションシーンとドライビングする場面は、見物です。

特に、最初の配達シーンは、とても印象深かったのでしょう。2003年のアクション映画を見ると、何か俳優同士が呼吸を合わせたアクションのようで、何処がかっこいいポイントとして、強調しているのかが伝わって来ます。

例えば、相手の攻撃を防ぐ為に上半身裸にして、バスシーンと降りながらブザー押して、しかも油を引くアクションシーンなど、この全てのアクションが誇張されています。この場面は、流石に感嘆しか出ません。

特に、狭い空間でのアクションや、家の廊下で、コンテナの壁の間で、駐車してあるバスの間とバスの中でのアクション、油の底で全身に油をつけ、自転車のペダルを足に蹴ったままするアクションも奇抜ながらも、注目すべきポイントです。

また、終始真剣な雰囲気で貫き通すかと思いきや、途中で少しクスッと笑わせたりもしてくれる部分があり、またそれが格好いいんじゃないでしょうか。

何でも配達する元特殊部隊出身の配達員フランク·マーティンは、全ての取引には自分が決めたルールで契約する。

1.契約条件を変更しない事

2.取引は匿名でする事

3.絶対に中身を見ない事

を適用する生真面目な性格と、マンチキンを連想させる戦闘力が、魅力的です。

また、ジェイソン·ステイサムの男らしさと、強靭に見える顔立ちが強烈で、男性だけでなく、女性までも心を鷲掴みするに違いないでしょう。

ここでも、ジェイソン·ステイサムは、素晴らしい運転の実力と熱いアクションを、豊富に見せてくれます。

BMW広報用短編映画シリーズ”The Hire”について

リュック·ベッソン監督がインタビューで、BMWで作った広報用短編映画シリーズ”The Hire”で、何でも配達してくれる配達人とその任務によって、事件に巻き込まれるプロットなど、多くのインスピレーションを受けたと言います。第1弾で、BMWを使ったのもその理由です。

“The Hire”は、クライヴ·オーウェンが主演に、有名監督達をオファーして、8編に作られた5分余りの短編映画です。これらは、ストーリー展開ではなく、毎話監督が違う為、それぞれ雰囲気も違う上に、1話1話と違ったストーリーとして、ドラマのように楽しめます。

”トランスポーター”に登場するBMWについて

強靭に見える主人公が乗っている自動車を、見物する愉悦が半端ないです。

映画の序盤、銀行強盗に依頼されていくシーンでも、自動車のアングルを綺麗に見せてくれます。海岸道路を走る場面も、本当にかっこ良くて素敵です。

E38 BMW 735i 手動ミッション。

1994年~2001年まで販売された車両で、それまでハンドブレーキ型だった駐車ブレーキが、この頃からペダル式(フットブレーキ型)に変更されました。

728モデルは直列6気筒で、標準で速度に鋭敏なパワーステアリング、ダイアフラム·スプリット·デュアル·サーキット·ブレーキシステム、新開発の油圧ブレーキサーボを採用したインナーベント型フロント·ブレーキ·ディスク、ラミネート加工のフロントガラス、調節可能なステアリング·コラムとシート高、電動調節外部ミラーなどが装備されました。

735モデルは直列8気筒、堂々としたボディに最上級の内装、最新鋭の運転支援装備を組み合わせたフラッグシップセダン。車重を感じさせないリニアな加速と精密なハンドリングは、伝統に裏打ちされた技術の賜物。時速20km/h以下で先行車に自動で追従する機能を持ち、渋滞時の走行をサポートします。空調や音響を一括してコントロール出来るタッチパネルが後部座席にも装備される他、ホイールベースを延長したリムジンモデルも選択出来ます。

トランスミッションは、全部で5速自動だったのに、735モデルはマニュアルミッションが選べるそうです。

最近も、中古価格に比べ、車の状態が良いものがあり、オールドカーマニアのリストアの対象になったりします。

映画でジェイソン·ステイサムは、殆どスーツ姿でしたが、スーツと車両がぴったりよく似合っていて、重厚な趣が感じられるシルエットで、映画の映えがあまりにも華麗でした。

ジェイソン·ステイサムの役者魂について

多くの映画で、多くの俳優や女優に共通点があるとすれば、破格的な変身という言葉ですね。従来と違った新しい姿を見せるという事は、凄い事です。

それでこそ、飽きずに生命力を長く、職業に出来るのではないかと思います。

しかし、自分の得意なジャンル、自分に似合う役を推し進めるのも、立派な事です。ジェイソン·ステイサムみたいにです。

彼しか出来ないアクション、彼しか出来ない表情、彼しか出来ない身嗜み、彼しか出来ない運転技術。

この映画では、これらをお見事に、全て魅せてくれます。

 

トランスポーター まとめ

有名なリュック·ベッソン監督の脚本と製作によって、この映画”トランスポーター”は誕生しました。

ジェイソン·ステイサムは当時、35歳でした。そして、薔薇色の未来のハリウッドの道に向かって、歩いて行ったジェイソン·ステイサム。

”ミニミニ大作戦”(2003)、”デス·レース”(2008)、”ワイルド·スピード EURO MISSION”(2013)シリーズはもちろん、”アドレナリン”(2006)、”カオス”(2006)、”バンク·ジョブ”(2008)、”キラー·エリート”(2011)、”メカニック”(2011)、”エクスペンダブルズ”(2010)、”ブリッツ”(2011)など、かなりのアクションスリラー作品の、主人公になりました。

更に、”SAFE/セイフ”(2011)、”PARKER/パーカー”(2013)、”エクスペンダブルズ3 ワールドミッション”(2014)、”メカニック:ワールドミッション”(2016)、”ワイルド·スピード ICE BREAK”(2017)、”MEG ザ·モンスター”(2018)、”ワイルド·スピード/スーパーコンボ”(2019)、”ラース·オブ·マン”(2021)などで、主演の座を占めています。

ジェイソン·ステイサム主演の、”トランスポーター”。

アクションも素敵だが、ある程度の演技力が裏打ちされて、長い間スターとしての地位を固めたのでしょう。彼の映画は、本当に外れがない程、全ての映画をいつ見ても、損はしません。

爽やかながらも、切れのあるアクションという表現が適した、ジェイソン·ステイサムのアクション·ジャンルの痛快さ、硬い体躯といわゆる無表情が、トレードマークになる程、彼なりの演技が印象的になります。

未来のハリウッド誕生を予告した映画”トランスポーター”、リュック·ベッソン監督の卓越した選択と、目を楽しませてくれる痛快なアクションが巧みに、心までも魅了しただけではなく、外見、声、演技、アクション、運転、ファッション、どれ一つとして欠かす事のない映画でした。

 

※「トランスポーター」はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば無料で見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\トランスポーターが無料で視聴可能です。/見逃し配信バナー

31日以内の解約なら完全無料!

”上記の情報は2021年6月5日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

どのサイトを選べばいいのかわからない。

そんな時は、こちらの記事が参考になりますよ。

おすすめの動画配信サイト どれを選べばいい?厳選10サイトを比較 見たいエンタメが見られる おうち時間の有効活用方法
動画配信サイトってたくさんあるけど、一体どこがいいんだろ? どうやって選べばいいのか迷うよなあ。 無料体験期間をフル活用! 初回登録は全て無料。最終的に落ち着いたのは、U-NEXTとAmazonプライムだった。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました