【恋ぷに】「恋はDeepに」 スタッフや出演者 キャラクターの相関関係はどうなってるの?今後のキーパーソンは誰?

ドラマ

恋ぷにのキャラ設定はどんな感じなのかな?

4月の春ドラマ「恋はDeepに」の第1話が放送されました。

このドラマ、ただの恋バナではなさそうです。。。

 

スポンサーリンク

 

原作はまだ未発表のため、最終話も誰も知らないという、想像が掻き立てられる話題のドラマのようですね。

第1話をまだみていないよ。。。

という方は、

※「恋ぷに」はHuluの無料体験に登録すれば見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\恋はDeepに 第1話を無料で視聴する/

日テレドラマ

”上記の情報は2021年4月14日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

それでは、恋ぷにの出演者、キャラクター、相関図から紐解ける人間関係?

について考察してみましょう。

恋ぷにのスタッフ

脚本 徳尾浩司

小学生時代は、流行っていた『ドラゴンボール』を真似て漫画を描き、周囲の評判もよかったことから漫画家になるのが夢だった。だが、高校生の頃になると面白い物語のアイデアはあったものの、絵の上達に限界を感じるようになっていた。当時の担任の教師から文化祭で上演する演劇の脚本を頼まれたことをきっかけに脚本作りの楽しさと演劇の面白さに気づくことになる。その後、演劇活動のさかんな早稲田大学を志望し、複数の学部を受験したがすべて失敗。東北大学に合格するも、演劇が盛んではなさそうだったため進学せず、慶應義塾大学に入学。部員15名ほどの演劇研究会に所属し、脚本と演出を手がけた。大学卒業後、自身が主宰する「とくお組」を結成。「とくお組」のメンバーの紹介で脚本家の事務所「sacca」に所属することとなった[4]

2013年のNHKの連続ドラマ「ハードナッツ!」の脚本を1話分手がけたことを転機に、次々と脚本の仕事が舞い込むようになった[4]。近年の作品では、『探検隊の栄光』、『スリル!〜赤の章・黒の章〜』(NHK)、『おっさんずラブ』(テレビ朝日)などがある。

男性同士の同性愛をコミカルに描いた『おっさんずラブ』が放送中にタイトルがTwitterの世界トレンドランキングで1位になったり、2018年12月3日に発表された『2018ユーキャン新語・流行語大賞』ではトップテンに選ばれるといった大きな話題となる[5]

『おっさんずラブ』で第97回ザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞を受賞[6]

Wikipediaより https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B0%BE%E6%B5%A9%E5%8F%B8

男性同志の同性愛を描いた「おっさんずラブ」の作者が徳尾さんだったんですね。

オリジナリティあふれる作品は衝撃的でした。

今回も徳尾さんが手がけた作品ということで、大変楽しみですよね。1話からもう、夢中です。

 

音楽 菅野祐悟

主題歌はback numberの新曲「怪盗」に決まりました。

作品のために書き下ろした楽曲とあって、ドラマのイメージが浮かんできそうですね。

幼少期から中学校までを埼玉県川越市で過ごす、その後、栃木県塩谷郡高根沢町に転居し大学中盤までを過ごす。須賀学園宇都宮短期大学附属高等学校全日制普通科特別進学コース、東京音楽大学音楽学部音楽学科作曲指揮専攻作曲科映画放送音楽コース卒業。在学中に印象主義音楽に魅了され、フランス和声を学んだ。在学中から既に映画、CM、アーティストに楽曲を提供するなどの活動を行っていた。現在ではドラマからアニメーション、CM、ゲーム等、幅広く活動している。テクノポップ、音響、オーケストレーションを得意としている。2012年より音楽にとどまらず画家活動にも創作範囲を拡大。

2007年には初の演奏会をサントリーホールで開催し、その後も毎年恒例となっている。2015年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルでシアトル交響楽団と東日本大震災の復興をテーマにした公演を実施。

スポンサーリンク

さらには2016年4月に「交響曲第1番~The Border~」が関西フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会において、2019年4月には「交響曲第2番〜Alles ist Architektur~」が同楽団の第300回記念定期演奏会において世界初演(指揮はいずれも「第1番初演の仕掛人」[1]である藤岡幸夫)されており、音楽家として活動の幅を広げ続けている。

Wikipediaより https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%85%E9%87%8E%E7%A5%90%E6%82%9F

経歴もさることながら、いろんな作品に楽曲を提供しているすごい方ですね。

最近のドラマでは、「ウチの夫は仕事ができない」や「偽装不倫」が有名ですね。

恋ぷにの出演者

渚 海音(なぎさ みお)/石原さとみ

海洋学者として、海中展望台のリゾート開発を反対する立場でプロジェクトに参加。

魚としゃべれる特殊能力から、人魚なのでは?といった想像がふくらむ不思議なキャラクター

 

蓮田倫太郎(はすだりんたろう)/綾野 剛

蓮田トラストの御曹司の次男。海音とのファーストコンタクトは最悪だっただけに今後の展開に期待できそう。どんな未来が二人を待ち受けているのか、楽しみです。

 

宮前藍花(みやまえあいか)/今田美桜

海音と一緒に働く鴨居研究室の特任研究員。海音の良き相談相手として明るく優しいしっかりもの。蓮田トラストの三男榮太郎と恋の予感。

蓮田榮太郎(はずだえいたろう)/渡邊圭祐

蓮田トラストの三男だが、遊び人。兄弟の中では、次男とも長男とも仲良くできる要領のいい男。

鶴川優作(つるかわゆうさく)/藤森慎吾

オリエンタルラジオの藤森が倫太郎の親友役として登場。恋のアドバイスなどは参考になるのでしょうか。

染谷醍醐(そめやだいご)/高橋 努

鴨居研究室の教授。

山内可憐(やまうちかれん)/筧美和子

蓮田トラストの社員。風間の元で働くも光太郎に思いを寄せている。

椎木拓真(しいきたくま)/水澤紳吾

鴨居研究室の准教授。

なぜか研究室で生活している。ちょっと変わったキャラクター

Mr.エニシ/福山翔太

地元星ヶ浜のユーチューバー。海音を盗撮した動画が大バズり!次作の交渉を海音に交渉中。

風間みどり(かざまみどり)/松熊つる松

蓮田トラストの課長。20年を超えるベテランで本部長倫太郎の直属の部下。

鴨居 正(かもいただし)/橋本じゅん

鴨居研究室の室長。海音の叔父として、海音と一緒に住み、匿っている。不思議なキャラクターの一人。

蓮田光太郎(はすだこうたろう)/大谷亮平

蓮田トラストの長男。次期社長と目されているも、倫太郎とは敵対している。

蓮田太郎(はすだたろう)/鹿賀丈史

蓮田トラストの創業者であり、三兄弟の父。倫太郎には期待を寄せている。

 

スタッフキャラクターのまとめ

脚本も音楽も何もかも一流。

出演するのも石原さとみと綾野剛のダブル主演とあり、この春一番の期待のドラマです。

 

これからの話の展開が、超楽しみですね。

まだ1話をみていないのであれば、早速みた方がいいですね。

これまでの見どころ感想はこちらの記事が参考になりますよ。

>>石原さとみ 綾野剛主演「恋はDeepに」【恋ぷに】全話のあらすじ見どころ感想 見逃しても大丈夫!

全話のあらすじ感想は

<1>  <2>

<3>  <4>

<5>  <6>

<7>  <8>

<9>   <10>

 

※「恋ぷに」はHuluの無料体験に登録すれば見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\恋はDeepに 第1話を無料で視聴する/

日テレドラマ

”上記の情報は2021年4月14日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました