海のはじまりロケ地情報 葬儀場 海岸 大学 第1話あらすじまとめ - 山の生活
※当サイトのリンクには広告が含まれます

海のはじまりロケ地情報 葬儀場 海岸 大学 第1話あらすじまとめ

ドラマ

めめ主演ドラマ始まるんや!

ロケ地めぐりしたいけど、撮影現場どこやろ?

この記事では、『海のはじまり』第1話のロケ地やあらすじをまとめています。

海のはじまりロケ地情報第1話あらすじまとめ

スポンサーリンク

この記事でわかること

・『海のはじまり』1話のロケ地あらすじ

1話から最終話までのロケ地情報はこちら

『海のはじまり』1話のロケ地あらすじ

第一話ロケ地情報あらすじ

東京の印刷会社に勤務する月岡夏(目黒蓮)には、化粧品メーカーで働く百瀬弥生(有村架純)という恋人がいる。2人は平凡だが、幸せな日々を送っていた。ある日、夏のアパートで夏休みの予定を合わそうと話していると夏のスマートフォンに着信が。応対した夏の表情がこわばる。

翌朝、夏は実家へ。突然の訪問に、朝食中の父、和哉、母のゆき子、弟の大和(木戸大聖)は何事かと思うも、多くを語らない夏の雰囲気に事情を察する。自室で喪服を出していた夏に、和哉は黒いネクタイを差し出す。

葬儀場に来た夏は、“故 南雲 水季 儀 葬儀式場”と書かれた案内板の前で立ち止まる。大学時代の友人、真山純希が「何年ぶり?」と声をかけてきた。「8年ぶり」と答える夏。亡くなった水季(古川琴音)は、夏が大学時代に交際していたかつての恋人だった。

夏は焼香の列で、水季の母・朱音(大竹しのぶ)、父・翔平ら親族に挨拶をした際、一緒にいる女の子に目をとめる。その女の子が水季の子供だと知り、驚く夏。

スポンサーリンク

夏が葬儀場のロビーにいると、先ほどの女の子が津野晴明(池松壮亮)と会場から出てきた。夏は女の子に話しかける。女の子は海(泉谷星奈)と名乗り、6歳だと夏に告げた。夏は、水季との記憶に思いを馳せ…。

和田長浜海水浴場

海のシーンに使われたのは和田長浜海水浴場です。

〒238-0316 神奈川県横須賀市長井2丁目12

水季の葬儀が行われた葬儀場

学生時代の彼女・水季の葬儀が行われたのは静岡市民文化会館です。

〒420-0856 静岡県静岡市葵区駿府町2−90

 

弥生が話していたエレベーターホール

百瀬弥生(有村架純)が同僚と歩きながら話していたエレベーターホールはパレスサイドビルのエレベーターホールです。

年下と付き合ってるの納得

〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1丁目1−1

経堂駅

改札のシーンで使われたのは経堂駅です。

〒156-0052 東京都世田谷区経堂2丁目1

夏が通っていた成城明正大学

サークルの勧誘を受けていた月岡夏(目黒蓮)と南雲水季(古川琴音)が通っていた成城明正大学

夏が水季に自分で自分の選択肢狭めるなと言われた教室は相模女子大学です。

〒252-0383 神奈川県相模原市南区文京2丁目1−1

成城明正大学

水季が大学を辞めたことを電話で聞いた場所は城西国際大学 千葉東金キャンパスです。

1人で決めなきゃいけない時もある

夏くんより好きな人ができたと、別れを切り出す水季。この時から海を1人で育てる決意をしていたんだね〜

〒283-0002 千葉県東金市求名1

まとめ

『海のはじまり』1話のロケ地やあらすじをまとめました。

ロケ地めぐりの参考になれば幸いです。

 

1話から最終話までのロケ地情報はこちら

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました