ドラマ「だが、情熱はある」原作はある?相方は誰? - 山の生活
【PR】

ドラマ「だが、情熱はある」原作はある?相方は誰?

だが、情熱はある

海ちゃんと慎ちゃんが主演ってやば💦

絶対見たーい!

原作あるのかな?

2023年4月期ドラマ

「だが、情熱はある」がスタート!

若林正恭役に、髙橋海人(King & Prince)さん

山里亮太役に、森本慎太郎(SixTONES)さん

と、ジャニーズのお二人が演じることで話題です。

 

原作があるのか、相方は誰なのか、キャスト一覧やどんなお話なのかまとめてみました。

ドラマ「だが、情熱はある」原作はある?相方は誰?

スポンサーリンク

この記事では

・「だが、情熱はある」の原作はある?

・相方は誰?キャスト一覧

・あらすじ・みどころ

・放送はいつから?

について紹介しています。

「だが、情熱はある」の原作はある?

ドラマの原作はありませんでしたが、お二人ともエッセイを出版しています。

ドラマの作成にあたり参考にされたのではないでしょうか。

created by Rinker
¥682 (2024/05/27 18:14:32時点 楽天市場調べ-詳細)

 

「たりないふたり」の活躍はDVDでも楽しめます

created by Rinker
¥9,856 (2024/05/27 18:14:32時点 楽天市場調べ-詳細)
もっとたりないふたり-山里亮太と若林正恭- [DVD]
x.com

 

相方は誰?キャスト一覧

 

若林正恭 役/髙橋海人(King & Prince)

オードリーのじゃない方、若林

春日ばかりが売れ、ネガティブ思考に。嫉妬や妬みが積み重なっていく。

ネタ考えてるの俺なのに。いつしか、似たものの境遇だった山ちゃんに出会いコンビを結成

山里亮太 役/森本慎太郎(SixTONES)

南海キャンディーズのしずちゃんは映画にも出演するほど大活躍

じゃない方の山ちゃんは嫉妬に明け暮れていた

コンビ中も不仲になり事実上の解散へ

そんな時、似た境遇の若林と出会いコンビを結成

 

 

 

正式な発表はありませんが、オードリーと南海キャンディーズといえば相方の存在を忘れてはいけません。

春日俊彰 役/戸塚純貴

山崎静代(しずちゃん)役/富田望生

山里 勤 役/三宅弘城

山里家の父

若林知枝 役/池津祥子

若林家の母

山里瞳美 役/ヒコロヒー

山里家の母

丸山花鈴 役/渋谷凪咲(NMB48)

橋本智子 役/中田青渚

若林麻衣 役/箭内夢菜

若林家の姉

山里周平 役/森本晋太郎(トンツカタン)

山里家の兄

ヒップホップユニット役/加賀 翔・賀屋壮也(かが屋)

谷 勝太 役/藤井 隆

先輩芸人

高山三希 役/坂井真紀

南海キャンディーズのマネージャー

若林鈴代 役/白石加代子

若林家の祖母

若林徳義 役/光石 研

若林家の父

島 貴子 役/薬師丸ひろ子

TVプロデューサー

そして、山ちゃんといえば、蒼井優さんと結婚したことでも話題となりました。

ストーリーの中で登場するのかもしれませんね。

 

 

 

あらすじ・みどころ

人気お笑いコンビ「オードリー」と「南海キャンディーズ」のじゃない方としても有名な若林と山ちゃん

相方ばかりが注目され、ネガティブに陥っていく。

 

そんな二人がお笑いコンビ「たりないふたり」を結成

 

二人の半生を描く

■若林正恭(オードリー)の人生
なぜ失恋を6年も引きずってしまうのかわからない。
なぜ飲み会がこんなにも苦痛なのかわからない。
なぜ異性に話しかけられないのかわからない。
なぜこんなにも毎⽇頭が痛くなるのかわからない。
なぜ誰かに⾔われた何気ない⼀⾔に、何⽇も苦しみ続けなければいけないのかわからない。
テレビスタジオで⾯⽩くもないのに、作り笑いをしている⾃分の存在がわからない。
自分探しなんてダサい。わかってる。だけど、自分を探して見つけないと、この社会を生き抜くことができないのだ。そんな男がはじめた自分探し。
ネガティブは、燃料にできるのだ!

■山里亮太(南海キャンディーズ)の人生
「⼈と関わる上で、⼀番簡単なやり⽅は、⼈と関わらないことだ」。
子供の頃から「何者かになりたい」と夢⾒ていた。
お笑い芸⼈を⽬指すも、本当は⾃信もなければ実⼒もない。
⾃分に都合良い「⾃信」を貼り付けて、「ハリボテの⾃信」と「偽りの天才」を作り上げていく。
しかし次々と逃げていくコンビ相⼿。ライバルたちへの劣等感。
注⽬を浴びるのは相⽅のしずちゃんだけ。悔しくてひどいことを沢⼭した。
しずちゃんへの映画「フラガール」の出演依頼を握り潰そうと画策した。
気がつくと仕事場とは逆⽅⾯の電⾞に乗っていた。
気がつくと⾷べた記憶は全くないのに、デリバリーピザの空き箱が⽬の前にある。
そんな夜が度々あった。
自分は天才になれない。そう悟った日から、地獄のような努力が始まった。
悔しさは燃料にできるのだ!

全ての「負」を燃料に!嫉妬やネタみ、⾃意識過剰にネガティブ沼。
湧き上がる負の感情、それを燃料に、必死にもがいて爆⾛する!
そしてある⽇、ふたりは出会う。
「⼈⾒知り」と「陰湿」が出会った時、さらなる⼈間ドラマが開幕する!
ふたりは漫才コンビ「たりないふたり」を結成。
自分の「負」に向き合い、自分の「足りなさ」を「お笑い」に昇華していく。
そして結成12年。解散の時を迎える。
コロナウィルスが世界を蝕む中、運命の「解散無観客ライブ」の⽇がやってくる。
そこでふたりが見た景色とは・・・!?
気軽に見れて、笑えて、でも泣けて…いろいろな感情が湧き上がってくるエモーショナルな新日曜ドラマ「だが、情熱はある」。
2023年4月のスタートに、どうぞご期待ください。

<ストーリー>

2021年5月31日。世にコロナウイルスがまん延する中、若林正恭(髙橋海人)と山里亮太(森本慎太郎)は、無観客配信ライブのステージに立とうとしていた。それぞれ『オードリー』『南海キャンディーズ』として活動しながらも、コンプレックスを抱える者同士で新しいネタを見せようと結成した漫才コンビ『たりないふたり』。今日はその解散ライブだ。

2人が居酒屋で初めて顔を合わせたのは、それより12年も前のことだ。入店して10分以上たつのに、お互いメニューを見たまま何も話さない。というか話せない。このとき若林は思っていた…「初めての会話は慎重にいかないと」。そんなふうに自意識過剰で人見知りな性格になってしまったのは、5歳の頃、ある人物から掛けられた『呪いの言葉』のせいだ。一方、山里は思っていた…「そっちが話し始めるまで口開かねえからな」。山里が勝手に被害妄想を膨らませて攻撃的になってしまうのは、小学生の頃から母が唱え続けている『呪文』のせいだ。2人とも幼い頃に確立されたそのねじ曲がった性格故に、人と関わることが極端に苦手…。そんな2人が、そもそもどうしてお笑い芸人になったのか…。それは、お互い高校時代に経験した、ある事件がきっかけだった――。

自分が何者か分からない、でも何者かになりたい…。極度に人見知りな超ネガティブ男と、被害妄想と嫉妬に狂う男が、いばらの道をもがき苦しみながら突き進む!道に迷う全ての人に送る、青春サバイバルストーリーが幕を開ける!!

https://www.ntv.co.jp/daga-jyounetsu/articles/3408xy6oeralbayqk61y.htmlより

放送はいつから?

2023年4月9日 日本テレビ 新日曜ドラマ 22:30スタート

脚本:今井 太郎

まとめ

ジャニーズの二人がお笑いコンビを演じると話題のドラマ

4月からのスタートが待ち遠しいですね。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました