元彼の遺言状 第4話篠田って何者?あらすじネタバレ感想

ドラマ

元彼の遺言状第4話面白かったなあ。

5月2日、「元彼の遺言状」第4話が放送されました。

回想シーンで明らかになった篠田の謎

篠田って一体・・・

この記事では、第4話のあらすじ、見どころ、視聴率、ネタバレ感想について紹介しています。

 

本記事のテーマ

元彼の遺言状 第4話篠田って何者?あらすじネタバレ感想

スポンサーリンク

この記事では

・第4話のあらすじ

・第4話の見どころネタバレ感想 篠田って何者?

・第4話の視聴率

第4話のあらすじ

 

剣持麗子(綾瀬はるか)は、さまざまな企業の顧問弁護士について調べていた。狙いは老舗企業と長期に渡って契約している高齢の弁護士。若くて優秀な自分が営業をかければ、引退間近な彼らに代わって顧問弁護士契約が結べるに違いない、という算段だった。

一方、篠田敬太郎(大泉洋)には、そんな麗子の相手をしていられないほど楽しみなイベントがあった。敬愛する女性ミステリー作家・秦野廉(宮田早苗)が、大ヒット作『胡桃沢啓二シリーズ』の最新作を13年ぶりに発表することになり、その記者発表会見の模様がオンラインで生配信されるのだ。

ほどなく会場に秦野が姿を見せ、会見がスタートした。そこで秦野は、いきなり「私は、人を殺しました」と告白する。会場は一時騒然とするが、それは新作のプロモーションだと理解する篠田。これまでも秦野は、読者に対して謎解きの挑戦状を出しており、今回もそう違いないと思ったのだ。しかし、秦野が明かした殺人現場の住所に警察が駆けつけると、そこには本当に男性の死体があって……。

https://www.fujitv.co.jp/motokare/story/index.htmlより

第4話の見どころネタバレ感想

超人気作家の激白

私は人を殺しました。

人気作家・秦野廉が、新作の発表記者会見でとんでもない発言。

 

そして、その場所には首吊り死体が・・・

 

そしてまた、夫を殺したという女性が出頭する

 

死体は一つ、殺したという犯人は二人

 

万が一秦野廉が犯人なら、出版は差し止め

小説を無事に出版させ、顧問弁護士の座をいただく計画を立てた剣持麗子

 

 

秦野が出版する白河出版の顧問弁護士が高齢ということだが、今回はうまくいくのでしょうか。

 

同じく顧問弁護士の座を狙ってきた津々井弁護士を見事に打ちまかし、担当弁護士になったようですが。。。

 

小説が人を殺す

小説のストーリーどおり

スポンサーリンク

殺人が行われてしまった。

 

発売前の原稿を家政婦の清宮に渡し、その家政婦が原稿を読み実行に至ったという秦野だったが。。。

 

私がやりましたとしか言わない犯人の清宮

どうも誰かを庇っているよう。

篠田って何者?

第4話の終了後、篠田と栄治の回想シーンで、篠田から驚きの告白

「大学のミス研か。楽しそうだな~。僕は大学行ってないからさ」

あれ?

第1話で玲子に近づいた時、栄治の先輩でミステリー研究会に所属していたと話していた。

麗子の記憶には一切残っていないのも、そのはず。

 

いい人だと思っていた篠田ですが、裏の顔がありそうですね。

そんな篠田に対して「しのだをたのんだ」と遺言を残した栄治でしたが、

それほど親しくはなかったんですね。

 

目的があって、栄治に近づいた篠田。

その篠田の狙いに気づいた栄治が残した遺言だとすれば、

この遺言には別の意味が隠されているのかもしれませんね。

 

今後の展開に目が離せなくなってきました。

 

第4話の視聴率

第4話の視聴率は9.0%でした。

 

まとめ

1話完結のスピード感あふれる展開

篠田と麗子の関係にヒビが?

 

後半の麗子の推理はスッキリでしたが、まさかの出版社との顧問契約を断ってしまうとは、篠田の行動にびっくりでしたね。

 

やっぱり、単なるいい人では終わらない篠田

次回は、篠田の秘密が明らかになるのでしょうか。

 

次回は、警察を避けているという篠田の理由に迫ります。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました