石原さとみ 綾野剛主演「恋はDeepに」【恋ぷに】全話のあらすじ見どころ感想 第8話 本当のことを話す海音

ドラマ

恋ぷに見逃しちゃったあ!無料で見られるサイトはあるのかな?

こういった悩みに答えます。

結論

第1話をまだみていないよ。。。

という方は、

※「恋ぷに」はHuluの無料体験に登録すれば見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\恋はDeepに 第1話を無料で視聴する/

日テレドラマ

”上記の情報は2021年4月14日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

スポンサーリンク

 

本記事のテーマ

石原さとみ 綾野剛主演「恋はDeepに」【恋ぷに】全話のあらすじ見どころ感想 第8話

4月の春ドラマ「恋はDeepに」の第1話が放送されました。

このドラマ、ただの恋バナではなさそうです。。。

第8話のあらすじ

倫太郎(綾野剛)の腕の中で意識を失った海音みお(石原さとみ)!倫太郎は鴨居(橋本じゅん)を頼り、古くからの知り合いだという病院に海音を運ぶ。しかし海音が目を覚ました時、倫太郎の姿は消えていて……。

海音が意識を失っている間、倫太郎は、『海音とはもう関わらない』という約束を鴨居と交わしていた。自分のせいで海音が無理をし、命を危険にさらしていることを知った倫太郎は、自ら身を引く決意をしたのだった。そうとは知らず、自分と距離を置く倫太郎に切ない思いを抱く海音。

蓮田トラストでは榮太郎(渡邊圭祐)が取締役に就任。星ヶ浜のリゾート開発計画を白紙に戻すことを発表する……!

そんな中、鴨居は、海音の経歴ををめぐって教授会で説明をすることに。それを知った海音は「本当のことを話したい」と訴えて……。運命の教授会は翌日に迫っていた……!

公式HP https://www.ntv.co.jp/deep/story/08.html

第8話の見どころ感想

砂浜で倒れた海音

どこか安全な場所がないか、鴨居教授へ連絡する倫太郎。

鴨居教授の古い知り合いとのことで大丈夫らしいが。

 

筋力の低下が激しく、このままだと動けなくなる可能性があるといいます。

 

 

海から上がってからかなりの期間、人間として過ごしてきた海音は、すっかり魚の言葉も理解できなくなり、人間化が進んでいます。

 

海に帰ろうにも足がヒレに戻らない・・・

 

このまま海に帰れなくなってしまうのでしょうか。

 

あの子は星ヶ浜を守るためにやってきました。

そして、いずれは海に帰らなければならない。

あなたがいると無理をしてしまう。

 

教授は、倫太郎に海音の前に姿を見せない様に頼み込みます。

倫太郎も、そのことに気づいたのでしょう。

 

苦しい選択ですが、海音に近づかない様距離をとっていくのですが・・・

 

 

 

鴨居教授との約束で、海音になるべく接するのを避ける倫太郎は、会いにいけない理由から、藍華に様子を見に行く様に頼みます。しかも、内緒にしておいてと言いますが、、、

 

海音についしゃべってしまった藍華。

 

そりゃ、しゃべっちゃいますよね。

 

倫太郎は、教授との約束を守り、海音からの電話に出たくても、その気持ちを押し殺し電話にも出ませんでした。

 

 

母の指輪を海音に渡して欲しいと鴨居教授に託そうとしますが、これ以上混乱させないでください。

明日の教授会で全ての事実を話すという鴨居教授は、倫太郎にどうか忘れてくださいと頼みます。

 

 

 

海音の秘密

 

海音がちゃんと皆さんにお話ししたいと、研究所のみんなの前で話します。

 

 

実は、わたし、ちゃんとした研究者ではなく、ベトナムの研究所で働いていたことも、鴨居教授と親戚というのも嘘でした。

 

1年という期限付きで

星ヶ浜の海を守るためにここにおいて欲しいとお願いしたんです。

 

渚海音は本物の研究者だ

 

椎木がそういうと、みんなが同意していましたが、人魚ということには一切触れませんでした。

そこ、重要ポイントなんですけどね。

 

 

 

 

ユーチューバーのえにしさんが、この前のテレビ出演依頼を謝ります。

あんな大ごとになるとは思わなかった様ですが、海音は何かお願いをした様です。

 

 

 

全てが明らかに!?

教授会で海音が全てを話すとしていましたが、鴨居教授はわざと時間をずらして、海音に教えていました。

鴨居教授は全てを語るつもりだったのでしょう。

 

 

 

経歴詐称についての報道を説明する鴨居教授

独断で捏造したという。

 

経歴詐称に加担し、採用したかった理由は。

 

海音が教授会の前で話し出します。

その様子はえにしによってYouTube配信されることに。

 

海音がえにしに頼んだのはこれだったのですね。

 

 

そもそも、星ヶ浜の海を守りたいのはなぜですか?あなたは一体何者ですか?

 

私は・・・

 

 

その時、倫太郎が現れます。

人間じゃないんです。

見ての通り人間じゃない。

価値観が違うと思えば理解ができる。

誰よりも命のかけがえのなさを知っている。

 

そんな渚海音が地上で一番大好きだ。

 

 

何か問題ありますか?

 

そういって、立ち去ります。

衝撃の告白でしたね!

 

 

 

 

なんとか教授会は収まった様ですが、倫太郎を追いかける海音

 

一緒に海に帰ろう

 

倫太郎の正体

倫太郎も海に?

ん?

感動のシーンでしたが、いろんな妄想が・・・

 

海音は人魚だから海に帰ることができる。ヒレが出るかが問題

倫太郎は?ひょっとして人魚のハーフ?

 

実は、ずっと引っかかってたんですが、倫太郎のお母さんが亡くなったとされるシーンが全然放送されないんですね。

結局海から帰ってこなかった感じ。

 

ふつう、海にビーチボールが飛んでいったら、まず、

服のまま取りに行かない。

真剣に泳いでとりに行った?ありえない。

元々人魚だったから、みんなが目を離した好きに海に帰った。

そうすると、お父さんの表情にも合点がいくんですよね。

ああ、海に帰ったんだなって。

 

でも、ちょーっと無理がありますね。

そこまで描かれてないので、なんとも言えませんが・・・

 

ドラマの構成でそこまで描く必要がないと言えばそうなんでしょうけど、

この際なんでもファンタジーな世界を想像してしまいます。

 

蓮田トラスト

巨大カジノを建設したいというダニエルカッパー

榮太郎にその指揮を取る様にいいますが、

何か企んでいそうな人でしたが、やはり、危ないやつでした。

 

なんとかしたいですが、榮太郎はどんな指揮をとるのでしょう。

 

 

取り締まりも降りるという榮太郎

 

株を売ったお前の気持ちをちゃんと話してくれるか。

 

蓮田家にショックを与えたかった。

 

凝り固まったところに電流を流したらほぐれるでしょ。

俺はただ、気づいて欲しかっただけだよ。

 

榮太郎の行動が蓮田とラストにもたらすものとは。

 

 

 

倫太郎が光太郎にちょっと付き合えといって、酒を酌み交わします。

昔からのわだかまりが溶けていく感じで兄弟の愛が復活していくようでよかったですね。

なんとかしないと、本当に乗っ取られるぞ!

策は?と聞く倫太郎に、光太郎は、ない!

といってましたね。

 

榮太郎の電流がうまく兄弟の仲を取り持った様でした。

 

 

次回はとうとう最終回!

道に飛び出した海音を救おうと倫太郎がトラックに・・・

 

うーん、演出に少し疑問が出ますが、猛スピードで逃げられなかったタイミングと思って見ていました。

 

次回の予告では、倫太郎が重症!

海音は無傷!

 

あの後、咄嗟に突き飛ばしたのでしょうか。。。

 

 

 

海に帰っていくシーンは海音だけでした。

倫太郎はどうなってしまったんでしょう!

 

あー気になるなあ!

まとめ

いよいよ次回は最終回をむかえます。

次々と明かされる海音の真実。

 

しかし、肝心の人魚なの??

 

といった問題は最終回まで取っておくのでしょう。

 

今回は、倫太郎たち兄弟の仲が榮太郎の行動によって一歩も二歩も進んだ様に感じた回でしたね。ダニエルカッパーに株を買い占められそうになりますが、兄弟が力を合わせなんとかこの状況を変えてくれるのではないでしょうか。

 

次回最終回は、海に帰る海音!

 

一人で海へ帰ってしまうのか、

二人は一緒に海に帰るのか。

 

海音が人間になって地上で幸せに暮らすのでしょうか。

 

二人のハッピーエンドを望んでいるのは私だけではないはず。

最終回も見逃しません!

 

>>石原さとみ 綾野剛主演「恋はDeepに」【恋ぷに】最終回の考察 想像を膨らませてみると数倍面白い!

 

 

もし見逃しちゃっても大丈夫です!

Tverなら、1週間は無料で視聴できますが、広告が頻繁に入るため、うざいなあという場合は、Huluに登録すれば無料で視聴可能となります。

全話のあらすじ感想は

<1>  <2>

<3>  <4>

<5>  <6>

<7>  <8>

<9>   <10>

※「恋ぷに」はHuluの無料体験に登録すれば見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\恋はDeepに 第1話を無料で視聴する/

日テレドラマ

”上記の情報は2021年4月14日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました