元彼の遺言状 第1話 あらすじネタバレ感想 ポトラッチの恐怖

元彼の遺言状第1話面白かったなあ。

4月11日、「元彼の遺言状」第1話が放送されました。

 

この記事では、1話のあらすじ、見どころ、視聴率、ネタバレ感想や

聞き慣れない言葉ポトラッチについて考察しています。

 

本記事のテーマ

元彼の遺言状 第1話 あらすじネタバレ感想 ポトラッチの恐怖

スポンサーリンク

この記事では

・第1話のあらすじ

・第1話の見どころネタバレ感想

・ポトラッチの恐怖

・第1話の視聴率

第1話のあらすじ

剣持麗子(綾瀬はるか)は、大手法律事務所に勤務する敏腕弁護士。企業法務を専門とする麗子は、とにかく勝ちにこだわり、クライアントの利益のためには手段を選ばない剛腕ぶりで多大な利益を上げていた。だが、その強引さが仇となって有力クライアントを失う羽目になった麗子は、所長の津々井君彦からボーナスカットを言い渡されてしまう。

その処遇に憤慨し、事務所を辞めると啖呵を切って飛び出した麗子は“ひとり焼肉”で憂さ晴らしをする。そこで、飲み仲間を求めて片っ端から知り合いにメールを送る麗子。すると、大学時代の元カレ・森川栄治(生田斗真)から返信が……。だがそのメールの中身は、「森川栄治は永眠しました」という訃報だった。驚く麗子のもとに見知らぬ電話番号から着信が入る。「久しぶりだね」。全く面識がないはずの相手・篠田敬太郎(大泉洋)は、そう挨拶すると、栄治のことで相談したいと麗子に告げる。

数日後、麗子は篠田と会うが、顔を見てもなお篠田のことを思い出せない。一方、「変わらないねえ、麗子ちゃんは」となれなれしい態度を取る篠田は、栄治と同じ大学のサークルの先輩で、軽井沢の別荘で病気療養していた栄治に誘われて別荘の管理人をしているらしい。自室で死んでいた栄治を最初に発見したのも篠田だった。篠田は、栄治が遺した奇妙な遺言状のことを麗子に伝えた。そこには「全財産は僕を殺した犯人に相続させる」と記されていたというのだ。すると篠田は、「代理人になって僕を犯人に仕立ててほしい」と麗子に持ちかけ……。

https://www.fujitv.co.jp/motokare/story/story01.htmlより

第1話の見どころネタバレ感想

剣持麗子のキャラクター

敏腕弁護士で名高い剣持でしたが、その傲慢さから、大切なクライアントに契約を打ち切られてしまいます。

ボーナスカットを持ち出す所長の言葉にも臆さず、逆に辞めてやると、大手弁護士事務所をやめてしまいます。

 

自分に自信がないと、なかなかできることじゃないですよね。

こんなことからも、剣持麗子の負けん気の強さが伺えます。

 

やけ食いに入った焼肉店で、飲み友達求むメールを送りますが、返信があったのは元彼の友人からでした。

「森川栄治は永眠しました」という訃報

 

そんな剣持にかかってきた一本の電話により物語が始まります。

 

篠田敬太郎

剣持に電話をしたのが、大学時代のサークル仲間という篠田だった

なれなれしい態度で麗子に接するが、まったく麗子は記憶にないという。。。

 

ドラマのシーンでは、この篠田が亡くなった森川栄治の第1発見者となっている。

スポンサーリンク

 

第1発見者というのは、大抵が犯人。

 

そんな篠田が、栄治の残した遺言「全財産は僕を殺した犯人に相続させる」の権利を得るため、剣持に犯人に仕立て上げて欲しいと名乗りでます。

 

篠田の話によると、病気療養中だった栄治を釣りに誘い、風邪をひかせてしまい、それを拗らせたことにより栄治が死亡したという。

 

これで、栄治を殺したことになれば、儲けを折半するというのだが、その額が桁違いでした。

 

栄治の暗号

学生時代から、暗号を使うのが趣味のようだった栄治

麗子にも暗号を使ってデートに誘っていたので、栄治が残した暗号を解くのは容易でした。

 

しかし、まだ、その暗号の真の意味を解いてはいなかったのかもしれません。

 

ポトラッチの恐怖

 

栄治には瓜二つの兄富治がいました。

 

栄治は富治の白血病を治すための救世主ベビーだったことが明らかになっています。

 

白血病を治すためには骨髄移植が有効な治療方法とされているため、ドナーが見つかれば完治の可能性が高まります。

そのため、骨髄移植が可能な兄弟を生むことで、富治の命を救うために生まれてきたのが栄治でした。

 

ここで、聞き慣れない言葉「ポトラッチ』が出てきました。

ポトラッチとは

北アメリカ太平洋岸のアメリカインディアン社会にみられる儀礼的な贈答競争。

客を招き宴会を開いて財物を消費し、招かれた相手も名誉にかけて別の機会にそれ以上の消費をし、過度の消費によって名誉ある地位を得ようとする

与えられたら、それ以上のものを与えることで、その者を支配する

 

富治は白血病を治すため、栄治から臍帯血による骨髄移植を受けていたのでした。

なので、命をもらったということに繋がるわけなんですね。

 

ところで、実際、そんなことが起こったとしたら、返せないほどの恩を与えられたとしたら、殺してしまおうと思いますか?

 

また、遺言状を残してまで、殺した犯人に全財産を譲りたいと思うのでしょうか。

 

 

そういった点でも、この栄治の死亡自体が、嘘なのでは?と考えられるわけですね。

 

 

栄治ではなく、富治が死んだのでは?

栄治と富治が瓜二つの兄弟という設定自体が、かなり不自然ですよね。

兄弟とはいえ、一卵性双生児のように瓜二つの兄弟が生まれる可能性は非常に少ないです。

 

あえて、瓜二つにしたのは、

栄治が富治を殺したのかもしれないというストーリーを作るためだったのかもしれません。

 

 

 

篠田と麗子が栄治の殺害について、富治を疑い出した時、栄治の車に轢かれかけます。

ギリギリのところで、回避しますが、あの車運転していたのは富治なのでしょうか・・・

 

とすると、やはり、真相を突き止められそうになった富治(栄治)が殺そうとしたのかもしれませんね。

 

崖を転がるシーンは綾瀬はるか主演の天国と地獄を彷彿させるものでした。

 

 

入れ替わらなくてよかったといったコメントも、ネット上で賑わっていましたね。

 

 

第1話の視聴率

初回の視聴率は12.1%でした。

 

 

まとめ

第1話から、見どころ満載のこのドラマ

元彼の遺言状

次回の第2話も見逃せませんね。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました