「競争の番人」第6話のロケ地 あらすじ見どころ感想まとめ

ドラマ

「競走の番人」第6

面白かったなあ。

8月15日(月)21時から坂口健太郎さんと杏さん主演のドラマ

「競争の番人」第6話が放送されました。

 

 

この記事では、6話に登場したロケ地、キャスト、あらすじ、見どころ、ネタバレ感想、視聴率などを紹介しています。

 

 

本記事のテーマ

「競争の番人」第6話のロケ地 あらすじ見どころ感想まとめ

スポンサーリンク

この記事では

・「競争の番人」第6話のロケ地

・「競争の番人」第6話のあらすじネタバレ感想

「競争の番人」第6話のキャスト

・「競争の番人」第6話の視聴率

について紹介しています。

「競争の番人」第6話のロケ地あらすじネタバレ感想

「競争の番人」第6話のあらすじネタバレ感想

白熊楓(杏)桃園千代子(小池栄子)の聴取を見学。見事な聴取に感心する白熊に、桃園は小勝負勉(坂口健太郎)は教えてくれないのかと聞く。教わったことは何もないと答える白熊。二人が第六審査に戻ると、小勝負は風見慎一(大倉孝二)六角洸介(加藤清史郎)と押収した証拠品を身につけて遊んでいるように見える。小勝負は着てみたらいろいろわかるかもしれないと言う。そんな時、新たな調査案件が舞い込んだ。

今回の調査案件は大手呉服店『赤羽屋』による私的独占。事業者が他の事業者の参入を妨害、排除するなどして市場の競争を制限する行為だ。妨害を図っているのは『赤羽屋』の社長、赤羽千尋(真飛聖)で、情報を提供したのは呉服店『ファイブシーズン』の社長、井出香澄(萩原みのり)。メンバーに説明する風見はいつも以上にピリピリしている。本庄聡子審査長(寺島しのぶ)が出張のため、留守を任されていた。
小勝負と白熊は千尋の着付け教室へ。千尋は客には温和だが、従業員には厳しい態度で臨んでいる。次に二人は香澄から話を聞く。香澄は『赤羽屋』で千尋のもとで働いていたが、厳しさについていけずに退職。経営コンサルタントの栗田保(篠原悠伸)に相談して『ファイブシーズン』を立ち上げ、直接織元と契約を結び上質な着物を安く手に入れる新しい経営を始めた。だが、最近、職人が次々と契約を切るようになる。香澄は千尋が圧力をかけたのだろうと疑っていた。小勝負たちから話を聞いた桃園は、千尋から事情聴取しようと言い出す。桃園と千尋は過去に因縁があった。
https://www.fujitv.co.jp/kyosonobannin/story/index.htmlより

桃園のリベンジ

以前に公取の調べを受けていた赤羽

証拠を立証できず打ち切りとなった相手と7年越しのリベンジが始まります。

赤羽屋

7年前の調査から、赤羽の経営手法は変わっていました。

桃園の言葉が心に刺さっていたんですね。

赤羽屋は人形町の着物屋さんでした。

〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2丁目3−8

田源

スポンサーリンク

5season

赤羽と喧嘩別れのようになって独立したものの、経営手法は自分がのし上がることしか考えていませんでした。

どこまでも深い赤羽の心に気づいたのはずっと後のことでした。

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2丁目13

海老原商店

 

 

6話のキャスト

赤羽千尋/真飛聖

大手呉服店『赤羽屋』の社長

赤羽屋による私的独占の疑いが。

 

事業者が他の事業者の参入を妨害、排除するなどして市場の競争を制限する行為

 

情報を提供したのは赤羽の弟子、井出でした。

井出香澄/萩原みのり

私的独占の情報を提供した呉服店『ファイブシーズン』の社長

赤羽による圧力により、職人たちが契約を打ち切ってくるというが。

 

 

これまでのロケ地ネタバレ感想はこちらの記事に詳しく紹介しています。↓

 

「競争の番人」の視聴率

第6話の視聴率

まとめ

「競争の番人」第6話のロケ地、ネタバレ感想をまとめました。

 

「競争の番人」原作はある?最終回までのネタバレ ロケ地のまとめについてはこちらで詳しく解説しています。↓

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました