ドラマ「TOKYO MER 走る緊急救命室」 第7話 あらすじ見どころ感想  1話〜全話無料視聴する方法!見逃しても安心

TOKYO MER
ドラマ「TOKYO MER 走る緊急救命室」を全話無料で配信しているサイトは「Paravi」のみです。

 

「TOKYO MER 走る緊急救命室」はTBSの公式動画配信サービス「Paravi」で独占配信中です!

いまなら2週間の無料体験を実施中!タダで1話から全話の視聴が可能です。

スポンサーリンク

 

動画を楽しみたいという方にはParaviがおすすめです。

・ParaviはTBSの公式見逃し配信サービス
・2週間の無料体験実施中
・ドラマ好きならParavi
TBS系列のドラマを独占配信中なので、ドラマ好きなら、Paraviが特に人気のサービスとなっています。
本記事のテーマ

ドラマ「TOKYO MER 走る緊急救命室」 第7話 あらすじ見どころ感想  1話〜全話無料視聴する方法!見逃しても安心

ドラマ「TOKYO MER 走る緊急救命室」を全話無料で楽しむ方法や、ドラマのあらすじ、見どころ感想、キャストの相関関係などを紹介しています。

「TOKYO MER 走る緊急救命室」第7話 あらすじ

外国人労働者が原因不明の症状を訴え、出動したTOKYO MER。集団食中毒事件と思われたが、なぜか現場は多くの警察官によって占拠されていた。事態の真相が見えないまま傷病者を搬送しようとする喜多見幸太(鈴木亮平)だったが、そこに公安刑事・月島しずか(稲森いずみ)が現れ、患者の身柄を拘束してしまう。この事件の背景には、政府を揺るがす大きな事件と驚くべき喜多見の秘密が…それは喜多見の「空白の1年」にも繋がっていた!

TBSテレビ「日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』」
TBSテレビ 日曜劇場『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』の公式サイトです。毎週日曜よる9時放送。主演・鈴木亮平。共演は賀来賢人、中条あやみ。オペ室を搭載したERカーで現場に駆ける救急医療プロチームの戦いを描く!

「TOKYO MER 走る緊急救命室」第7話見どころ感想

喜多見が監視されている

白金大臣の耳にも入っていないと言うのは、空白の1年に関係しているのかも知れないと言う音羽

 

MERで

家族の中がよくなってよかったですね。

このチームに恩返しがしたいと言う冬木

 

 

MERへ出動要請が

目眩と吐き気、今回の事案は警察の指示に従うこと

白金大臣も音羽に出動を要請します。

 

現場に到着すると、体調不良4名に対し警察が動いている人数が違う。

何かおかしいと感じるMER

 

指揮権は警察にある。患者を動かすなと命令する警察。命を助けるために指揮権も何もと言いますが、音羽が何か大きな力が動いているため従うことを勧めます。

 

いったい何があったのでしょう。

 

その男の身柄を渡してもらう

喜多見幸太

そう切り出してきたのは、公安の月島

 

現場では爆弾が爆発

いったいなにがあったのか。

 

爆破被害にあったのは複数の警察官

 

中に十六人の仲間がいるという外国人労働者、社長に口止めをされ本当のことを話せなかったようだ。

 

ビザがない外国人労働者に不法労働を強制していることがしられないよう、閉じ込められている外国人のことを伏せていた事故現場の社長。

 

外国人不法労働者は1万人以上とも言われているが氷山の一角に過ぎない。だからと言って、あなたがやっていい理由にならないと言う音羽

 

変なガスが出て、みんな具合が悪くなったと言う外国人

 

一人重症患者を発見するも公安刑事の月島が治療をするなと言う。

不法労働をしている外国人は助けるに値しないと切り捨てる。

 

 

そんな中、ER carが到着し、緊急オペが始まる。

 

総理官邸では

地下で発生したのは危険な神経ガスの可能性がある。

赤塚知事が官邸に呼ばれ、有機リン系のガスを使った犯行声明

後30分で第2の爆破が予告されている。

都知事の手を聞きたいと言う天沼

 

こう言う時にMERがあると言う都知事

 

 

 

官邸から全てを聞きました。

これはテロですね。喜多見がいうが、

 

この国にテロは存在しないと言う月島

テロ組織と繋がっている可能性があるという。

スポンサーリンク

とくに、東京理科大の清掃員として、有機リン化合物の部屋に出入りできると言われている男が怪しいと睨む警察。

 

政府は必ず見捨てる。事故として処理されると言うが、

 

MERに救出活動を許可するようにと言う官邸からの指示が出たことで、救出が可能に。

赤塚都知事の指示だ。

 

MERの要請でレスキュー隊が到着

 

赤塚知事からの命令

東京と日本の誇りにかけて残る十五人の外国人労働者を全力で救え!

 

間も無く救出活動がはじまる。

 

部下に命をかけさせるのかと何度も念を押し、私は反対だと責任を逃れようとする天沼。

どんな命をも救う。

 

失敗した場合は、天沼先生の意見に従うべきだったとマスコミに伝えると言う赤塚知事。

 

化学機動隊と共にMERが中に入り生存者を救う。

 

爆破予告時間が刻一刻と近づく

搬送を次々と行い、中にいる外国人をたすけていく。

 

 

助けてくださいと懇願するミン

外国人労働者には手を貸すなと指示を受けていると言う警察官。

人の命と命令、どっちが大事?

ほんとは知っている。みんな日本人いい人だと知っていると言うミンのこえに、警察官が手を貸し始める。

 

あと一人、残り2分で救出できるのか。

避難命令を下す駒場

 

喜多見のマスクが曇り、手元が見えなくなってしまう。

なりふり構わず、マスクを脱ぎ捨て注射する。

 

そして、最後の一人を救出

 

爆破予告時刻になっても爆破はなかった。

 

全員の救出を完了

防護マスクを外した喜多見もガスの濃度が下がり実害はないと言う。

 

官邸では

死者が0人だったことを告げ、総理官邸を後にする赤塚

 

白金は赤塚になぜあそこまで命をかけた選択ができたのかを尋ねる。

賭けに自信があると戯けて見せる赤塚。

 

白金大臣はもと医系技官ですよね。

私なんかより、喜多見先生の気持ちがわかるんじゃないですか。

 

月島の分析

身代金が目的なら、不法労働者などではなく社会的地位のある人間をねらう。犯人の目的は他にあるはずだ。

じゃあ、中に入っても危険はないとわかってたんですね。

確信ではないがなと言う月島。おそらく、救助を命令した赤塚もそう読んでいたと考える

 

外国人労働者の人差し指の腹の部分を切り取られていたことが判明。

日本理科大学の清掃員として働いていた二人は、有機リン化合物のある部屋に出入りができたと言う。

月島の狙いが当たった。

指紋を切り取り、有機リン化合物を持ち出したのは、TSUBAKIだった。

 

喜多見とTSUBAKIの接触は確認できない

この国にいると言う月島

 

ツバキは、有機リン化合物を手に入れるため、爆破を計画し、外国人労働者の指紋を切り取っていた。

 

指紋を手に入れるためにあの爆破を起こした理由

 

ツバキは有機リン化合物を手に入れるだけではなかった。

喜多見に会いに来ていた。

 

まとめ

日本の安心安全の正体

テロのことは一切触れず食中毒とした報道されていた。

次回、喜多見の秘密が明らかに

 

 

全話のあらすじ感想は

ドラマ「TOKYO MER 走る緊急救命室」1話〜全話無料視聴する方法!見逃しても安心 TBS系火曜新ドラマ あらすじ見どころ感想 キャスト相関関係
オペ室を搭載した特殊緊急車両では高度な医療が可能となる。 東京都が試験的に導入したこのシステムが成功すれば、全国規模に展開していくという。 都知事直轄の医療チームMER 死者0を目標に掲げる都知事

 

2週間以内の解約なら料金は一切かかりません。

「TOKYO MER 走る緊急救命室」はTverでも無料視聴が可能です。

・配信期間は1週間

・無料なので広告やアンケートも出てくる

・集中して見たい人にはおすすめできません。

 

動画配信サイトParaviで全話が視聴可能です。

Paraviなら2週間無料でドラマ、映画、バラエティ、アニメなどが見放題。

特に、国内ドラマとバラエティ好きにはたまりません。

見逃し配信にも対応で、毎月550円分のポイントがもらえます。

月額は1,017円(税込)です。

 

※「TOKYO MER 走る緊急救命室」はParaviの無料体験に登録すれば見ることができます。

詳しくは

↓↓↓

\「TOKYO MER 走る緊急救命室」を視聴する/

Paraviの公式HPはこちら

2週間以内に解約すれば、解約金などの料金は一切かかりません。

”上記の情報は2021年5月17日時点の情報です。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。

 

どのサイトを選べばいいのかわからない。

そんな時は、こちらの記事が参考になりますよ。

おすすめの動画配信サイト どれを選べばいい?厳選10サイトを比較 見たいエンタメが見られる おうち時間の有効活用方法
動画配信サイトってたくさんあるけど、一体どこがいいんだろ? どうやって選べばいいのか迷うよなあ。 無料体験期間をフル活用! 初回登録は全て無料。最終的に落ち着いたのは、U-NEXTとAmazonプライムだった。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました