ハマる男に蹴りたい女 原作にキスシーンはある?キャスト一覧 主題歌はキスマイ?

ドラマ

ハマる男に蹴りたい女

原作気になるなあ

1月14日(土)放送 ドラマ「ハマる男に蹴りたい女」

主演はKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さん

原作漫画のストーリーとどう違うのかも見どころかもしれません。

早速詳しく観ていきましょう。

✅本記事のテーマ

ハマる男に蹴りたい女 原作にキスシーンはある?キャスト一覧 主題歌はキスマイ?

スポンサーリンク

 

この記事では

ドラマ「ハマる男に蹴りたい女」 原作にキスシーンはある?

ドラマ「ハマる男に蹴りたい女」最終話までのあらすじ見どころロケ地情報まとめ

ドラマ「ハマる男に蹴りたい女」 のキャスト一覧

ドラマ「ハマる男に蹴りたい女」 の主題歌はキスマイ?

について紹介しています。

 

 

ドラマ「ハマる男に蹴りたい女」 原作にキスシーンはある?

原作漫画「ハマる男に蹴りたい女」

created by Rinker
¥550 (2023/02/06 17:49:15時点 楽天市場調べ-詳細)

原作漫画にはキスシーンがあります。

 

原作にあるのなら、ドラマにもキスシーンがあるかもしれませんが・・・

放送時間帯からも藤ヶ谷太輔さんのキスシーンがみられるかもって期待しちゃいますね。

ドラマのワンシーンを彷彿させるようなポーズも

藤ヶ谷くんのファンなら複雑な気持ちになってしまいそうです。

 

 

最終話までのあらすじ見どころロケ地情報まとめ

第1話

大手飲料メーカー・カヅキビール勤務、商品企画部のエースとして人もうらやむエリート人生を歩んでいる設楽紘一(藤ヶ谷太輔)。31歳にして社長賞を3回獲得するなど出世コースを駆け上がっていた。そのうえ、外資系のバリキャリで家事も完璧な妻・夏美とタワーマンション暮らし…と、公私ともども順風満帆!
そんなある日、その仕事ぶりがアダとなり、突然左遷されることになってしまった紘一。これは事実上のリストラだと気づいた紘一は、自ら退職届を叩きつける。しかし、“夏美ならきっと理解してくれるはず!”と信じて帰宅した彼を待っていたのは、テーブルの上にポツンと残された離婚届だった――。
突然仕事と家庭を一気に失うことになった紘一はぼう然…。父亡き後、商才を発揮して成功者となった母・しま子(大地真央)からの電話にも出ることができず…!? さらに、転職活動を始めたもののうまくいかず、すっかり自信をなくしてしまう。そんな彼を見かねた幼なじみ・佐久間ナオ(西田尚美)は、意味深な表情を浮かべながら“住み込み、食事つき”“時間の融通が利く”“転職活動可能”という仕事を紹介する。
教えられた住所へ向かおうとする紘一だが、まさか、ナオが言っていた仕事って愛人契約!? だとしたらありえない! 踵を返そうとしたその瞬間、猛スピードの自転車が突っ込んできて…!?
衝撃から目覚めた紘一を待ち受けていたのは、自転車を運転していた張本人・西島いつか(関水渚)。いつかを愛人契約の相手だと思い込み、動揺した設楽は思わずとんでもない言葉をぶちまけてしまい…!?
するとそこに現れたナオが、いつか、増田すず(久保田紗友)、そして自分の3人が暮らす女だらけの下宿「銀星荘」の管理人として紘一を雇いたいと宣言。しかし初日からなぜかやたらと突っかかってくるいつかにすっかりタジタジ…。そんな中、いつかに、会社の同僚・香取俊(京本大我)から電話がかかってくる。転勤で大阪にいるはずの香取からの突然の電話にいつかは…!?
あれよあれよという間にスタートした元エリート・設楽の管理人ライフ――。はたして、最低最悪の出会いを果たしてしまったいつか、鋭い観察眼の持ち主・すず、そして自分の黒歴史をすべて知るナオら、個性強めな女性陣との《オトナの一つ屋根の下》生活の行方は…?

https://www.tv-asahi.co.jp/hamaruotoko/story/0001/より

設楽の住んでたタワマン

カヅキビールで単独プレーが仇となり事実上のリストラをされた設楽

こんな会社こっちから願い下げだと退職届を提出

同じ日に妻に離婚届をおいて出ていかれてしまいました。

設楽が住んでいたタワマンの外観はロイヤルパークスタワー南千住でした

銀星荘ってどこ

管理人をすることになった設楽

外観は「茶寮おもだか」でした

〒183-0005 東京都府中市若松町3丁目34−1 茶寮おもだか

 

第2話

 大手飲料メーカー・カヅキビール勤務、商品企画部のエースとして人もうらやむエリート人生を歩んできた設楽紘一(藤ヶ谷太輔)だが、その仕事ぶりがアダとなり、まさかのリストラ! さらに妻とも離婚…と、一度に仕事と家庭を失った…。ひょんなことから幼なじみ・佐久間ナオ(西田尚美)の暮らす女だらけの下宿『銀星荘』の管理人として働くことになった紘一は、今日も今日とて慣れない家事に悪戦苦闘中。料理にいたっては、西島いつか(関水渚)増田すず(久保田紗友)らに「まずい、まずい」と酷評され続ける切ない日々を送っている。一切料理の腕が上がる気配のない紘一に冷ややかな視線を送るいつかは、“これなら失敗が少ないはず”と考えた定番メニュー・カレーを夕食の献立にリクエストする。いつかを見返してやりたい紘一は、意気揚々とスーパーに向かうのだが、これまで億単位のプロジェクトを動かしてきた大企業の元エースが、予算内に納めるために10円刻みの買物に頭を抱える始末で…。
一方、家でのズボラ女子とは真逆、キラキラのバリキャリ女子としてWeb制作会社・コスモインデックスに出社したいつかは、同僚の友部ミチコ(サーヤ)から合コンに誘われる。しかし、あるトラウマから生活のすべてを仕事に捧げる決意をしたいつかは、まったく気が進まずのらりくらり…。すると、そこに大阪勤務を経て本社に戻ってきた香取俊(京本大我)が現れる。2年ぶりに再会した香取をいい男に成長した“超優良物件”と見込んだミチコは、2人をくっつけようとニヤリ。仕事が終わったら食事会をしようと提案する。しかし自分は合コンに行くと言うミチコの強引な采配で、いつかは香取と2人きりで食事することになり…!?
そんなこととはつゆ知らず…夕食の準備も万端、みんなの帰りを待ちわびる紘一だが、誰ひとり帰ってこないうえに、連絡もない。紘一のイライラがマックスに達した…そのとき! 玄関の扉が開き、放心状態のいつかが入ってくる。紘一は、いつになくボーッとした表情のいつかに説教し始めるのだが…?

https://www.tv-asahi.co.jp/hamaruotoko/story/0002/より

すずに西島から告白されたところを見たと言われたところ

西島が好きだ

香取から告白されたいつき

告白した場所は、播磨坂でした。

 

翌朝すずが、いつきに、生身の人間が告白したところを初めて目撃しましたと言った場所も播磨坂でした

香取がいつかに告白した瞬間を目撃し、気になって聞いてしまったすずでしたが、立ち入ってすみませんと走り去ってしまいました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

第3話

一度に仕事と家庭を失い、下宿「銀星荘」の管理人となった大手飲料メーカー「カヅキビール」の元エリート社員・設楽紘一(藤ヶ谷太輔)は、住人の西島いつか(関水渚)に突然押し倒されてぼう然…。激しく動揺した紘一は、朝食の席でもいつかの顔をまともに見ることができない。住人たちを送り出し、スーパーに向かった紘一だが、頭の中は昨夜のできごとでいっぱい! すると、ふいに歓声が聞こえてくる。そちらに目を向けると、カヅキビール時代の後輩・武田直樹(西垣匠)らが、紘一が最後に手掛けたビール『潤沢』の試飲会を行っていた。我に返った紘一は、今の自分の姿を見られないよう、慌てて逃げ出す。
一方、Web制作会社「コスモインデックス」に出社したいつかは、同僚の友部ミチコ(サーヤ)に、衝動的に紘一を押し倒してしまったと告白する。2年前、カヅキビールのプレゼンで、いつかに強烈なトラウマを植え付けた担当者が紘一だと知るミチコは“嫌いな人を襲うなんてもはや欲求不満”とバッサリ! “超優良物件”の同期・香取俊(京本大我)の告白を受け入れるべきだとそそのかすのだが…!?
そんな中、新規の大型コンペ案件が入り、いつかは香取と2人で担当することになる。しかもそのクライアントは、まさかのカヅキビール! いつかのトラウマを知る香取は、全力で彼女をフォローする決意を固める。
その日の夜、下宿では、いつかが増田すず(久保田紗友)佐久間ナオ(西田尚美)とカヅキビールのコンペに参加する話で盛り上がっていた。話の流れで3人から「カヅキビールをクビになった」とからかわれた紘一は、「クビじゃない!」とムキになり、つい競合の「ペガサスビール」への再就職話があると口走ってしまい…!?
紘一への忘れられない恨みを胸に、どうしてもこのコンペで勝ちたいと意気込むいつかは100%仕事モードに突入! 寝食を忘れ、一心不乱に仕事に打ち込むのだが…!?

https://www.tv-asahi.co.jp/hamaruotoko/story/0003/より

 

土屋が再就職先の面接を進めてきた公園

カヅキビールの元同僚、土屋が、おまえにぴったりの再就職先があると、紘一を誘い出します。

管理人の仕事では、もったいないと感じていた土屋は、設楽の再就職先にペガサスビールのチームリーダー募集の面接を受けてみないかと進めてきました。

ライバル会社のペガサスビールの面接なんかできるわけないと、カヅキビール時代のプライドが捨てきれない紘一

 

誘われた公園は日比谷公園でした。

〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1

白菜50円を見つけた紘一が歩いていた商店街

日々管理人業務に勤しむ紘一

白菜一玉50円のセールに飛び付き商店街を歩いていると、カヅキビールの試飲会に出くわしてしまいました。

歩いていたのは川島商店街でした。

 

試飲会を開いていたお店はどこ?

川島商店街の試飲は山形屋酒店前でした。

顔をみられないよう、白菜で顔を隠しますが、完全にバレていましたね。

ペガサスビールはどこ

ペガサスビールの面接を受けることにした紘一

結論から申し上げます。

不採用・・・

 

㈱読売プリントメディア 東京北工場

〒114-0004 東京都北区堀船4丁目2−1

ペガサスビールを不採用になった後歩いていた道は

単独プレーを批判されて実質的にクビになった紘一

その態度は改められることはありませんでした。

 

当然、他の企業もそんな人材欲しがらないことにやっと気づきました。

今の状況は俺自身が招いたことなのか・・・

行幸通り

〒100-0005 東京都千代田区丸の内2丁目2

第4話

同期の香取俊(京本大我)とともに「カヅキビール」のコンペの担当になったWeb制作会社「コスモインデックス」の西島いつか(関水渚)は、2年前、「カヅキビール」の担当者だった下宿「銀星荘」の管理人・設楽紘一(藤ヶ谷太輔)に心をえぐられたトラウマを払拭するべく、今回こそはどうしても勝ちたいと仕事に打ち込むのだが、過労で倒れてしまう。いつかを下宿まで送り届けた香取は、なぜか突然紘一をライバル視! 「西島と付き合いたいと思っています。あなたには負けません」と、きっぱり宣戦布告する。そんな香取に、「あの女のことは何とも思っていない」と告げる紘一だが…!?
結局、そのまま風邪で寝込んでしまったいつかだが、プレゼンのことが気になり、紘一をこき使いながら無理に仕事を続けようとする。その後も一向に熱が下がらず、出社できないいつか…。すると、香取がお見舞いと称して、連日「銀星荘」に現れるように!

“仕事の話をしているのか? それとも…?”

日が暮れてもいつかの部屋から出てくる気配のない香取の様子に、紘一は夕食の準備をしながらも気が気でない。あげく、“まさか泊まっていくつもりなのか!?”と、居ても立っても居られなくなり、何とか2人の様子を確かめようと、思わず耳をそばだてるのだが…?
そんなある日、これまで日参していた香取が別案件のトラブル対応で来られなくなる。それはそれで何やら拍子抜けした気分になる紘一だが、いまだ熱が下がらないいつかにお粥を食べさせるなど、看病を続ける。すると、いつかが思わず心の奥底に抱えていた弱音を吐き出して…!?

https://www.tv-asahi.co.jp/hamaruotoko/story/0004/より

 

ドラマ「ハマる男に蹴りたい女」 のキャスト一覧

設楽紘一 /藤ヶ谷太輔

大手飲料メーカー・カヅキビールの社員で、商品開発を担当するエース。美人で料理上手な妻とタワーマンション暮らしと、完璧なエリート人生を歩んでいたが、上司の反感を買った結果、リストラにあってしまい、勢いで自ら辞職。落ち込みながら帰宅すると、なぜか妻も離婚届を残して消えていた――。
そんな紘一が友人から紹介されたのは、まかない付きの下宿・銀星荘の管理人。掃除と朝晩の食事を作れば家賃・光熱費はタダ!という高待遇。

転職活動をしながら管理人の仕事をすることになるのだが、そこで住人・西島いつかと最低最悪な出会いを果たす。

やたら突っかかってくる、いつかにこき使われる日々が始まるのだが、ある夜、突然押し倒されてしまう。

西島いつか/関水渚

Web制作会社・コスモインデックスの社員で、仕事一筋のバリキャリ女子。“あること”をきっかけに、会社から徒歩圏内でおいしいまかない付きの快適な下宿・銀星荘に引っ越して、生活のすべてを仕事に振り切った結果、家では超ズボラになってしまった住人。
下宿で紘一と最低最悪な出会い方をして以降、何かとツンツンした態度を取ってしまうのだが、ふとした時に見せた紘一の優しさに突如“ある感情”が芽生え始め、勢いで押し倒してしまう

香取俊 /京本大我

Web制作会社・コスモインデックス勤務。

さわやかで人当たりがよく、仕事までできる将来の有望株。
同期のいつかにずっと思いを寄せ続けている。

2年間の大阪勤務を経て、東京に戻ってきたことをきっかけに猛アプローチを開始! いつかの下宿の管理人・設楽をライバル視している。

増田すず / 久保田紗友

下宿「銀星荘」の住人。健康食品の研究・開発を担当している会社員。
理系女子で観察眼が鋭く、人間の行動や習性を生物学的に分析しがち。設楽が作った食事の失敗要因も冷静に分析する。コミックやアニメに夢中で、“生身の人間”の恋愛には興味がない。

武田直樹 / 西垣匠

大手飲料メーカー・カヅキビールの社員。

紘一の後輩だった。
紘一が在職中は、彼の完璧な仕事ぶりを尊敬し、慕っていたが、大きなプロジェクトの途中にも関わらず、突然会社を辞めてしまった彼のことを恨んでいる

友部ミチコ /サーヤ(ラランド)

Web制作会社・コスモインデックスで働くいつかの同期。

仕事一筋で恋愛から遠のいているいつかに出会いのチャンスを与えようとする。

聞き上手な良き相談相手で、自分の気持ちがわからずモヤモヤするいつかを見守り、時に本心に気付かせるきっかけを与える。

土屋良介 / 田渕章裕(インディアンス)

大手飲料メーカー・カヅキビールの社員で、紘一の同期。バー「Dolce」の常連。
退職した紘一のことを常に気にかけており、再就職先に関する情報を流すなど、何かと世話を焼いている。

末永光太 / 金子隼也

Web制作会社・コスモインデックスの社員。

いつかの後輩。テキパキと仕事をこなす“デキる女”いつかを尊敬している。

佐久間ナオ /西田尚美

バー「Dolce」のオーナー兼店長。

離婚してからは下宿「銀星荘」で暮らしている。
設楽の幼なじみで、“ナオ姉”“紘ちゃん”と呼び合う親しい間柄。

サバサバした性格で、設楽の恥ずかしい黒歴史も歴代の元カノも全員知っている。「銀星荘」を経営するおばがケガをしてしまったため、設楽に管理人の仕事を紹介する。

設楽しま子 /大地真央

事故で夫を亡くして以降、ひとりで紘一を育て上げたたくましい母。

メディアでも活躍する日本を代表する食品メーカー・設楽グループのカリスマCEO。

『しま母ちゃんのぎょうざ』を皮切りに、意外な商才を発揮して次々とヒット商品を連発。ビジネスを拡大して、成功者の階段を駆け上がった。

大企業のエリートで自慢の息子が、会社を辞めて下宿の管理人を始めたことを知り

ドラマ「ハマる男に蹴りたい女」 の主題歌はキスマイ?

主題歌はKis-My-Ft2「Lemon Pie」に決定

 

AmazonMusicUnlimited

1/11までの申し込みで、3ヶ月間無料体験中

 

まとめ

「ハマる男に蹴りたい女」

気になる情報をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました