元彼の遺言状 第6話しのだをたのんだの意味 あらすじネタバレ感想

ドラマ

元彼の遺言状第6話面白かったなあ。

5月16日、「元彼の遺言状」第6話が放送されました。

 

この記事では、篠田の正体を考察、第6話のあらすじ、見どころ、視聴率、ネタバレ感想について紹介しています。

 

本記事のテーマ

元彼の遺言状 第6話しのだをたのんだの意味 あらすじネタバレ感想

スポンサーリンク

この記事では

・第6話のあらすじ

・第6話の見どころネタバレ感想  しのだをたのんだの意味

・第6話の視聴率

第6話のあらすじ

麗子(綾瀬はるか)と篠田(大泉洋)は、とある教会で起きた密室殺人事件の真相に挑む。

事件が起きたのは、木下雄一郎(尾上寛之)が神父を務める教会だった。ホストクラブ『戦国』のナンバー2ホスト森蘭丸(味方良介)から、”武田信玄“の源氏名で働く同僚・黒丑(望月歩)のもとへ、助けてほしいという連絡が入る。蘭丸は、黒丑から以前、麗子に助けてもらった話を聞いていた。

連絡を受けて合流した麗子と篠田が、黒丑、木下とともに蘭丸がいるという教会の仮眠室へ駆けつけると、そこには刃物で刺され絶命したナンバー1ホスト・織田信長(土井一海)の姿があった。信長はこの教会の信者で、木下が家出した子どもやホームレスの一時避難場所として作ったこの仮眠室を時々利用していたという。

この日、蘭丸と信長は、仕事の後ふたりで飲んでいたそうで、ベロベロになった信長を介抱するためにこの仮眠室に1時間ほど滞在したという。だが、すっかり寝入ってしまった蘭丸が目を覚ました時には、すでに信長は亡くなっていたらしい。仮眠室の窓は全て内側から閉められており、防犯カメラにも誰かが出入りした様子は映されていなかった。完全なる密室で起きた殺人事件。犯行は蘭丸にしか成し得ないはずだが、「俺、やってないです!助けてください!」と蘭丸は麗子に懇願した。すると、金にならない仕事は受けないはずの麗子が、何故か蘭丸の弁護をすると即決し……。

https://www.fujitv.co.jp/motokare/story/index.htmlより

第6話の見どころネタバレ感想

開始1分で犯人がわかる

確かに、開始1分で犯人がわかりました。

黒丑

 

「黄色い部屋」は密室トリック

密室トリックの謎を解けば蘭丸を無罪にできると言うが・・・

 

人を殺しておいて、俺は殺ってないとか、よく言えたものです。

 

犯人の蘭丸

栗花落ホールディングスの息子

大口案件を手にできると、早速弁護を引き受ける。

本当の犯人を無実にするつもりなのか。

 

嘘だけはつかないでと言っていた剣持麗子

結果的に嘘をついた蘭丸の弁護は辞退し、またしても高額案件を手にすることができませんでした。

しのだをたのんだの意味

嘘をついたら勝負に勝てないよ。

栄治の言った真の言葉は、麗子が栄治に投げかけた言葉でした。

 

黒丑に頼んで、篠田の身辺調査をしていた麗子は、篠田を追及します。

 

篠田敬太郎は既に死んでいた

あなた、一体何者?

 

しのだをたのんだという栄治の遺言が意味するものとは、死んだ篠田敬太郎のことだったのでしょうか?

 

 

今回、篠田の秘密が明らかになると思いましたが、まだまだミステリーに包まれていましたね。

 

このまま最終回まで引き伸ばすつもり?

 

嘘をついたら勝負に勝てない。

その栄治がしのだをたのんだと残した遺言の真の意味はなんなのでしょう。

 

既に死んでいたと言う篠田敬太郎を名乗り、麗子に近づいた篠田の目的は一体。。。

 

まだまだ、ミステリーが続きますね。

 

第6話の視聴率

第6話の視聴率は7.9%でした

 

まとめ

 

次回は「予告殺人」がテーマとなるようですね。

 

どんなストーリーなのか楽しみです。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました