親愛なる僕へ殺意をこめて 犯人はやはり京花ちゃん その理由がやばかった

ドラマ

畑葉子を殺したのはやっぱり、京花ちゃんでした。

その理由がやばすぎだったね。

親愛なる僕へ殺意をこめて、第5話が放送されました。

畑葉子を殺したのは誰だったのか。。。

犯人を考察していましたが、あながち間違いではありませんでしたが、その理由が怖すぎました。

 

親愛なる僕へ殺意をこめて 犯人はやはり京花ちゃん その理由がやばかった

スポンサーリンク

 

でも、その理由がまじやばすぎでした。

壮絶な虐待を受けていた幼少期の京花ちゃん

 

その暗闇から救ってくれたのはLLでした。

 

京花ちゃんからしたら、地獄から救ってくれた、神なんでしょうが、サイコパスすぎて怖い

 

スポンサーリンク

 

真実を告げた後、エイジくんを殺すと言った京花ちゃん

 

刺されてるやん!

 

あの状況で刺せるのは、エイジしかいませんが、誰か他にいたんでしょうか。

 

都合よく、エイジの人格から”B一”にかわり、誰が刺したのかわからなくなっちゃいました。

 

状況からはエイジなんですがね。

エイジが正当防衛でたまたま京花ちゃんをさしてしまい、人格が”B一”へ

 

しぜんなんですが、エイジが刺したかのように見せている可能性の方が、面白いですよね。

 

登場人物みな怪しいこのドラマ

残すはエンケンさんのみですが、LL事件に深く関わっていそうですよね

 

京花ちゃんをさしてしまったことにもなにか関係あるかもしれませんね。

 

まとめ

話の展開が早すぎて、追いつくのが必死でした。

京花ちゃんの幼少時代が明らかとなり、白菱と親子だったことにも驚きでしたね。

 

次回もめちゃ気になりますね。

注射器を持っていた人物って亀一?

LLめっちゃ優しいやん

 

ひょっとして、LLもはめられてた?

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました