映画「ヴェノム2」が公開決定 放映開始はいつ?無料配信サイトは?900円で映画鑑賞する方法 ヴェノムのあらすじ ネタバレ 見どころ感想

映画

「ヴェノム2」が公開されるんですね!

いつから公開なんだろ?

無料で見れるサイトありますか?

✅こう言った疑問に答えます。

 

✅本記事のテーマ

映画「ヴェノム2」が公開決定 放映開始はいつ?無料配信サイトは?900円で映画鑑賞する方法 ヴェノムのあらすじ ネタバレ 見どころ感想

「ヴェノム2」は、「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(Venom:Let There Be Carnage)」として、2021年の6月25日に米国公開される予定。

実質8ヶ月の延期となっています。

元々は、2020年10月2日に公開を予定されていたのですが、新型コロナウイルスの感染拡大による影響から、公開日が延期されることになった待望の作品。

 

映画の公開後無料配信されるサイトとして有力なのはU-NEXTです。

映画を楽しむためにも、U-NEXTの無料体験でヴェノムの視聴が可能です。

映画「ヴェノム」を視聴するならU-NEXTです。

映画「ヴェノム」は「U-NEXT」の無料体験中にもらえるポイント利用で視聴可能です!

いまなら31日間の無料体験を実施中!

U-NEXT

スポンサーリンク

 

・洋画、邦画、アニメ、韓流ドラマなど、無料配信作品は他社と比べても圧倒的ナンバーワンの22万作品
・韓流ドラマの配信数もNo.1
・週刊誌などの雑誌も110誌が読み放題
・ダウンロードが可能なので、いつでもどこでも通信料を気にせずに利用が可能
・漫画や書籍なども毎月もらえる1,200ポイントで購入が可能
・最大40%還元で作品購入が可能
・家族で4アカウントが使いまわせ、同時再生も可能
映画館が900円で楽しめる(無料期間中)
・有料期間中なら実質180円で映画のクーポンが手に入ります。
圧倒的な配信数を誇るU-NEXTなら
無料期間中にもらえる600ポイントを利用すればヴェノムの視聴が可能です。

\31日間の無料体験/

U-NEXTの公式ページはこちら

見逃し配信バナー

ヴェノムをポイント利用で視聴する

31日以内の解約なら料金は一切かかりません。

 

2021年6月時点で映画の無料配信サイトはありません。

映画館で未だ公開されていませんので、無料配信はまだまだ先になりそうですね。

 

しかし、映画を最もお安く見る方法ならありますよ。

映画館では1,900円かかりますが、900円で新作映画を見る方法です。

公開直後の映画は、やはり映画館で見たいですね。

映画館でお得に見る方法は、こちらの記事が参考になりますよ。

 

俺を支配する強力な奴が中にいる!!宇宙生物体と共生する事になった男の運命は??ハリウッド最高の演技派俳優トム·ハーディが悪のアイデンティティと絶えず葛藤した二重の姿を魅力的に具現化!!

<ヴェノム>実写映画シリーズの最初の作品であり、ソニー·ピクチャーズ·ユニバース·オブ·マーベル·キャラクターを開いた待望の初映画です。

“ヴェノム”は、2018年に公開されたアメリカ合衆国のダークヒーロー映画であり、マーベルコミックスのキャラクター、<ヴェノム>を扱った作品です。

2018年10月3日に公開されたルーベン·フレッシャー監督の“ヴェノム”は、トム·ハーディ主演を始め、ミシェル·ウィリアムズ、リズ·アーメッド、ジェニー·スレイト、リード·スコット、スコット·ヘイズ、ウディ·ハレルソンなどが素晴らしい助演を飾ります。

評点情報で観覧客評点8.24、ネット利用者評点7.90、累積観客数3,887,975人を記録した107分のアメリカ映画です。

2007年に、”スパイダーマン”(2002)トリロジー製作者のアヴィ·アラッドが、<ヴェノム>を映画化すると初めて言及したが、以後シナリオ作家が何度も変更されるなど、悪材料が重なって上手く行かず、何の知らせもなかったが、2013年末にソニー·ピクチャーズがシニスター·シックスと共に、”アメイジング·スパイダーマン”(2012)スピンオフで製作すると発表し、アレックス·カーツマンとロベルト·オーチーが共同で、脚本を引き受ける事にしました。

しかし、J.J.エイブラムスが”スター·ウォーズエピソード7/フォースの覚醒”(2015)の監督に決まり、”スタートレック イントゥ·ダークネス”(2013)の参加が難しくなると、アレックス·カーツマンとロベルト·オーチーが“ヴェノム”映画製作から降板し、”スタートレック イントゥ·ダークネス”(2013)に投入されます。

2015年に、ソニー·ピクチャーズとマーベルスタジオの交渉により、”アメイジング·スパイダーマン”(2012)シリーズの制作が取り止めになり、シニスター·シックスと共に、制作が暫定的に保留となりました。

そして、2016年ソニー·ピクチャーズが”アメイジング·スパイダーマン”(2012)のスピンオフ、“ヴェノム”を製作すると現地メディアが報道し、ソニー·ピクチャーズエンタテインメント社長のトム·ロスマンは、「推測に基づいたニュースではなく、本当のニュースが近いうちに発表されるだろう」と明らかにしました。

その結果、遂に2017年にソニー·ピクチャーズが、2018年10月5日公開予定で、映画製作を再び確定したのです。同時に、”デッドプール”(2016)のように、R等級(青少年は観覧不可)で製作という事だったが、2018年にはR等級(青少年観覧不可)からPG-13等級に変わるかも知れないとしました。

監督はR等級を推進しようとするが、ソニーの経営陣はPG13等級を好むというのです。再撮影でも、ユーモアが追加されたというが、“ヴェノム”特有のダークさを、映画で見たがっていたファン達は憂慮しています。

懸念を示す理由は、経営陣は成人観客に限定させるよりは、未成年層の観覧需要層も引き込んで安全に興行をしたいという意図だろうが、このような意図でR等級から引き下げた映画は、成功した映画が少ないという事です。等級を下げる事になれば当然刺激的な場面を再編集するようになり、編集した分量だけ再撮影しながら、映画の全体的な個性が薄くなるが、個性が薄くなるというのは大きな問題です。

本映画の場合には、主役キャラクターからして、その本質は善役とは考えにくいが、そうなれば、悪だったり乱暴なふりばかりして行動に一貫性のない、よくある亡作映画の主人公だけが残るようになります。

そして、結局PG13に確定したのです。

ソニーの“ヴェノム”愛は、ここで止まらず、結局ソニーの映画企画から、“ヴェノム”主役の映画化企画が出て来ました。アレックス·カーツマン監督が演出を担当し、スピンオフのタイトルは”Venom Carnage”。

そして、シニスター·シックスが”スパイダーマン”(2002)のヴィランとして出るのではなく、単独で映画化された事で、”アメイジング·スパイダーマン3”の公開年度が、2016年から2018年に延期されました。その中間の17年には、スパイダーマン映画や女性ヒーローの出るスパイダーマン映画を作るようです。有力な候補はブラックキャット、スパイダーガール、シルバーセーブル、スパイダーウーマンです。

しかし、これら全てがマーベルとソニーが手を握り、マーベル·シネマティック·ユニバースの新しい<スパイダーマン>を作る事になり、不透明な状態になりました。だが、ソニー·ピクチャーズが単独映画として、制作される予定だと発表しました。

脚本は、”オール·ユー·ニード·イズ·キル”(2014)のダンテ·W·ハーパーが担当しました。当時は封切りの時期、出演陣、監督未定でした。具体的に示されているが、PG13等級であり、制作費は少なめにかけて制作されています。“ヴェノム”を基盤にして、ソニー独自のマーベル世界観を、構築する事になるでしょう。無論、MCUとは結び付きません。

そして、2018年10月に封切られた“ヴェノム”。

その後ディズニーと再契約し、MCUと緩やかに、共有する事に変更されました。今後ス、パイダーマンに会う可能性が出て来た訳なのです。

ルーベン·フライシャー監督は、予算が小さい映画を主に作った監督ですが、“ヴェノム”はその中で、最も資本が沢山入った映画だと言えます。2019年には、”ゾンビランド”(2009)を演出しました。

マーベル初のヴィランヒーローの誕生。

ヴィランヒーローは、既存のヒーローとは逆で、悪党のイメージが強いヒーローです。

<ヴェノム>は、元々スパイダーマンを憎悪するヴィランヒーローです。”スパイダーマン3”(2007)に、既に登場しました。

今後の作品では、スパイダーマンと一騎打ちする演出を期待してみたいと思うファンも、少なくないでしょう。

英雄か、悪党か。

真実の為なら、骨惜しみしない正義の熱血記者エディ·ブロック。大手企業の<ライフ財団>の後を追っていた彼は、彼らの事務所に潜入した実験室で、宇宙生物体<シンビオート>の奇襲攻撃を受けてしまう。

<シンビオート>と共生する事になったエディ·ブロックは、遂に一層強力なヴェノムに生まれ変わり、悪しき存在だけを相手にしようとするエディ·ブロックの意志と違って、ヴェノムは乱暴な力を持て余す。

支配するのか、支配されるのか。

 

スタッフやキャスト

脚本:スコット·ローゼンバーグ / ジェフ·ピンクナー / ケリー·マーセル / ウィル·ビール

監督:ルーベン·フライシャー

音楽:ルドウィグ·ゴランソン

主題歌:Eminem / Venom

登場人物 / 役者

エディ·ブロック : ヴェノム / トム·ハーディ

アン·ウェイング : シーヴェノム / ミシェル·ウィリアムズ

カールトン·ドレイク : ライオット / リズ·アーメッド

ローランド·トリース / スコット·ヘイズ

ダン·ルイス / リード·スコット

ドーラ·スカース / ジェニー·スレイト

マリア / メローラ·ウォルターズ

チェン / ペギー·ルー

クレタス·キャサディ / ウディ·ハレルソン

 

ヴェノム あらすじ

敏腕記者エディ·ブロック(トム·ハーディ)は、人体実験で死者を出しているという<ライフ財団>の真相を追う中、ある”最悪な”ものを発見し、接触してしまう。それは<シンビオート>と呼ばれる地球外生命体だった。

この意思を持った生命体との接触により、エディ·ブロックの体は寄生され、その声が聞こえるようになる。

「一つになれば、俺達は何だって出来る」と<シンビオート>は、エディの体を蝕み、一体化し、ヴェノムとして名乗りを上げる。

ヴェノムは、そのグロテスクな体で容赦なく人を襲い、そして喰らう。相手を恐怖に陥れ、目玉、肺、そしてすい臓..体のどの部位も喰い尽くす。

エディ·ブロックは、自分自身をコントロール出来なくなる危機感を覚える一方、少しずつその力に魅了されていく–。

-https://bd-dvd.sonypictures.jp/venom/-

 

ヴェノムの見どころ感想

マーベルコミックスを観たいという方々は、ヴェノムを主演に映画を作るとしたら、どんな状況を想像出来ますか。

地球と全く違う環境で、育った宇宙生命体。宿主にくっついて宿主の否定的な感情を増幅させて、暴力的に煽る寄生体。宿主の命を蝕んで、乗り換える卑劣さ。

こういうものを映画化するとしたら、かなり暗くて否定的なイメージばかり浮かびますね。

彼を主役にして、ヒーロー映画を作ったら、どうやって作ればいいでしょうか。ヴェノムを主人公にしますが、ヴェノムがくっついた宿主側のキャラクターに、強烈な印象を与えなければなりません。

宇宙生命体であるヴェノムが、元のように投げるもの凄い異能力に酔いつつ、一方では人間である自分の理性と道徳を失わない為に、もがくキャラクターの苦悩。誘惑のように感じる殺人と食人破壊衝動でも、<自分は人間だ>という前提を失わない宿主エディ·ブロックのもがきを、強調しています。

逆に、<シンビオート>が与える大変な力に酔って人間性を放棄し、<シンビオート>と同化してしまったヴィランを見せて、他のシンビオートを地球に呼び込み、人間を<シンビオート>のエサにする計画を試みますが、エディ·ブロックが人間を守る為に、地球を守る為に、超人的な理性でヴェノムを暫く抑えて最終戦を終えます。

エピローグはヴィランを倒した後、誰も分かってくれない姿で寂しく闇の中に消えます。

映画“ヴェノム”は、宇宙生物体<シンビオート>の攻撃で、彼と共生する事になった熱血記者エディ·ブロックが乱暴な力を抑えきれずに起こるアクション、SF、スリラーです。

真実の為なら、骨惜しみしない正義の熱血記者エディ·ブロック。巨大企業<ライフ財団>の後を追っていた彼は、潜入した実験室で、宇宙生物体<シンビオート>の奇襲攻撃を受けてしまいます。

<シンビオート>と共生する事になったエディ·ブロックは、遂により一層強力なヴェノムに生まれ変わり、悪しき存在だけを相手にしようとするエディ·ブロックの意志と違い、ヴェノムは乱暴な力を持て余します。

興味津々で緊迫に展開する“ヴェノム”は、最後まで手に汗を握る展開で目を引きました。

ヴェノムキャラクター自体も素晴らしく生かしたようで、トム·ハーディの演技もそれなりに魅力的で、適当に染み込んだユーモアも最高で、大変良かったです。

映画“ヴェノム”の情報について

ルーベン·フライシャー監督作品“ヴェノム”の最初のトレーラーは、マーベルファンの間で絶えず話題になりました。大半の人々が、映画でトム·ハーディのヴェノムとソニー·ピクチャーズ·ユニバース·オブ·マーベル·キャラクター/スパイダーマン·ユニバースが繋がるか、どうか気にしていたからです。

ルーベン·フライシャー監督の”ヴェノム”が、スパイダーマンと続く世界観を持っているという推測が飛び交う前、デジタル·トレンド·ドットコムは「ヴェノム·チームがサンディエゴ·コミコンに見せた場面に、新たなヴェノム映画の面白い場面を公開した」と報道しました。トレーラーで、ヴェノムの共生者のエディ·ブロック(トム·ハーディ)は、自分のキャリアに役立つ特ダネを探し回ります。億万長者発明家で<ライフ財団>の首長カールトン·ドレイク(リズ·アーメッド)に会います。エディ·ブロックが、違法なバイオテクノロジーの開発に関与している証拠を探している間に、カールトン·ドレイクは自分の共生生物を見る事になります。

ルーベン·フライシャー監督は、以前のトビー·マグワイアの”スパイダーマン3”(2007)で使った視覚的効果を、ヴェノムが自分の宿主体を飲み込むシーンに使い、これはファンに大きな反響を呼びました。

サンディエゴ·コミコンで公開された映画の場面は、インターネットにアップされるまで時間がかかるだろうが、ハリウッドリポーターは共生体であるヴェノムが、彼の頭をエディ·ブロックから切り離して対話する場面を見る事が出来るだろうと伝えました。これは、漫画でよく出て来た場面です。

トレーラーを見たファン達は、今秋封切りする“ヴェノム”で「スパイダーマンの存在しないユニバース」を扱うと確信しました。しかし、ルーベン·フライシャー監督は、ソニーとマーベルが完全に話を切り離す事はない為、スパイダーマンとヴェノムが会う可能性があるという推測を否定しませんでした。

ルーベン·フライシャー監督は、rockinon.comに掲載されているavengers in sci-fiとのインタビューで、「”ヴェノム”の制作チームは、自分の頭の後ろまで見られる白い大きな目、笑い続けているように見える鋭く伸びた牙のような、ヴェノムを象徴させる要素を使った」と話しました。

しかし、”スパイダーマン3”(2007)で、スパイダーマンがヴェノムと初めて会うシーンがなかった為、彼らは”スパイダーマン3”(2007)の中のヴェノムの特徴を使う事が出来ず、創意力を発揮しなければなりませんでした。結局、製作チームはヴェノムの白い血管をシンボルにし、”スパイダーマン3”(2007)に出て来たものとは違うヴェノムの姿を作るのに成功しました。

ルーベン·フライシャー監督は、「スパイダーマンと関係があるかどうかをどうやって知る事が出来るのか。しかし、ヴェノムが出来る事は無尽蔵だ」とし「ヴェノムはもの凄いキャラクターだ。トム·ハーディという素晴らしい俳優が演技をしたからだ。彼の演技でキャラクターと彼が飲み込む世界で見られるものはかなり多い」と明らかにしました。

ライオットの役は、カールトン·ドレイクが演じました。しかし、コミックコンで”ヴェノム”が人々を驚かせた理由はこれだけではありません。ルーベン·フライシャー監督は、「ハリウッドリポーターとのインタビューで、ヴェノム物語を進行する為、他のシネマティック領域のヴィランを、ヴェノムのユニバースに出演させる予定」とし、「これは大きな世界観を形成出来るだろう」と述べました。

IGNは、「ヴェノムは、2018年10月5日に封切られる予定であり、もしソニーが最初の映画の後、引き続きヴェノムを演じるなら、ソニーによって扱われるマーベルの3度目のユニバース映画になるだろう」と伝えました。

反英雄主義者であるトム·ハーディのエディ·ブロックは実験を受け、彼の精神が完全な状態でも攻撃を受けます。また、都合の悪い状況であれ完璧なタイミングであれ、ヴェノムはエディ·ブロックの体を飲み込みます。

7月、サンディエゴ·コミコンで公開された“ヴェノム”で、ヴェノムは市民を食べ、エディ·ブロックに再び変わって、簡単な謝罪の言葉をかけます。

ヴィランのヴェノムについて

1984年に初登場した、スパイダーマンシリーズの主要ヴィランの一人。黒いスパイダーマンの姿に、<シンビオート>ならではの野蛮な雰囲気が相まって、スパイダーマンのヴィランの中で、最も人気が高いのです。

<ヴェノム>キャラクターの始まりは、コミックス版のスパイダーマンシリーズで、読者が怖がるような悪役キャラクターが必要だった事からでしょう。

無慈悲な性格であると同時に、外界から来た生物体に発現するとてつもない力を持った、以前のヴィランキャラクターには見られない歴代級の特徴として、企画されたキャラクターがまさにヴェノムだと言えます。

見た目も、2メートルを超える身長と巨大な筋肉質の体からなるヴェノムは、想像を絶する怪力を発揮、従来のヒーロー映画では見られなかった、荒いアクションを見せます。

映画制作陣は、宿主エディ·ブロックを通じて、発現するヴェノムの能力を生々しく表す為、エディ·ブロックとヴェノムを全て考慮して、2つの側面で動線を組んだと明らかにしました。素早く乱暴なヴェノムの動きを表現しながらも、統制されないヴェノムに当惑するエディ·ブロックの動きにも気を使い、キャラクターの二重性を表現しようとしたようです。

”スパイダーマン3”(2007)から離れた<シンビオート>が、生存の為に他の宿主を探して現れたヴィランであり、1代目エディ·ブロック、2代目アンジェロ·フォートナート、3代目マック·ガーガン、4代目ユージン·トンプソン、5代目リー·プライスの5人の宿主が現れ、番外でエディ·ブロックの元婚約者アン·ウェイングがいます。

ヴェノム<シンビオート>は、宿主を中毒に近い状態で自分に執着させ、<シンビオート>自身の欲望を精神的にも宿主に投影させ、望み通りに彼らを動かそうとします。甚だしくは、<シンビオート>から分離された後も精神的に<シンビオート>に操られ命令され、懐柔されているような感じを受ける程です。自分の意思であれ、他人であれ、宿主を変えて来ました。

宿主が、自分の気に入らない行動をすると非常に怒り、度が過ぎると最初から、宿主を見捨てて去ってしまいます。特に、下品で弱かったりすると嫌がります。一例として、<シンビオート>が誰が見ても下品な宿主を取った事があるが、あまりにも下品ですぐに捨ててしまい、これを悲観した宿主は、首を吊って自殺した事があるのです。

1代から3代までの宿主達が、スパイダーマンに恨みを持っている為、スパイダーマンを狙っているが、何度か他の悪党と戦う為に、手を組んだ事もあります。この恨みは、宿主が変わっても累積されるのか、ヴェノム<シンビオート>自体が、スパイダーマンを酷く憎悪しており、この影響からかヴェノムから降って来た<シンビオート>全てが、スパイダーマンに対して、良くない感情を本能的に持っています。

当初は、女性が宿主になる計画でした。スパイダーマンの争いに巻き込まれ、夫と赤ん坊が死んだ女性がスパイダーマンを憎むようになって、<シンビオート>の宿主になるという話でした。しかし、制作陣が「女性がスパイダーマンを脅かす悪役になる」という話が説得力に欠けると思い、エディ·ブロックがヴェノムになったのです。

映画“ヴェノム”の中で、<シンビオート>が見つけた宿主は、まさに、真実を明らかにする為に戦う正義の性格を持ったエディ·ブロックです。その為、ヴェノムの生まれは、ヴィランや英雄と悪党の間で内的葛藤する姿を見せながら、以前のヒーロー達が見せる事の出来なかった、二重的な魅力を見せてくれます。

ある日、突然想像も出来ない力を得た後ヴェノムの危険な能力を制御しようとしながらも、強力な力に誘惑されるエディ·ブロックのドラマチックな状況は興味を刺激するのに十分です。また、怒りという感情に特化したヴェノムの歪んでダークなイメージは、新しい魅力を見せてくれます。

当時、スパイダーマンの主なヴィランの大半が街のヴィランレベルだったが、ヴェノムは、外界から来たヴィランというコンセプトで、それまでのスパイダーマンヴィランとは、異なる異質感を見せてくれました。また、スパイダーマンと似たような外見に、スパイダーマンの能力を一部無力化する事が出来、スパイダーマンに似た射出能力を持っているという点で、見方によっては、スパイダーマンのアンチテーゼ的な存在でもあります。一言で、完全に黒化してしまったスパイダーマンバージョンのヴィランです。

初期のヴェノムは、よく知られているように歯が尖った姿ではなく、より筋肉質のスパイダーマンがにやりと笑う姿でした。このようなものが次第に野性化し、よく知られたデザインになったのです。

因みに、あの凶悪な口と歯は装飾ではなく、噛む攻撃をする時もあります。

ヴェノムの全身は、一般人よりはるかに巨大な体格で、胸と背中に蜘蛛の模様がありません。原作では、スパイダーマンを経た<シンビオート>の模様なので、まだ描かれていないのです。代わりに、白い筋が前後に刻まれています。手の甲にも白い筋があるが、原作の蜘蛛の巣射出口のリデザインと推定されます。

また、ヴェノムの象徴のような舌も、原作に忠実に描いています。また、その巨体とタフなデザインから、本作の野獣的な威圧感とカリスマ性が湧き出ます。更に、”スパイダーマン3”(2007)時代の、<シンビオート>の「きゃあきゃあ」という鳴き声は跡形もなく、ヴェノムに変身した状態でも、話が流暢で、文学的に上手になっています。威圧的な体と中で、沸き立つような低音の音声効果が重なり、文学的な言葉遣いとは違って、非常に脅威的で野獣のような感じを与え、”スパイダーマン3”(2007)のエイリアンのような姿と行動から、完全に換骨奪胎しました。

また、<ライフ財団>の要員達に追われて、折れたエディ·ブロックの足が、ヴェノムで覚醒し、何ともない治癒の姿を見せてくれました。

様々な種類の宿主や、<シンビオート>が登場するが、作中、<シンビオート>を使う女性(スクリームと推定)やライオット、カーネイジと見られる<シンビオート>も見られます。

そして、予告編の戦闘シーンの中で、ヴェノムとエディ·ブロックが分離する場面の相手をよく見ると、カールトン·ドレイクと、ヴェノムより明るい色の<シンビオート>が見えます。

キャラクターについて

1.エディ·ブロック

エディ·ブロックは、主人公であるだけに説明が良く出来ています。

ニューヨークからサンフランシスコに来て、後ろめたいものを追う記者であり、不義を見ると我慢出来ない性格まで。背景から信念が、全て序盤に説明されます。

<ライフ財団>インタビュー事件以降、職も失い恋人も失い、全てを失い、最後のチャンスを求めて<ライフ財団>に潜入した<シンビオート>と結合して、映画の間中、追い掛けられ、戦いをします。

キャラクター性を見れば良いキャラクターで、 典型的な英雄像です。エディ·ブロックを一言で定義すると、<良心のある記者、典型的な英雄像>になります。ヴェノムとの結合のせいで、映画中、一般人の視線では<狂った奴>と映ったと思いますがね。

2.ヴェノム

もう一人の主人公であるヴェノムは、巧妙に作られたキャラクターです。

ただ、暴力性を誘発する宇宙生命体だった、”スパイダーマン3”(2007)とは違い、人格を与えてエディ·ブロックとの関係を、より詳しく描き出す事が出来ました。

映画の中盤では、恋愛コーチもして、映画の間中、代わりに戦うなど、MCUのジャービスやキャロン·ダンバースが思い出されました。

世間に出たヴェノムとして、CGを通じて、<シンビオート>とヴェノムのイメージを、上手く作られました。”スパイダーマン3”(2007)に比べて、はるかに原作に近い体つきを持ったヴェノムは、期待を抱かせた要素のうちの一つでした。

ヴェノムは、確かにヴィランです。しかし、通常のアニメ·キャラクター映画がそうであるように、常に、反英雄主義者達が存在します。”ヴェノム”では、エディ·ブロックと戦う事になるヴィランが、他の人々に移る共生体であるライオット(Riot)になるでしょう。

3.カールトン·ドレイク

カールトン·ドレイクは、この映画のメインヴィランです。

<ライフ財団>を作った人で、人類が地球を殺しているから、<シンビオート>に地球を浮かぶべきだと主張しました。

カールトン·ドレイクは、久しぶりに見るマッドサイエンティスト的な人物でした。誤った信念から来る強い信念を持って事を進め、これまでの業績によって、隠蔽されます。

最近、なかなか目にする事が出来なかったマッドサイエンティスト·ヴィランは、マーベルファンにとっては、嬉しいキャラクターではなかったかと思います。

4.ライオット

ライオットは、地球に入ってきた4体の<シンビオート>の中で、最も強いだけでなく、チームリーダーです。その為、一番強くて、映画でもそのような姿が浮き彫りになります。

あっという間に、研究員を掃き捨てる姿だけでなく、他の宿主に付いている時も一瞬にして、人々を皆殺しにするなど、強力な姿を見せました。

後半部では、<ライフ財団>に尋ねて来て、カールトン·ドレイクを宿主にします。彼の動機自体は、非常に単純で説得力があります。

生存という簡単な動機は、ライオットの動機を説明するに十分であり、理解出来る部分です。

魅力的なヴィランではありませんが、動機が理解出来るヴィランなので、それだけでも十分でした。

トム·ハーディの源泉について

ヴェノム役を演じたトム·ハーディは、「息子がヴェノムの大ファンであり、自分の演技に大きな影響を与えた源泉」とし、「息子が見たがる場面を演出したかったので、人の頭を噛んでしまった」と、冗談交じりの口調で話しました。

本当に、映画の中のトム·ハーディの演技はかなり残忍で、マーベルのシネマティックユニバースと繋がった世界観の陰惨な背景をよく見せてくれます。その為、ソニーがマーベルの共同製作会社であるディズニーより、より多くの責任を感じる事になったかも知れません。

クリストファー·ノーラン監督他、有名監督達との呼吸で、興行は元より、マニアまで引き寄せて活発な作品活動を続けているが、顔は見せない俳優がいます。

まさに、主演のトム·ハーディです。彼は、1977年にイギリスで生まれ、2001年に映画”ブラックホーク·ダウン”でデビューした映画俳優であります。

映画としては、”ブラックホーク·ダウン”(2001)、”仮面の真実”(2003)、”レイヤー·ケーキ”(2004)、”ブロンソン”(2008)、”嵐が丘”(2010)、”インセプション”(2010)、”裏切りのサーカス”(2011)、”欲望のバージニア”(2012)、”ダークナイト ライジング”(2012)、”チャイルド44 森に消えた子供たち”(2015)、”マッドマックス 怒りのデス·ロード”(2015)、”レジェンド 狂気の美学”(2015)、”レヴェナント:蘇えりし者”(2015)、”ダンケルク”(2017)、”カポネ”(2020)など、多くの大作に出演歴を持っています。

スポンサーリンク

受賞歴として、2016年第36回ロンドン映画批評家協会賞イギリス主演男優賞、2016年第21回クリティックス·チョイス授賞式アクション映画主演男優の他多数があります。

トム·ハーディは、既に数回にわたって、彼の素晴らしい演技を証明しています。

しばしば、天才監督と呼ばれるクリストファー·ノーラン監督が愛する俳優の1人で、映画”インセプション”(2010)で頭角を現しました。彼は、映画と演劇で彼の演技生活を始め、いつの間にか英国では知らない人がいない程有名になった俳優です。

トム·ハーディの長所は、彼の役柄にすっかり溶け込んでいる事です。配役に溶け込むというのは、抽象的な概念だが、観客としては確実に没入出来るようにする俳優の演技だと見ると簡単でしょう。単純に見ると、彼の役柄に対する演技は、観客に本当に実在する人だと信じさせるようなものです。

例えば、警察や記者として出たなら、彼が俳優ではなく、実際に警察や記者として受け入れる事が困難なく、違和感さえも感じないようにする事です。トム·ハーディは、そのように演技があまりにも上手です。

彼が演じた”ダークナイト ライジング”(2012)でのベインや、”インセプション”(2010)でのイームスは、アクション映画であるにも関わらず、単に消耗するキャラクターではなく、実質的な感情を持った人物として描かれています。同じく、彼にだけ照明が当てられた”ダンケルク”(2017)のように、今回の映画でも、彼は驚くべき演技を見せ、キャラクターに溶け込んでいきます。

バットマンをいじめるベイン役を演じたトム·ハーディは、恐ろしい武器のような顔に、残忍非道な悪党の姿で、ゴッサム·シティの平和を破りました。

そして、”ダークナイト ライジング”(2012)に続いて、長い髪と髭で顔を隠して登場した、”マッドマックス 怒りのデス·ロード”(2015)では、口蓋を装着して狂ったマックスに扮したトム·ハーディ。

しかし、口蓋をしても、隠す事の出来ない彼の野性美は、美しい彼そのものでした。

スペクタクルなアクションは、基本狂った世の中で生き残るのに相応しく、狂った演技を見せて、堂々と主演男優賞を受賞しました。

続いて、口蓋は免れたものの、顔全体を覆う髭と防寒服のお陰で、ファンまでも目と声を聞いてから分かるようになったという、”レヴェナント:蘇えりし者”(2015)では、悪役を演じたものの、非常に魅力的なトム·ハーディに魅了されました。

そして、世界第2次世界大戦で、イギリス空軍に変身した”ダンケルク”(2017)では、マスクにゴーグルまでセットして、顔を丸め込み、映画開始から最後まで、狭い戦闘機で熱演闘魂して、斬新なかっこ良さを魅せてくれました。

クリストファー·ノーラン監督曰く、「ひたすら目だけ見えるこの役には、一人しか思い浮かばなかった」と認定するように、ただ眼差しだけで、恍惚の瞬間をプレゼントする、眼差しNO.1演技者トム·ハーディ。

”ダークナイト ライジング”(2012)、”マッドマックス 怒りのデス·ロード”(2015)、”レヴェナント:蘇えりし者”(2015)に続き、”ダンケルク”(2017)まで、顔は隠して、ただ目だけで深い演技をこなし、彼が出演すれば、大ヒットするという特別な興行公式が誕生!!

上記の興行作品に続き、”ヴェノム”でも、異色のヴェノムマスクで顔を隠すトム·ハーディは、正義の記者エディ·ブロックと強烈なヴィラン·ヴェノムの共生を通じて、善と悪を行き来する二重の魅力を発揮します。

顔を隠しても、滲み出る圧倒的な演技力で、今度はヴェノムキャラクターを、どれだけ見事に奏でるか、注目すべきポイントです。

アクションシーンとヴェノムの能力演出について

宇宙には、どんな存在が住んでいるのかという疑問は、誰でも持っています。

映画“ヴェノム”は、宇宙生命体と主人公の共生を、悪党なのか英雄なのか、見分けがつかないアクションで見せてくれます。

この映画は、多くの部分で、映画”アップグレード”(2018)に似ています。ブラムハウス·プロダクションズの映画”アップグレード”(2018)は、普遍的なアクション映画とは異なり、新しい見所を見せてくれます。

例えば、主人公が床につかずにすぐ起きる場面や、まるでロボットのように争う場面がそうです。同様に、”ヴェノム”では、<シンビオート>を使うアクションで、新鮮なアクションシーンを提供します。

実は、この映画が、近年の他のヒーロー物に比べて、かなり低予算で作られている事を考えると、このクオリティのアクションシーンを編み出したのは、かなりのものと言えます。モーションキャプチャが使えなかったという話が嘘ではないらしく、エディ·ブロックがヴェノムに変身せず格闘をする時も、関節が<シンビオート>に支配される非人間的で、奇怪な戦い方をよく描写し、中盤部のオートバイ追撃シーン自体も、クオリティが高いです。

エディ·ブロックが本格的にヴェノムに変身し、<ライフ財団>の要員達と警察特殊部隊(SWAT)達を相手に倒す場面でも、ヴェノムの巨体から出てくる恐ろしいパワー、そして視野が遮断された空間で、パニックに陥った特殊部隊員達を、徹底的に破壊する恐怖で、怪物のような姿を良く表現しました。ヴェノムの巨体に相応しく走ったり、ジャンプをする度に感じられる重い重さも、かなり効果的に表現する方です。また、プロトタイプで見たような身体変形ギミックも、演出に力を与えたようで華やかです。

ヴェノムのビジュアルも、かなり好評の要素です。サム·ライミ監督の貧弱なヴェノムとは、天地の差です。コミックス版ヴェノムの、がっちりした体格をそのまま再現し、ヴェノムが非常に脅威的に見えるだけでなく、アクションシーンが重厚で強烈に見え、二重の線で生えた恐ろしい歯と長い舌など、ヴェノム特有のクリーチャーなビジュアルもよく生かしました。

それに、そんな非人間的なヴェノムも、顔の感情表現はかなり良く生きている方です。スパイダーマンとの関連性を排除する為だっただろうが、蜘蛛の巣の形を作って移動する方式ではなく、自分の手を垂らして移動する方式も、かなり強烈な印象を与えました。

ヴェノムと似たような水準の期待感を与えた、”ブラックパンサー”(2018)の時に、見せてくれたゆっくりもどかしいアクションに比べれば、ヴェノムのアクションはあまりにも立派です。初めて、ヴェノムの能力が発揮される瞬間から最後の戦いまで、削除された場面が多いにも関わらず、非の打ちどころがありません。

アクションシーンもヒーロー映画にとって、とても重要な部分の一つです。

<シンビオート>を活用した特別なアクション、<シンビオート>を使って、バイクアクションを広げるエディ·ブロックとヴェノム。他の映画では見られなかった<シンビオート>を活用したアクションは、斬新で素敵でした。体の一部が<シンビオート>に変わり、敵と戦い、道路の上を走りながらも利用したそうですね。

その結果、進む事の出来ない道を進みながら、最高のアクションシーンを披露します。また、負傷の<シンビオート>を活用して治療し、再び戦う事が出来ます。<シンビオート>の長所を浮き彫りにして、史上初の最高アクションシーンを見せてくれました。

アクション映画には、ストレスを解消するには、これ程のものもないです。争っては壊しては殺し、また戦っては潰しては殺しを数え切れない程繰り返す為、頭の中には何の考えもないのです。

映画“ヴェノム”は、更に一杯やって、頭を丸めて食べてしまいます。ぞっとするが、何だかすっきりする快感を覚えました。ヴェノムは、粗暴で無慈悲で暴悪だが、これはあくまで人間の基準に過ぎず、ヴェノムは<シンビオート>の中に、何の意味もない<ルーザー>と自らを評する程、その群れの中では平凡そのものです。しかしそのビジュアルは、地獄から上ってきた悪魔を疑わせます。

ヴェノムの能力について

1.スパイダーマン以上の、身体能力を獲得します。ただ、素早さや反応の速度は、スパイダーマンより少し遅いのです。主に身体の筋肉を大きく増やせば、それによって、力も更に強くなるようです。

2.蜘蛛の巣生成能力が、凄い。スパイダーマンとは違い、手の甲から射出されます。スパイダーマン以上の蜘蛛の糸を撃つ事は出来るが、ウェブシューターを利用して蜘蛛の糸を生成するスパイダーマンと違って、<シンビオート>内部で直接生産するには無制限ではない為、飲み過ぎるとタンパク質が落ちて、<シンビオート>の能力が弱くなります。実際、最初にヴェノムと戦った時は、スパイダーマンはヴェノムが蜘蛛の糸を撃ち続けるように強制して、弱体化させて勝ったのです。

3.呼吸なしで、行動可能です。

4.スパイダーマンのスパイダーセンスを、無力化する事が出来ます。(<シンビオート>共通)

5.形態を変更する能力で、環境の中に溶け込んで隠れたり、他人に変装出来ます。

6.触手を生成する事が、出来ます。当然ながらカーネイジよりは不足しており、本人もあまり使いません。ただ、ユージン·トンプソンやリー·プライスの場合のように、宿主によって、触手を積極的に活用する場合もあります。

7.スパイダーセンスを増幅させて、スパイダーマンを苦しめ、一時的に能力を弱める事が出来ます。

8.舌が、長くなります。

弱点は音波と不老、子孫世代の他のどの<シンビオート>よりも弱いのです。そして、他の<シンビオート>に比べると、デザインがかなりシンプルだという評価も受けています。

華麗なるOSTとBGMについて

この映画の大きな部分は、音楽が占めます。実際、全てのスーパーヒーロー映画で、音楽は大変重要な役割を果たしています。

人々をときめかせる”アベンジャーズ”(2012)の音楽や、”アイアンマン”(2008)のテーマ曲のように、多くのマーベルの映画が音楽に凝っている“ヴェノム”は、特に音楽に気を遣っているのを感じる事が出来るが、これはイントロからベースが強いBGMを使っている事が分かります。

映画を見て出た後、音楽監督が誰か探してみると、”ブラックパンサー”(2018)の音楽監督でした。彼の経験から誕生した“ヴェノム”のBGMは、今年見た映画の中でも非常に強烈な作品です。

OSTは、私が期待していた要素の中の一つでした。ラッパー、エミネムの参加ニュースを聞いた時、とても期待が大きかったです。

アクションシーンに合わせて、出て来る楽しくて華やかな音楽は、映画の雰囲気を盛り上げ、集中度も高めました。

余談

1.2005年に公開された同名の映画があり、こちらは米国のホラー映画です。若者グループがあるきっかけで、蛇の男に追われる物語であり、こちらも非常に、出来の良い映画でした。

2.偶然の一致で、ヴェノム役のトム·ハーディがかつて演じた”ダークナイト ライジング”(2012)のヴィラン·ベインは、原作では強化薬物ヴェノムを使っています。おまけに、マスクに目の上方向に向かう白いストライプが入っているのも、共通点です。(”ダークナイト ライジング”(2012)からベインのマスクデザインを変え、映画版は該当なし。)

ベインとヴェノム共に、DCとマーベルで人気のある中立性向の悪党キャラクターであり、相手のヒーローを完全制圧した事があるという点も、やはり似ています。また、2人とも筋肉質で、体が非常に大きいのです。

3.映画の序盤、<ライフ財団>を見学させたカールトン·ドレイクは、自分のバッジを一人の子供に与えます。しかし、次回のインタビューシーンでは、再びバッジを着けている姿を見る事が出来ます。カットシーンの連続撮影の過程で、生じた小さなミスのように見えます。バッジを子供に渡した後、研究所の職員が「インタビューの為に着替えなければなりません」と言って、カールトン·ドレイクを退場させます。実際、子供にバッジを与える時は、黒いジャケットを着ており、インタビュー中は、灰色のジャケットを着ています。

4.当時大人気だったサム·ライミ監督の”スパイダーマン”(2002)トリロジーが、”スパイダーマン3”(2007)を最後に終わった理由も”ヴェノム”と関係しています。サム·ライミ監督は、バルチャーとミステリオを考えたが、ソニーは人気のある<ヴェノム>を追い詰め、その後の後続作でもカーネイジを望むと、結局サム·ライミ監督が監督から降りてしまい、シリーズ自体が霧散してしまいました。

ソニーは、妙に<ヴェノム>と<シンビオート>に執着する傾向を持ちます。ところで、後にバルチャーは”スパイダーマン:ホームカミング”(2017)に登場し、ミステリオも”スパイダーマン:ファー·フロム·ホーム”(2019)に登場しました。

5.実際の上映時間は1時間36分、エンディングクレジット16分だそうです。トム·ハーディの好きなシーンは、削除された40分間のダークなコメディ映像だとの事です。リズ·アーメッドも、「撮影の時はよかったのに」と言葉を控えました。映画の蓋然性が壊れた事と、この消えた分量が関係しているかも知れません。

6.色々な面で、興行の可否に注目が集まっているが、ソニーが”アメイジング·スパイダーマン”(2012)シリーズの映画化に対する版権を永久に所有している為、”ヴェノム”が興行に成功すれば、ソニー側の”アメイジング·スパイダーマン”(2012)シリーズに力を与える為、MCUの不意打ちをするのではないかという噂があります。これを暗示する言葉を口にしたソニーの元CEOは、その座から退いたのです。

7.クッキー映像は、2つしか出ません。実は、二番目のクッキー映像は、”スパイダーマン:スパイダーバース”(2018)の約5分の予告映像です。

8.本当に余談だが、考証ミスがあります。サンフランシスコに飛行機が着陸する場面があるが、以前の場面で聞こえて来る音を考慮すると、香港を出発した飛行機であります。ところで、機種がA380です。香港からサンフランシスコに向かう航空機は、キャセイパシフィックのA350とボーイング777-300ER、中華航空のA350、ユナイテッド航空のボーイング777-300ERだけです。

9.映画の中のヴェノムの姿が、原作の姿を全く反映しなかったわけではありません。酷評が出るに値するが、実は、たまにヴェノムも原作でもしばしば感化された姿を見せた事があり、原作でもヴェノムの可愛い姿がなかった訳ではないが、ユージン·トンプソンとエディ·ブロックの間で葛藤する時は、殆ど泣きべそのようでした。

ただ問題は、ヴェノムがそのような感化された姿を見せるのが、エディ·ブロックではなく、ユージン·トンプソンが宿主になってからだという事です。ユージン·トンプソンに会う前のヴェノムは、宿主が気に入らないという理由で、空中から落ちていた2代目アンジェロ·フォートナートを捨てて、転落死させました。

10.作中で、主人公が乗っているバイクは、ドゥカティ<スクランブラー803>モデルです。参考までに、トム·ハーディは、バイクマニアでもあります。

11.ヴェノムが、自身の弱点を説明する場面で、アン·ウェイングが、DCコミックスのクリプトナイトを打ちます。

12.スタン·リーが、2018年11月12日に亡くなり、スタン·リーが最後に出演したソニー·ユニバースの映画となりました。

13.”スパイダーマン:ホームカミング”(2017)のトム·ホランドのスパイダーマンが、本当に“ヴェノム”にカメオ出演する為、撮影までしたが、ディズニーの反発で霧散したというようです。

14.ジョシュ·トランク監督が、演出を引き受けるところでした。

注目すべき見所について

この映画の一番の長所は、スピード感のある展開とCGだと思います。意外に、ヴェノムのキャラクター性も魅力的です。このおかしなヴィランは、台詞一つ一つも珠玉のようです。人の前で、「食べるものは沢山あるが時間がない」というセリフを言うのもそうだし、本当に人間味がなく、純度100%宇宙生命体ではないでしょうか。「ヴェノムがちょうど建物に上がり、ヴィラン達を脅かし、派手に繰り広げられるアクションに、ヴェノム自体が、CGの塊であるにも関わらず、それが全然ぎこちなくないというのが、本当に魅力的な部分です。

悪い奴が中途半端に悪くなく、完全に悪くなってこそ本物の味です。それでこそヴィランです。そのように展開していきながら、観客達に清涼感を感じさせるのが、この映画の魅力でした。

この映画のCGは、全く違和感のない場面を絶えず見せながら、既に華麗なアクションシーンから、その華やかさを倍増させる役割を果たしています。特に、上の場面のように、ヴェノムが現われる場面では、鳥肌が立つ奇怪さを、写実的な技法で描写する事で、映画中ずっと退屈する暇がありません。

コミカルな雰囲気をベースに、その上にホラーなどの要素を、少しずつ織り交ぜて、良い雰囲気を演出しました。

名セリフについて

1.”What the hell are you??”

“お前は一体何なんだ??”

“We .. are VENOM.”

“俺達は..ヴェノムだ。”

このセリフで、注目すべき点は<We>です。

エディ·ブロックとヴェノムの2人を合わせて<We>になって、ヴェノムになったという点が印象深いです。

 

2.”The way I see it .. We can do whatever we want.”

“俺が思うには..俺達は俺達が望む事は何でも出来るよ。”

“Do we have a deal??”

“俺達合意したのか??”

ここでも、<We>が出ます。エディ·ブロックと<シンビオート>が合わさった、ヴェノムになった事を強調しています。

 

3.”Giant leaps will always come at a cost.”

カールトン·ドレイク”偉大なる跳躍には代価が伴うもの。”

そして、”スパイダーマン”(2002)の「大いなる力には大いなる責任が伴う」は、ベン·パーカーが遺した有名な名言で、対極点にあるセリフです。

“ヴェノム”での悪党がこう言うから、”スパイダーマン”(2002)のファン達は、新鮮で面白かったでしょう。

最初から天生縁分だったエディ·ブロックとヴェノムについて

映画で独特な点は、エディ·ブロックとヴェノムとの関係でした。エディ·ブロックとヴェノムの関係は、興味深かったです。トム·ハーディの演技もお見事で、二人の相乗効果が魅力的ですね。

共生関係の初期のヴェノムが考えるエディ·ブロックは、ヴェノムの言葉を引用してみると、「私が望む時に乗る性能の良い車」に過ぎません。ただ、自分が生きる為に、必要なだけです。

時間が経つにつれ、彼らは深い関係に発展し、同じ目的の為に、戦う仲間になります。後半部のライオットとの戦闘を、挙げる事が出来ます。

お互いの性格が違うから発生するギャグシーンも、「人を食べる」と言うヴェノムと「食べてはいけない」と言うエディ·ブロック、このように彼らのギャグシーンも、大変気に入りました。記憶に残る場面が、結構ありますね。

映画<ヴェノム>で、最も印象的な場面は、ヴェノムが本人の体内に侵入した時、絶えず混乱と葛藤を経験するエディ·ブロックの姿でした。エディ·ブロックは、正義の記者である反面、ヴェノムは目的達成の為には、手段を選ばないキャラクターだからです。

自分とは、あまりにも違うキャラクターが体の中に入って来て、自分の知らない間に正義のない事をしたら、エディ·ブロックが経験する内的葛藤が少なくないでしょう。多くの職業の多くで、エディ·ブロックが正義の記者である理由は、対立を最大限に高める為の設定だと固く信じていたました。

しかし、そうではありませんでした。エディ·ブロックとヴェノムは、会った途端にぶつぶつ言うのを除いて、まるで天生縁分のように、お互いを受け入れているのです。

主従の関係や最初から他のキャラクターに変わるのではなく、エディ·ブロックとヴェノムの知性がそれぞれ生きている状態で、一身を共有しているという感じでした。その結果、妙なバディムービーの感じを与えています。これが、映画”ヴェノム”の最大の特徴ではないかと思います。むやみに殺してはいけないという事を教える場面では、”ターミネーター2”(1991)が思い出されました。

エンディング映像について

既に、多くの場面で取り上げられましたが、エンディング映像で、エディ·ブロックがFBIの協力要請を受け、連続殺人犯クレタス·キャサディのインタビューを受ける事になります。この殺人鬼は、”ヴェノム:レット·ゼア·ビー·カーネイジ”(2021)のヴィラン<カーネイジ>を暗示しました。

エンディング映像、カーネイジはどのように描かれるでしょうか。

エンディング映像から、全ての濡れ衣を晴らし、元の職業である記者に復帰したエディ·ブロックが、彼からだけインタビューを受けるという最悪の連続殺人鬼を探す事になります。この時赤毛の犯罪者が、「自分はすぐ出所し、その時になると最悪の虐殺が起こる」と言われていますが、これはレッドヴェノムについての言及です。

原作では、既存のヴェノム元宿主で、宿主を変更した後、レッドヴェノムの中に残っていた少量のヴェノム細胞が増殖し、また別のヴェノムになったという事ですが、今後”ヴェノム:レット·ゼア·ビー·カーネイジ”(2021)を通じて、二人の対立がどのように描かれるのか期待されます。

スーパーヒーローとヴィランヒーローについて

映画の中に登場するスーパーヒーロー達が非現実的なのは、彼らの持つ超能力やパワーのせいもあるが、人間性も一役買っています。だからスーパーヒーローは、殆どが優し過ぎるのです。

これまで、”ハンコック”(2008)や”ウォッチメン”(2009)などの作品で、スーパーヒーローがいくつか登場しましたが、スーパーヒーローの殆どは、依然として天使の表であるのです。つまり、善です。

しかし、スーパーヒーローが現実に存在するなら、彼らの実際の姿はそうではないようです。怒ると殴ったり、たまに唾を吐いて、無断横断もして、悪口も言います。そうして誰かが危険にさらされたり、悪党を見かけたりしたら、すぐに処理するでしょう。いや、それよりスーパーヒーロー達も、時々悪心を抱くようです。

生きるという事は、あまりにも馬鹿にされる事なので、いくらスーパーヒーローだとしても、苛たしい事や腹が立つ事がない訳にはいかないでしょう。また、善良なスーパーヒーロー達がお金を欲しがったりはせず、食べていく為にもがけば、汚い目に遭うことは明らかです。そうすると、普通の人間のように、たまに怪物になるかも知れません。

スーパーヒーロー(Super Hero)という単語にかなり慣れているが、実はヒーロージャンルには、ヴィランヒーロー(Villain Hero)も存在します。悪党ヒーローという意味です。悪党が、どうやって英雄になれるか分からないが、そもそも人生というものは、そのような矛盾でありふれています。言い換えれば、創造(英雄)と破壊(悪党)がいつも繰り返されます。

よく通っていた職場で突然解雇されたり、気が狂う程愛した人なのに突然別れたり、昨日まで大企業の社員だった自分が、今日からどん底だ。

そのように人生は、いつも突拍子もなく残忍です。その中で、人の人柄というのも同じです。常に、善と悪を行き交うしかありません。

スーパーヒーローより、ヴィランヒーローが、よりリアルに感じられる理由ではないでしょうか。

実はこのような考えで、”ヴェノム”を見ると更に、現実感を味う事が出来ます。

 

ヴェノム まとめ

 

他の生命体に寄生してこそ、完全な体を維持出来る外界生命体である<シンビオート>は、エディ·ブロックの体に入り、強力なヴェノムとして誕生します。悪党だけを相手にしようとするエディ·ブロックの気持ちとは異なり、悪の力が本来のヴェノムは、その力の主体に耐えられないのです。

そして、ヴェノムの特徴は他ヒーロー達とは違って、一つの主体に二つの理性と感情が存在するキャラクターとして、ヴェノムは特別なヒーローだと言うべきですね。

マーベル映画にしては、ランニングタイムがそんなに長くはないんですが、見所のある場面が所々にあって、時間は退屈しないように流れて行きます。

既存のヒーローのように、ビジュアルがかっこいいだけではなく、陰惨な所もありますが、既存のヒーローとは完全に相反したイメージがむしろ、ヴェノムの長所ではないかと思います。

”ヴェノム:レット·ゼア·ビー·カーネイジ”(2021)に期待されるエンディング映像が出ますが、別名大虐殺と呼ばれる<カーネイジ>というもう一人のヴィランが出て来そうですが、避けられない対決が、次回に演出されます。

マーベル初のヴィランヒーロー、もう一つのマーベルシリーズの誕生が始まりました。

“ヴェノム”で、最も注目しなければならないのは、主人公エディ·ブロック(トム·ハーディ)と、ヴェノム(トム·ハーディの声)の矛盾した関係です。

ヴェノムは、<シンビオート>という外界生命体の一つの個体の名前です。宇宙から来た<シンビオート>は、地球で一人では住めません。宿主が必要で、主に人間に寄生して怪物にします。だから、<シンビオート>と結合すれば、誰でもおびただしい怪力を持った怪物に変わるのです。主に、破壊に明け暮れる悪党になります。

エディ·ブロックは人間の時、非常に正義感のある熱血記者でした。真実の為なら、骨身を惜しまなかったのに、巨大企業である<ライフ財団>の背後を掘っては、つい職場をクビになってしまいます。
<ライフ財団>は、病気や様々な事故から、人間の生命を延長させる薬や処方を開発する善良な企業だが、その過程でホームレスらを、実験用マウスのように使っていたのです。<シンビオート>も、不治の病の治療の為に、宇宙から持って来ました。

エディ·ブロックは、善良な仕事をしようとして、職場や恋人、家まで全て失うという人生の矛盾の前でさまよってしまい、その時に<シンビオート>に出会う事になるのです。エディ·ブロックの体に寄生した<シンビオート>の名前が、ヴェノムでした。その為、ヴェノムは善人エディ·ブロックと悪人<シンビオート>が結合して、誕生したのです。

結局、映画は彼を通じて、善と悪が共存する人間という存在について、語っているのです。周期的に、人間のような他の生命体の脳と肝臓を食べなければ生きられないヴェノムは、概して悪だが、時にはもっと大きな悪に立ち向かいながら、英雄の役割もします。まさに、ヴィランヒーローになります。

それは、大多数の平凡な私達人間も同じです。今日も冷酷な資本主義社会で生き残る為に、他人を踏みにじって立ち上がろうとする悪党だが、時には善行もしながら暮らします。

正直に言って、誰でも心の中に、悪党が一匹は寄生して、暮らしているのです。

それは、実は矛盾していないかも知れません。

誰は善良で、誰は悪党だと??

そんな事を言うあなたに、ユーモア感覚まで、盛り込まれているヴェノムが言います。

「いや、違うよ。人間は、元々善と悪が共存する。よく知りもしないくせに」

<ヴェノム>は、<毒>という意味です。蛇に噛まれると、蛇の毒が体中に広がって死ぬように、宇宙人の芽が地球生命体内に入ると、汚染された人や動物が、宇宙人の調整を受けます。ある時は、人が宇宙人に変わったり、また人に変わったりします。

現代の天文学者は、地球は次第に冷めて来て、おおよそ50億年後には、火星のように人間の住めない星になっていると述べています。また、多重宇宙論で極大化された宇宙の中には、地球に似た惑星が無数に多く、人類が宇宙惑星に移住するとか、この映画のように、宇宙人と共存するようになる時代が来るかも知れないという考えを、捨てる事が出来ません。

ヴェノムは、果たして、英雄だったのでしょうか。悪党だったのでしょうか。

ヴィランとしてのヴェノムと、ヒーローとしてのヴェノムが交じっているのではないかと。

しかし、映画を通じて、ヴェノムは、ただ、エディ·ブロックに出会って、エディ·ブロックと通じ合いながら、地球を大切にして、地球を守る、最強で最高に、かっこいいヒーローでした。

マーベルのヒーローキャラクターとは違う、従来見た英雄とは違う、独特な特徴を持っているヴェノム。

ヴェノムは、マーベル歴史に、新たな最高最強のヴィランヒーロー伝説を、残してくれました。

悪党の強力な能力と人間の心性が加わった、新たなヒーローの誕生は、史上初の最高ヴィランヒーローとして、永遠に記憶されるでしょう。

最後に、”ヴェノム”で、一番印象深かったセリフで終えましょう。

皆さんに、心から申し上げる言葉でもあります。

“Have a nice life.”

“素敵な人生になりますように。”

 

 

 

※「ヴェノム」はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば無料でもらえるポイント利用で見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\ヴェノムがポイント利用で視聴可能です。/見逃し配信バナー

31日以内の解約なら完全無料!

”上記の情報は2021年6月13日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

どのサイトを選べばいいのかわからない。

そんな時は、こちらの記事が参考になりますよ。

おすすめの動画配信サイト どれを選べばいい?厳選10サイトを比較 見たいエンタメが見られる おうち時間の有効活用方法
動画配信サイトってたくさんあるけど、一体どこがいいんだろ? どうやって選べばいいのか迷うよなあ。 無料体験期間をフル活用! 初回登録は全て無料。最終的に落ち着いたのは、U-NEXTとAmazonプライムだった。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました