魔法のリノベ 第5話のロケ地見どころ感想のまとめ

ドラマ

魔法のリノベ第5話面白かったなあ

 

8月15日(月)22時から第5話が放送されました。

第5話のロケ地見どころ感想について紹介しています。

魔法のリノベ 第5話のロケ地見どころ感想のまとめ

スポンサーリンク

この記事では

魔法のリノベ第5話のロケ地 あらすじネタバレ感想

について紹介しています。

魔法のリノベ第5話のロケ地 あらすじネタバレ感想

 

魔法のリノベ第5話のあらすじネタバレ感想

玄之介(間宮祥太朗)のもとに、元妻・雪乃と駆け落ちした弟の寅之介から一通のメールが届く。玄之介を裏切った罪悪感からか、雪乃の精神状態が不安定だという。あまりにぶしつけな内容に無視を決め込む玄之介だったが、やがて寅之介は会って話したいと言い出す。時を同じくして『まるふく工務店』には、70歳で一人暮らしの鎌田武彦(岩松了)から、防犯リフォームの依頼が入る。数日前、侵入した泥棒を追い払った武勇伝を喜々として話す鎌田に対し、玄之介は鍵のつけ替えや防犯ガラスへの交換など、あらゆる防犯対策を進言。すっかり営業らしくなった息子の成長に蔵之介(遠藤憲一)は喜び、玄之介が自分に追いつきたくて猛勉強していると知った小梅(波瑠)もまた、不覚にも、ほんの少しときめいてしまう。ところが、万事うまくいっていた『まるふく工務店』に突然、寅之介がやって来る。蔵之介は激怒し、竜之介(吉野北人)も不快感をあらわにするが、肝心の玄之介は妻をとられた怒りをぶつけるどころか意外な反応を見せ、そのあまりのお人よしぶりに、小梅はあきれる。

スポンサーリンク

しばらくして、鎌田家の防犯リフォームが正式に決まるが、そこへ、鎌田の娘・多田深雪(村川絵梨)が乗り込んできて、契約のクーリングオフを申し出る。聞けば、家は売却し、鎌田は娘夫婦と暮らす予定だという。しかし、鎌田本人はそれを頑として受け入れず、父と娘は激しい言い争いに。するとそこへ、深雪が呼んだ不動産会社が家の査定にやって来る。しかし、玄関に立っていたのは思わぬ人物で…。

https://www.ktv.jp/mahorino/story/05.htmlより

おむすび母さん

実写化されて嬉しい!

おむすび母さんで燃料チャージ!

シャリバテする小梅の順番を抜かしたのは寅之助・・・

驚きの展開でしたね。

 

 

寅之助がまるふく工務店へ

雪乃と駆け落ちした弟の寅之助

雪乃が不安定で結婚を認めてほしいとまふるく工務店へ

どこまで助け自分勝手な弟についていけない玄之介

〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸106−2

(有)マルダイ

 

 

玄之介と小梅が祝杯をあげる屋台

虹の大橋の屋台

行ってみたいですね。

〒136-0072 東京都江東区大島9丁目10−6 旧中川・川の駅

 

 

 

これまでのロケ地情報については、こちらの記事に詳しく紹介しています。↓

 

まとめ

今回もステキなリノベーションでした。

5年後のリノベーションに素敵な未来が描けたようです。

 

「魔法のリノベ」の最終回までのあらすじやネタバレ、ロケ地のまとめはこちらの記事に詳しく掲載しています。↓

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました