【ラヴィット】最新あったかグッズNO.1 ラヴィットランキング 

あんパンランキング!一番はやっぱりあれかな?

こう言った疑問に応えます。

 

朝の情報番組【ラヴィット】で、寒い時期に大活躍!最新あったかグッズが放送されました。

日を追うごとに寒さが深まるこの季節

寒さを乗り切るために、最新あったかグッズが続々と登場!

 

この冬に必ず試したい暖かグッズのランキングTOP8を紹介します。

 

本記事のテーマ

【ラヴィット】あったかグッズNO.1 ラヴィットランキング

 

スポンサーリンク

✅今回のプロは寒さ対策を知り尽くした専門家

第4回ベーカリージャパンカップで優勝 高田知明さん

埼玉・狭山 サンセリテ

パン・オブ・ザ・イヤー2年連続金賞 朝倉誠二さん

東京高輪ブーランジェリーセイジアサクラ

パリ五つ星ホテル ホテル・ド・クリヨン 日本人初の製パンシェフ 毛利将人さん 

東京・代々木上原 ブーランジェリー&カフェ マンマーノ

最新あったかグッズが続々と登場する中、プロが選んだランキングがこちら

第8位 デスクヒーター

Panasonic デスクヒーター グレー DC-PKD4-H

テレワークで大活躍!

25,000個売り上げた超人気アイテム

オフィスでも自宅でも大活躍

マットのようなヒーターをコの字型に折り曲げて使うと足元ぽかぽか

温度は37℃と55℃の2段階調整

3方向から膝下全体を温められると大人気

上からブランケットをかけることで、コタツのようにも楽しめる万能アイテム

 

第7位 ネックヒーター

15,000個以上も売り上げている超人気アイテム

今年発売されて予約殺到中で早く買ったほうがいいという

電源を入れるとアルミ部分が暖かくなり、39℃・42℃・45℃の3段階で温度調節が可能

さらに、冷却モードも搭載しているため、夏も使える優れもの

 

第6位 電熱インソールWI-3718

一度使うと手放せなくなる

靴の中を温めてくれるインソール

最大6時間の連続使用ができるのが特徴

靴のサイズに合わせてカットし、電源を入れて靴に入れるだけ

温度もリモコンで3段階に調整ができる

 

第5位 テーブルヒーター

累計9万台を販売した、マット型の大人気商品

使い方は簡単

テーブルの下に付属の粘着テープで金具を固定

本体をマグネットで貼るだけ

表面温度は最大85℃まで

スポンサーリンク

普通のテーブルの下がコタツのようにぽかぽかに

 

第4位 Fire Wood Home

FireWood Home ファイアーウッド ホーム 日本おもちゃ大賞2021 優秀賞受賞 タカラトミーアーツ ファイヤーウッドホーム 焚火 おもちゃ ベランピング たき火ガジェット ライト 電気 LED 暖炉

今年9月に発売され、早くも品薄状態に

早めに購入しないと手に入らない

マッチのようにすると火がつき、焚き火気分が味わえる

日本おもちゃ大賞2021で優秀賞に輝いた商品

息を吹きかけると火が大きくなるが・・・

実は、暖かくはならない。

リアルな焚き火を体験するアイテムでした。

 

第3位 YUYU BOTTLE

昔ながらのあったかグッズ(湯たんぽ)が進化した

全身に使えるあったかグッズ

細長いので首に巻いて使えるのが嬉しいですね。

 

第2位 USB電熱付温冷ショルダーバッグ

体の芯からあったまる

冬のお出かけにぴったりなヒーター付きバッグ

バッグの底にヒーターが内蔵され、モバイルバッテリーで最大60℃の保温が可能

 

三人分の食材が入れられるため、テイクアウトでも楽々

 

USBおにぎりウォーマー

おにぎりを80℃までほかほかに温めることが可能

 

第1位 こたんぽ

即完売!予約殺到中の無敵アイテム

おひとりさま用のこたつ

内臓のヒーターでこたつに入り込んだような暖かさに

上半身も入るので全身があったまり、しかも着たまま移動できるので、もう最高ですね。

番外編

充電式加温タンブラー

今年発売されてから、話題沸騰中

普通のタンブラーに見えて、飲み物を温めることができる優れもの

常温の飲み物を入れ、タッチするだけ。

35℃から65℃まで温めることが可能

いつまでも冷めずに温かい飲み物が飲めるという商品

 

ヒーティングマットスリーププラス

スウェード素材のマットの電源スイッチを入れると約1分で最大50℃まで暖かくなる

薄さ1.5mmなので、デスクに置いたり、膝掛けとして使えたり。

収納時はコンパクトに収納できるのも嬉しいですね。

まとめ

冬のあったかグッズはどれも試したくなりますね。

こたんぽはやばそうです!

こたつに入ったまま動けるなんて、夢のようなグッズですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました