ジョニー·デップ主演 チャーリーとチョコレート工場 想像力と演出が最高!!

映画

この作品は、2005年に公開された作品でティム·バートン監督が制作をしました。

有名俳優が勢揃いした映画ですが、代表的なのはジョニーデップ、フレディ·ハイモア、ヘレナ·ボナム=カーター、クリストファー·リーなどの俳優達が、出演陣として登場しています。

この映画は、5人の子供達が、天才発明家ウィリーウォンカの工場行きのチケットに当たって、その工場を見学しながら起こった出来事を描いています。

‘’チャーリーとチョコレート工場‘’は、イギリスの小説家ロイヤル·ダールが1964年に発表した小説で、1971年に先に映画化されました。

原作小説‘’チャーリーとチョコレート工場‘’は1964年に初めて出版されて以来、全世界32カ国語で翻訳·出版され、現在まで1千万部以上売れた世界的ベストセラーです。

スポンサーリンク

 

小説の最終章を閉じながら、<これを映画にするなら、ティム·バートン監督が最適格者だ>と考えざるを得ない程、ストーリーが彼の映画世界とよく合っています。

ティム·バートン監督が原作を基に映画を作るという発表をした時、ロアルド·ダールのファンも熱狂的な支持を送ったといいます。

この作品以前に、もう一つの小説であるロアルド·ダールの‘’ジェームズと巨大な桃‘’をアニメ化した前歴があった為、ファンの期待感がさらに高まったのではないかと思われます。

総計1億5千万ドルの制作費で完成した映画は、公開後すぐに北米ボックスオフィス1位になり、2週連続でトップの座を獲得しました。

続いては、‘’チャーリーとチョコレート工場‘’のウィリー·ウォンカ役で、ジョニー·デップが抜擢されました。

千の顔を持っていると言える程、かなりのイケメンでありながら、最強の演技力を持つカメレオンのような俳優です。

実は、童話の中のウィリー·ウィンカーのイメージよりやや若く見えて、最初はよく似合わないように見えたが、<流石ジョニー·デップ>という言葉が出る程、自分が演じた役柄を充実に消化しました。

特に、こういうファンタジー映画ではなおさらでした。

他の作品と違う点があるとすれば、少し誇張された表現をする場合が多いけれど、ウィリー·ウォンカは大きな表現はないのに、少し出てくるジェスチャーと台詞で全てを語ってくれます。

また、主人公チャーリーを演じるフレディ·ハイモアも可愛い顔で無難に役割を果たし、以後現在も活発に活動しています。

そして、実際、背の低い俳優のディープ·ロイが1人多役で、映画に登場する数百人のウンパ·ルンパ役を、見事に演じ分けています。

更に、ジョニー·デップと<双子>といわれているカメレオン女優のヘレナ·ボナム=カーターは、チャーリーの母親役で、存在感が大きながらも比重がやや小さく、残りの子役の4人の演技も、それぞれの個性を活かしつつ目立っています。

原作とほぼ似たストーリーだが、ウォーリー··ウィンカの家族、つまり父親の話を少し追加して入れた地点もあり、原作のストーリーをもっと蓋然性を持たせてくれています。

期待通りのハリウッド代表的な異端児ティム·バートン監督の、幻想的なファンタジーです。

 

スタッフやキャスト

脚本:ジョン・オーガスト

監督:ティム・バートン

音楽:ダニー・エルフマン

主題歌:Danny Elfman / Charlie And The Chocolate Factory

登場人物 / 役者

ウィリー・ウォンカ / ジョニー・デップ

ウィリー・ウォンカ / ジョニー・デップ

公式Facebookよりhttps://www.facebook.com/CharlieAndTheChocolateFactoryMovie/?ref=page_internal

チャーリー・バケット / フレディ・ハイモア

チャーリー・バケット / フレディ・ハイモア

公式Facebookよりhttps://www.facebook.com/CharlieAndTheChocolateFactoryMovie/?ref=page_internal

ジョーおじいちゃん / デイビッド・ケリー

ジョーおじいちゃん / デイビッド・ケリー

公式Facebookよりhttps://www.facebook.com/CharlieAndTheChocolateFactoryMovie/?ref=page_internal

 

ウンパ・ルンパ / ディープ・ロイ

ウンパ・ルンパ / ディープ・ロイ

公式Facebookよりhttps://www.facebook.com/CharlieAndTheChocolateFactoryMovie/?ref=page_internal

 

バイオレット・ボーレガード / アナソフィア・ロブ

バイオレット・ボーレガード / アナソフィア・ロブ

公式Facebookよりhttps://www.facebook.com/CharlieAndTheChocolateFactoryMovie/?ref=page_internal

ベルーカ・ソルト / ジュリア・ウィンター

ベルーカ・ソルト / ジュリア・ウィンター

公式Facebookよりhttps://www.facebook.com/CharlieAndTheChocolateFactoryMovie/?ref=page_internal

マイク・ティービー / ジョーダン・フライ

マイク・ティービー / ジョーダン・フライ

公式Facebookよりhttps://www.facebook.com/CharlieAndTheChocolateFactoryMovie/?ref=page_internal

スポンサーリンク

オーガスタス・グループ / フィリップ・ウィーグラッツ

オーガスタス・グループ / フィリップ・ウィーグラッツ

公式Facebookよりhttps://www.facebook.com/CharlieAndTheChocolateFactoryMovie/?ref=page_internal

バケット夫人 / ヘレナ・ボナム=カーター

バケット氏 / ノア・テイラー

ボーレガード夫人 / ミッシー・パイル

ソルト氏 / ジェームズ・フォックス

ティービー氏 / アダム・ゴドリー

グループ夫人 / フランツィスカ・トローグナー

ウィルバー・ウォンカ / クリストファー・リー

ジョージーナおばあちゃん / リズ・スミス

ジョージおじいちゃん   / ディビット・モリス

ジョゼフィーンおばあちゃん / アイリーン・エッセル

チャーリーとチョコレート工場のあらすじ

チャーリーとチョコレート工場のあらすじ

公式Facebookよりhttps://www.facebook.com/CharlieAndTheChocolateFactoryMovie/?ref=page_internal

世界中の誰からも愛される世界最高のチョコレート工場‘’ウィリーウィンカーのチョコレート‘’は人気に比べてその実情はよく知られておらずベールに包まれている。そんなウィリーウィンカーのチョコレート工場での工場訪問イベントを開催するが、これはランダムで撒かれたチョコレートの中でゴールデンチケットを持った5人の子供だけが参加出来る。そうしてゴールデンチケットをもらった5人の子供達とその保護者5人は神秘に包まれたウィリーウィンカーのチョコレート工場の内部に入り、中で神秘的な世界を経験する事になる。

 

チャーリーとチョコレート工場の感想

完璧なまでの映像美

想像の中の童話の世界をほぼ完璧にスクリーンに移しておいたと言っても過言ではない程、ティム·バートン監督がどれほど映画を作ることに没頭したかが伝わって来ます。

1971年の作品が一つありますが、2005年の作品ははるかに洗練されていて、その映像美が豊かになっている事が分かります。

小説とは異なり、作品のエンディングがしっかり決まっており、キャラクターの性格も変化しています。

まず、原作のストーリーもしっかりと構成されています。

チョコレート工場という漠然とした世界とキャラクター達の人物設定が、基本的に小説の成功に基づいていて完璧です。

なぜこのような方向に劇が進むのか、疑いを持つ必要もなく完璧であり、ストーリーラインに引かれて自然に観客たちに惹かれるようになります。

小説を映画化する時、やはり一番楽しみで気になる部分は、まさに無限のチョコレートの世界を表現する事です。

小説の中の想像の世界を映画で実在感を持って表現するという事が、多少難しかったかも知れません。

これと関連し、ティム·バートン監督はさまざまな実写プロジェクトやバットマンを演出した経験を活かし、チョコレートの世界をうまく表現しました。

特に、殆どのセットを自分で作ってリアルに表現しましたが、CGの比率が入るところだけ入っていて、他の所はすべて実際に作ったセットです。

最初に出てくるチョコレートの園を始め、リスがクルミを割っているシーンも全てリスを訓練して撮影したものです。

チャーリーとチョコレート工場で訴えたかったことは

小説でも分かるように、映画では子供達の問題性を批判する事に焦点を合わせました。

5人の子供達は、それぞれインタビューから、自分達がどんな子供なのか、どんな欲を持っているのかをよく見せます。

チャーリーは純粋な子として出ていますが、このような純粋さをさらに際立たせる為に、残りの4人の当選者のキャラクターは単純ではありません。

ドイツの食いしん坊少年オーガスタス、何でも欲しい物は手に入れれば気が済むベルーカ、ガムを噛む大会チャンピオンのバイオレット、自分がどれ程賢いかを世の中に知らせたくて何でも挑戦するマイクです。

皆何かに一つずつ自分が一番だという事を掲げるキャラクターです。

もちろんこのような設定は、典型的な勧善懲悪の形といえます。

しかし、子供達の欲心を見せながら、子供達が過度な欲心を示すようになれば、このように結局自分を飲み込める武器になるという事をこの映画で見せたかったようです。

従来の監督特有のねじれた、才気溌剌さが少なく、あまりにも純化された善良な童話がぎこちなく近付いてもおかしくなかったが、それにもかかわらずファンタジー世界は優越的に展開され、2時間近く楽しさと興味をよく繰り広げました。

チャーリーとチョコレート工場のまとめ

‘’チャーリーとチョコレート工場‘’は、ウィリー·ウォンカ役を演じたジョニー·デップの多様な魅力を見る事が出来る作品の中の一つです。

あの人気な海賊ジャック·スパロウと同一人物だという事、

 

しばらく忘れてしまうかも知れません( ̄▽ ̄;)

 

幼い時に読む時とは、また違う魅力を感じる事が出来、映画を見ながら、その想像の中の世界を現実に具現し、更に神秘的になるでしょう。

‘’チャーリーとチョコレート工場‘’は、子供達の為の童話ですが、人々の持っている純粋さと欲望の危険性、家族の大切さまで感じられる大人達の童話とも言えるでしょう。

 

※「チャーリーとチョコレート工場」はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば見ることができますよ!

詳しくは

↓↓↓

見逃し配信バナー

 

”上記の情報は2021年2月27日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

 

どのサイトを選べばいいのかわからない。

そんな時は、こちらの記事が参考になりますよ。

おすすめの動画配信サイト どれを選べばいい?厳選10サイトを比較 見たいエンタメが見られる おうち時間の有効活用方法
動画配信サイトってたくさんあるけど、一体どこがいいんだろ? どうやって選べばいいのか迷うよなあ。 無料体験期間をフル活用! 初回登録は全て無料。最終的に落ち着いたのは、U-NEXTとAmazonプライムだった。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました