ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー キャラクターの能力・見どころを徹底分析

映画

ガーディアンズ·オブ·ギャラクシーって色んなキャラクターが出てきて面白いよなあ。また見てみたくなったなあ。無料で配信しているサイトはあるのかな?

✅こういった悩みに答えます。

 

✅結論

U-NEXTの無料体験期間中に配布されるポイントで視聴が可能です。

スポンサーリンク

 

※「ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー」はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば無料で視聴可能です。

詳しくは

↓↓↓

\「ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー」は無料で視聴可能です。/見逃し配信バナー

31日以内の解約なら完全無料!

”上記の情報は2021年5月1日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

 

キャスト

宇宙という巨大な世界観をメインにしたヒーロー映画!!クリス·プラットがゾーイ·サルダナを始め凶悪犯らと共に宇宙滅亡を阻止!!

予想出来ない方向に進んでも、納得出来る程しっかりしたストーリーラインと、ドタバタの悪童達の強烈なキャラクター達が、アクションSFジャンルの鑑になる、“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”シリーズ。

“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”は、2014年に公開されたマーベルコミックスの同名スーパーヒーローチームを題材にしたアメリカのスーパーヒーロー映画で、マーベルスタジオが製作し、ウォルト·ディズニー·スタジオのモーションピクチャーズが配給しました。マーベルシネマティックユニバースに属するシリーズで、10作目に当たります。

“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”のメガホンを取ったジェームズ·ガン監督は、”スクービー·ドゥー”(2002)の脚本で注目を集め、”ドーン·オブ·ザ·デッド”(2004)の脚本、”ムービー43”(2013)の監督に続き、同作品“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”の脚本及び監督、そして“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー:リミックス”(2017)、”アベンジャーズ/インフィニティ·ウォー”(2018)の脚本で、注目を集めました。

主演には、クリス·プラットを筆頭に、ゾーイ·サルダナ、デイヴ·バウティスタ、ヴィン·ディーゼル、ブラッドリー·クーパー、マイケル·ルーカー、そしてジャイモン·フンスー、ジョン·C·ライリー、グレン·クローズとベニチオ·デル·トロが出演します。

“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”のキャラクター達は、一様に傷と痛みを抱いているが、彼らはそのような試練を通じて更に強くなり、またそれなりの哲学を通じて、観客に説得力を高め、愛らしく可愛いキャラクターとして立ち、感動を広げる事に成功しました。

同作品では、ニコール·パールマンもジェームズ·ガンと共に、脚本を担当しました。

ニコール·パールマンは、2009年から脚本を書き始め、2010年にはプロデューサーのケヴィン·ファイギが、“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”の映画化の可能性があると初めて語りました。2012年7月、マーベルスタジオはサンディエゴ·コミックコン·インターナショナルで、本格的に映画開発に取り組んでいると発表しました。

同年9月には、ジェームズ·ガンが監督兼作家に決まったようです。2013年2月にクリス·プラットがピーター·ジェイソン·クイル役に決定され、他の役も続々と決まりました。撮影は、2013年7月にロンドンのシェパートン·スタジオで開始し、同年10月に完了したそうです。後半作業は2014年7月7日に完了しました。

本作は、2014年7月21日にハリウッドで初めて上映されました。

アメリカでは、8月1日に3DとIMAX3Dフォーマットも同時に、劇場で公開されました。そして、映画は商業的に成功したが、世界で7億7,420万ドルの収益を上げ、2014年に公開されたスーパーヒーロー映画の中で、最も高い収益を上げた映画となりました。また、2014年に米国で公開された映画では、2番目に高い収益を上げました。商業的な面以外にも、映画のユーモラスさ、サウンドトラック、視覚効果、監督の指揮力、俳優陣の演技力など、批評家から高く評価されました。2017年4月には、続編“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー:リミックス”(2017)が公開されました。

映画は多くの賞や映画祭でノミネートされたり、受賞したりしました。第87回アカデミー賞と第68回英国アカデミー賞には、それぞれ視覚効果賞と扮装賞にノミネートされたが、受賞には至りませんでした。しかし、クリティックスチョイスアワードには5つの部門でノミネートされ、2つの部門で受賞、サターンアワードでは9つの部門でノミネートされ、4つの部門で受賞したのです。

マーベルスタジオのケヴィン·ファイギ社長は、2010年、サンディエゴ·コミックコンインターナショナルで「まだ“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”のような確定していない作品がある。最近では、漫画が面白い方法で制作されていると思う」と語りました。

”エンターテインメント·ウィークリー”2011年11月号のインタビューで、ケヴィン·ファイギは「”マイティ·ソー”(2011)でも暗示されたが、マーベルユニバースの宇宙部分でも大きな叙事詩をする機会がある」と語ったようです。また、彼は「”X-MEN”(2000)や“アベンジャーズ”(2012)のような複数のキャラクターの群像劇を取り揃えた映画だ」と付け加えました。

2012年、サンディエゴ·コミックコン·インターナショナル·マーベルスタジオのパネルで、ケヴィン·ファイギは企画が進行中であり、2014年8月1日に公開予定であることを公式発表しました。ピーター·ジェイソン·クイル、ドラックス、ガモーラ、グルート、ロケットが描かれたコンセプトアートを公開しました。また、公開したコンセプトの一つはロケットで、もう一つは5人が集まった完全なチームでした。

2012年8月、ペイトン·リード、ライアン·フレック、アナ·ボーデンら他の候補を抜いて、ジェームズ·ガンが監督に決まり、交渉に入りました。“アベンジャーズ”(2012)の監督であるジョス·ウェドンは、“アベンジャーズ”(2012)の続編に繋がる全ての映画で、コンサルタントを務める契約を結び、“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”では、ジェームズ·ガンに対する監督選定に熱心でした。

“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”の美徳は、断然上のキャラクター達の才気の溌剌さとユーモアコードで重武装したいわゆる新しいスタイルのヒーロー達のドタバタ冒険談が、観客達をランニングタイム2時間以上直進し、楽しさと面白さを伝えてくれました。

“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”は、完全に差別化された既存のマーベルヒーローとは一線を画し、観客に愉快さと楽しさ、そして興味深さで重武装し、“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”シリーズを完璧無欠に導き、”ガーディアンズ·オブ·ギャラクシーVOL.3”(2023米公開予定)に対する期待を、かなり大きく高めています。

 

スタッフやキャスト

脚本:ジェームズ·ガン / ニコール·パールマン

監督:ジェームズ·ガン

音楽:タイラー·ベイツ

主題歌:The Jackson 5 / I Want You Back

登場人物 / 役者

ピーター·ジェイソン·クイル : スター·ロード / クリス·プラット

ガモーラ / ゾーイ·サルダナ

ドラックス / デイヴ·バウティスタ

ロケット / ブラッドリー·クーパー

グルート / ヴィン·ディーゼル

ヨンドゥ·ウドンタ / マイケル·ルーカー

クラグリン·オブフォンテリ / ショーン·ガン

イラニ·ラエル / グレン·クローズ

ローマン·デイ / ジョン·C·ライリー

ガーサン·サアル / ピーター·セラフィノウィッツ

ロナン·ジ·アキューザー / リー·ペイス

コラス·ザ·パーサー / ジャイモン·フンスー

ネビュラ / カレン·ギラン

メレディス·クイル / ローラ·ハドック

ブローカー / クリストファー·フェアバンク

クイルの祖父 / グレッグ·ヘンリー

ベリート / メリア·クライリング

老人 / スタン·リー

モロカ·ダル / アレクシス·ロドニー

ジ·アザー / アレクシス·デニソフ

カリーナ / オフィリア·ラヴィボンド

コスモ / フレッド(俳優犬)

タニリーア·ティヴァン : コレクター / ベニチオ·デル·トロ

ピーター·クイル(幼少期) / ワイアット·オレフ

サノス / ジョシュ·ブローリン

 

ガーディアンズ·オブ·ギャラクシーのあらすじ

自称<伝説の無法者スター·ロード>、しかし現実は宇宙をさまよう単なるこそ泥に過ぎないピーター·ジェイソン·クイル(クリス·プラット)。

思いがけず、<ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー>の絶対悪サノスとロナンのターゲットになった彼は、監獄で会った暗殺者ガモーラ(ゾーイ·サルダナ)、巨体のファイタードラックス(デイヴ·バウティスタ)、懸賞金ハンターロケット(ブラッドリー·クーパー)とグルート(ヴィン·ディーゼル)コンビとぎこちない同盟を結び、別名<ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー>を結成する。

華やかな過去を持つ人々が、果たして120億人の運命を救う唯一の希望になるだろうか。

散らばれば無法者、団結すればヒーローレベルの違うマーベルの新しい世界を目撃せよ!!

 

ガーディアンズ·オブ·ギャラクシーの見どころ感想

演出とストーリーなど、様々な要素も記憶に残ります。ある人は、<冗談半分、本気半分、全宇宙的3流家族ドラマ>と評したりもするが、むしろそのような内容が加わって、退屈さを和らげたかも知れません。ずっと外界の種族だけが羅列されながら、お互いに争ってばかりいては、退屈し過ぎるのではないでしょうか。

そして、”キングスマン”(2015)を思わせる、ヨンドゥ·ウドンタの戦闘シーンを始めとする、様々なアクションシーンは、目の保養に優れていました。

私が選ぶ最高の名場面は、最後の場面です。

<ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー>が危険にさらされたが、グルートは自分が死ぬと分かっていながらも、自分を犠牲にして友人を救う場面が、私にとって名場面でした。ロケットはグルートに、「何故そんな事を言うのか」と言うが、グルートは「私はグルート(I am Groot)」と言います。ロケットが「駄目だ」と言いながら、涙を流した時、本当に最高の名場面だと感じました。

そして、この映画を見る時は、始めの部分で、涙を浮かべるようになります。何故なら、ピーター·ジェイソン·クイルの母親が病気で死ぬようになる話から始まるからです。

最初に映画が始まった時、幼いピーター·ジェイソン·クイルが出て来ます。母親が最後に「手を繋いで欲しい」と言うが、ピーター·ジェイソン·クイルは、母親の手を握る事が出来ませんでした。そして、母は亡くなりました。ピーター·ジェイソン·クイルは、母親の手を握れなかったのは心の傷だったようです。母親が嫌いだから握らないのではなく、病気の母親が自分の母親だということを認めたくなくて、握らないと思ったのではないでしょうか。

この映画の制作と撮影について

2012年9月18日、ジェームズ·ガンは自身の公式フェイスブックページで、監督と脚本契約を締結したと発表しました。11月、ジョエル·エドガートン、ジャック·ヒューストン、ジム·スタージェス、エディ·レッドメインらがピーター·ジェイソン·クイル役でオーディションを受けたと報道されました。12月には、リー·ペイスがオーディションを受けたことが確認されました。この他にも、”マイティ·ソー/ダーク·ワールド”(2013)にも出演したザッカリー·リーヴァイ、ジョセフ·ゴードン=レヴィット、マイケル·ローゼンバウムが、同じ役柄にノミネートされていると報道されました。2013年2月、クリス·プラットが同じ役で決まり、いくつものマーベル映画の契約を結んだのです。

2013年1月、撮影はイングランド·ロンドンのシェパートン·スタジオで行われる予定であることが報じられ、マーベル·スタジオは、3Dで公開する予定であることが発表されました。製作総指揮を務めるビクトリア·アロンソは、6月に撮影が始まると言ったようです。

2013年3月、ケヴィン·ファイギは、“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”とマーベル·シネマティック·ユニバースの関連性について語りました。ケヴィン·ファイギは、「これは最も独立した映画になるだろう」と言いながらも、「宇宙を舞台にしています。他の映画では宇宙の反対側にいる時、“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”のキャラクターは存在するが、<アベンジャーズ>は現時点ではその事件に関与していない。」と付け加えました。また、ケヴィン·ファイギは映画の95%は、宇宙が舞台になると言いました。

3月中旬、デイヴ·バウティスタが、ドラックス役で出演契約を結びました。ドラックスの役には、アイザイア·ムスタファ、ブライアン·パトリック·ウェイド、ジェイソン·モモアが候補に挙げました。1週間後、”スター·ウォーズ”(1977)で、ダース·ベイダーのマスクを設計した彫刻家ブライアン·ミュアーが参加すると報道されました。

2013年4月、ガモーラ役でゾーイ·サルダナとの出演交渉に入りました。数週間後、マイケル·ルーカーがヨンドゥ·ウドンタ役でキャスティングに合流し、オフィリア·ラヴィボンドもキャスティングされた事を報じました。翌日、リー·ペイスが悪役として、最終交渉中である事を報じられました。5月、マーベルがジョン·C·ライリーをロマン·デイ役で提案している事を報じ、また、他の役の候補にヒュー·ローリー、アラン·リックマンなどが取り上げられており、クリストファー·マルクスとスティーブン·マクフィーリーが脚本を直す為に、交渉中だと報道しました。

数日後、グレン·クローズがノバ軍警察本部のリーダー役にキャスティングされ、続いてカレン·ギランが悪役に決まりました。そして6月、ベニチオ·デル·トロが新たにキャスティングに加わりました。ベニチオ·デル·トロは、マーベルの様々な作品に出演する契約を結びました。同月末、ジョン·C·ライリーがローマン·デイ役にキャスティングされました。

撮影は、英国ロンドンで”フルティルト”(Full Tilt)という仮題で、2013年7月6日に始まりました。2013年7月20日、サンディエゴ·コミックコン·インターナショナルで、リー·ペイスがロナン、ベニチオ·デル·トロがコレクター、カレン·ギランがネビュラ、ジャイモン·フンスーがコラスにキャスティングされた事が明らかになりました。

後に、コミック·コンでプロデューサーのケヴィン·ファイギは、サノスが<マスターマインド>として映画の一部を担当すると言ったようです。2013年8月11日からは、ロンドンのミレニアムブリッジで主にジャンヌダールシーンの撮影が始まりました。2013年8月30日、マーベルは、ブラッドリー·クーパーがロケットの声を務めることを公式に発表しました。2013年9月3日、本作の撮影が半分以上完了したとしています。

そして、同月、ヴィン·ディーゼルがグルートの声を担当することを発表しました。しかし、マーベルはこの時点で、ヴィン·ディーゼルの関与を認めませんでした。2013年10月12日、全ての撮影が完了したとソーシャルメディアで言及しました。

2013年11月の件は、後半制作でCGIとモーションキャプチャーを使って、撮影する際に、可能な限り実物効果を使ったといい、「我々のセットは巨大だ。我々は350,000ポンドの鋼鉄の監獄を持っている.私は誰でも、実際の効果とCGIを混ぜるのが好きだと知っている。それは驚くべき事に美しい。「人々がそれを見るのを私には待てない」と言ったそうです。

”マイティ·ソー/ダーク·ワールド”(2013)の封切り後、ケヴィン·ファイギは、<インフィニティ·ストーン>が”ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”の焦点になるだけでなく、マーベル·シネマティル·ユニバース·フェーズ3にも繋がると言いました。11月のインタビューで、ケヴィン·ファイギは、知らない<インフィニティ·ストーン>が映画に登場するだろうと言っており、後に、それは映画のコレクターから、<パワーストーン>だと明かされました。

”マイティ·ソー/ダーク·ワールド”(2013)クレジットに登場した、オフィリア·ラヴィボンドが演じたコレクターの側近は、後に、名前がカリーナであることが明らかになりました。2013年12月、マーベルは、ヴィン·ディーゼルがグルートの声を務めることを発表しました。

数週にわたる追加撮影は、主要登場人物の俳優やスタッフと共に、2014年3月にカリフォルニア州バーバンクのウォルトディズニースタジオで行われました。2014年4月、ジェームズ·ガンは、サノスを映画で「蛇の頭」と説明し、パフォーマンスキャプチャーを通じて登場すると言ったそうです。

2014年5月、これまで公開された全てのマーベルスタジオ映画よりも、多くのキャラクターが登場し、とてつもない数の、ささいなマーベルユニバースのキャラクターが登場すると発表しました。衣装責任者のダン·グリーンは、これに対し、「私達は本当に銀河の規模と範囲の感覚を感じている。私達は5つの惑星に出会い、100個の異種族を見ることになる。」と付け加えました。ロナンの傭兵であるサカーは、バドゥーンの権利を20世紀フォックスが所有していた為、代わりに登場する事になったそうです。

5月末に、ジョシュ·ブローリンが、サノスの音声を担当する事が発表されました。また、7月にケヴィン·ファイギが、ジョシュ·ブローリンのキャラクターのパフォーマンスキャプチャーも務めると発表されました。サノスは、ロナンとネビュラのシーンで、ホログラム通信で多く登場しました。

ジョシュ·ブローリンのキャスティングに対して、ケヴィン·ファイギは「私達は彼に接触を試み、それが実現しなかったのも当然だったが、彼は関心を持った。彼は私達がやっている仕事のファンであり、彼はロンドンのホテルでに会い、キャラクターについて少し学んだ。私は何度も電話で彼と話した。私達は、サノスが<アベンジャーズ>の為に、この世界にいなければならなかったので、その点を喜んだとして、受諾した。その時、彼と一緒に録音した。”と語りました。

興行収入について

“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”は、北米で3億3,320万ドル、北米以外で4億4,100万ドル、世界的に合計7億7,400万ドルの興行収入を記録しました。この成績はマーベルシネマティックユニバース映画の中で、“アベンジャーズ”(2012)と”アイアンマン3”(2013)に続き、3番目に高い成績です。

また、2014年に公開された映画の中で3番目に高い成績であり、スーパーヒーロー映画の中では、最高の成績であります。因みに、全世界のオープニング成績は1億6千70万ドルです。

北米では、“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”は、深夜のオープニング上映で、約1,120万ドルを売り上げ、”キャプテン·アメリカ/ウィンター·ソルジャー”(2014)の1,020万ドルを抜き、2014年最大の成績となりました。また、このうちアイマックス上映は17%(190万ドル)を占めており、これは8月のアイマックス上映試写会としては、最高の成績です。封切り初日に2,660万ドルを含めると、3,780万ドルの成績を出しました。公開最初の週末の3日間は、9,430万ドルを稼ぎ、”ボーン·アルティメイタム”(2007)(6,930万ドル)を抜いて、8月の作品で歴代最高のオープニング成績となりました。

また、2014年の公開作品では、”トランスフォーマー/ロストエイジ”(2014)(1億ドル)、”キャプテン·アメリカ/ウィンター·ソルジャー”(2014)(9,500万ドル)に次ぐ、3位のオープニング成績でした。第2週末には、4,150万ドルを稼ぎ、”ミュータント·タートルズ”(2014)(6,500万ドル)に押されて2位となり、第3週末にも2,470万ドルを稼ぎ、”ミュータント·タートルズ”(2014)(2,840万ドル)に押されました。第4週末には、1,760万ドルの売上を上げ、再び1位になりました。2位以下に下落した後、再び1位になったのは14年、この作品が初めてです。

第4週末に、”トランスフォーマー/ロストエイジ”(2014)を抜いて、北米で最高のヒット映画となり、8月29日まで”キャプテン·アメリカ/ウィンター·ソルジャー”(2014)を抜いて、2014年公開された映画の中で最高の興行収入を得た映画となりました。9月12日には、2014年公開作品として初めて、北米興行収入3億ドル以上を達成しました。2014年11月に公開された”ハンガー·ゲームFINAL:レジスタンス”の為、2015年1月21日、2014年に公開された映画の中で、最高の興行収入を記録した映画が2番目になったのです。

第5週末には、連続して1,630万ドルを稼ぎ、メーデーを含む4日間の興行収入は2,220万ドルでした。また、週末のボックスオフィスで3度1位となった作品は、2014年夏に初めてであったようです。第6週末には、1,020万ドルの売上げを記録し、4回目の1位となりました。4番目の1位となったのは、”キャプテン·アメリカ/ウィンター·ソルジャー”(2014)及び、“アベンジャーズ”(2012)を抜いたマーベル映画であり、また原作の漫画映画としては、”ダークナイト”(2008)と同じであります。

北米以外の国

“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”は、国際市場で公開最初の週末に、6,700万ドルの売上を記録しました。このうち、ロシアは1,300万ドル、英国は1,080万ドル、メキシコとブラジルはそれぞれ650万ドル、大韓民国は470万ドルでした。全世界ボックスオフィスで、第1週と第2週で1位を占められ、中国で封切られた11週目は2,980万ドルを稼いだのです。12週目に、中国で2,100万ドルを稼ぎ、計2,100万ドルの売上を上げたようです。14年12月4日基準で、最も多くの売上を上げた国は、中国(9,650万ドル)、英国(4,740万ドル)、ロシア(3,750万ドル)の順になっています。

また、“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”は、一般的に高い評価を受けました。<Rotten Tomato>では、273件の批評家のレビュー支持率は91%であり、平均点数は10点中7.8点を記録しました。このサイトでの総評は、「”ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”は、変わり者のようなマーベル漫画のファンが期待するような面白さ、スリル、感動、視覚的な華麗さに満ちている」と述べました。メタクリティックで、46のレビューで加重平均値は、76100となり、シネマスコアではAを、18歳以下と25歳-34歳のユーザーの間では、A+を受けたのです。

スポンサーリンク

アベンジャーズとガーディアンズ·オブ·ギャラクシーの違いについて

<ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー>は、マーベル·シネマティック·ユニバースに登場するスーパーヒーローチームです。<アベンジャーズ>が、地球を舞台にすれば、こちらは、主に宇宙で活躍します。

更に、地球人によって崇められる戦争英雄や、北欧神話の神、天才億万長者のプレイボーイ、高い身体能力を持つ大男、孤独なセクシー暗殺者など、個人史でも名誉な位置を享受する<アベンジャーズ>である一方、宇宙強盗組織の一員、暗殺者、懸賞金ハンター達、前科者、上述の廃人になった神が、団結したチームであるだけに、映画を見ると、ヒーローではあるが、チンピラのような<ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー>です。

映画の最後に、ピーター·ジェイソン·クイルも「これから良い事をするのか、悪い事をするのか」という言葉を口にしただけに、普通の人々が考える正義感のあるヒーローとは、若干違うチームです。

例えば、”アベンジャーズ/インフィニティ·ウォー”(2018)でも、ロケットは、アスガルド人達を助けに行く途中、どうやってお金を貰うか工夫し、ドラックスはお金を貰えなかったら宇宙船を盗むという考えを持っており、ピーター·ジェイソン·クイルは、その2人をそそのかしている場面があり、そのような姿からも、彼らが愉快なチンピラであるのが伝わって来ます。

また、彼らの衣装も自由奔放だが、初めてチームになった直後には、ラヴェジャーズの服装を着て、戦いが終わった後に、ノバ軍警察本部から提供された服を着て、本作の続編でまた変わるのが分かります。

彼らのチームワークも、チームワークを発揮する時は自分達で連携し、徹底的に自分達同士で、自主的に戦うやり方が特徴になっています。代表的に、”アベンジャーズ/インフィニティ·ウォー”(2018)でも、<アベンジャーズ>と作戦を組む時、ピーター·ジェイソン·クイルは「我々は作戦なんか立てない」と言い、ドラックスは後ろからあくび、これにマンティスが「自分達は敵を蹴飛ばして、敵の名前をお尻に書く」と言うと、それを聞いたトニー·スタークは、5秒間固まった表情で、呆気にとられた場面があります。

これは、<ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー>メンバーの性格そのものが、人の言う事をよく聞く性格ではない上、あまりにも水平的な組織構造を持っているからでもあります。リーダーがピーター·ジェイソン·クイルとはいえ、もしピーター·ジェイソン·クイルの意見が気に入らなかったら別の事を言って、ムカついて、虐めて、酷い場合は、最初から無視してやりたいようにするなど、あまり相手扱いされません。

そのお陰で、相手が出した作戦が気に入れば参加するが、あまり惹かれなかったら、ただ自分の気の向くままになってしまうという奇異なバランスを取るのが、彼らです。これもキャプテンという確固たるリーダーを持っている<アベンジャーズ>とは、一線を画した点です。

実際、”アベンジャーズ/インフィニティ·ウォー”(2018)で、ロケットとピーター·ジェイソン·クイルが、「自分がリーダーの座を引き受ける」と争い、”アベンジャーズ/エンドゲーム”(2019)で再び旅に出る時も、ソーとピーター·ジェイソン·クイルが、「自分がリーダーだ」と文句を言っていました。

<アベンジャーズ>が明確な目標を持つプロジェクトによって結成され、既存メンバーの認定でメンバーを拡張するのとは異なり、偶然集まったチームに<ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー>という名称が付いた為、獲得過程が特に決まっていないのです。具体的に、「うちのチームへようこそ」と言われたのは、ヨンドゥ·ウドンタが唯一です。

たとえ、地球出身のピーター·ジェイソン·クイルがリーダー格であるとはいえ、彼も純血地球人ではない上、宇宙を基盤に活動するチームなので、メンバー全員が宇宙人で地球の事情に無知なのです。<アベンジャーズ>とも、当然交流がなかったし、お互いに、存在さえ知らなかったのです。しかし、メンバーの一人、ガモーラがサノスの養女であり、直接的にサノスに被害を受けたドラックスもチームメンバーを務めるなど、<アベンジャーズ>よりも、最終ボスのサノスとはむしろ直接的な接点があるチームでした。

その為、単なる<アベンジャーズの外伝>ではなく、<サノスとの勝負に、むしろ一番のカギになるだろう>という予想が多く、オールスター戦映画で対サノス戦が幕を開ける時に、<アベンジャーズ>とのチームアップが行われるだろうという予測が多く、その予測通り、”アベンジャーズ/インフィニティ·ウォー”(2018)でのチームアップが行われました。

この映画の中のキャラクター達は、それぞれの色で存在感を表わし、それぞれのギャグポイントがあるキャラクターのはっきりした姿を、見る事が出来ます。

現在、マーベルの世界観は大きくなりつつあります。例えば、“アベンジャーズ”(2012)を思えば、“アベンジャーズ”(2012)の全編を見たとしても、全ての内容が完全に、理解出来る訳ではないという事です。この映画が出る前に、”アントマン”(2015)を見ても分かると思います。このように、全てのマーベル映画は殆どの場合、話が各編ごとに出演陣が違っても、ストーリーが続く可能性があるという訳です。

こうした部分が、マーベル映画が持つ魅力だと言えます。お互いに違うヒーローが出演するけど、ストーリー上は全てが続くという事が、本当に素晴らしいですね。このような点が観客達に、関心と興味を与え、見所がより最高に豊富なのも、このマーベル映画ならではです。

一人一人のキャラクターについて

初めて見た時とはまた違って、心に響いたものがあったが、一人一人のキャラクターに、もっと没頭させてくれました。

彼らは、卓越した能力を持っています。その能力を服従したり、怖がったり、詐欺に使ったとしたら、徐々にある運命のような縁で、宇宙を救うのに使われるのであります。彼らが持っている欲求は、生存と復讐というものだが、その為にお互いに絡んで、共にする事になります。

最初は、お互いに温かい気持ちを抱かせないが、最も欲しかった友達性(友達になりたい本性のようなもの)を回復する事で、お互いの存在を守り、それが宇宙を守る事に繋がります。だから最初や意図は、そのような使命とは、全くかけ離れたものでした。

失ったものがあまりにも多くて、恐ろしくない彼らは、自分達が失ったものがあまりにも痛く、他の種族達が何かを失う事を防ごうとする気持ちが強くなり、常に中心近くで背景に、他の種族達から無視された存在なので、自分が三流、ルーザーだと認識していた彼らでした。

結局、彼らは選択を続けて、周囲の端からその周りの中心に進み、英雄への回帰となります。

回帰:一周して元の位置に戻るか戻る。

現在の彼らの姿には、本来の姿か、元の場所から拉致されるか、そして抜け出すしかない事があります。

表に悪さを露にし、自分達は元々悪だと自ら自嘲して、競争するように言うが、その中に、悲しく横たわっていた善良なエネルギーが、結局発散されます。そして、それを発散させてくれるのは、自分そっくりの存在です

地球上にも、数多くの種族がいます。<僕>という種族、<君>という種族。異なる種族が集まって友達になり、繋がる事が銀河系を守り維持していく方法なのです。結局、我々は皆、個々人がそれぞれの宇宙と、全宇宙の守護者であります。

こんなに強情で、我が儘で、世間を憎み、欲張りなのにお互いを守って、世界を守ります。生存の為に、装着したこのような姿の中には、<真>があるからです。その<真>をさらけ出すのは、存在を確認させてくれる他の<真>と一緒だから、可能です。

“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”には、”アイアンマン”(2008)や”キャプテン·アメリカ/ザ·ファースト·アベンジャー”(2011)のような完璧なヒーローは、登場しません。その代わり、足りなくて欠落した存在が、どんな英雄の敍事よりも、面白くて騒がしい話を作り出します。

<ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー>は、女性、男性、成人、子供、地球人、宇宙人、動物、植物、人と機械の境界線にあるアンドロイドまでアイデンティティが様々だが、このように異なる人々には、家族による欠乏という共通点があります。

父親の存在を常に懐かしんで寂しがり、2人の娘を絶え間ない競争に追い込んだ父親を憎み、自分を創造した人からすら認められず苦しみ、家族を殺害した敵に対する怒りにいつも捕らわれています。家族に愛されたくて、愛したいが、それが出来なかった欠乏は、彼らを何処か歪んで、疎通出来ない存在にしてしまいました。

しかし、傷を持つ存在は他人の傷も見抜くものです。彼らは絶えず争い、嘲笑し、笑い合いながらも、彼らの内面が自分と変わらないという事を理解し、抱き合います。この為、一滴の血も混ざっていない醜くて歪んだ彼らは、血縁中心のどの家族よりも、強い絆を分かち合う類似家族になります。

音楽について

“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”と言えば、音楽は手放せないでしょう。

何処かに行く度に、楽しい音楽をもたらします“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”は、最初から映画のOSTが、7-80年代のポップソングであるだけに言うまでもなく、”アベンジャーズ/インフィニティ·ウォー”(2018)でも、初登場シーンで、ザ·スピナーズの”Rubberband Man”が流れながら、ミラノ号に乗って疾走する場面が出て来ました。

それに、宇宙を背景にした華麗な見所と、さり気なく適当なタイミングで、流れ出るオールドポップスが与える耳の楽しさ。そして、ピーター·ジェイソン·クイルが聞くOSTがBGMのように流れるのも、素晴らしかったです。

“Guardians of the Galaxy: Awesome Mix Vol.1”(Original Motion Picture Soundtrack)は、“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”のサウンドトラックアルバムです。ピーター·ジェイソン·クイルが、ミックステープに曲を入れて収録したもので、2014年7月29日に、ハリウッドレコードから、スコアアルバム”Guardians of the Galaxy(Original Score)”がリリースされました。これらの曲は全てタイラー·ベイツが作曲しました。12曲からなるピーター·ジェイソン·クイルのミックステープである”Guardians of the Galaxy: Awesome Mix Vol.1 (Original Motion Picture Soundtrack)”も、同日にリリースされました。

2014年8月、ピーター·ジェイソン·クイルのミックステープアルバムである”Awesome Mix Vol.1”は、ビルボード200で1位になり、歴史上初めて全曲が以前の曲で構成されたサウンドトラックが、1位になったのです。ハリウッドレコードは、また”Awesome Mix Vol.1”のカセットバージョンをレコードストアデー独占で、2014年11月28日に発売しました。カセットは、2003年にディズニー·ミュージック·グループが発売して以来、初めてでした。

2013年8月、ジェームズ·ガンは自身のフェイスブックページで、タイラー·ベイツが映画音楽を作曲することを発表しました。ジェームズ·ガンは、「タイラー·ベイツの音楽に合わせて撮影出来るよう、まず一部を作曲するつもりだ」と話しました。映画で、ピーター·ジェイソン·クイルのウォークマンのミックステープで、”Hooked on a Feeling”のような1960年代と1970年代の音楽が使われ、それは、彼が失った故郷で家族、地球を繋ぐ役割である事を明らかにしました。

60年代と70年代の音楽は、<文化の参考点>といい、「同時に人々に気軽に近付く事が出来る非常に独特な何かを通じて、映画全体にわたってバランスを合わせたものです。音楽と地球は、ピーター·ジェイソン·クイルが地球の実際の人だという事を私達に想起させる基準の一つ。彼が宇宙冒険をしている事を除けば..。」と話しました。

この映画で、時々出て来るディスコ風のレトロ音楽は彼と、いやこの映画と切っても切れないシグネチャーサウンドになります。楽しい音楽は、かすかに彼の同僚の傷を暗示する役割を、果たしてくれます。

彼が出会う人は皆、傷を持っています。しかし、痛みをそのまま痛みだけ感じていたら、人生の意味があるでしょうか。そうではありません。その痛みから立ち直る姿が、まさに人生の意味ではないでしょうか。

ルーザーが永遠にルーザーなら、生きる意味はありません。

見えるものがルーザーのようでも、実は、皆の人生は彼特有の意味で、きらめく宝石のようです。

専用機について

専用機で、ラヴェジャーズ仕様のM級宇宙船に乗っている最初の機体として、ピーター·ジェイソン·クイルの<ミラノ号>に乗っていました。ジャンヌダール戦の時に完全に破損し、その後ノバ軍警察本部が修理して返したが、第2弾で、ソバリン艦隊に追われて以降、完全に破壊されたのです。

”アベンジャーズ/インフィニティ·ウォー”(2018)からは同じく、別のラバージャス仕様のM級宇宙船ベネター号は、”アベンジャーズ/エンドゲーム”(2019)で、<アベンジャーズ>によって、主役機体として、活用されたりもします。ホークアイとブラック·ウィドウの2人だけで、ベネター号に乗った事があるが、自動航法装置が取り付けられたのか、2人が操縦席に座らなくても、航海が可能でした。

余談として、<ミラノ号>と<ベネター号>の両方とも、名前の語源であります。ピーター·ジェイソン·クイルが、地球に住んでいた時代に、好きだった女性芸能人の名前から取ったものだそうです。それぞれ、アリッサ·ミラノとパット·ベネターです。

船内には、各種兵器はもちろん、小型の宇宙船ポッドも搭載されており、”アベンジャーズ/インフィニティ·ウォー”(2018)では、ポッドを活用して別働隊を設けたりもしました。ピーター·ジェイソン·クイルの好みに合わせて、歌を流せるようスピーカーが内蔵されている事もあります。武装では、平凡なレーザーボルト、レーザーキャノンを発射出来る上に、ハイパースペースで空間跳躍も可能です。

メインパイロットは、ロケットとピーター·ジェイソン·クイルの2人が担当しています。”アベンジャーズ/エンドゲーム”(2019)の時は、ロケットがメンバーの中に一人残っている為か、ベネター号に愛情を持っているような台詞も出て来ます。どうも家のような機体なので、そうらしいです。

<ミラノ号>は、メインパイロット席が一番前にあるが、<ベネター号>は、メインパイロット席が一番前から二番目に位置しています。これは、ピーター·ジェイソン·クイルとロケットの座席を見れば分かる事で、トニー·スタークが宇宙漂流中の時、ハルクとロケットが2人きりで搭乗する時も、前から2番目の座席で操縦しました。もう少し正確に言えば、ベネター号は操縦席が2つの階に構成されていて、一番前の席は下の階、メインパイロット席、その他の席は上の階に位置しています。メインパイロット席は、下の階の席より後ろにあるが、上の階の基準では、一番前に位置しているのです。

 

自分と変わらないヒーローのドタバタを見守る楽しさと共に、80年代を経験した世代だけが、理解出来る素材を発見する楽しさも大きかったです。

”スター·ウォーズ”(1977)の”I AM YOUR FATHER/アイム·ユア·ファーザー”を連想させる「I’m your Dad./私はお前の父親だ」というダース·ベイダーのセリフ、ピーター·ジェイソン·クイルがガモーラにヘッドホンを着せるシーンでは、”ラ·ブーム”(1980)のソフィー·マルソーも思い出されます。しかし、80年代のアイコンをよく知らない世代は、やはり、楽しさが少なかったのではないでしょうか。

ハリウッド娯楽映画で、類似家族を銀河系の守護者にして、コメディも含まれて、感動的な話を作り出したマーベルの腕前に驚かされるばかりです。

 

この映画のメッセージについて

“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”は、マーベルの映画の中で、最も魅力的な要素が豊富に盛り込まれている映画でしょう。まさに、この“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”のメンバー達は、それぞれ家族を失い、傷を負った人達だが、一人一人が合わさると、更に家族のように感じられ、5人のコンビネーションが何よりも一番大きいと思います。

お互いの傷を少し癒す感じもあり、“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”は、宇宙で起こるストーリーです。この5人がある意味、悪童のようだが、結局宇宙を守ってくれるから、更に新鮮な面白味があります。

“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”は、マーベル映画で、外見も性格もあまりにも違う彼らだが、お互いの痛みを理解し、一つになっていく彼らの話、は本当に巧みに作られた一編のドラマを提供しています。このような分類の映画は初めてなので、更に斬新な映画でした。

“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”の話の中に、友情の話と愛の話、冒険の話が全て巧妙に描かれており、それぞれのメッセージを多様的に伝えていました。

全く似合いそうにない登場人物のコンビネーションと感動的な友情ストーリー、そして優れた音楽が、この映画の魅力と言えます。

最初に登場するピーター·ジェイソン·クイルから、ガモーラとドラックス、そしてロケットとグルートまで、本当に一つのチームになるとは、想像し難い組み合わせです。しかし、映画が展開されるにつれ、チームが一つになり、感動的な友情を見せてくれるが、この部分が、既存のマーベル映画とはまた違った、面白さを与えるようです。

ハイライトは、涙なしに見られないグルートの犠牲、登場人物のコンビネーションが見る楽しさがあれば、映画のOSTは、聞く楽しさを更に高めてくれます。個人的に、”Come And Get Your Love”と“I Want You Back”が、記憶に残っています。

<悪>と戦う基本的なセッティングだが、その中に、それぞれの個性がはっきりしている人物と、これを更に、際立たせる音楽が溶け込んでいるのが、従来のマーベル映画とは違う点です。

マーベルから宇宙へ、と世界観を拡大した作品だからか、新しさに満ちているが、この新しさを溌剌として愉快に表現した能力も大したものです。あまり難しくも複雑な内容もなく、気楽に笑いながら、見る事が出来る映画です。

”キャプテン·アメリカ/ザ·ファースト·アベンジャー”(2011)の他に、また違うシリーズとなった“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”。

 

ガーディアンズ オブ ギャラクシー まとめ

 

第1作では、映画に登場する4人がどのようにチームを組んで団結する事になったのか、個々人の事情に対する内容、どうして宇宙を救う事になるのか、マーベルコミックスで重要な素材である、<インフィニティ·ストーン>の最初の言及などを、ストーリーにしています。

作中の登場人物達は、それぞれ痛い事情を一つずつ持っているが、ピーター·ジェイソン·クイルは拉致されて、地球と離れて暮らしている出生の秘密を抱えている設定、ガモーラという女性で宇宙の主敵の娘であると同時に、ピーター·ジェイソン·クイルの友達以上恋人未満で、唯一の正常人であります。

ロケットは、生体実験を通じて生まれた、<賢い男前マッチョタヌキ>。ドラックスは、家族を失って闘争心が強く、憤怒調節障害。グルートは、木の牧人と呼ばれる樹木の守護者のような存在で、いわゆる<エント族>と考えれば良いでしょう。

登場人物の説明だけ見ても、それぞれのキャラクターがあまりにも強く表現されています。その為、本当に突拍子もない理由で喧嘩をし、口喧嘩も絶えません。これが観客に笑いのポイントを与え、これを調整するのが、ピーター·ジェイソン·クイルの役割です。

前述のキャラクター達の性向そのものが、非常に明確で、対立したり理解し合って行く過程を見るのも愉悦で、マーベルコミックスらしく、ストーリーラインもしっかり調合していて、それぞれのキャラクターが、それぞれの重要な役割を果たしてくれるのが、最高に立派です。

無駄に捨てられるキャラクターがなく、それぞれの個性を上手く生かして危機を打開したり、トラブルを起こしたり、その騒ぎを鎮める過程が、非常に素晴らしいです。最初の導入部は、本当に突拍子もない場面が多いが、この内容の展開が、密かに口元を吊り上げさせてくれます。

この映画で、一番凄いと思ったという部分は、宇宙人達をとても魅力的に溶け込ませた点です。つまり、普通の人間は、自分の種族以外の種族に対して激しい拒否感を示すが、見れば見る程、綺麗でかっこ良く、表現出来ているという点です。

“アベンジャーズ”(2012)と比較すると、“アベンジャーズ”(2012)シリーズは、秀麗なグラフィックで、アクションシーンに焦点を合わせるとしたら、“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”は、マーベルコミックスの軸を担当する、<インフィニティ·ストーン>を通じた、ストーリーラインの構成に、心血を注いだ映画です。

心温まる感動とコミックさで、重武装された作品、“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”の美徳は、断然アウトサイダー間の友情と義理が、観客に訴える、強いメッセージで伝えました。

宇宙を背景にしたSFジャンルで、彼らは、まともなキャラクター一つだけでも、十分に観客を掌握する事が出来る事を証明し、多くのキャラクターが、多少分散する事が出来たにも関わらず、一貫したキャラクターの動線と行動、そして、よく練られたリアクションを伝えた作品、“ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー”でした。​

 

※「ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー」はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば無料で視聴可能です。

詳しくは

↓↓↓

\「ガーディアンズ·オブ·ギャラクシー」は無料で視聴可能です。/見逃し配信バナー

31日以内の解約なら完全無料!

”上記の情報は2021年5月1日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

 

>>おすすめの動画配信サイト どれを選べばいい?厳選8サイトを比較 見たいエンタメが見られる おうち時間の有効活用方法

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました