親愛なる僕へ殺意をこめて 第8話 もう一人の真犯人は誰?

ドラマ

LLはもうあの人しかいないよね

11月23日(水)は親愛なる僕へ殺意をこめて第8話

舞台はいよいよ最終局面へ

 

 

親愛なる僕へ殺意をこめて 第8話 もう一人の真犯人は誰?

スポンサーリンク

浦島エイジ(山田涼介)のもうひとりの人格“B一”とナミ(川栄李奈)の目の前で、刑事の桃井薫(桜井ユキ)と、桃井の上司である管理官の猿渡敬三(髙嶋政宏)が命を絶った。

B一は、エイジの人格が6日以上、表に出てきていないという状況に不審を抱いていた。「これからどうするつもりなの?」。ナミからそう問われたB一は、雪村京花(門脇麦)が住んでいたマンションに向かうと返す。10月30日の時点では、京花はLLが八野衣真(早乙女太一)だと信じ込んでいた。だが、11月3日になると、京花は「LLが生きていた」と言い出す。B一は、その3日の間に京花が何かを知ったのではないかと推測し、彼女の足取りを調査しようと考えたのだ。

京花のマンションに侵入したB一は、彼女の部屋で車のキーを見つける。カーナビの履歴を調べたB一は、11月1日に京花が、とある町を訪れていることを知る。B一は、ナミとともにその町へと向かうが……。

親愛なる僕へ殺意をこめて - フジテレビ
親愛なる僕へ殺意をこめて - オフィシャルサイト 2022年10月スタート 毎週水曜よる10時放送 出演:山田涼介

 

 

エイジが出てこなくなって6日

雪村京花の足取りを調べようとする、”B一”とナミ

LLを殺すまで

”B一”の復讐は終わらない。

もう一人の真犯人とは

もう一人の真犯人とは一体誰のことなのでしょう。

スポンサーリンク

 

冒頭で、LLを殺すまで俺の復讐は終わらないといっていた”B一”でしたが、亀一を本当に殺してしまったのでは、面白さにかけると思いますね。

 

 

何か重要なポイントを見落としているのかもしれませんが、

次回予告で”B一”が泣き叫んでいたことや、ナミの涙の真相も気になって仕方ないです。

 

15年前にLL(亀一)の他に殺人を行うことができた人物は、エイジの義理の母しかいません。

育ての両親が両方とも殺人鬼だったなんて恐ろしすぎますが。。。

 

なぜ、”B一”が警察に捕まったのか、エイジはなぜ出てこないのか、

全ては、次回最終話で明らかになるのでしょうが、気になるところですね。

 

 

8話の見どころ

 

今回の話の展開もついていくのが必死でしたね。

今回第8話で明らかになったこと

・杏花を刺したのは乙

・乙は15年前に”B一”が家にやってきてから、脅され続け、人生を狂わせられてしまった。

 

人生を無茶苦茶にされたエイジの一番大切なものを奪う瞬間を待っていた乙が杏花を襲うのは必然だったんですね。

 

・LLは、やはり亀一でした
八野衣真に罪を着せ、売春婦たちを拷問し殺していた亀一

なぜ拷問にこだわったのか

亀一は、痛みを感じないから痛みに執着し、拷問殺人を繰り返していた

 

 

”B一”はどうやって亀一がLLだと知ったのでしょうか。

 

・桃井が死ぬ間際、”B一”にした耳うちは、

車にホワイトラビットの顧客リストがあることでした。

顧客リストの人物に聞き取りをすることで、協力していた人物が亀一だったことに行き着いた。

・京花の姉、凛を殺した日、家族旅行で北海道にいたはずの亀一でしたが、

凛を北海道へ呼び寄せ殺すことができたのは、八野衣真を巧みにコントロールできていたから。

・凛に偽名を使わせ働かせていたのも北海道に来ていたことを警察に知られないようにするため。

 

 

 

八野衣真がこれまでの罪を償うために、売春婦たちを助け、

逃がしていましたが、行き着く先は、拷問殺人だとは思いもよりませんでしたね。

しかも、絶対的な信頼を寄せていた、保護司をしていた亀一に利用されていたなんて。

・亀一は八野衣真を更生させるように見せかけ、実は自らの欲望のために利用していただけだったんですね。チンピラはチンピラでしかないと八野衣真のことをなんとも思っていませんでした。

 

まとめ

LLは亀一でした。

LLから桃井に届けられた脅迫文も亀一が警察に送り、

八野衣真を誘き寄せ警察に見つかるよう証拠を残しておいたのでしょう。

 

次回、なんだこの結末はと叫んでいた亀一

 

次回、”B一”は亀一を殺してしまうのでしょうか。

続きがめちゃくちゃ気になりますね。

 

 

ドラマとは一味違う原作漫画を一気読み!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました