相棒season21(2022〜2023)最終話までのロケ地 あらすじ見どころまとめ

ドラマ

相棒シーズン21がスタート!

右京さんのドラマ、謎解きがスカッとするからいいよね。

10月12日(水)より相棒season 21がスタート

相棒シリーズ第21弾

杉下右京(水谷豊)

の相棒、亀山薫は寺脇康文さんが務めます。

シーズン7で警視庁を退職しサルウィンに永住していた亀山が親善大使として帰国したことをきっかけに、相棒として復活します。

初代相棒が復活したということで今回の相棒が最後の放送になるのではと、ファンの心配の声が上がっていますね。

2022年の秋と2023年の冬にかけて2クールの放送となっているのも嬉しいですね。

初回の視聴率は他の放送を押し除け、圧倒的視聴率17.3%を叩き出しました。

みている世代が異なるのも視聴率の違いに現れるのかもしれませんね。

 

ファンからも期待も大きい初代相棒とのストリーを最後まで一緒に駆け抜けたいですね。

  1. 相棒season21(2022〜2023)最終話までのロケ地 あらすじ見どころまとめ
    1. 第1話のロケ地 あらすじ見どころ
      1. 片山右京と亀山薫が再会したホテルは
      2. 亀山がメールを受け取った場所は
    2. 第2話のロケ地 あらすじ見どころ
      1. サルウィンはどこ?
      2. 亀山が伊丹に土下座を強要された場所
    3. 第3話のロケ地 あらすじ見どころ
      1. 警視庁池袋中央警察署
      2. 亀山が塩見にグチっていた居酒屋
      3. 羽柴を監視していた場所
    4. 第4話のロケ地 あらすじ見どころ
      1. 最後の晩餐に選んだカレー屋はどこ
    5. 第5話のロケ地 あらすじ見どころ
      1. 城南大学はどこ
    6. 第6話のロケ地あらすじ見どころ
      1. 和田紗矢のお店はどこ
    7. 第7話のロケ地 あらすじ見どころ
      1. 20年前の事件を模した事件が発生した場所は
    8. 第8話のロケ地 あらすじ見どころ
      1. 資産家の自宅はどこ
    9. 第9話のロケ地 あらすじ見どころ
      1. 杉下がsashimiを待っていたのはどこ
      2. 3人が話していたカフェはどこ
    10. 第10話のロケ地 あらすじ見どころ
      1. 国枝が転げ落ちた階段はどこ
      2. レザーショップはどこ
      3. ダイアと再会した場所はどこ
      4. 美月(ダイア)ちゃんといった遊園地はどこ
    11. 相棒元日スペシャル 2023 11話ロケ地 あらすじ見どころ
      1. 袴田邸はどこ
      2. 聞き込みをしていた場所はどこ
    12. 第12話ロケ地 あらすじ見どころ
      1. 亀山がホットドックを買ったお店はどこ
      2. 亀山夫妻が喧嘩していてレストランはどこ
    13. 第13話ロケ地あらすじ見どころ
      1. 亀山が犯人に逃げられた場所
      2. 牧村遼太郎のデッサンした椿が咲いていたお寺
      3. 椿二輪を盗んだ犯人を連行した場所
    14. 第14話ロケ地あらすじ見どころ
      1. 美和子が少し早いけどと掲示板を見た場所
      2. 柳沼勝治が通り魔殺人を行った場所
      3. 佐竹が柳沼のことをなんとも思っていないと言っていた場所
    15. 第15話ロケ地あらすじ見どころ
      1. 亀山がドッキリ
      2. フードバンクについて語っていたレストラン
    16. 第16話ロケ地あらすじ見どころ
  2. まとめ

相棒season21(2022〜2023)最終話までのロケ地 あらすじ見どころまとめ

スポンサーリンク

 

第1話のロケ地 あらすじ見どころ

南アジアのサルウィンで腐敗政府を倒した、アイシャ(サヘル・ローズ)という反政府運動のリーダーが親善目的で来日する。なぜかパーティーに招待された右京(水谷豊)が、興味本位で会場に向かうと、そこにはサルウィンに渡っていた元相棒・亀山薫(寺脇康文)の姿があった。パーティーには、鑓鞍兵衛(柄本明)片山雛子(木村佳乃)といった政治家や、外務省幹部の厩谷(勝村政信)など要人が招かれていた。厩谷は外交通で、アイシャをサポートするミウ(宮澤エマ)らサルウィン側との関係も良好な人物。会場はお祝いムード一色だったが、そんな中、薫のスマホに不穏なメッセージが届く。それは、『アイシャを殺さなければ、旅客機を墜落させる』という脅迫文だった。該当の便には、薫の妻・美和子(鈴木砂羽)が搭乗していた。到着までのリミットは4時間。右京と薫は、手分けして脅迫者を追跡するが、その矢先、会場の一角で、思いも寄らない事件が起こる。

ターゲットは腐敗政治を正した女性活動家
刻一刻と旅客機テロのタイムリミットが迫る!
守るべきは彼女か、それとも乗客の命か…!?
究極の選択を前に、右京と薫が動き出す!!

ゲスト:勝村政信 宮澤エマ サヘル・ローズ 木村佳乃 柄本明
https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0001/より

片山右京と亀山薫が再会したホテルは

ホテルスプリングス幕張です

豪華なホテルでいいところですね。

 

ディズニーランドにも近くて、旅行支援対象ホテルなので、泊まってみたいですね。

口コミも高評価で人気なので早めに予約したいですね。

 

〒261-0021 千葉県千葉市美浜区ひび野1丁目11

 

右京さんの推理には毎回驚かされます。

何者かからの脅迫メールで国賓のアイシャの殺害を実行しないと飛行機を爆破させるという内容が届きます。

そこには亀山の妻も搭乗しています。

 

亀山がメールを受け取った場所は

ロイヤルチェスター太田です。

結婚式やパーティーイベントなどで利用が可能です。

〒373-0817 群馬県太田市飯塚町2056

 

素敵な中庭ですね。 

 

 

 

 

 

迎賓楼でアイシャが自殺を選んだのは、だれの誘導だったのか。

 

これまでの相棒シリーズでも何度となく登場している川村学園もロケに使われています。

 

第2話に続きます。

 

第2話のロケ地 あらすじ見どころ

テロ予告のあった旅客機は無事だったものの、サルウィン反政府運動のリーダー的存在だったアイシャ (サヘル・ローズ)が命を落とし、責任を問われた右京(水谷豊)は、謹慎を申し渡される。いっぽう、捜査一課では、脅迫されていた人間は、薫(寺脇康文)のほか、アイシャの親友ミウ (宮澤エマ)とその弟、外務省幹部の厩谷 (勝村政信)、サルウィンで人道支援を行っているNGOの幹部・尾栗江威子(菊池麻衣子)ら計6人いたという情報を把握。しかし、脅迫犯に関しては目星さえつけられていなかった。そんな中、アイシャの死に責任を感じていた薫は、“親善使節団のメンバー”という立場を利用して厩谷のもとに押し掛け、右京の捜査復帰を官邸に働き掛けてほしいと直談判する。ところが、そこに当の右京が現れ、「くだらないまねは慎んでください」と薫を一喝。2人は再会も束の間、早くもぶつかり合う。そして、また一人、新たな犠牲者が―――

姿なき脅迫者と第二の殺人…!?
腐敗から国を救った英雄の死との関連は?
右京と薫が、衝突しながら国家の闇に迫る!

ゲスト:勝村政信 宮澤エマ サヘル・ローズ 菊池麻衣子 木村佳乃 柄本明
https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0002/より

クリスがアイシャ殺害を買って出たこれからという時、すでにアイシャは自殺していました。

そのクリスは何者かに殺されてしまいます。

 

アイシャの事件の責任で禁足を命じられた右京でしたが、サルウィンにまで捜査を手を伸ばします。しかも亀山の妻のガイド付きで。

 

サルウィンはどこ?

サルウィンは相棒で設定されている架空の国

ミャンマーとバングラディシュの間にあるとされています。

アジア風の建物ですが、実際は日本で撮影されています。

亀山の肖像画が掲げられていた小学校は埼玉県の笠原小学校でした。

〒345-0801 埼玉県南埼玉郡宮代町百間1105

 

亀山が伊丹に土下座を強要された場所

土下座をしようとした場所は国会前庭です

刑事部長の内村に直訴するよう勧められ、直訴した結果、すんなり殺人未遂事件として捜査が始まります。

前段階で未遂事件として外務省幹部の厩谷 (勝村政信)とアイシャの親子関係までも検査していたとは、さすがです。

第3話のロケ地 あらすじ見どころ

池袋で輸入雑貨店の店長が殺害され、犯人が逃亡する事件が発生。現場近くで発見された血ぬれのフライトジャケットや目撃者の証言などから、薫(寺脇康文)が容疑者として浮上する。その後、被害者は覚醒剤の売人だったことが判明。さらに、薫は角田(山西惇)に事件絡みの前科者のリストアップを頼んでいて、その中に今回の被害者がいたことも分かる。美和子(鈴木砂羽)によると、薫は最近、運転免許試験場に異動させられていた当時に世話になった塩見(長谷川公彦)という人物について調べていたという。ただ、塩見は池袋中央署で会計課長の職にあった4年前、事故死していた。薫が逃亡を続ける中、右京(水谷豊)は独自の捜査を開始。いっぽう、池袋中央署の羽柴(波岡一喜)という刑事が、伊丹(川原和久)が薫の逃亡を助けているのではないかと上層部に進言し、伊丹は捜査から外されてしまう。そんな中、右京は塩見が死亡した当時、押収物が、署内から消える事件があったという情報をつかむ。

殺人容疑が掛かった薫はなぜ逃げているのか?
無実を信じて右京と伊丹が即席タッグ!?
事件解明の先に待つ残酷な真実とは…

ゲスト:波岡一喜 長谷川公彦
https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0003/より

警視庁池袋中央警察署

現場から凶器と亀山のフライトジャケットが発見され、宅配の女性が被害者と血のついたナイフを持った亀山を見たことで、亀山に容疑がかかってしまう。

捜査本部が立ち上がったのは埼玉県の三芳町役場

特徴的な外観が警視庁池袋中央警察署として使われました。

杉下に電話をかけた亀山はこうするのが一番なんですと、電話を切ってしまいます。

 

 

亀山が塩見にグチっていた居酒屋

亀山が警察を辞めようと考えていたところ、愚痴なら聞いてやると、塩見を励ましていたのはかどや飲食店です

特徴的な内観で、「競争の番人」や「やんごとなき一族」などでも使われていた食堂ですね。

かどや飲食店

〒123-0841 東京都足立区西新井1丁目7−12

4年前に事故で死亡したという塩見でしたが、亀山は何かつかんでいたのかもしれませんね。

 

羽柴を監視していた場所

亀山が羽柴を監視していたのは池袋大橋です。

羽柴があっていたのは覚醒剤の売人の元締めをしている冨樫でした。

 

塩見が転落死したことを不審に思った息子が亀山に話をしていたことで、

転落する一部始終を見ていた羽柴に事情聴取していたこともわかりました。

 

 

第4話のロケ地 あらすじ見どころ

右京(水谷豊)薫(寺脇康文)は、乗り込んだタクシーで血液の付着したマフラーを発見。運転手から直前の乗客の情報を聞き出すと、問題の男が帰宅前、唐突にロープを買っていたことが分かる。不穏な空気を察して追跡すると、男は両親の遺産を食いつぶして暮らす堂島(矢柴俊博)という独身の遊び人と判明。薫は、堂島の周辺で何か事件が起きていないか、伊丹(川原和久)に尋ねるが、捜査一課は先月発生した強盗殺人で、それどころではないとあしらわれる。右京は、堂島が何らかの事件を起こし、死を覚悟しているならば、警察を名乗るのは危険と考え、身分を隠して接触。行動を共にし始める。いっぽう薫は、右京の指示に従い聞き込みへ。すると、堂島が最近、若い女性と新生活を始める準備をしていたという情報が。被害者は、その女性…!? 右京と薫は、別行動を取りながら“何が起きているのか”を探っていくが、その過程できな臭い話が次々に浮かんでくる。

怪しい男をマークする右京と別行動の薫
真相解明の鍵はカレーとチャップリン!?
どんでん返しの先に衝撃の結末が!

ゲスト:矢柴俊博
https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0004/より

最後の晩餐に選んだカレー屋はどこ

血のついたマフラーをタクシーに忘れ、たまたまその後に乗ったのが右京さん達という、運の悪い男、堂島。

偶然を装い、堂島のいるバーに行き、接触を試みる右京さん。

自然と映画の話題に触れるあたり、さすがというところ。

 

堂島は自殺を図ろうとしましたが、最後にここのカレーを食べたくなり、足を運んだのでした。

最後の晩餐に選んだカレーが食べられるバーは、

チャップリンの映画「街の灯」を店名にした「City Lights」と名付けられたバーでした。

映画の名前をお店に使うなんて、素敵なバーですね。

 

ノースゲート

〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町4丁目14−1

 

この投稿をInstagramで見る

 

栗林祐介(@kuribayasi1968)がシェアした投稿

最後の晩餐で出てきたカレーは美味しそうでしたね。

美和子さんのカレーは青いカレーでした。

青いカレーといえば、北海道でしか食べられない流氷カレーが有名ですね。

ネットでも購入が可能です。

第5話のロケ地 あらすじ見どころ

大学構内に爆発物を仕掛けた男が、警察を挑発する動画を送りつけてきた。男は顔を隠そうとしないどころか、自ら素性を明かすような行動を取ったため、犯人は問題の大学に籍を置く平山翔太(山本涼介)という学生であることが判明する。右京(水谷豊)薫(寺脇康文)は、同大学で先月、女子学生が実験中に死亡する事故があったことを知り、爆弾事件との関連を捜査。実験計画書には、平山の名前があり、本人の供述も不自然だったため、殺人の可能性も疑われていた。そんな中、平山が共同研究者である准教授の三沢(山崎潤)を監禁していることが発覚。さらに平山は、大胆にも自ら警察と接触し、女子学生死亡事故の再調査を要求してくる。

警察を挑発し、暴走を続ける爆弾犯
女子学生の死亡事故に犯行の動機が!?
天才の仕掛けた危険な罠に特命係が挑む!

ゲスト:山本涼介 山崎潤
https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0005/より

城南大学はどこ

城南大学で爆破テロ

顔を晒した犯人からは、次は人が死ぬと警視庁に予告動画が送られてきます。

犯人は問題の大学に籍を置く平山翔太(山本涼介)という学生

さらに爆弾を仕掛け、共同研究者である准教授の三沢(山崎潤)を監禁。

 

きっかけは森原真希の実験中の爆発でした。

 

事故として片付けられていましたが、崩れた天井の下敷きになっていた真希は平山に救出された後、クラッシュシンドロームでなくなっていました。

爆発には不審な点があることに気づいた平山は爆破予告を計画し、真相を明らかにしようとします。

事件の真相を握るのは真希と不倫関係にあると噂された三沢でした。

 

城南大学は千葉工業大学でした

〒275-0023 千葉県習志野市芝園2丁目1−1

第6話のロケ地あらすじ見どころ

右京(水谷豊)薫(寺脇康文)は、泥酔して路上で寝込んだ男性から財布を盗んだ中年男(有薗芳記)を逮捕。男は、のらりくらりと素性を隠すが、所持品から思わぬ物が。それは1か月ほど前、河川敷で他殺体となって見つかった、伊藤(阿南健治)という男性の財布だった。捜査を担当していた県警によると、遺体の身元が分からず、捜査が行き詰まっていたという。右京はそこで気になる情報を耳にする。死因は、頭部殴打による脳挫傷だったのだが、伊藤の遺体はニヤッと笑っているように見えたという。好奇心を刺激された右京は、薫と越境捜査を開始。すると、詐欺まがいの寝具会社に勤めていた伊藤が、夫婦漫才でステージに立つ元お笑い芸人だったと判明。しかし、伊藤は、愛想笑いのひとつもできない気難しい男で、17年前まで相方だった紗矢(池谷のぶえ)と決別。ますます興味がわいた右京だったが、“縄張り”を荒らされた県警からストップが掛かる。

笑えない男は、なぜ笑いながら死んだのか?
越境捜査で本庁と県警が対立する中、
関係者たちの意外な過去が明らかになる!

ゲスト:阿南健治 池谷のぶえ 有薗芳記 おぼん・こぼん
https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0006/より

和田紗矢のお店はどこ

殺された笑うセールスマン伊藤真琴の相方、和田紗矢のお店

東京都北区赤羽一丁目

 

 

第7話のロケ地 あらすじ見どころ

ある日、特命係に警視庁職員の健康を管理している保健師・吉崎弘美(桜木梨奈)が乗り込んでくる。面談を先延ばしにしている右京(水谷豊)と、そもそも診断を受けていない薫(寺脇康文)に釘を刺しに来たのだ。そんな折、特命係に、『20年前の連続通り魔事件の犯人が動き出す』と書かれた告発文が届く。20年前といえば、若い女性を狙った強盗事件が7件連続で発生した時期。7人目の被害者である15歳の少女が亡くなり、メディアでも大きく取り上げられた事件だった。当時、伊丹(川原和久)も捜査本部にいたが、犯人を特定できず、迷宮入りしてしまったという。それから20年たった今、傷害致死の時効が迫っていた。右京と薫は、手掛かりを求めて、亡くなった少女の母を訪れるが、「そっとしておいて」と追い返されてしまう。そんな中、夜道で女性が襲われる通り魔事件が発生。伊丹たちも捜査に乗り出すが…!?

迷宮入り寸前の事件に新たな動き!?
現在と過去、絡み合う事件の記憶
特命係が卑劣な通り魔を追い詰める!

ゲスト:桜木梨奈
https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0007/より

20年前の事件を模した事件が発生した場所は

対象者が異なることに違和感を感じた杉下たち

事件を風化させないように仕組まれたのか

庚申坂

〒112-0006 東京都文京区小日向4丁目1

 

 

第8話のロケ地 あらすじ見どころ

伊丹(川原和久)が、夫も子もある女性に横恋慕。大河内(神保悟志)の聴取を受けていた。発端は二日前に起きた殺人事件。投資会社勤務の大久保という男性が自宅で殺害され、『え』『つ』と読める血文字が発見された。容疑者として浮上したのが、篠塚というチンピラ。2年前、ひったくりで逃走中の篠塚を、取り押さえたのが大久保だった。捜査一課は、お礼参りの線で篠塚の行方を追跡するが、その矢先、伊丹が思わぬ行動に出る。篠塚の立ち寄り先として目星を付けていたアパートに、女性が子供と帰宅したところ、強引に室内に押し入ったのだ。女性は、篠塚の妻・由香子(霧島れいか)。彼女は弁当店に勤め、伊丹は店の常連だった。交際相手の女性に夫がいて、しかもそれが被疑者と知って頭に血が上ったのでは…!? そう勘繰る声もあったが、伊丹は完全黙秘。そんな中、右京(水谷豊)薫(寺脇康文)が捜査に乗り出すと、『え』『つ』に当てはまる怪しげな人物が次々に浮上し…!?

伊丹はなぜ容疑者妻の家に押し入ったのか…
ダイイングメッセージの隠された意味とは!?
恋に揺れる男の窮地に特命係が立ち上がる!

ゲスト:霧島れいか
https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0008/より

資産家の自宅はどこ

殺された大久保雅也が残した「えつ」の文字

容疑者として浮上したのは篠塚悦雄

伊丹が好意を寄せていたお弁当屋の夫でした。

資産家の小遣い稼ぎに物件を紹介していた大久保ですが、資産家に近づいたのも篠塚悦雄とグルになっていたのでした。

 

大した額じゃございませんのよと指2本を立てたご婦人

亀山が200万と驚いていましたが、

杉下から、200万じゃなく2億円が相場という事実にさらにおどろいていた亀山でした

 

資産家の自宅は元彼の遺言状でも使われていたK’S STUDIO Asumigaokaでした

 

 

第9話のロケ地 あらすじ見どころ

白いコートの女“丑三つのキョウコ”に出会ったら最後、心臓をえぐり取られて殺される…。という噂がSNSで流布され、動画まで拡散していた。都市伝説に興味津々の右京(水谷豊)に対し、薫(寺脇康文)は否定的。そんな中、フリースクールの入口で、胸を刺された男性の遺体が発見される。殺害されたのは、同校の代表を務める男性。死亡推定時刻に、現場の近くを白い服の女が徘徊する姿が撮影されており、「現実にキョウコが出現!」とネットが沸騰する。いっぽう、撮影された“キョウコ”は偽物だと主張する人物も現れた。右京が話を聞くと、問題の男は、現場から離れた場所で、血だらけの女を目撃したという。同じ頃、現場付近で聞き込みをしていた薫は、殺害された代表が、問題を抱える子を強引に自宅から連れ出し、親から金を取ったら放り出すという、悪質な商売をしていたという情報を掴んでいた。右京は、その悪徳スクールの被害者の中に、“キョウコ”を思わせる黒髪女性がいることに気づく。自宅を訪ねると、青山加奈(江田友莉亜)というその女性は、両親を亡くした今も家から出ないままで、生活の世話は足立(廣川三憲)という高校時代の担任がしていると分かる。右京と薫は、話を聞こうと呼び掛けるが、加奈は姿さえ見せようとしなかった。

殺人犯は実在する“丑三つのキョウコ”!?
恐ろしい都市伝説の裏に隠された真実とは?

ゲスト:江田友莉亜 廣川三憲
https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0009/より

杉下がsashimiを待っていたのはどこ

丑三のキョウコが殺した?

ウォーキング大好きマンが撮影したとされる丑三のキョウコの動画が撮影された場所は殺人事件があった場所と時刻がぴったり。

 

フリースクールを経営していた河上が丑三のキョウコに殺された?

 

都市伝説が実在するのか、今回の相棒もミステリーでしたね。

 

丑三のキョウコに詳しいsashimiにダイレクトメッセージを送り会うことになった杉下は、同じくダイレクトメッセージを送ったという社会心理学者の大村とsashimiを待つことに。

杉下が大村と一緒にsashimiを待っていたのは赤塚公園でした

なんでも知ってる杉下さん

sashimiに盗撮されトレンド入りしてました。

丑三のキョウコを別の場所で撮影していたsashimiは

杉下の「一つよろしいでしょうか?」を動画にアップしトレンド入り!

3人が話していたカフェはどこ

3人が入っていたカフェはANEA CAFE 松見坂

行列のできる人気のカフェでした

〒153-0041 東京都目黒区駒場1丁目16−7 エマーレ駒場 1F

食べログ 評価も高評価

 

第10話のロケ地 あらすじ見どころ

右京(水谷豊)薫(寺脇康文)は、角田(山西惇)に頼まれ、宝石窃盗グループの一斉逮捕に参加。取り逃がした犯人を、しらみ潰しに捕まえる継続捜査にも協力する。そんな中、容疑者の一人が、黒いコートを着た女(橋本マナミ)に追い掛けられ、歩道橋から転落死する事件が発生。その直後、右京と薫は、転落死した男のアパートで黒いコートの女に遭遇するが、事情を聞く前に姿を消してしまう。目撃者の証言によると、女は“ダイヤ”を探していたというが…!? 窃盗グループと何らかの接点があると見た2人は、周辺を捜査。すると、転落死した男が最近、誰かを強請ろうとしていたことが分かる。男の発信履歴から都内の輸入雑貨店を訪れると、店主は激しく動揺。その様子から、恐喝の被害者ではないかとあたりをつける。そうこうするうち、転落死した男の部屋から、6年前に起きた殺人事件の重要な証拠が発見される。

“お宝”を追う謎の美女の正体は!?
窃盗犯と過去の殺人に意外な接点が…
絡み合った思いが特命係を翻弄する!

ゲスト:橋本マナミ
https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0010/より

国枝が転げ落ちた階段はどこ

黒いコートの女(橋本マナミ)に「ダイヤはどこ?」と迫られ逃げ出した、国枝祐介。追いかけられ、転げた歩道橋

階段から転げ落ちたはずみで、国枝祐介は死亡してしまいました。

 

レザーショップはどこ

国枝が頻繁に電話していたレザーショップ「風巧堂」

強請られていたのかもしれませんね。

黒いコートの女、菅野茉奈美が訪れますが、国枝の名前を出した途端、お役に立てそうにないと突き放されてしまいます。

 

ダイアと再会した場所はどこ

菅野茉奈美が女の子とぶつかったのは日本丸メモリアルパークでした。

女の子は安西美月

レザーショップの娘でした。

6年前、国枝たちに娘を誘拐され死んだと聞かされてた茉奈美でした。

再会を夢見てずっと探していた我が子(ダイヤ)

 

美月が自分の娘だと気づいた茉奈美は、連れ去ってしまいました。

 

美月(ダイア)ちゃんといった遊園地はどこ

茉奈美が美月ちゃんと一緒に行った遊園地は八景島シーパラダイスでした。

6年前国枝たちに、誘拐されなければ、こんな悲しい人生を送ることはなかったのでしょう。

 

相棒元日スペシャル 2023 11話ロケ地 あらすじ見どころ

全国の美術館で窃盗が相次ぎ、広域重要指定になっていた事件が、窃盗団を一網打尽にしたことで解決された。しかし、解決に貢献したのが“捜査権のない民間の探偵社”ということで、警察上層部は怒り心頭。お灸を据える意味で、『熟年探偵団』を名乗る三人組を、建造物侵入の容疑で逮捕する。執行猶予付判決を受けたのは、大門寺(斉木しげる)串田(佐藤B作)野崎(井上肇)の熟年トリオ。ただ、趣味で探偵をし、いくつかの事件を解決に導いてきたという彼らに悪びれる様子はなかった。

そんな中、元与党政調会長で、政界に多大な影響力を持つ大物衆議院議員・袴田茂昭(片岡孝太郎)の屋敷に、『邸内の金塊を盗む』という不穏な予告状が届く。袴田といえば一年前、右京(水谷豊)に殺人教唆の罪を暴かれそうになるも、当時の秘書に罪をなすりつけることで逮捕起訴を免れた、曰く付きの人物。警察に介入されたくない袴田は、後継者として修行をさせている息子・茂斗(森崎ウィン)を通じて、『熟年探偵団』に捜査を依頼する。袴田としては、家格を重んじ、茂斗の将来に並々ならぬ執着を見せる妻・虹子(いしのようこ)の手前、トラブルを大きくしたくないという裏事情があった。

いっぽう、『熟年探偵団』に興味を持った右京と薫(寺脇康文)は、探偵事務所を訪問。するとそこには、茂斗の姿が。双方をマークすることにした右京と薫は、依頼を受けて袴田家を訪れていた探偵団に乗じて、邸内に入り込む。右京と因縁のある袴田は、姿を見るなり追い払おうとするが、探偵団と同行していた寧々(茅島みずき)という若い女性の機転で同席を許される。実は彼女こそが、探偵団のブレーンで、鋭い推理力と観察眼を持つ才媛だった。行き掛かり上、特命係と寧々率いる探偵団は、金塊盗難予告の捜査で競うことになる。

予告状を送りつけてきた犯人の狙いは?
右京と美少女探偵が火花を散らす中、
事件は過去の因果と権力者の思惑をはらみ
思ってもみない方向に転がっていく!

ゲスト:森崎ウィン 茅島みずき 佐藤B作 斉木しげる 井上肇 いしのようこ 片岡孝太郎
https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0011/より

袴田邸はどこ

袴田家に眠る金塊を頂戴するという予告が地獄の軽業士から届き、熟年探偵団が動くことに

 

東京都文京区小石川2丁目17−30

聞き込みをしていた場所はどこ

袴田家に仕えていた方に聞き込みをする右京たち熟年探偵団

20億の金塊をかけがえのないと表現していた袴田虹子

財産的価値以外の何かが隠されているのか、気になりますね

淑徳中学校・高等学校

金塊のある場所を知っている人はいませんでした。

金塊の眠る場所の特定が今回の目的と考える杉下

 

地獄の軽業士は袴田に頼まれてやったことだと・・・

最後の右京さんのセリフかっこよかったですね。

第12話ロケ地 あらすじ見どころ

ある日の昼下がり、右京(水谷豊)薫(寺脇康文)が車で住宅街に出ていたところ、突然、小学生くらいの男の子に声を掛けられる。その子供は、父親とみられる南野(駒木根隆介)という男性と一緒で、「財布を落として帰れないので、家まで乗せてほしい」という。要望に応えて、マンションまで送るが、右京は2人の様子に違和感を覚える。同じ頃、都内のアパートで住人が刺殺される事件が発生。被害者は、半グレのメンバーで、5年前に押し込み強盗で5千万もの大金を奪った前科が。最近、主犯格の男が刑務所内で急死し、5千万もいまだ見つかっていないことから、今回の刺殺と関連があると思われた。そんな中、アパートの住民から、子連れの男が逃げるのを見たとの証言が。家まで送った親子が、何らかの事情を知っていると踏んだ右京と薫は、再びマンションを訪問。2人の様子に不審を抱き、周辺を調べ始めるが、その矢先、親子は行方をくらましてしまう。

不審な親子が凶悪な事件に関与!?
獄中死した半グレ男とも繋がりが…
絡み合った謎を特命係が解き明かす!

ゲスト:駒木根隆介
https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0012/より

亀山がホットドックを買ったお店はどこ

石窯パン工房コムギノホシ谷原店でした

美味しそうですね

亀山夫妻が喧嘩していてレストランはどこ

相棒でよく使われてるピエトロコルテ15日で閉店だそうです

一度行ってみたかったな

 

第13話ロケ地あらすじ見どころ

右京(水谷豊)は、薫(寺脇康文)とともに“情熱の画家”牧村遼太郎の展覧会を訪問。ナイフを手にした男が、『椿二輪』という油絵を切り裂き、来場者に怪我を負わせる事件に遭遇する。『椿二輪』は、遼太郎が自身と愛人を二輪の花に例えたといわれる遺作で、完成直後に心中を企てた曰く付きの作品だった。心中相手は、大宮アカネ(花澄)という女流画家だったが、彼女だけが一命を取り留めていた。しかし、遼太郎の妻・智子(中山忍)は、自分こそが『椿二輪』のモデルだと主張。心中騒動は、アカネによる殺人だと訴えていた。確かに、心中の様相は不可解で、遼太郎が自分の胸にナイフを突き立てていたのに対し、アカネは神経毒を摂取するというチグハグなものだった。元々、遼太郎の作品に心惹かれていた右京は、真相を探るべく、捜査に乗り出す。

愛憎渦巻く心中騒動は自殺か、殺人か?
解き明かす鍵は切り裂かれた遺作に!?
二輪の椿に託した作者の痛切な思いとは

ゲスト:中山忍 花澄

https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0013/より

亀山が犯人に逃げられた場所

うめの里坂でした

〒175-0094 東京都板橋区成増5丁目1−8

切り裂かれた椿二輪

犯人を自転車で追いかけた亀山でしたが見失ってしまいました。

牧村遼太郎のデッサンした椿が咲いていたお寺

杉下と亀山がみつけた、椿の花がデッサンされた場所は妙安寺でした。

〒179-0071 東京都練馬区旭町3丁目10−11

 

椿二輪を盗んだ犯人を連行した場所

荒川沖の土手でした

椿二輪が贋作だったと見抜いた右京さんさすがですね

愛人との心中は牧村の名前を広めるために仕組んだ芝居だったんですね。

〒335-0037 埼玉県戸田市下笹目

第14話ロケ地あらすじ見どころ

美和子(鈴木砂羽)が取材先の民家で襲われる事件が発生。さらに、現場からホームヘルパーの男性の遺体が発見される。室内を物色した形跡や手口から、窃盗犯の仕業と思われた。美和子は、その家に住む柳沼勝治(忍成修吾)という元受刑者の妻を取材しようとして事件に巻き込まれたらしい。勝治は15年前、通り魔殺人を犯し、長年服役していたが、間もなく出所となった半年前、脳梗塞で倒れ、寝たきりに。世話は、獄中結婚した聖美(陽月華)という女性が担っていた。美和子の取材テーマは、その妻の心境を掘り下げることだった。捜査に乗り出した右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は、勝治と聖美の夫婦から事情を聞く。勝治は、体を動かすことも話すこともできなかったが、瞬きや端末への視線入力で意思疎通は可能だった。すると勝治は、「犯人は私も殺そうとしていた」と証言。聖美によると、勝治の出所後、悪質な嫌がらせが頻発しているという。勝治は、15年前の逮捕当時、遺族の感情を逆なでする言動を取っていたため、いまだ恨みの火が消えていないことも考えられた。

出所した元受刑者の周囲で起きた凶悪事件
獄中結婚した女性にはどんな思いが…!?
関係者たちの闇に特命係が光を当てる!

ゲスト:忍成修吾 陽月華

https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0014/より

 

美和子が少し早いけどと掲示板を見た場所

柳沼勝治(忍成修吾)という元受刑者の妻を取材しようとして歩いていた美和子

まさか、事件に巻き込まれるとは思ってもみませんでしたね。

練馬駅北口ペデストリアンデッキ

〒176-0001 東京都練馬区練馬1丁目17

柳沼勝治が通り魔殺人を行った場所

15年前3度目の大学受験に失敗

死刑になりたくて犯行に及んだ

半年前に出所したが脳卒中で寝たきりでした。

川口西公園(リリアパーク)

〒332-0015 埼玉県川口市川口3丁目1

佐竹が柳沼のことをなんとも思っていないと言っていた場所

柳沼に母を殺された佐竹

杉下と亀山に柳沼のことはなんとも思っていないと供述していました。

母親が殺された場所を目撃したのにそんなわけないと思いますよね。

親水広場

〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目3

 

第15話ロケ地あらすじ見どころ

薫(寺脇康文)は、海外渡航前から顔馴染みだったゲイバーのママ・ヒロコ(深沢敦)と再会。ところが、その矢先、公園で男性の遺体を発見する。男性は鬼塚という著名なルポライターで、妻はノエル美智子(大島さと子)というペンネームで少女向け小説を手掛ける人気作家だった。鬼塚の手には、なぜか美智子のデビュー作が握られており、何らかのダイイングメッセージとも思われた。事件に興味を持った右京(水谷豊)が、美智子から事情を聞くと、鬼塚が死亡した晩、彼女も同じ公園で炊き出しのボランティアをしていたことが判明。鬼塚は、そこに集まった生活困窮者を取材中、何らかのトラブルに巻き込まれたのか? そんな中、ヒロコが聞き捨てならない情報をもたらす。困窮者を食い物にしていた半グレ集団が、鬼塚を脅していたというのだ。

有名記者の死は、事故か、殺人か…!?
遺体はなぜ妻の小説を手にしていたのか?
現代社会の深き闇に特命係が切り込む!

ゲスト:大島さと子 深沢敦

https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0015/より

亀山がドッキリ

ゲイバーのママ・ヒロコにドッキリを仕掛けられた亀山

右京さんはすでに気づいていました。流石です!

遺体を見つけた公演は柏の葉公園でした

〒277-0882 千葉県柏市柏の葉4丁目1

 

 

フードバンクについて語っていたレストラン

亀山夫妻がフードバンクのことを話していたレストランは12話にも登場した

ピエトロコルテ大泉学園店でした

〒178-0063 東京都練馬区東大泉2丁目34−1 オズ・スタジオシテイ 1F

 

第16話ロケ地あらすじ見どころ

右京が“夫婦”でカウンセリングへ
狙いは山荘に隠された10億の“死を呼ぶ財宝”!?

美和子(鈴木砂羽)薫(寺脇康文)の態度に腹を立て、夫婦喧嘩が勃発。美和子の一方的な提案で、自然豊かな山荘に泊まり掛けで夫婦カウンセリングを受けることに。その件に興味を持った右京(水谷豊)は、「プロフィールだけ貸してほしい」と小手鞠(森口瑤子)に頼み、夫婦を装って参加する。カウンセラーは、橘志織(銀粉蝶)という女性。ただ、美和子の狙いはカウンセリングではなく、実は別の思惑があった。いっぽう、右京の興味も別にあった。志織がカウンセリングに使っている山荘は、40年前、二人組の強盗が奪った10億の財宝を隠したと噂される曰く付きの物件。さらに最近、逃げ続けていた強盗犯の一人が殺害され、その犯人が財宝を探しに山荘に姿を見せるのではないかと推理したのだ。それぞれの思惑の中、志織のカウンセリングが始まるが…!?

40年前に隠された財宝は山荘に眠っている?
鍵を握るのは右京さえ舌を巻くカウンセラー
二転三転の末、明らかになる驚愕の事実とは!?

ゲスト:銀粉蝶
https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0016/より

まとめ

相棒21(2022〜2023)で使われたロケ地について、確定できたものを紹介しています。

近く通った時は、ロケ地めぐりしてみたいですね。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました