魔法のリノベ 第9話ロケ地見どころ感想のまとめ

ドラマ

魔法のリノベ第9話面白かったなあ

 

9月12日(月)22時から第9話が放送されました。

第9話のロケ地見どころ感想について紹介しています。

魔法のリノベ 第9話ロケ地見どころ感想のまとめ

スポンサーリンク

この記事では

魔法のリノベ第9話のロケ地 あらすじネタバレ感想

について紹介しています。

魔法のリノベ第9話のロケ地 あらすじネタバレ感想

互いの思いを伝えあった小梅(波瑠)と玄之介(間宮祥太朗)の間に、どこか甘い雰囲気が漂うなか、人気テレビ番組『グレートマミーと風まかせ7人兄弟』で注目を集める大家族から、リノベの依頼が舞い込む。当然、テレビカメラによる撮影も行われるため、メディアデビューだとはしゃぐ一同。しかし早速、母・珠江(池谷のぶえ)と7人の子供たちが暮らす真野家を内見した小梅と玄之介は、想像をはるかに超える乱雑ぶりに驚がく。小梅はがぜん闘志を燃やし、山登りの際に2人で訪れた「一休食堂」の案件は、ひとまず玄之介主導で進めることになる。ところが、玄之介から「一休食堂」の名を聞いた蔵之介(遠藤憲一)は顔色を変え、そこへ有川(原田泰造)が乗り込んでくる。

再び真野家を訪れた小梅は、竜之介(吉野北人)が考えたプランを一家に提案するが、それをきっかけに、長女の樹愛留(じゅえる/宮﨑優)と次女の帝愛羅(てぃあら/駒井蓮)が大ゲンカ。帝愛羅は、家族の前で“ある秘密”を暴露してしまう・・・。

さらにその帰り道、玄之介の元には「一休食堂」の店主・飛山剛志(大友康平)から電話が。とある筋から玄之介の正体を吹き込まれた剛志は、「アンタの親父がやったことは忘れてねぇんだよ!二度と顔見せんな」と、殺気立った口調で「まるふく工務店」を拒絶する。蔵之介と「一休食堂」の間には、何やら因縁がある――そう察した玄之介と小梅が尋ねると、蔵之介は意外な過去をポツリポツリと語り始めて!?

https://www.ktv.jp/mahorino/story/09.htmlより

 

互いの気持ちを伝え合った場所

小梅と玄之介が始めてみましょうかと互いの気持ちを伝え合った場所はいつもの屋台でした。

〒136-0072 東京都江東区大島9丁目10−6 旧中川・川の駅

一休食堂

まるふく工務店にリノベをお願いしようと考えているという

飛山剛志(大友康平)さん

まるふくの社長とグローバルステラDホームの有川との関係が明らかになっていきます。

 

一休食堂

食べログ

〒258-0115 神奈川県足柄上郡山北町谷ケ1021−1

 

7人兄弟の大家族リノベ

色々とありそうな大家族

スポンサーリンク

テレビ局も入って賑やかな雰囲気ですが、家族に問題ありそうです。

どんな素敵なリノベになるのか楽しみですね。

大家族のお母さんと話していた喫茶店

子供のことをわかっていなかったと反省するグレートマミー

でしたが、

小梅は子供たちは家族のことが大好きだという。

日本中に応援されてる家族ですから

 

マミーに聞かれ、自分の会社も自慢だという小梅

それぞれの思いを叶えるリノベがスタートです。

 

〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸3179−3

カフェ・ミヤ

小梅が有川にあった場所

上司の過去とか、同僚の感情に流される職場では仕事はできないという小梅

まるふくを辞めますといって出て行ってしまいます。

何があったのか話してくださいという玄之介でしたが小梅は語ろうとしませんでした。

そんな小梅の前に立ちはだかったのは、グローバルステラDホームの有川でした。

〒132-0034 東京都江戸川区小松川1丁目

 

これまでのロケ地情報については、こちらの記事に詳しく紹介しています。↓

 

まとめ

大家族のリノベは涙があふれるいいシーンでしたね。

まるふくの社長との因縁があった一休食堂との交渉力も玄之介の成長が見られてよかったですが、まさかの小梅の退社。

まるふくを守るための小梅の判断は正しかったのでしょうか。

次回最終回も楽しみですね。

「魔法のリノベ」の最終回までのあらすじやネタバレ、ロケ地のまとめはこちらの記事に詳しく掲載しています。↓

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました