「競争の番人」第8話の小勝負建設ロケ地 あらすじ見どころ感想まとめ - 山の生活
【PR】

「競争の番人」第8話の小勝負建設ロケ地 あらすじ見どころ感想まとめ

ドラマ

「競走の番人」第8

面白かったなあ。

8月29日(月)21時から坂口健太郎さんと杏さん主演のドラマ

「競争の番人」第8話が放送されました。

 

この記事では、8話に登場したロケ地、あらすじ、見どころ、ネタバレ感想、キャストや視聴率などを紹介しています。

 

 

本記事のテーマ

「競争の番人」第8話のロケ地 あらすじ見どころ感想まとめ

スポンサーリンク

この記事では

・「競争の番人」第8話のロケ地

・「競争の番人」第8話のあらすじネタバレ感想

・「競争の番人」第8話のキャスト

・「競争の番人」第8話の視聴率

について紹介しています。

「競争の番人」第8話のロケ地あらすじネタバレ感想

「競争の番人」第8話のあらすじネタバレ感想

小勝負勉(坂口健太郎)緑川瑛子(大西礼芳)に呼び出された。緑川は小勝負に、検察の保管庫で見つけた15年ほど前の死体検案書を見せる。公正取引委員会に入ったのは、このためではないかと疑う緑川。その死体検案書には『ラクター建設』や本庄聡子(寺島しのぶ)の名があり、本庄の名を見た小勝負は表情を曇らせた。

15年前、本庄は公取の四国支所にいた。本庄は仕事が出来て、審査課長の上沼慎太郎(おかやまはじめ)からの信頼も厚い。四国支所で新たに取り組むのは建設工事の談合疑惑。ゼネコン大手の一角『ラクター建設』の関与が疑われるが有力な情報は得られずにいた。

本庄は同僚の三島徹(今井悠貴)とともに、『ラクター建設』の木下健一(石井正則)から話を聞く。談合を問う本庄に、木下は否定して社員への聞き込みも迷惑だと断った。本庄は木下が目を話した隙に周囲を見回す。すると、本庄は『ラクター建設』のような大手が相手にしそうにない小さな建設会社『小勝負建設』の調査資料を発見する。

本庄と三島は『小勝負建設』へ。社長の誠(高橋努)は談合の件など知る由もない様子。そんな時、誠が参加していた工事が入札から漏れたと連絡が入った。仕事が上手くいっていない誠は落胆し、妻の朋子(遠藤久美子)も途方に暮れてしまう。それでも誠は、心配する息子の勉(市原匠悟)になんとかなると安心させた。勉も「弱くたって戦わなきゃ」と返す。この勉こそ、後のダイロクの小勝負だ。家族に「なんとかする」とは言ったが仕事が回らない誠。そんな時、木下が誠にある話を持ちかけた。それは、仕事に困っている誠への入札談合の誘いだった。
https://www.fujitv.co.jp/kyosonobannin/story/index08.htmlより

今回の話題は

入札談合
公共事業などの入札において、企業同士が事前に話し合って、誰がいくらで受注するかなどをあらかじめ取り決めること

小勝負建設

小勝負勉(坂口健太郎)の父、誠(高橋努)が経営する建設会社

どんなに弱く立って戦わなきゃという父ですが、経営がうまく回っていなかったようです。

潰れたのは談合のせいだという建設会社が、公取に話をしにくる。

そんな中、ラクター建設から談合の話が持ちかかる。

 

丸勝工務店

〒412-0006 静岡県御殿場市中畑66

相次ぐ建設会社の倒産

一定の建設会社だけが順調に落札できている。

なにか急に仕事が増えた理由があるのか、公取の本庄が小勝負建設を調べに。

この会社を大きくして日本一のビルを建てたいという勉

ブレーキの壊れた列車のようだという父でしたが、

誰かが止めなきゃという息子の言葉に心を動かされ、談合があったことを公取へ通報します。

 

ラクター建設の立ち入り調査が始まり、裏切り者のレッテルを貼られた小勝負建設

家族を守るため、その責任を感じて自殺

死ぬ前に、裏で取り仕切っているのは藤堂(小日向文世)だと本庄へ伝えていた。

小勝負の父の葬儀が行われていた場所は

 

文殊寺会館叡光殿

〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室1719

小津建設

納品した資材の代金を一方的に減額してきた中堅ゼネコンがあるらしい

資金繰りがうまくいかない小津建設に調査に向かう白熊ちゃん

ここでもまた、談合が行われるという情報を得る。

 

(株)シミズローディック

〒121-0832 東京都足立区古千谷本町4丁目6−11

スポンサーリンク

 

ラクター建設の木下から封筒を受け取る本庄

本庄が、ラクター建設の木下から封筒を受け取っていた喫茶店は丘です。

何が入っていたのか、気になりますね。

東京都台東区上野6-5-3 尾中ビル B1F

食べログ

ラクター建設の立ち入り検査

談合の疑いで立ち入り検査が始まります。

何故か余裕の表情のラクター建設

事前に藤堂から立ち入り調査の日時が知らされていたのでしょう。

 

ラクター建設のオフィスとして使われたのは

QES KABUTO ONEオフィス

〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町7−1

立ち入り検査が中止

官僚からの圧力で立ち入り検査が中止

どこからか情報が漏れたらしいと本庄に問い詰める小勝負

藤堂と繋がっていたのは本庄でした。

藤堂に近づかないでという本庄は、あなたに藤堂は捕まえられないと断言します。

本庄には藤堂を追い詰めるための秘策があるのかもしれませんね。

 

本庄が藤堂とあっていたのは

花水木

食べログ

 

東京湾岸地区再開発プロジェクト

テープカットに訪れた国土交通省の事務次官 藤堂 清正

テープカットが行われた場所は

かずさアカデミアホール

〒292-0818 千葉県木更津市かずさ鎌足2丁目3−9

小勝負が藤堂に話しかける

談合はいつ行われるんですか

果敢に藤堂に攻め込む小勝負カッコよすぎです

 

藤堂は悪びれもせず、

15年前、自殺した社長の息子さんか。あの時は工事が全てストップしていい迷惑だった。

談合と私を結びつけるものは見つかったのか。と挑発し、

競争こそ悪だという藤堂

 

品川 ザ・グランドホール

〒108-0075 東京都港区港南2丁目16−4 品川グランドセントラルタワ 3F

 

 

小勝負に国交相のものだという男から電話

再開発プロジェクトの談合が

行われるという場所に行った小勝負はそこでナイフを持った男に襲われてしまう

そこに現れたのは本庄

小勝負の代わりに刺されてしまう

 

 

7話のキャスト

小勝負誠(高橋努)

小勝負勉の父

小勝負建設の社長で頑張っていたが、仕事がなく倒産寸前

そこにラクター建設から談合の話が持ちかかり、つい乗ってしまう。

どんどんと同業者が倒産する中、小勝負建設の仕事は安定的に入ってきていたが、このままでは、胸を張って生きられないと、公取に真実を話すことに。

小勝負朋子(遠藤久美子)

小勝負勉の母

夫を献身的に支えていたが、仕事が回らず、金策に走る毎日。

夫の談合加担のことなど知らない妻は、仕事が順調に増えてきたことを喜んでいました。

子供の頃の小勝負勉(市原匠悟)

父の会社を継いで大きなビルを建てたいと夢見ていた少年の頃の小勝負

父の死の真相を知って、公正取引委員会を目指すことに。

 

これまでのロケ地ネタバレ感想はこちらの記事に詳しく紹介しています。↓

 

 

「競争の番人」の視聴率

第8話の視聴率

まとめ

「競争の番人」第8話のロケ地、ネタバレ感想、キャスト、視聴率をまとめました。

最大の敵、藤堂を前にストーリーは最大の山場を迎えました。

裏切っていたのかと思われた本庄さんはやはり、藤堂を追っていたのですね。

本庄さん大丈夫かな?

次回も楽しみです。

 

 

created by Rinker
¥1,760 (2024/05/24 18:45:44時点 楽天市場調べ-詳細)

「競争の番人」原作はある?最終回までのネタバレ ロケ地のまとめについてはこちらで詳しく解説しています。↓

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました