ドクター·ストレンジ 能力を徹底分析 あらすじ見どころ感想 無料でフル視聴する方法

映画

「ドクター・ストレンジ」

無料で見れるサイトありますか?

 

※「ドクター・ストレンジ」はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば無料で見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\ドクター・ストレンジが無料で視聴可能です。/見逃し配信バナー

31日以内の解約なら完全無料!

”上記の情報は2021年5月15日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

スポンサーリンク

無限空間で繰り広げられるファンタジーアクション!!ベネディクト·カンバーバッチが魔法使いヒーローとして誕生した!!

 

“ドクター·ストレンジ”は実写映画シリーズの1番目の作品であり、マーブルシネマティックユニバースフェーズ3の2番目の作品です。

主に、ホラー映画”フッテージ”(2012)、”NY心霊捜査官”(2014)に独歩的な技量を披露したスコット·デリクソン監督がメガホンを取り、以前の作品”地球が静止する日”(2008)のファンタジーSFのビジュアルを飛び越えて、魔法とマーベルの奇妙な出会いは、完璧なヒーロー誕生の斬新さを贈ってくれました。

スコット·デリクソン監督の”エミリー·ローズ”(2005)という作品で、2006年に第31回サターンアワード最優秀ホラー賞と、”ドクター·ストレンジ”で2017年に第43回サターンアワード最優秀コミックブック映画賞を受賞した経歴があります。

ベネディクト·カンバーバッチを始め、レイチェル·マクアダムス、ティルダ·スウィントン、マッツ·ミケルセン、キウェテル·イジョフォー、スコット·アドキンス、ベネディクト·ウォンなどの主演俳優の驚くべき豪華キャストで飾った”ドクター·ストレンジ”は、ダイナミックで幻想的なビジュアルと共に、魔法をどのように繰り広げるかによって、観客に共感を形成出来るかを立証しました。

新しさと創意的なマーベルの新しいヒーローの誕生を予告した”ドクター·ストレンジ”は、ランニングタイムの約2時間にわたって、楽しく愉快な、しかも人類の救世主となる英雄ドクター·ストレンジの卓越でありながら、賢い姿が目立ちます。

華やかでありながらも、派手な魔法の世界に案内した”ドクター·ストレンジ”は、断然ワントップ、ベネディクト·カンバーバッチならではのアクション冒険ファンタジーの創意的な作品を生み出しました。

1億6,500万ドルの制作費と1億3,900万ドルのマーケティング費を投資し、1億2,200万ドルの純収益を上げました。2016年11月4日の初日だけで、およそ3260万ドル近くもの金額を稼ぎ、ボックスオフィス1位になり、興行に青信号を灯しました。そして、オープニング週末に8500万ドル近い成績を上げ、MCU単独主演シリーズの初作品としては、”アイアンマン”(2008)に次ぐ2位を記録しました。以後、約6日で1億ドルを超える興行を記録し、更に11月27日基準で2億ドルを超えました。

海外雑誌のフォーブス誌では、予想外に順調なオープニング成績の為か、アイアンマンのいないマーベル映画の中で初めて8億ドルの興行を突破すると予測しました。

2016年11月16日現在、5億ドルを突破しており、11月27日現在、6億ドルを突破しています。これで、”アイアンマン”(2008)の記録を塗り替え、単独主演映画のトップに躍り出ました。2016年12月11日基準で、”マイティ·ソー ダーク·ワールド”(2013)の成績を超えています。2016年2月6日基準で、DCエクステンデッド·ユニバースのヒーロー映画”マン·オブ·スティール”(2013)のワールドワイド成績を超えました。

最終成績は、6億7千7百万ドルで純制作費の4倍以上を稼いだので、かなりの興行となったのです。

サム·ライミ監督は、マーベルと再び手を組む事になるでしょうか。

多数の現地メディアは、マーベルスタジオとサム·ライミ監督が”ドクター·ストレンジ·イン·ザ·マルチバース·オブ·マッドネス”(2022公開予定)の演出を議論中だと伝えました。”ドクター·ストレンジ”を演出したスコット·デリクソン監督は、続編のメガホンまで握る予定だったが、創作的な見解の違いで監督の座から退いたのです。スコット·デリクソン監督は総括製作者として、ドクター·ストレンジ·イン·ザ·マルチバース·オブ·マッドネス”(2022公開予定)に参加します。

サム·ライミ監督は、大きな人気を集めているスーパーヒーロージャンルの礎石を築いた人物です。彼が演出したトビー·マグワイア主演の”スパイダーマン”(2002)三部作は、世界中で25億ドル以上の収益を上げており、特に2004年作”スパイダーマン2”は、今でも<最高のスーパーヒーロー映画>の一つに挙げられており、興行と作品性の両方を認められています。”スパイダーマン2”(2004)に、”ドクター·ストレンジ”関連の冗談が登場した事実が知られ、サム·ライミ監督が合流するか、どうかに多くの関心が集まっています。

“ドクター·ストレンジ·イン·ザ·マルチバース·オブ·マッドネス”(2022公開予定)は、ファンの間でいろんな話が行き交っている作品です。まだ具体的なあらすじは公開されていないが、ケヴィン·ファイギはDisney+オリジナル”ワンダヴィジョン”(2021)と直接的に繋がるとし、ドラマと映画が一つの世界観(マーベル·シネマティック·ユニバース)を共有している事を、強調して注目を集めました。”ドクター·ストレンジ”を率いたベネディクト·カンバーバッチとキウェテル·イジョフォー、ベネディクト·ウォンだけでなく、ワンダ·マキシモフ役のエリザベス·オルセンが続編出演を確定したが、レイチェル·マクアダムスは続編には出演しないようです。

 

スタッフやキャスト

脚本:スコット·デリクソン / ジョン·スペイツ / C·ロバート·カージル

監督:スコット·デリクソン

音楽:マイケル·ジアッチーノ

主題歌:Michael Giacchino / The Master of the Mystic End Credits

登場人物 / 役者

スティーヴン·ストレンジ : ドクター·ストレンジ / ベネディクト·カンバーバッチ

モルド / キウェテル·イジョフォー

クリスティーン·パーマー / レイチェル·マクアダムス

ウォン / ベネディクト·ウォン

ニコデマス·ウエスト / マイケル·スタールバーグ

ジョナサン·パングボーン / ベンジャミン·ブラット

ハミヤ / トポ·ウェルネスニーロ

ルシアン·アスター : ストロング·ゼロッツ / スコット·アドキンス

ブルネット·ゼロッツ / ザラ·フィシアン

トール·ゼロッツ / アラー·サフィ

ブロンド·ゼロッツ / カトリーナ·ダーデン

ダニエル·ドラム / マーク·アンソニー·ブライトン

カエシリウス / マッツ·ミケルセン

エンシェント·ワン / ティルダ·スウィントン

ソー / クリス·ヘムズワース(ノンクレジット·カメオ出演)

 

ドクター・ストレンジ あらすじ

絶望の果てに得た魔術の力で、彼は再び人々を救う事が出来るのか。

時間と空間の概念を超えた世界で繰り広げられるアクション超大作!!

突然の事故で神の手を失った天才外科医ドクター·ストレンジ。彼を甦らせたのは–魔術。

厳しい修行により魔術を習得した彼は、世界を滅亡から救う為<闇の魔術>との戦いに巻き込まれていく。

だが、医者である彼に、敵の命を奪う事は出来るのか??大いなる葛藤を抱えたまま、今ドクター·ストレンジの本当の戦いが始まる!!

-https://marvel.disney.co.jp/movie/dr-strange.html-

 

ドクター・ストレンジ 見どころ感想

選択と集中に成功した”ドクター·ストレンジ”は、圧倒するスペクタクルと悪党との説得力ある時間空間を支配したアクションとストーリー構成も興味深く、嘆声をもらす程立派でした。

ここまで、魅力的な主演女優達に再び会えるのだろうかと思う程、完璧に近いビジュアルとストーリーライン、そしてマーベルの新しいヒーローとしての資格がある事を証明しました。

スペクタクルとファンタジー、アクションと冒険、それにタイムスリップまで自由自在に動いた、まるで遊泳するような”ドクター·ストレンジ”は不思議に近かったです。

一瞬一瞬にして爆発するマーベル式ユーモアは相変わらずだったし、別次元の話とアクションが新しさを加えたマーブルの新しい英雄スティーヴン·ストレンジの誕生が嬉しくてたまらない程でした。

アクションよりは魔法による映像美を追求した従来のマーベルの英雄物とは一線を画して、更に新鮮でした。

驚くべき境地の視覚効果が目を楽しませており、時空間を超越した魔法の世界が興味津々な”ドクター·ストレンジ”。

スティーヴン·ストレンジ/ドクター·ストレンジについて

スティーヴン·ストレンジ/ドクター·ストレンジは、マーベルコミックスのの魔法使いで、現MCUソーサラー·シュプリーム(Sorceress Supreme)。

彼は、元々は手術の腕前と天才的な才能によって、富と名誉まで持っている傲慢な性格の持ち主でした。医者時代のスティーヴン·ストレンジは、見方によっては、あのトニー·スタークよりも傲慢と言える程でした。同僚のお医者さんに、大恥をかかせるとかどうやら作中で事故で医師としての全てを失った状況なので、神経が鋭敏になっていて手術してくれた同僚にも暴言を浴びせ、自分の面倒を見てくれるクリスティーン·パーマーにも気難しく振舞い、関係が破綻するなど非常に神経質な姿を見せています。キャリアを台無しにしたくないという理由で、難しい手術を拒否したり、医師として稼いだりする度に、派手な生活を楽しむ事に使い果たすなど、俗物的な部分がありました。しかし、エンシェント·ワンの教えを受けて、かなり柔軟になったのです。

マイペースで傲慢で天才的で知的という点で分野は違うが、トニー·スタークを連想させる人々が多いのも納得でしょう。“アベンジャーズ/インフィニティ·ウォー”(2018)で会った時、多くの人々の予想通り、トニー·スターク特有の気争いで全然押されず平気で切り返すなど、彼に劣らない性格だという事を証明しました。それでも突然驚かした後、驚かさせるなと言わんばかりに、トニー·スタークに「結婚おめでとう」と挨拶を付け加えたのを見ると、それなりのマナーもあります。しかし、トニー·スタークが以前もヒーローになった今も、愉快でユーモラスな性格で内面的に弱い部分が多いのに対し、スティーヴン·ストレンジは、真剣で非常に強い意志を持っています。

そうして、こんな性格に隠れてよく見えないのだが、命を扱うにあたっては、医者の時から相変わらずとても真面目であります。初対面で、彼がエンシェント·ワンに暴言を浴びせたのも、全財産を捧げて来た所が期待とは裏腹に医療施設ではなく、カルト集団だった点もあるが、このような迷信的な信仰や霊的な力だけを盲目的に頼る治療行為は、ややもすると患者の治療時期を逃すようにし、死に追い込みかねないからです。

一般人も、このような信仰治療に拒否感を持つのは当然だが、その信仰治療の為に目を覚まして見られない姿を多く見て来た医師なら、尚更です。車の中での言葉が、傲慢で問題でした。どうせ、スティーヴン·ストレンジが諦める位なら、本当に見込みのない患者でしたし、逆に患者を生き返らせる事も出来ます。実際、映画の序盤のシーンだけを見ても、医師としてのプロ意識自体は、確かにありました。

MCUのアイアンマンがコミックスに比べて、ずっと良い人と描写されたのと同様に、スティーヴン·ストレンジもコミックスより常識人になっています。原作コミックスのスティーヴン·ストレンジは、善良な目的を追求し、賢者らしい姿の裏で傍観する超越者、または非常識的な電波系気質及び、ソシオパス的な本性を憚りなく表しています。しかし、本作では傲慢な天才だが、根本は善良で意外な温かい姿も見せてくれます。また、たまにシックなユーモアを言っているのです。

交通事故で手の関節の神経が切れて、手を使えなくなると、手を直す為にエンシェント·ワンの下で弟子になり、能力を身につけて学びながら、魔法使いになります。後天的障害を負った為、手が震え、”マイティ·ソー バトルロイヤル”(2017)クラシックコスチュームの黄色手袋を着用しています。

先代ソーサラー·シュプリームをしのぐ天才性を持っています。ソーサラー·スプリームとして、宇宙の秩序とバランスを保ちながら担う、宇宙の全ての存在を外部の脅威から守り抜いています。最高の魔法使いとして、スティーヴン·ストレンジは、マーベル世界でも、かなり強力な地位とパワーを持っています。

スティーヴン·ストレンジは、初めて魔法に接した時は、駆使出来る魔法が限定的で、戦闘に慣れていなかったのかと苦戦を強いられました。しかし、ドルマムゥとの対決、そして修練を通じて、高次元の魔法能力と知識を会得しました。”マイティ·ソー バトルロイヤル”(2017)で、Master of Magicと呼ばれるロキを翻弄する程の実力があります。“アベンジャーズ/インフィニティ·ウォー”(2018)で、スティーヴン·ストレンジとサノスの戦いが作中で唯一、サノスが最善を尽くした戦闘だったと言及した事を見ると、スティーヴン·ストレンジの強さは、ヒーロー側の最強者だという事でした。

ただこの為、スティーヴン·ストレンジが、インフィニティ·ガントレットのないサノスより強いという意見もあるが、インフィニティ·ガントレットを外しても、サノスがヒーロー達を殴りつけたという作家陣の言及と、スティーヴン·ストレンジはサノスの皮膚を切る事が出来ず、ただソーのストームブレイカーだけが、サノスの腕を切る威力を出せる」という監督の言及を考慮すると、スティーヴン·ストレンジは、サノスの攻撃を傷付けるような魔法はあるが、彼にとって攻撃は傷を防ぐ事が出来ます。

但し、サノスと上手く相手したのとは比べ、サノスの手下であるエボニー·マウに制圧されたが、各作品の監督がキャラクター間のパワーバランスを大きく考慮していない点を勘案すれば、ナーフと見る事が出来ます。”キャプテン·アメリカ/ウィンター·ソルジャー”(2014)のルッソ兄弟監督の話によると、インフィニティ·ストーンを収集するのに特化したブラックオーダー戦士エボニー·マウは、わざとスティーヴン·ストレンジがアガモトの目を開放する瞬間を狙って、制圧したといいます。

宇宙的存在と1対1のマッチを成功させる数少ないキャラクターで、残りの存在の間では最強の仲間入りを果たす程、強いのです。ソーサラー·スプリームという職位のお陰で、宇宙級事件が起これば、十中八九スティーヴン·ストレンジが出ます。人間を凌駕する知恵のお陰で、<マーベル最高の賢者>とも呼ばれ、ヒーロー達の生活が厳しいと、やって来て相談をする支柱ともなります。

魔法マスタリーなら宇宙最強であり、ゆえに魔法に関わる事には、端役としてでも登場します。また、ファンタジー、特に魔法に関連したキャラクターは、<ドクター·ストレンジ>を見ると、恐怖に怯えながら、自ら低姿勢で接します。

例えば、ドクター·ドゥームさえ<ドクター·ストレンジ>の前では、限りなく小さくなります。ドクター·ドゥームが、絶対的な捕縛を加える<クリムゾン·バンド·オブ·サイトロック>の呪文を、スティーヴン·ストレンジにかけたが、呪文をきちんと使わなければ、反撃されるという嘲弄と共に、3秒で制圧されたのが好例です。スカーレットの位置とマジックもスティーヴン·ストレンジの前では、一手折っ入ります。重畳でマルチバスが没落している時、ドクター·ドゥームの次に、最も答えに近付いた存在がスティーヴン·ストレンジで、ブラックプリーストの攻撃方法を見抜いて、彼らの長として現れました。”What If…?”(マーベル·スタジオが製作するアメリカ合衆国のアニメシリーズ)では、シルバーサーファー、ジーン·グレイと共に地球で最も優れた能力者達の一人として指名されました。

以前は、全ての事を余裕を持って、解決する最高レベルが特徴のキャラクターでした。エンシェント·ワンの力を受け継ぎ、魔法で死を乗り越えたから不老不死であり、ある程度の相手はたやすく、もて遊ぶ時間を簡単に操作する事が出来、場合によっては、時間が擬人化されたエタニティの化身にもなります。90年代のコミックスでは、力の調節が出来なくてポケットディメンション(<ポケットディメンション>と呼ばれる異空間を生み出し、その空間内を通り抜ける事で、どんな場所にでも侵入する事が可能)を一つ壊したと悲しむ恐ろしい姿を見せてくれました。進んで平凡な魔法使いになって引退した”ドクター·ストレンジ·イン·ザ·マルチバース·オブ·マッドネス”(2022公開予定)でも、宇宙的存在であるイン·ビットウィーナーを、コップの中に封印する事を果たします。その為に、実に強い地位を有していました。

“ドクター·ストレンジ”について

プロデューサーのケヴィン·ファイギは更に、スティーヴン·ストレンジのMCUの魔法について、ドキュメンタリー”コスモス”(1980)に触れながら、量子力学と関係がある事を話し、魔法は理解する者には科学だが、そうでない者には神秘だと話しました。ある程度、納得する程の現実性を重視するシネマティック·ユニバースらしい選択といえます。”マイティ·ソー”(2011)の実写映画シリーズで見たように、十分に発達した科学技術は魔法と区別出来ないという予告編を見ると、魔法は漫画での表現の一つである<神秘術>(Mysticart)と表現されるます。

一方、ケヴィン·ファイギの別のインタビューを見ると、スティーヴン·ストレンジは自分が長い間好きなキャラクターであり、14年以上インタビューで言及して来たキャラクターで、既存マーベルが見せてくれた億万長者ヒーロー、戦場のヒーロー、ストリートヒーロー、宇宙のヒーロー、神界のヒーローとは差別されるマーベルコミックスのもう一つの世界であり、超自然的な領域、つまり魔法に関わる重要なヒーローになるだろうと言及しています。

“グリーン·ランタン”(2011)、”ロード·オブ·ザ·リング”(2001)シリーズとストーリーや素材は、類似点が多いとの意見もある方で、平凡な人間だった主人公が、実は優れた才能を持っており、ヒーローとして覚醒するオリジンストーリーという点、序盤に主人公が月が見える程、地球の外に飛んで行くという点、主要道具が指輪である点、緑色に代表される能力を使うという点、巨大な頭がふわふわする形の宇宙級スケールのヴィランが登場するという点、クッキー映像で助力者だった人物が、結局ヴィラン化する内容が出て来るという点など、実際に似ている点が多いのです。

また、それまでのディズニー映画と比べて人気が高く、暗くて奇怪な演出が多かったと、評価されたりもしました。数百個の手が飛び出す奇怪な場面など、ホラーな場面はもちろん、映画が始まるや否や出て来る人を空中にぶら下げておいて斬首して殺す場面、剣などに切られ、刺された戦闘場面、香港での戦闘場面で破壊に巻き込まれた女性が、車のフロントガラスの外に落ちて、頭から血を流しながら死亡する場面などがその例です。香港での戦闘の場面を逆に回してみれば、その惨状が分かります。

また、カエシリウスが教会にいた神父を、空間の破片で切り殺して、聖書に血がばらまかれる映像もあります。事実、”ズートピア”(2016)、”キャプテン·アメリカ/ウィンター·ソルジャー”(2014)、”シビル·ウォー/キャプテン·アメリカ”(2016)、”ローグ·ワン/スター·ウォーズ·ストーリー”(2016)など2016年に公開された他のディズニー映画も、社会批判的な要素、バッド·エンディング、暗い戦争物のストーリーとホラーな演出など既存のディズニー映画とは差別化された要素があるのです。このような点では、 スコット·デリクソン監督の色が滲み出ています。

本作の見所について

–優れたビジュアルテリング

映画を批判する人も認めざるを得ない本作最高の長所であり、単に映像美にとどまらず、ビジュアル描写自体がストーリーテリングと世界観·哲学観の確立にも繋がったという点で、高い評価を受けました。平面の規則的な分割による無限な空間の拡張と、循環を具現した画家 マウリッツ·エッシャーの芸術的霊感を、スクリーンで一段階進化して成し遂げた映像美は、かなり圧倒的です。

魔法使い達の能力によって、新しい造形物を作り出す事にとどまらず、既存建築された摩天楼などの建物を上下左右に絶えずずらして、予測不可能な垂直水平空間を作り出し、これがただの背景ではなく、実際に作中戦闘に積極的に使われるという点が、批評家達の満場一致で好評を得ました。封切り前も、10月12日に北米を含む数カ国でたった15分間、マルチバース描写を含めた戦闘シーンを見せるハイライト試写会を開いたが、ビジュアル面で賛辞を受けました。

そして、これは公開後、本編115分の映像が全て公開されると、更に評価が上がっています。スーパーヒーロー映画やロボット映画でキャラクターのパワーや格闘の規模を強調しようとすると、よく背景が甚大な被害が生じる姿を描写します。例えば、周辺の建物は、ただ破壊され崩壊する為に存在する反面、”ドクター·ストレンジ”の千変万化する背景は、それ自体で一つの有機体やキャラクターのようであります。劇中のひねくれた時空間で人物が喧嘩をする時、周辺にそびえ立っていたビルはある瞬間転んだり、横になったりひっくり返ったりする方式で対決の幻想的な場を提供し、粘り強く前進していくというビジュアルテリングの独創性を強調しました。

アイマックスカメラを使ってはいないが、1.9:1アイマックスの割合映像分量が60分程度になるのです。アイマックスで見る場合、アクションシーンの多くは画面いっぱいになり、かなりの満足感を与える要素となります。

–魔法という概念を導入して世界観を拡張

従来のマーベル·シネマティック·ユニバースは、科学的な設定とある程度の現実的な演出を重視する世界観であったのです。このような世界観に魔法、マルチバース、魂の世界、宇宙的存在といった超現実的なオカルト設定を取り入れる事は、ともすれば設定上の乖離感を起こしたり幼稚だと酷評されるかも知れないが、”ドクター·ストレンジ”において、既存のファンタジー映画と差別化された東洋武術と魔法、そしてスペースオペラを融合させて斬新かつある程度現実的に描写する事で、自然にMCU世界観に魔法という概念が定立している点も素晴らしく、異なるマーベル関連媒体としています。”ドクター·ストレンジ”の成功のお陰で、その後MCUで、オカルト的な設定のヒーローや映画が、更に出る事を期待するファンも多いようです。

建物そのものだけでなく、窓や柱のようなものも時々刻々と模様を変えるが、人物達が両手で作り出す花火模様を含め、このような姿は魔法やマンダラモチーフを印象的に借用しました。このように、多様な方式で円と四角と三角形が増殖並列されたり、交差重畳する視覚デザインは、考え方が現実を作り出す観念論的世界観に基づいているという事実とも密接に関連しています。

–東洋的な哲学観に基づいたキャラクターの立体的完成

魔法使い達の武術動作は、古代エジプト由来のタティングに基づいているというが、土着仏教化されたラマ教が精神的な支柱であり、中国自治州のチベット文化の歴史的背景と共に、サンスクリット語で構成された経典などが重なる手足の動線は、東洋の武術に従っています。科学に勝つのが魔法で、肉体を凌駕するのが精神というメッセージは東洋的、密教的情緒であり、画面演出のあちこちで<長子>の<済物>と<胡蝶夢>の影響を見る事が出来ます。映画の素材は空間次元の時間などだが、最も確かなテーマは<最も危険な少ない時間だが、だからといって死が終わりではない>という<般若心経>の<色即是公共即色>と連携する老子の無為自然論です。スティーヴン·ストレンジからカエシリウス、エンシェント·ワン、モルドまで<自然の道理で生きるのが正しいのか、それとも摂理を破っても、平和を維持し生命を延長するのが正しいのか>に対する疑問を絶えず、投げかけて思索させています。

–周辺人物描写

魅力的なキャラクター描写に長けているマーベルスタジオの製作陣らしく、助演級の登場人物の中でもよく作られた魅力的なキャラクターが多いでしょう。超越的で神秘的でありながら、人間的な面が残っている立体的なキャラクターであるエンシェント·ワン、スティーヴン·ストレンジをヒーローの道に導いたが、尊敬する人物に対する信頼が崩れた事で、悪の道に落ちたモルド、厳格で真摯な性格とは違って、意外にギャグをよく見せてくれるウォンなど、ストレンジの助っ人の中には魅力的なキャラクターが多い方です。

–ドルマムゥとの最終戦

まだ魔法を学んで間もない初心者の魔法使いスティーヴン·ストレンジが、魔法は足りなくてもタイム·ストーンを適切に活用し、自分の傲慢さと自尊心を全て手放すと、交通事故以後絶えず苦しめて来た死と苦痛に対する恐れさえ、乗り越えます。「一度も勝つ事が出来なくても、永遠に負ける事は出来る。苦痛はもう慣れた」と宣言し、果てしないタイムループで死を迎え、ドルマムゥを捕まえておいて、結局望むことを成し遂げる展開は、ヒーロー達が更に強くなったスーパーパワーで、悪党を制圧するクリシェ展開方式を脱した、非常に斬新な演出であり、ドクターの知恵と精神的な成長、ドルマムゥの力強さをよく描いた素晴らしい演出です。事実、これは漫画でドルマムゥと初めて対面した時、彼を退治した方法に対するオマージュで、”ドクター·ストレンジ”原作特有の独特の病味展開を、映画でも忠実に具現化しました。特に、宇宙的存在と無数に戦った経験を積むようになった事を考えれば、以後スティーヴン·ストレンジの魔法熟練度が、日進月歩せざるを得ない当為性も提供してくれます。もちろん、映画のクリシェイン最終ボスとの熾烈な大規模戦闘を期待したならば、とんでもない結末に失望する事もあるが、概して好意的です。

スポンサーリンク

ドクター・ストレンジの魔法能力について

スティーヴン·ストレンジは、優れた魔法能力を持っています。

魔術/ミスティック·アーツ

エルドリッチ·ライト

至高の魔術師(ソーサラー·スプリーム)

スリング·リング

浮遊マント

アガモットの目

アストラルプロジェクション(幽体離脱)

分身の術(イリュージョン)

竜巻を発生させる(ウインドプロジェクション)

多種多様なものを防ぐシールドを展開(エネルギーシールド)

火炎放射(ファイアープロジェクション)

瞬間移動

催眠術

念動力

黒魔術

持久力と忍耐力

完全記憶能力

知的能力

不老不死

過去のカンフー映画”ドランクモンキー 酔拳”(1979)や、”少林寺”(1982)の東洋映画のようでした。このスティーヴン·ストレンジというキャラクターは、マーベルでハルクと並んで、最も優れた能力を持った人物です。マーベル漫画での能力値より、かなり減らした人物がハルクとスティーヴン·ストレンジですよね。映画では、バランスを取らなければなりませんから。

両手が不自由になったスティーヴン·ストレンジが、どのように回復するのかと思いましたが、ここにかなり複雑で、大宇宙的な話がありました。宇宙には、ドルマムゥと呼ばれる途方もなく邪悪で、巨大な力を持ったヴィラン(一種の神のような存在)が、ダークディメンションに住んでいるが、そのダークディメンションを次第に拡張していくにつれ、宇宙を悪で覆い隠そうとしているそうです。そんなドルマムゥから、地球を守る人達が、まさにソーサラー·シュプリームと言うリーダー魔法使いとその弟子達ですが、その元祖はアガモトだと言い、現在はエンシェント·ワンがその役割を果たしています。彼らの群れは、地球に3つの生き埋めになっていますが、それをニューヨーク、香港、ロンドンと言います。3つの生き埋めが、お互いに保護膜を形成して、地球を守ると言います。

地球は、<アベンジャーズ>が守っていると思っていましたが違います。エンシェント·ワンと、その弟子達である魔法使い達が守ってくれるという結論ですね。アイアンマンが守っていると思ったら、ソーの住むアスガルド惑星のオーディンという王が、地球を含め9つの惑星を守ってくれる事が明らかになったが、それでもなく、魔法使い達が守ってくれる。これだけを見ても、スティーヴン·ストレンジがいかに、汎宇宙的な話かが分かります。彼には、時空間を調節する能力があるのです。例えると、”インセプション”(2010)で見た場面を数倍強力で最もらしく表現しています。時間の調節、これは本当にCGの中でも、素晴らしいグラフィックです。

マーベルの話を見ると、一体、神様は何処にいるのか分かりませんね。サノス、ドルマムゥなど、あらゆる変な宇宙悪党がいても、知らん振りをしているからです。もし、アイアンマン一人の能力者だったら..全てのヒーローが、皆一つの能力を持って生まれたのに、スティーヴン·ストレンジはただのちょっと独特な人間医者で、エンシェント·ワンという坊主頭のような数百歳の呪術女性に出会ってから、魔法使いとしてのアイデンティティを見つけて、一日で魔法使い集団のリーダーに生まれ変わります。魔法使いなので、一般の人間とは次元が違います。アイアンマンのように飛ぶ必要もなく、ソーのような虹のブリッジらしきもので素移動する必要もなく、ただ手を動かして、燃える円形のようなものを作って歩いて行くと、他の場所です。これは、別名<スリング·リング>と言います。これを作って一歩一歩歩いて行くと、他の場所に移動します。そして、ここに悪い魔法使いを移動させ、閉めてしまったら閉じ込められたりもするといった、ちょっと次元が違う能力のヒーローだと言えます。

突然とてつもない能力者になったスティーヴン·ストレンジが、ドルマムゥに出会う場面は圧巻です。一種別次元の宇宙のような所で、一種の霊的存在のようなドルマムゥに出会うのですが、ドルマムゥはスティーヴン·ストレンジを、一発で処断できる恐ろしい能力を持っています。最初から喧嘩そのものは避けるべきです。一撃で、秒殺です。しかし、ドルマムゥですら、どうしても避ける事の出来ない武器を、スティーヴン·ストレンジは持っています。それは、タイムループです。こんな神的能力のドルマムゥも、タイムループという武器の前ではどうしようもないですね。勝てなくても、永遠に引き分ける方法を使う..毎回死ぬけど永遠に負ける..負けるのが終わらない..勝っても勝っても終わりがない..百の能力を制圧する一つの能力..これは、本当に奇抜でした。

“ドクター·ストレンジ”は、本当に味見だけしてくれた状態で、一旦”アベンジャーズインフィニティ·ウォー”(2018)に出演しますが、おまけ映像で続編の登場を暗示していた為、独自の2本が登場すると思います。ソーと余裕のある私語を交わす、おまけ映像が面白いです。「もう地球はウィザードが守るんだって??」と、皮肉を言うソーに向けて、<危険な人物リスト>にロキも含まれているという言葉が、興味深いです。ロキは、何だか憎らしくない宇宙の悪党です。

この映画でも、インフィニティ·ストーンが言及されてますが、既にマーベル映画のあちこちにインフィニティ·ストーンの言及が、登場し続けています。マーベル映画は既に、”アベンジャーズインフィニティ·ウォー”(2018)に向かっていました。そこに、スティーヴン·ストレンジも2016年に合流した訳です。

この映画で名場面について

スティーヴン·ストレンジが、ヴィラン達のボスとして出てくるドルマムゥと決闘をするシーン、そしてエンシェント·ワンの教育する台詞が印象に残ります 。

最初の場面は、スティーヴン·ストレンジがヴィランと戦う場面で、このヴィランに勝てないと、地球を救えなくなる場面です。この場面で、スティーヴン·ストレンジは苦悩し、どのようにして地球を救える事が出来るか悩むようになりました。そんな中、正解を見つけて、その方法でドルマムゥと決闘を申し込みます。どんな方法か、どのように戦闘するかは、映画を見れば分かります。この場面が、今でも沢山パロディーされているのを見て、人々にとって、名場面と言えるようですね。

2番目の場面では、エンシェント·ワンの自然に対する流れなど、様々な倫理をスティーヴン·ストレンジに教育します。正直、この場面で特に何か凄いといった場面よりは、その倫理と論理が、現在の人々を生きる上で、必要な教訓ではないかと思います。

立証された俳優達の好演について

スーパーヒーロー映画としては珍しく、演技力の優れた俳優を集めたキャスティングは、荒唐無稽に感じられる話に、最低限の現実感を与えるという特徴を持っています。このように事故に遭い、別の道を選んだ米国人医師を演じた英国人俳優ベネディクト·カンバーバッチは、満場一致の賛辞を受けており、ティルダ·スウィントンは従来のホワイトウォッシング議論を忘れさせる程、国籍も性別も年齢も見当がつかない独特な演技で、エンシェント·ワンを表現しました。魔法とカンフーに魅了されて参加したというマッツ·ミケルセンは、スタントまで殆ど担当する程、熱意を見せ、キウェテル·イジョフォーのモルド役の演技は、原作と映画を全て合わせて後続作に対する期待感を増幅させました。英米圏時事会の反応もまた、キャラクター紹介はバランスが素晴らしいという評価が多いのです。

スコット·デリクソン監督がインタビューで明らかにしたが、当初からスティーヴン·ストレンジ役としてベネディクト·カンバーバッチを望んだと言います。ただ14年、最初に製作の話が出た時は、ジャレッド·レトがドクター·ストレンジ役候補に上がっていたそうです。また、マーベル側がイーサン·ホークと出演交渉をしたという報道もあったが、最終的にベネディクト·カンバーバッチが決まったのです。

スティーヴン·ストレンジとして登場するベネディクト·カンバーバッチ。ベネディクト·カンバーバッチは、”アイアンマン”(2008)のロバート·ダウニー··Jr同様に適役に見えます。彼は、人気が高いハリウッド代表男優の1人です。

実は、英国ドラマ BBCドラマ”SHERLOCK(シャーロック)”(2010-)が出た2010年頃までもハリウッドでは認知度が低かった彼。彼にも、チャンスが訪れました。スティーブン·スピルバーグ監督の”戦火の馬”(2011)に出演し、その翌年、”ホビット 思いがけない冒険”(2012)に出演しました。

そして、”スター·トレック イントゥ·ダークネス”(2013)で、非常に印象的な演技を披露し、”それでも夜は明ける”(2013)、”ブラック·スキャンダル”(2015)に続き、今作”ドクター·ストレンジ”まで、幅広いジャンル分野での活躍ぶりを見せています。

華麗で華やかなビジュアルで装われた”ドクター·ストレンジ”。何よりも神の一手のようなスティーヴン·ストレンジ役のベネディクト·カンバーバッチのキャラクターは、彼だからこそのキャラクターを演じ切っていました。

スティーヴン·ストレンジは、成功した医師から不意の事故で墜落した英雄に生まれ変わったある人生を生きながら、未来の選択に対して葛藤を生むキャラクターです。この曲線の人生と苦痛を持つキャラクターの演技を、BBCドラマ”SHERLOCK(シャーロック)”(2010-)のシャーロック·ホームズ、”イミテーション·ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密”(2014)アラン·チューリング、BBCテレビの映画”ホーキング”(2014)の天才物理学者スティーブン·ホーキングから知られるベネディクト·カンバーバッチが担当しました。

「博士のように複雑な内面で演技出来る俳優は多くない。」スコット·デリクソン監督が言いました。「ベネディクト·カンバーバッチとご一緒出来て良かったです。彼が演技したスティーヴン·ストレンジは、Marvel Cinematic Universusの方がより強かったです。ベネディクト·カンバーバッチのスティーヴン·ストレンジは特別なキャラクターです。これは彼がスーパーヒーローに生まれ変わった事を示しています。傲慢さの為に好きではなさそうだが、結局好きでなければならない魅力がある」と話しています。

ベネディクト·カンバーバッチは、性格以外にも英雄の勇壮で現実的な姿を見せる為に努力して来ました。弾力的な運動と強い筋力運動で作られ、赤いマントと派手な口ひげを装着し、漫画原作のキャラクターで完全に溶け落ちる変身を披露します。本作はマインドを発揮して見せる新しい英雄の誕生に関心が集まっています。

“ドクター·ストレンジ”は、マーベルフィルムの海外映画祭で優勝したり指名された俳優が最も多く出演している映画です。世界最高の俳優達が披露するファンタスティックなシナジーが、ファン達の期待を集めています。まず”ドクター·ストレンジ”のベネディクト·カンバーバッチがテレビ部門主演男優賞を受賞し、世界の人気ドラマで不思議な探偵シャーロック·ホームズを演じ中毒シンドロームを起こしました。彼はまた、映画”イミテーション·ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密”(2014)で天才数学者のアラン·チューリングを演じ、第88回アカデミー賞最優秀主演男優賞にノミネートされました。

ベネディクト·カンバーバッチの他にも、レイチェル·マクアダムス、ティルダ·スウィントン、マッツ·ミケルセン、キウェテル·イジョフォー、スコット·アドキンスなどそれぞれのキャラクターも、目の保養にさせてくれる映画でした。

スティーヴン·ストレンジの恋人として、<ロマンスの女王>レイチェル·マクアダムスがクリスティーン·パーマーを演じる事になり、レイチェル·マクアダムスが、初めてヒーロー映画の恋人役を演じて話題になっています。レイチェル·マクアダムスは、この世界に動揺するような感情を与えてくれます。

マーベル映画の女優としてはグウィネス·パルトロウ、スカーレット·ヨハンソン、ナタリー·ポートマンに続いて登場するA級女優です。

“きみに読む物語”(2004)と”アバウト·タイム〜愛おしい時間について〜』”(2013)で、国内観客達に愛されているレイチェル·マクアダムスは、スティーヴン·ストレンジの恋人であり、同僚でもあるクリスティーン·パーマー役を演じ、熱演を繰り広げています。Rachel McAdamsは、Spotlightの88回目の最優秀助演女優賞にノミネートされました。

女と男の間”オルランド”(1992)であれ、天使と悪魔の間”コンスタンティン”(2005)であれ、境界線に置かれたキャラクターの両面を描くのに、ちょうど良いティルダ·スウィントンもそうです。

“ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女”(2005)や”フィクサー”(2007)のティルダ·スウィントンは、魔法者のリーダー、エンシェント·ワンとして出演し、坊主頭だが上品な姿を見せてくれます。本当に綺麗な女優さんで、坊主頭にあんなに似合う女優さんも、本当に珍しいです。また、第24回ヨーロッパ映画最優秀助演女優賞を受賞、アメリカとイギリスのアカデミー賞で、最優秀助演女優賞を受賞した、最高の演技女優です。変身の帰還により、数世紀にわたって生きて来た神秘的な存在を演じ、再び驚くべき存在感を見せます。

マッツ·ミケルセンとキウェテル·イジョフォーも、やはり優雅で重い演技をしています。

ドルマムゥに地球を捧げて、ダークディメンションにしようとする邪悪な悪役の魔法使いカエシリウスを、多国籍映画で大活躍する個性派俳優のマッツ·ミケルセンが演じ、彼は本作の為に体重を増やしました。カンヌ映画祭で主演男優賞を受賞し、映画で禁止された力の秘密を破る手段と、方法を選ばないカエシリウス役を演じ、強烈なカリスマを誇示しました。

最後に、エンシェント·ワンの忠実な腹心であるモルド役でキウェテル·イジョフォーが出演します。キウェテル·イジョフォーとベネディクト·カンバーバッチは、”それでも夜は明ける”(2013)で、主人公奴隷と比較的善良な白人役で共演しましたが、今回はベネディクト·カンバーバッチがタイトルロールで、キウェテル·イジョフォーは比重のある助演です。12年間英国アカデミー賞とロンドン映画批評家協会の主演男優賞を受賞し、アカデミーゴールデングローブ主演男優賞にノミネートされました。彼が演じたモルドは、スティーヴン·ストレンジの友達で助手として、出演しました。

ベネディクト·カンバーバッチは、イギリスの伝統的パブリックスクールであるハロウスクール出身であり、大学入学前のギャップ·イヤーにチベットの僧院で英語を教え、マンチェスター大学で演劇を学び、マンチェスター大学を卒業後もロンドン音楽芸術学院で、引き続き演劇を学んだのです。あまりにも演技がお上手で、特に知的なキャラクターを演技をこなす時は、彼だからこそ完璧に似合うようでした。

これからも”SHERLOCK(シャーロック)”(2010-)、”ドクター·ストレンジ”のような推理の感じや天才役が出る映画に、沢山出演して頂ければと思います。

この映画の各種パロディーについて

1.OSTについて、サウンドトラックはマイケル·ジアッチーノが担当したが、”ドクター·ストレンジ”のテーマに、ハープシコード(チェンバロ)を利用した異質な雰囲気の旋律を書き、スティーヴン·ストレンジというキャラクターの誕生に、影響を与えたサイケデリック·ロック的な要素を借用するなど、斬新な試みで従来の型にはまったヒーロー物のサウンドトラックとは違う神秘的で、恐怖的な感じの音楽を作り出しました。また、マイケル·ジアッチーノが作曲を担当した、”スター·トレック”(2009)のメインテーマを連想させています。

2.映画にBGMとして、ポップソングがかなり流れます。スタートから、EARTH WIND & FIREのヒット曲<Shining Star>が流れる他、スティーヴン·ストレンジが手を失う前にすぐ前の山麓でドライブするシーンで、Pink Floydのデビューアルバムに載っている、10分もの大曲<Interstellar Overdrive>が流れます。この他にも、チャック·マンジョーネの70年度曲<Feels So Good>、ビヨンセのヒット曲<Single Ladies (Put a Ring On It)>が、挿入されました。

3.”ドクター·ストレンジ”も従来のMCU映画と同様、公開時点と現在が一致しています。スティーヴン·ストレンジの家で、2016年にもらった賞牌を示しています。また、スティーヴン·ストレンジが交通事故に遭う場面で、クリスティーン·パーマーから貰った時計が一度クローズアップされるが、日付が2月2日火曜日となっており、スコット·デリクソン監督が公認した為、2月2日が火曜日の2016年である事が確認出来ます。

ところが、劇中、スティーヴン·ストレンジがカマルタジで修練した期間が明示されず、タイムラインを誤解するファンが何人かいます。オピオフィシャルガイドブックに出たマッツ·ミケルセンのインタビューによると、スティーヴン·ストレンジの修練期間は9カ月程度だというが、映画年度で言うと、2016-2017年の間が、本作の時間帯になるでしょう。

4.今回、新たに発見されたイースターに、彼が話題となりました。スティーヴン·ストレンジの腕時計に事故当時、時計に現れた日付が2月2日で、この日はグラウンドホッグデー(アメリカ合衆国及びカナダにおいて2月2日に催される、ジリスの一種グラウンドホッグを使った春の訪れを予想する天気占いの行事)だが、この日を素材にしたもう一つのループ映画である”恋はデジャ·ブ”(1993)を、オマージュしたのです。2019年1月14日にTrip.comで広告を掲載したが、エンシェント·ワンを務めたティルダ·スウィントンが登場し、全体的に”ドクター·ストレンジ”の最初の部分で、マルチバスを探検する場面がパロディ化され話題になりました。

映画の序盤、実験用スーツを着て負傷した患者が言及されるが、海外でも国内でも、この人物が<ウォーマシン>だと勘違いする人が多いのです。これに対して、スコット·デリクソン監督は「ウォーマシンではない」と直接言及しました。前述したように、スティーヴン·ストレンジ事故の日付は2016年2月なので、2016年6月の背景である”シビル·ウォー/キャプテン·アメリカ”(2016)とは、時間帯が合わないのです。なお、最初からその患者は35歳で、<ウォーマシン>はまだ40代なので、年齢に合わないでしょう。

”アイアンマン2”(2010)によると、腰を痛めたハンマー使いが関係しているのではないかという推測もあるが、そうなれば、スティーヴン·ストレンジの事故は、少なくとも5年前に起きたという事だから、あまりにも昔話になってしまいます。オマージュだったり、実在で医師や新医療技術を探し続けていたのかも知れません。作中で見たように、医師達が見込みのない患者を受けないという事を、それとなく、描写した場面でもあるのですから。

5.”バーニング·オーシャン”(2016)、”ローグ·ワン/スター·ウォーズ·ストーリー”(2016)、”KUBO/クボ 二本の弦の秘密”(2017)、”ジャングル·ブック”(2016)と共に、2017年アカデミー授賞式の視覚効果部門にノミネートされたが、”ジャングル·ブック”(2016)が受賞しました。

英国アカデミー賞(BAFTA)授賞式でも、視覚効果賞、メイクアップ賞&ヘアー賞、美術賞にノミネートされました。視覚効果賞は、”ジャングル·ブック”(2016)、美術賞は”ファンタスティック·ビーストと魔法使いの旅”(2016)が受賞しました。

6.”スターウォーズ”(1977)へのオマージュで、手首を切られる場面が多く登場したMCUで、久しぶりに登場した登場人物の手首が元気な映画であります。ドクター·ストレンジが手が震えるというペナルティを持っている為、手にまた傷害を与えるのを避けたようです。

 

ドクター・ストレンジ まとめ

 

最も重要なのは、この映画”ドクター·ストレンジ”の魅力です。

これまで、”インクレディブル·ハルク”(2008)、”アイアンマン”(2008)、”キャプテン·アメリカ/ウィンター·ソルジャー”(2014)などに見慣れた感が高まっただけでなく、”アベンジャーズ”(2012)までシリーズで出て、観客のスポットライトを浴びるには少し飽きてきた頃、新しいマーベルのニューフェイスが、登場したのではないでしょうか。タイムリーに登場する<ドクター·ストレンジ>は、実上、全知全能の神のようなパワーを持っている為、従来のマーベルヒーローとは、どのような調和を成すかが注目される理由です。

スティーヴン·ストレンジの役割は、断然人類を救う事にあるが、スタートは本人の苦悩と葛藤を解消する為だったが、無限の力を得た彼の圧倒する領域に、第一歩を踏み出す事になりました。

“ドクター·ストレンジ”は、驚異的なビジュアルとCGで綴られたファンタジージャンルとしての愉快さに満ちており、マーベルヒーローの新しい領域への進入に成功しました。”ドクター·ストレンジ”の現実と時空間を飛び越え、いわゆる新しい境地に到達する場面は、明らかに観客に嘆声を与える程、楽しさを与えるに十分でした。

“ドクター·ストレンジ”の時間空間を超えた歩みが、興味深く描かれただけでなく、ユニークな魅力、それぞれのキャラクターの明確さが、集中力を更に高めさせます。”ドクター·ストレンジ”は、アクション冒険ファンタジージャンルで、一編の童話のような色彩が、実に幻想的なファンタジー世界に導き、いわゆる圧倒するビジュアルがランニングタイム2時間近く、観客に楽しさと興味を、完璧に伝えました。

この映画の一番良い点は、映像美が圧巻という事です。

”アベンジャーズ”(2012)英雄達が探す6つのストーンの中で、タイム·ストーンの主人になったドクター·ストレンジを扱っているので、時間を逆戻りして魔法の場面を、最も凝らした作品と言えます。

ダークディメンションという多少虚しい悪魔に対抗する決まりきったプロットにも関わらず、この映画は非常に精巧に作られており、結局、”アベンジャーズ/エンドゲーム”(2019)の中心プロットを取るきっかけになります。

マーベル映画のフェーズが繰り返されるにつれ、観覧客も多くなり、作品性も高くなったが、進入障壁もやや高くなるという懸念が大きかったのでしょう。

実際、”シビル·ウォー/キャプテン·アメリカ”(2016)の公開当時、”アベンジャーズ”(2012)を2本だけ見た観客はキャプテンの選択を理解出来ないという風な感想もあったが、該当作品はタイトル通り、”シビル·ウォー/キャプテン·アメリカ”(2016)であり、”キャプテン·アメリカ/ウィンター·ソルジャー”(2014)で、公権力の統制がややもするとファシズムに走りかねないという危険性を十分に描写し、”シビル·ウォー/キャプテン·アメリカ”(2016)まで、続いたものです。

しかし、”ドクター·ストレンジ”はマーベルマルチバスの拡張と同時に、完全に独立した作品として、前作との連携を全く知らなくても、十分楽しめる作品として作られています。スティーヴン·ストレンジ一人に集中し、<アベンジャーズ>チームと差別化された、魔法を使う新鮮なヒーローの登場に焦点を合わせた演出は、MCUに不慣れだったり、前作を復習していない観客も気軽に楽しむ事が出来ました。順序上では、フェイズ3の2番目の作品だが、フェイズ3の最初の作品である”シビル·ウォー/キャプテン·アメリカ”(2016)が、巨大な叙事の締めくくりを見せてくれたとすれば、本作で、MCUの新しい始まりを見せてくれました。

“ドクター·ストレンジ”は、本質的にはヒーロー映画だが、一方では、魔法と違う世界が登場するファンタジー映画でもあります。

ファンタジー映画は、”ロード·オブ·ザ·リング”(2001)の実写映画シリーズ、”ハリー·ポッター”(2001)の実写映画シリーズ、”ナルニア国物語”(2005)の実写映画シリーズ、”ホビット”(2012)の実写映画シリーズ並みに、素敵なファンタジー映画が出たのではないかと思います。

“ドクター·ストレンジ”は、マーベルで大きな役割を果たしています。最初から、スティーヴン·ストレンジが魔法を上手に使った訳ではありません。スティーヴン·ストレンジは、元々神経医科専門医でした。

しかし、自動車事故で手が殆ど使えなくなったスティーヴン·ストレンジは、自分の手を直す為に去り、師匠であるエンシェント·ワンに出会います。スティーヴン·ストレンジは最初、自分は役立たずの存在だと思っていたが、エンシェント·ワンに出会ってから、考え方が変わりました。

スティーヴン·ストレンジは、カエシリウスと戦い、重傷を負うが、クリスティーン·パーマーが彼を治療しました。そして、スティーヴン·ストレンジは、ダークディメンションに住むドルマムゥを訪れ、ドルマムゥがスティーヴン·ストレンジを殺したが、スティーヴン·ストレンジは、タイム·ストーンを利用して、蘇り続けました。

結局、ドルマムゥはスティーヴン·ストレンジに降伏しました。今やスティーヴン·ストレンジは、世界を守るスーパーヒーローになったのです。

 

 

 

※「ドクター・ストレンジ」はU-NEXT31日間の無料体験に登録すれば無料で見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\ドクター・ストレンジが無料で視聴可能です。/見逃し配信バナー

31日以内の解約なら完全無料!

”上記の情報は2021年5月15日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。”

どのサイトを選べばいいのかわからない。

そんな時は、こちらの記事が参考になりますよ。

おすすめの動画配信サイト どれを選べばいい?厳選10サイトを比較 見たいエンタメが見られる おうち時間の有効活用方法
動画配信サイトってたくさんあるけど、一体どこがいいんだろ? どうやって選べばいいのか迷うよなあ。 無料体験期間をフル活用! 初回登録は全て無料。最終的に落ち着いたのは、U-NEXTとAmazonプライムだった。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました