マウンテンドクター ロケ地情報 第2話あらすじまとめ - 山の生活
※当サイトのリンクには広告が含まれます

マウンテンドクター ロケ地情報 第2話あらすじまとめ

ドラマ

杉野遥亮さん主演の『マウンテンドクター』

ロケ地どこだろ?

『マウンテンドクター』2話のロケ地やあらすじをまとめています。

マウンテンドクター ロケ地情報 第2話あらすじまとめ

スポンサーリンク

この記事でわかること

・『マウンテンドクター』2話のロケ地 あらすじ

1話から最終話までのロケ地情報はこちら

『マウンテンドクター』2話のロケ地 あらすじ

この記事では2話のロケ地情報をご紹介しています。

十分な設備がない山小屋診療所で緊急事態発生!?歩(杉野遥亮)は滑落事故で命の危機にひんした患者を救うことができるのか!?MMTのチーム医療が本格始動!

復帰早々、周子(檀れい)からMMTのメンバーに任命された歩(杉野遥亮)だったが、チームのリーダーで救急の小宮山(八嶋智人)は山岳医療に否定的で、たとえ山で起きた事故であろうと、患者は病院で治療すべきと考える人物だった。さらに、循環器内科の掛川(近藤公園)と麻酔科の典子(岡崎紗絵)もモチベーションが低く、歩はがく然。当然、山小屋の泊まり込み診療ともなると誰一人として手を挙げず、初回は歩と典子が山へ向かうことになる。

山小屋に着くと、野口七海(西原亜希)と大地(横山歩)親子が診療所にやって来る。2人はこの日が初めての登山だといい、大地は母親との登山が恥ずかしいのか、どこか七海に反発している様子。そんな親子の姿をほほ笑ましく思いながらも、その格好を見た歩は、大地がボロボロのスニーカーを履いていることが気になる。
翌日、山小屋で診療中の歩と典子のもとに、山頂へ向かっていた七海が崖下に滑落したという連絡が入る。大地も腕を負傷しているらしいが、天候が怪しく救助のヘリは飛べない。歩と典子は現場へ急行し、崖下の七海の救助を試みる。
歩たちは七海を救出し、なんとか山小屋まで運んだが、そこで七海の容体が急変。本来ならすぐに病院へ搬送したいところだが、動かすことができない事態に。駆けつけた救助隊にひとまず大地だけを引き渡し、七海の救命にあたる歩。設備の整わない山小屋診療所で、どうすれば命をつなげるのか悩んだ歩は、病院にいる玲(宮澤エマ)にあることを頼む。

その頃病院では、小宮山たちが、搬送されてきた大地の様子がおかしいことに気づき…。

焼き鳥屋しんちゃん

宮本歩(杉野遥亮)と村松典子(岡崎紗絵)と鮎川玲(宮澤エマ)が江森岳人(大森南朋)のことを話していた焼き鳥屋しんちゃんはやきとり倶楽部 鶴見店です。

スポンサーリンク

〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4丁目28−10

歩と玲が話していた橋

宮本歩(杉野遥亮)と玲(宮澤エマ)が話していた橋は中の橋です。

〒390-0874 長野県松本市大手4丁目1

信濃総合病院

信濃総合病院は長野県の相澤病院です。

〒390-0814 長野県松本市本庄2丁目5−1

鮎川山荘

MMTのメンバーが交代で担当することになった山小屋鮎川山荘は猿倉登山口にある猿倉荘です。

〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村北城

救急車が通った場所

野口大地(横山歩)が運ばれた救急車が走った場所は

松本城がバッチリ見える場所でした。

救急車が通ったのは有喜堂 松本城店の前あたりです。

〒390-0876 長野県松本市開智1丁目1−16

江森と歩が話していた屋上

江森と歩が話していた屋上は松本市役所屋上です。

息子の方が重症だったなんてね。

咳をしていたのを気づかなかった歩を指摘する江森

〒390-8620 長野県松本市丸の内3−7

 

まとめ

『マウンテンドクター』第2話のロケ地、あらすじについてまとめてみました。

ロケ地が近いとテンション上がりますね。

1話から最終話までのロケ地情報はこちら

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました