オーシャンズ13 アル·パチーノまで加わった一番魅力的で一番痛快な復讐!!無料配信サイトは

映画

 ワーナーブラザーズ公式チャンネルよりhttps://www.youtube.com/user/Wbondemand

本作は、2007年に公開された犯罪コメディ映画です。

映画の舞台は、第1弾に続いてもう一度ラスベガスで、オーシャン一味の任務もまた第1弾と同じく私的な感情が絡んだ復讐劇であると同時に、カジノを見事に吹き飛ばす様を描いています。

“オーシャンズ13“のメガホンを取ったスティーブン·ソダーバーグ監督は、“オーシャンズ“シリーズで、“オーシャンズ11“(01年)と“オーシャンズ12“(04年)、またこの作品“オーシャンズ13“(07年)で、華やかな俳優達の、それも男性中心の柔軟な犯罪とコメディー映画を具現して愛されてきたが、その頂点を踏む事に成功しました。

スポンサーリンク

 

“オーシャンズ13“は前作と軌を一にし、魅力的で痛快に描かれたそれぞれのキャラクターが柔軟に展開され、観客をランニングタイム2時間近く魅了するのに十分でした。

“オーシャンズ13“の美徳は、ジョージ·クルーニー、ブラッド·ピット、マット·デイモン、アンディ·ガルシア、ドン·チードル、ケイシー·アフレック、バーニー・マック、エレン·バーキンなど、主助演俳優のはっきりした個性と粘り強いキャラクターが勢揃いし、集中力を大きく高めました。

更には、本作でも、誰も夢見る事の出来なかったもう一人の世界的な俳優が合流して、完璧で幻想的なキャスティングが完成しました。

カジノホテルの卑劣な経営者ウィリー·バンク役にアル·パチーノという大俳優が加わり、オーシャン一味と13対1という風変わりな対決を繰り広げます。

“オーシャンズ13”は”オーシャンズ12”の撮影が終わる前から構想に入っていました。

ハリウッド芸能界の大物製作者、ジェリー·ワイントローブは、映画撮影の18ヵ月前から俳優らに一つ一つ電話をかけ、06年夏から撮影がある事を知らせていました。
<皆で参加しないと、始めさえしない>いう彼の決心で、ジョージ·クルーニー、ブラッド·ピット、マット·デイモン、アンディ·ガルシア、ドン·チードル、バーニー・マック、エリオット·グールド、カール·ライナーなど、綺羅星のようなスター達が全てのスケジュールを調節していました。俳優だけでなく、監督、スタッフなど全編に参加した殆どの製作陣が合流しました。

一旦、俳優とスタッフの合流が確定すると、今回のシリーズの背景は”オーシャンズ”シリーズの幕開けとなる為、”オーシャンズ11”の背景だったラスベガスのカジノに戻る事になったようです。

カジノと詐欺、復讐劇など侮れない重さを持った要素が散在しているが、スティーヴン·ソダーバーグ監督は、そんな要素が全て集まっているこの映画を決して印象付けて重く導いてはいないので、単純なカジノ映画、犯罪映画の範疇を越えて一本の愉快な総体的なコメディーにし、世界に加えて殺伐な作戦を展開しています。

スタッフやキャスト

脚本:ブライアン・コペルマン / デヴィッド・レヴィーン

監督:スティーブン・ソダーバーグ

音楽:デヴィッド・ホームズ

主題歌:Various Artists / Music From The Motion Picture Ocean’s Thirteen

登場人物 / 役者

ダニー・オーシャン / ジョージ・クルーニー

ラスティー・ライアン / ブラッド・ピット

ライナス・コールドウェル / マット・デイモン

フランク・キャットン / バーニー・マック

バシャー・ター / ドン・チードル

バージル・モロイ / ケイシー・アフレック

ターク・モロイ / スコット・カーン

リヴィングストン・デル / エディ・ジェイミソン

ソール・ブルーム / カール・ライナー

イエン / シャオボー・チン

ローマン・ネーゲル / エディー・イザード

テリー・ベネディクト / アンディ・ガルシア

ルーベン・ティシュコフ / エリオット・グールド

ウィリー・バンク / アル・パチーノ

アビゲイル・スポンダー / エレン・バーキン

フランソワ・トゥルアー / ヴァンサン・カッセル

オーシャンズ13 あらすじ

ダニー·オーシャンと彼の友人が再び集まった。今回の目標はラスベガス最大のカジノを襲う。

そうする為には幸運以上の物が必要だ。

カジノの野蛮な経営者ウィリー·バンクは、オーシャン一味のメンバーであるルベン·ティシュコフに詐欺を働く。

その衝撃によってルーベンは気を失い、深刻な状態に陥った。

しかし、この仕事はウィリー·バンクの計算違いだった。

彼はオーシャンズのメンバー1人に触れて、オーシャンズグループに共通の目標を作ってあげた訳だ。

今や一味は、ルーベンの復讐の為に、ウィリー·バンクが自分の名前にちなんだ”バンク”という新しいカジノオープンイベントで大成功を収めるその夜、彼を倒す計画を立てる。

オーシャンズ13 ネタバレ感想

オーシャンズの作戦計画

以前の敵テリー·ベネディクトまで、迎え入れて立てた作戦は3つです。

まず第一は、3.5分以内にカジノの全テーブルで5億ドルの大金が稼げるように操作し、バンクを経済的に没落させる事です。

そして二つ目は、ダイヤモンドの5つの等級を受けるホテルを運営する彼の名声にまで傷をつけ、バンクの自尊心を痛手を放つ事です。

更に、最後の作戦は、ダイヤモンド5等級を受ける度に、彼が夫人の為に最高級ダイヤモンドのネックレスを集めておいたダイヤモンドルームに潜入する事です。

それらの作戦は不可能に近いと思いますよね。それがオーシャン一味に不可能はないのです。

ラスベガスは夢の都市

その夢は、よく磨かれた未来というよりも歓迎に近いです。

ラスティのスロットマシーン機械操作で通り過ぎる途中、灰皿を割った頭に花をつけた女性や、ファイブダイヤモンド審査員たちは皆、歓迎を作り出す主人公達なのです。

歓迎は蜃気楼のようなものです。手につかない。

しかし、やはり私達の手につかなかった計画された未来の為に、今日汗を流す事程に全都市が団体で歓迎を夢見るとしても、私達がそこで幸せになる事が出来たら..時には我々がラスベガスを熱望する十分な理由になります。

最後の場面が印象的

ラスティはオーシャンにお腹の肉を少し落とすようにアドバイスしていました。

そういえばジョージ·クルーニーが、少しお腹の肉がついたみたいですね..

スポンサーリンク

オーシャンはラスティーに<もう少し落ち着くように>とアドバイスしていました。

そして、お互いに交わした最後の言葉は、<See you when I see you.>

心に感激というか切望がグッと来ますね。

ジョージ·クルーニーとブラッド·ピットの組み合わせは本当に幻想です。

ジョージ·クルーニーとブラッド·ピットには、綺麗なシルエットとシンプルなスタイルを披露しました。

ジョージ·クルーニーは、衣装がシンプルであるほど魅力が引き立つ為、タキシードとスーツ以外は、ほとんどグレーのスーツに白いシャツだけでコーディネートしました。

ブラッド·ピットの場合、シンプルでありながらジョージ·クルーニーと対比されるよう、少しカラフルでなければならないという彼の主張に従って、カラーに若干のポイントを与えたそうです。本当に相性がよく合います。

一方、マット·デイモンの衣装はキャラクターの変化を最もよく伝えていましたね。マット·デイモンが演じるライナス役がはるかに成熟した事を見せる為に、主にスーツを着ていました。特に変装した姿では、毛沢東の衣装からヒントを得て似たような衣装を準備していました。

セット場に完璧に似合う姿を備えているので、注目したい所です。

 

オーシャンズ13 まとめ

カジノを台無しにするというコンセプトそのものが新鮮でしたし、オーシャンズ最後のシリーズだと思ったのか、最後まで痛快に勝つ姿を見せてくれます。

オーシャンズシリーズの長所を挙げると、観客も彼らのように盗みを働いているようなスリルと細かいユーモア、そしてメンバー間の友情と義理が目立つという点ですね。

寝込んだルーベンの復讐劇は、オーシャンズグループ本人の全財産を打ち明け、作業義理の前で損得も何も後先考えない彼らに、カジノの華やかな見どころと、オーシャンズチームがバンクにとって、涼しく一発食らわす時は痛快でさえあります。

この他にも、オーシャンズシリーズは俳優達のキャスティングが、幻想的な映画ともよく知られています。

今回は悪役でアル·パチーノ、”オーシャンズ12”では、ヴァンサン·カッセルやブルース·ウィリスまで(彼はカメオとして登場)今はなかなか見られない組み合わせです。

思ったより俳優達が多くの出演料をもらっていないそうですが、ジョージ·クルーニーとブラッド·ピットを筆頭に、ラスベガスで一緒に集まって遊んだつもりで撮ろうと言ったそれ以上ですね。

一つの映画の中で会う事が信じられない程、豪華な出演陣を誇るが、いざ彼らが繰り広げる事は、何か歴史的にも社会的にも重要な事というよりはカジノを始めるという、このようにそうそうたる俳優たちが集まってする事というには、やや消耗的な事でした。

しかし、このように多くの俳優が集まったからといって、必ず何か重大な事をしなければならないという法でもあるだろうか。それぞれ主人公にキャスティングされても、重みのある俳優達が一堂に会してユーモラスな冗談と膝を突き刺すトリックで、それなりに重要な任務を果たしていく過程は、気分転換には確実な効果をもたらした事は確かでした。

第1弾はこのような役割を忠実に果たし、第2弾はスター達の効果がより強くなり、映画の制作がよりハードになったのは事実だったが、今回出た第3弾“オーシャンズ13“はそうではなかった。犯罪映画でよく周りの人が主人公を<最後に大きく一発やろう>とそそのかすように、この映画もとても綺麗で洗練されているが熱い最後の一発を準備しました。

クールな考え方と親切な規則、洗練されたマナーを兼ね備えた詐欺師と泥棒が繰り広げる行為は、全く暗くもなくクールなユーモラスに展開され、洗練されていて負担のない娯楽映画の模範を示しています。

この映画がカジノと詐欺、復讐劇のような刺激的でありながらも、飽きた素材を使っていながらも拒否感を感じるどころか、むしろ美味しそうに受け付けられる理由は、このような重大な任務の中でも相変らず生きている余裕のおかげでしょう。

本当に真顔で凄い任務を始めるかのように見えても、あちこちでメンバー達が爆発させる予想出来なかった難関は状況をさらに複雑にさせながらも、深刻に感じられるよりは冷徹な作戦の中でどうしようもない人間味が感じられて、自然に笑いを噴き出させる点も高評価したいと思います。

オーシャン一味のかっこいい作戦遂行の裏に隠された他の人々の困った状況が後日談のように展開され、笑えない状況を演出したりもしました。このような余裕の中でも、オーシャン一味が繰り広げる華やかな頭脳プレーは依然としてさびつかず、観客に豊かな楽しさを抱かせます。

“オーシャンズ13”は11のように戻って来て、感覚的な映像美とリズム感のある編集、そして何より俳優達の演技力が引き立つ最後のオーシャンズシリーズでした。

緊張感溢れる作戦の中でもユーモアは豊かで、ストーリーの展開は最後まで集中力があります。

典型的な善悪構造の中で、何か決まりきった場面が出てきそうな結末さえ愉快な反転と予想外の笑いで観客を最後まで気持ちよく騙します。

しかも復讐劇とは信じられない程、すっきりとしたマナーと人間味まで出ています。

復讐は復讐を生むものだというが、このように気分爽快で親切で望ましい復讐劇もあるとは、改めて楽しくなります。

“オーシャンズ13”はそれ以上でも以下でもなく、2時間というちょうどいいランニングタイムの中で、いかなる物量攻勢も怖くない、これまで出たハリウッド続編期待作の中で、最も淡泊で洗練された面白さを与える映画です。

 

※オーシャンズ13はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば見ることができますよ!

詳しくは

↓↓↓

見逃し配信バナー

 

”上記の情報は2021年2月3日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました