ドラマ「PICU 小児集中治療室」 つらい 吉沢亮くんの演技にもらい泣き

PICU

PICU初回から涙腺崩壊

つらいなあ。。。

10月10日(月)21:00からPICUの放送が始まりました。

初回から子どもが亡くなるシーンでつらいストーリーでしたね。

 

ネットでの反響も凄かったですね。

ドラマ「PICU 小児集中治療室」 つらい 子どもがなくなるシーンに号泣

スポンサーリンク

 

第1話からつらいドラマですが、原作はあるのかな?

PICUに原作はある?

 

PICUに原作はありません。

ドラマように書き上げられたオリジナルストーリーなので、どういった展開なのか先が見えません。

脚本は『アライブ がん専門医のカルテ』などを手がけた倉光 泰子さん

تغريدة / Twitter

 

✅第1話のあらすじはこちら

北海道で生まれ育った志子田武四郎(吉沢亮)は、丘珠病院に勤務する27歳の小児科医。幼いころに父を亡くし、女手ひとつで育ててくれた母・南(大竹しのぶ)とふたり暮らしをしている。武四郎は、母思いで料理上手、家事全般もそつなくこなす優しい青年だが、大事な場面で不器用さを発揮することもしばしば。

網走総合病院で救急救命医をしている矢野悠太(高杉真宙)、南がバスガイドとして働く旅行バス会社の娘で、自身もバスガイドとして働いている涌井桃子(生田絵梨花)、そして武四郎と同じ丘珠病院で小児外科医として働く河本舞(菅野莉央)は、武四郎の幼なじみで、家族同然ともいえるような大切な存在だった。

ある日、武四郎は、丘珠病院に新設されたばかりのPICU=小児集中治療室への異動を命じられる。そこで出会ったのが、日本各地でPICUの整備を推し進めてきた小児集中治療のパイオニア・植野元(安田顕)だった。3年前、道内で起きた悲劇が大きな契機になり、北海道知事の鮫島立希(菊地凛子)が植野を訪ねてPICUの整備を依頼したのだ。その際、植野はある条件を提示し鮫島は、近い将来必ず実現させると約束した。3年を経てようやく設立されたPICUだが、集まったスタッフは、植野、武四郎のほか、植野と行動をともにしてきた優秀な看護師・羽生仁子(高梨臨)と、植野に誘われてやってきた救急救命医の綿貫りさ(木村文乃)の4人だけだった。その現状に、口が悪く横柄な態度のりさは、「初期研修を終えたばかりの未熟な小児科医は使い物にならない」と本人の目の前で武四郎を非難するようなありさまだった。

そんな折、PICUに、発症から4時間も経過した少女を運び込まれ……。

https://www.fujitv.co.jp/PICU/story/index.htmlより

第1話に登場した子役

3年前、子役で活躍していた星野沙羅ちゃん

お芝居中に体調を崩し倒れてしまいます。

子どもの集中治療室があれば助かったかもしれない命

名演技を見せてくれたのは子役の諏訪結衣ちゃんでした。

3年前の悲劇を繰り返さないため、

小児科専門の救急救命施設として、道内55万人の子どもたちを受け入れることができる施設をめざし整備を進めていた植野先生、ドクタージェットの配備も知事と約束してきたが、配属された医師が4人でスタートなんて、最初から無理ゲー

 

設備は整っていても人員が少なすぎますね。

 

そんな中、発症から4時間経過した子どもが搬送される。

武四郎(吉沢亮)の手を握って耳元で何かを訴えようとするも吐血。

 

武四郎と一緒に呆然としてしまいました。

 

電気ショックに心臓マッサージを施します。手を尽くしても亡くなってしまいました。

 

耳元でささやいたのは「ママ」だったんですね。

演技とはいえ子役の神がかった演技に加え、

 

吉沢亮くんの演技にもらい泣きしてしまいました。

 

子役に登場したのは磯村アメリちゃん

小さな手でしこちゃん先生(吉沢亮)の腕を握り苦しんでいるシーン

辛すぎました。

 

 

僕の手を掴んで・・・ママって言ったんです。

人が一人死んじゃったんですよと悲しむ志子田先生

 

同じ悲劇を繰り返さないために分析が必要なんです。

PICUがここにあると北海道中に周知されていれば、助かったかもしれない

待機の4時間もかからず、ジェット機が運用されれば最短45分で搬送されていた。

 

どうすれば良かったのかを一緒に考えましょう。

 

ヤスケンさんの冷静な対応も心にジーンときましたね。

 

主題歌は

主題歌は中島みゆきの『ともに』

早く配信されないかなあ。

最初の4ヶ月無料なので音楽のある生活がバッチリ手に入ります。↓

>>Amazon Music Unlimitedキャンペーンページ

 

まとめ

第1話からつらいお話でしたが、PICUができて良かったと思えるストーリー展開を期待したいですね。

第2話も楽しみです。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました