大病院占拠 11人目の鬼は誰?紫鬼の正体を考察 - 山の生活
【PR】

大病院占拠 11人目の鬼は誰?紫鬼の正体を考察

ドラマ

11人目の鬼って誰なんだろ?

大病院占拠第4話で登場した11人目の鬼

紫鬼は一体誰?

ネットでの考察をまとめてみました。

 

無事保護されたかと思った武蔵の娘、えみりちゃん

あとは引き継ぐと言った相模・・・

何やってんの?

 

警察の失態続きの第4話、なんでえみりちゃんまでさらわれてんですかね?

せっかく保護できたのに、相模にあっさり引き継ぐ婦人警官。

 

11人目の鬼は一体誰なんだろ?

冷凍庫に監禁されたえみりちゃんを助けるために残された時間はあとわずか!

 

どうなるの?第5話( ̄◇ ̄;)

大病院占拠 11人目の鬼は誰?紫鬼の正体を考察

スポンサーリンク

えみりちゃんをさらった11人目の鬼(紫鬼)

警棒を所持していることから、警察関係者と思われますが、

一体何者なんでしょう・・・

x.com

 

これまでに登場している人物ではなさそうですが、相模がえみりちゃんを引き受けに行ったことを知っている人物は限られていますよね。

警察関係者ならば、内通者がいるのは間違いなさそうです。

 

神奈川県警本部長の備前(渡部篤郎)が、

院長播磨(津田寛治)の懺悔にえらく動揺していたように感じました。
人質解放のタイミングで突入を試みる警察ですが、素人のお遊戯ですか・・・
のような、銃撃戦で、あえなく失敗。
無謀とも思える突入を命令した備前は明らかに動揺して正確な判断をしていなさそう。
自分にも火の粉が降りかかる前になんとしても鬼たちを制圧しておきたかったんでしょうね。
鬼たちの目的も明らかになってきました。

事件の発端は3年前?

新型ステルウイルスの集団感染から3年
政府は処置は適切だったとあらためて発表されていましたが、問題視されていたということですね。
政界にも顔がきく院長が、警察を巻き込んでなにか重大な利権がらみの罪に問われるんじゃないかと予想しています。
知事が病院内を視察しているタイミングに占拠していることからも政治絡みでなにかあることは間違いなさそうですね。

利害関係が一致した緑鬼

青鬼たちの目的と利害関係が一致した緑鬼

同じように医師に無茶苦茶にされた娘の復讐ができると賛同しています。

土佐に殺された娘の父が緑鬼
他の鬼たちもまた、病院の医師により被害を受けた親族関係者と思われます。
橙鬼と茶鬼の弟?は研究者なのか医療関係者
殺された甲斐先生は、母親なのか、灰鬼と桃鬼が被害者となっていました。

感染症に絡む利権

全ての罪を懺悔しているのが医者ばっかりって、こんな病院ありえないですが、
甲斐先生も院長も感染症の専門医
大きな利権が絡んでいるのであれば、ウイルスの新薬など莫大なお金が動きますから、甲斐先生は、その陰謀に気づいてしまったのかもしれませんね。
それを公表するとなって、殺されてしまった。
となると、武蔵刑事はなんの恨みで?
1年前の「ガソリンスタンド立てこもり事件」の被害者家族が青鬼なのか。
あるいは知事となんらかの関係があるのか。
武蔵先生は何も悪くなさそうですが、なんの罪に問われるのでしょうか。
2年前の横須賀五星銀行の監禁事件では和泉管理官と駿河分析官が一緒だったと和泉のセリフからも分かりましたが、武蔵刑事もまたその事件で本部長賞をとっていることから、この事件絡みで鬼たちとの関係が明らかになっていくのかもしれませんね。

11人目の鬼の正体

そして、11人目の鬼は一体誰なのか・・・
6話で明らかになったのは、ホテル・オシマの副支配人 対馬勝見でした!
しかし、他の鬼のように目的を持っているわけではなく、脅されて、えみりちゃんを誘拐していただけでした。
えみりちゃんを保護した場所を特定できる人物といえば、警察関係者しかありません。
これまでの考察は、

x.com

阿部亮平さんという意見が多く寄せられていました。

しかし、6話の放送終了後は、

平山浩行さんという声も多く寄せられていましたね。

 

紫鬼は一体誰なのか気になります。

でも、警察の内通者の中では、一番怪しいのかもしれません。

 

他にも、相模、備前なんて声も多数ありました。

 

黒幕が備前本部長なら、警察組織も終わりですが、ストーリーとしてはありでしょうね。

ますます目が離せません。
最初からもう一回見なおしたいね

ドラマ「大病院占拠」を楽しむならHuluがおすすめ

登録や解約方法はこちらの記事に詳しくまとめています

※2024年2月10日現在の情報です。詳しくはサイトをご確認ください。

まとめ

紫鬼の予想は俳優の阿部亮平さん▶︎ホテル・オシマの副支配人

でも、頼まれただけ。。。

真の11人目の鬼は警察関係者ということは、丹波(平山浩行)さんが濃厚

 

10人の鬼の考察はこちら

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました