鬼滅の刃 遊郭編 主題歌を歌う Aimerって誰?なんて読むの?プロフィール 経歴 インスタおすすめ楽曲を紹介

Aimerって誰ですか?

いつ頃から流行っていたのかなあ。

こう言った悩みに応えます

 

2021年12月5日より毎週(日)23時15分~23時45分で放送が決定した鬼滅の刃遊郭編

主題歌を務めることになったAimerさんとはどう言った方なのか、プロフィールなどをまとめました。

本記事のテーマ

鬼滅の刃 遊郭編 主題歌を歌う Aimerって誰?なんて読むの?プロフィール 経歴 インスタおすすめ楽曲を紹介

この記事では

・Aimerって誰?なんて読むの?

・プロフィール 経歴 インスタ

・おすすめ楽曲

について解説しています。

Aimerって誰?なんて読むの?

Aimerってアイマーさんでいいのかな?

読み方は、Aimer(エメ)さんと読みます。

 

Aimer(エメ)さんは、別名:aimerrhythmエメリズムとして、作詞でも活躍している日本の女性シンガーです。

本名などの詳細は公式では非公開となっています。

Aimerの由来

アーティスト名のAimerは、ご自身の長年の愛称だった「エメ」という言葉と、フランス語で愛する、好むと言った意味の「aimer」から由来しています。

プロフィール 経歴 インスタ

 

バンドのベーシストをしていた父の影響を受け、幼い頃からジャズやブルースなどの音楽に囲まれた生活を送り、音楽を身近に感じられる環境で育ったAimerさん。

音楽好きの父の影響から、小学生でピアノを習い始めるなど、おうちでも宇多田ヒカルや椎名林檎の真似をしたり、ミュージカル『アニー』の劇中歌などを歌い、歌手になることに憧れを抱いていました。

中学からは、洋楽にも興味を持ち始め、アヴリル・ラヴィーンに影響を受け、ギターを始めるかたわら、英語での作詞にも力を入れるために海外での生活を経験されながら書かれていました。

15歳の頃、歌を歌いすぎたことが原因で、声帯を痛めてしまいますが、治療の間、沈黙療法を選択したことで、半年間、発生ができない期間を過ごすことになります。そのおかげもあって、さらに歌手になりたいという夢が明確化し、喉を守るように工夫していくことで、現在の独特の声質と歌唱力が確立されることになります。

現在も完治したというわけではなく、完治すると今の声が出せなくなるという主治医のアドバイスと、この喉でずっとやってきたという自分自身の思いから、現在の声質を維持する形で活動を継続しています。

歌えなくなったらどうしようとかいろんな葛藤があったと思いますが、独自の形を確立していく努力と根性は素晴らしいものがあります。まさに、ピンチをチャンスに変えたということですね。

日本音響研究所所長(当時)の鈴木松美さんは、Aimerの声質について、「振幅ゆらぎと周波数ゆらぎが同時に発生している、非常に稀な声の持ち主です」と高く評価しています。

 

2011年より、FOURseamに所属し、音楽活動を始め、2月の新人発掘オーディション番組で、「SPIDER SOUNDS」のフィーチャリングボーカルとして、agehasprings feat. Aimer名義で出演。漫画雑誌とのコラボで「キズナ」をCMソングとして提供しています。

同年5月には公式サイトが開設され、洋邦10曲のヒット曲をジャズアレンジでカバーし、配信限定アルバム『Your favorite things』をiTunes Storeにて発表。原曲がレディ・ガガの「Poker Face」のジャズアレンジは、iTunes Storeのジャズチャート初登場1位を獲得し、アルバムとしても最高4位を記録しました。

メジャーデビュー

2011年9月に、六等星の夜/悲しみはオーロラに/TWINKLE TWINKLE LITTLE STARでメジャーデビューし、フジテレビ系の深夜放送アニメ「NO.6」のエンディングテーマに起用されています。

同年12月には、2枚目のシングル「Re:pray/寂しくて眠れない夜は」を発表しています。

2012年

2012年2月には、3枚目のシングル「雪の降る街/冬のダイヤモンド」、そして5月には、配信限定のシングル「星屑ビーナス」を、それぞれ発表するなど、デビューからわずか9ヶ月の間に、3枚のCDシングルと配信限定のシングルを出すなど、勢いが止まりません。

中でも、特筆すべきはシングル「星屑ビーナス」の購入特典として開催された、初の招待制ライブ『Aimer Premier Live』ではないでしょうか。ファンとしては最高の空間を共有できるプレゼントとなったに違いありません。

 

その後も勢いは止まることなく、7月には、2枚目のシングル「Re:pray/寂しくて眠れない夜は」のジャケットアートワークが、パリで開催された写真コンペティション「PX3」の音楽部門で銀賞を受賞し、「Re:pray」は、テレビ東京系のアニメ『BLEACH』のエンディングテーマとして起用されています。

そして、8月に4枚目のシングル「あなたに出会わなければ 〜夏雪冬花〜/星屑ビーナス」は、フジテレビ系の深夜アニメ夏雪ランデブー』エンディングテーマや、レコチョクのTVCMソングとしても起用されています。

 

こうしたTVアニメ系のテーマやCMソングとしての起用により、注目を浴びることとなり、倉科カナや阿部真央、佐々木美玲、西川貴教、モデルの松井美緒、EGOISTのchellyなどがファンを公言しているほか、写真家の加藤アラタ、漫画家の久保帯人、声優の安野希世乃、FLiPのサチコ、歌手の藍井エイル、LiSA、作曲家の梶浦由記など多くの著名人からも高い評価を受けている。

また、桑田佳祐が自身のラジオ番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」でその年に発表された邦楽の中から、自身の選ぶトップ20として、4枚目のシングル「あなたに出会わなければ 〜夏雪冬花〜/星屑ビーナス」を5位にランキングし、2016年には10枚目のシングル「insane dream」を4位にランキングするなど、その実力は折り紙付きとなっています。

 

2012年10月には、初のオリジナルアルバム『Sleepless Nights』を発表すると、発売日のデイリーチャートで5位、週間で11位を記録(オリコンチャート)するなどその人気ぶりは不動のものとなっていきます。大阪で行われた「MINAMI WHEEL 2012」に参加した際には、ライブ出演時に入場規制がかけられるほどの大盛況となったことは記憶に新しい出来事です。

11月に、タワーレコード渋谷店リニューアルオープン記念として、2011年に発表したカバーアルバム『Your favorite things』にも収録された「Viva La Vida」を、同店舗限定でシングルカット発売。12月には、カバーアルバム『Bitter & Sweet』を発表。

2013年

2013年3月には、5枚目のシングル「RE:I AM EP」を発表し、表題曲「RE:I AM」はOVA『機動戦士ガンダムUC』シリーズの主題歌としても採用されている。同曲は週間オリコンチャートで最高6位を記録し、自身初のトップ10入りとなっています。

恒例となったCD購入者を対象とした招待制ライブ『Aimer Premier Live』は、初めて教会を会場として『Aimer Premium Live in Church』と題して行われるなど、数々の特典として招待制ライブを開催している。

同年7月には、写真コンペティション「PX3」の音楽部門にて、4枚目のシングル「あなたに出会わなければ 〜夏雪冬花〜/星屑ビーナス」のジャケットアートワークで入選し、2枚目のシングル「Re:pray/寂しくて眠れない夜は」のジャケットアートワークにつづく2年連続での選出となった。同年8月には、2012年5月に配信限定作品として出した「星屑ビーナス」以来の配信限定シングル「眠りの森」を発表。

2014年

2014年5月には、6枚目のシングル「StarRingChild EP」を発表し、表題曲の「StarRingChild」は『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』最終話のエンディングテーマとして、また、OVA『機動戦士ガンダムUC』episode 7「虹の彼方に」の主題歌、レコチョクのTVCMソングとしても採用されることとなりました。

また、澤野弘之による音楽プロジェクトであるSawanoHiroyuki[nZk]、および『機動戦士ガンダムUC』とのコラボレーション企画として、SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer名義での活動を開始し、6月、2枚目のオリジナルアルバム『Midnight Sun』と、SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer名義でのコラボレーションアルバム『UnChild』を2枚同時発表したことで注目を浴び、週間オリコンチャートでは前者は最高9位、後者は10位と、アルバム2枚ともトップ10入りを果たします。

8月からはワンマンライブとしては初の有料興行となる『Aimer 1st LIVE Midnight Sun』を大阪・東京の2公演を開催しチケットは即日完売となる大盛況となりました。

 

9月には、ミニアルバム『誰か、海を。 EP』を発表。表題曲「誰か、海を。」は、フジテレビ系の深夜アニメ『残響のテロル』エンディングテーマに起用されました。

 

12月には、7枚目のシングル「broKen NIGHT/holLow wORlD」を発表。4枚目のシングル「あなたに出会わなければ 〜夏雪冬花〜/星屑ビーナス」以来の両A面シングルとなり、収録曲のうち3曲がTYPE-MOON制作のPS Vitaゲーム『Fate/hollow ataraxia』のテーマソングに起用されたり、タワーレコードでのインストアライブの実施を重ね、多くのファンを魅了していきます。

2015年

2015年1月からは初の全国ツアー『Aimer Live Tour “Maiden Voyage”』を大阪・福岡・名古屋・東京の4都市4公演を開催。初日の大阪公演では声が出なくなるトラブルに見舞われながらも全公演を完遂します。

2月には、豊洲PITで行われたagehasprings主催のイベント『Synapples 2.0 〜no border between sounds〜 Produced by agehasprings』に参加し、同月配信限定シングル「君を待つ」を発表し、テレビ朝日系スペシャルドラマ『クロハ〜機捜の女性捜査官〜』の主題歌として起用されます。

5月には、「ミュージック・ジャケット大賞2015」にて、ミニアルバム『誰か、海を。 EP』のジャケットアートワークで準大賞を受賞しています。

そして、同月にはONE OK ROCKの全国ツアー『ONE OK ROCK 2015 “35xxxv” JAPAN TOUR』の横浜アリーナ公演のサポートゲストとして抜擢されオープニングアクトを務めました。

6月には、8枚目のシングル「Brave Shine」を発表。全国ツアー『Aimer Live Tour “Maiden Voyage”』大阪公演で声が出なくなった経験が基となって歌詞が書かれた表題曲「Brave Shine」は、テレビアニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』2ndシーズンのテーマソングに起用されました。

7月には、3枚目のオリジナルアルバム『DAWN』を発表し、週間オリコンチャートでは自身の記録では最高の4位を記録しました。

2016年

2016年3月には、東京、大阪のBillboard Liveにて『Aimer Billboard Live Tour』を開催し、5月に9枚目のシングル「ninelie EP」を発表。表題曲「ninelie」は、Aimer with chelly (EGOIST)名義としてEGOISTのchellyがゲストヴォーカルとして参加し、フジテレビ系の深夜アニメ『甲鉄城のカバネリ』のエンディングテーマに起用されました。

 

7月には10枚目となる両A面シングル「insane dream/us」を発表。8月には11枚目のシングル「蝶々結び」を発表するなど、7月、8月と2ヶ月連続シングルリリースを展開している。「蝶々結び」は日本テレビ系の情報番組『スッキリ!!』で、2016年8月度のテーマソングとして起用されている。

 

8月19日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』にテレビ番組初出演し、「蝶々結び」を披露したことで、知名度は全国的に知れ渡ることに。

これまでファン限定の招待制コンサートやタワーレコードでインストアライブなど、実際に足を運ばなくては見ることができなかった姿を見られると、多くのファンを喜ばせてくれました。

デビュー5周年

9月には、デビュー5周年を記念し、公式ファンクラブ「Blanc et Noir」会員を対象とした招待制イベント『Aimer 5th Anniversary Special Event』を開催。同月より自身初の全国ホールツアー『Aimer Hall Tour 2016 〜like a daydream〜』を全国10都市10公演を開催するほどに。

初日の埼玉公演と同日に4枚目のオリジナルアルバム『daydream』を発表。既発曲でコラボレーションした阿部真央や既発シングル曲でプロデュースを受けた澤野、Taka、TK、野田らの楽曲に加え、andropの内澤崇仁やスキマスイッチのプロデュース曲を収録し、2011年のデビューから築き上げた「Aimerの世界観を壊す」をコンセプトに作り上げられ、週間オリコンチャートでは自身記録の最高2位を記録し、年間オリコンチャートにも初のランクイン(64位を記録)をするヒットとなりました。

スポンサーリンク

同アルバムからはリードトラックとして「Falling Alone」が先行配信され、「Falling Alone」「カタオモイ」「Stars in the rain」の3曲のミュージックビデオが制作されました。「カタオモイ」のミュージックビデオには楽曲提供を行った内澤と、モデルの武居詩織が、「Stars in the rain」のミュージックビデオにはモデルの中田絢千と兒玉太智が、それぞれ出演し話題を呼びました。

なお、2013年よりタワーレコードで展開していたインストアライブシリーズは『TOWER OF LOVERS FINAL』と題し、2016年12月に12回目の開催をもって終了となってしまいます。

ファンにとっては身近に会えるイベントとして人気でしたが、これからもっとすごいステージに立つ意味でもインストアライブの終了をもってステップアップされたということですね。

 

11月には、12枚目となる両A面シングル「茜さす/everlasting snow」を発表。表題曲「茜さす」はテレビ東京系アニメ『夏目友人帳 伍』のエンディングテーマに起用され、「everlasting snow」は発売直後に情報番組TBS系『ひるおび!』の2016年12月度エンディングテーマにそれぞれ起用されました。

「茜さす」のミュージックビデオには女優の平田薫と俳優の高野八誠が出演し、話題を呼びました。

2017年

2017年1月には、スペースシャワーTV主催「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS」にてBEST FEMALE ARTIST(最も活躍した女性ソロアーティストに授与される賞)にノミネートされ、2月には、前年のBillboard Liveツアー会場公演だった東京・大阪に加え、名古屋ブルーノート公演を追加したアコースティックツアー『Aimer Acoustic Live Tour 2017』を開催し、初日のBillboard Live TOKYO公演と同日に配信限定シングル「凍えそうな季節から」を発表。同曲はテレビ朝日金曜ナイトドラマ『奪い愛、冬』のオープニングテーマに起用され、ミュージックビデオにはかねてからAimerのファンだったと公言している女優の倉科カナが出演し、話題を呼びました。

3月には、4枚目のオリジナルアルバム『daydream』が、「第9回CDショップ大賞2017」の準大賞を受賞し、授賞式にて「蝶々結び」を披露しました。

5月には、自身初となるベストアルバム『BEST SELECTION “blanc”』と『BEST SELECTION “noir”』の2作品を発表すると、週間オリコンチャートでは『BEST SELECTION “blanc”』が3位(年間チャートでは59位を記録し、自身最大の売上を記録)、『BEST SELECTION “noir”』が4位となり、ベストアルバム2作同時トップ5入りを記録しました。

収録された新曲「歌鳥風月」をもとに特別番組『Aimer ベストアルバムリリース記念スペシャルラジオドラマ 〜君の歌が聴こえる〜』が制作されるなど、その人気の強さがわかりますね。

主演を声優の梶裕貴と花澤香菜が務め、全国JFN系列全23局のFMラジオにて放送されました。

8月には、自身初の日本武道館単独公演となる『Aimer live in 武道館 “blanc et noir”』を開催し、観客数1万3千人を動員し会場を沸かせました。また同時に国内26ヶ所に加え香港・台湾・韓国の映画館にてライブの模様を生中継するライブビューイングも実施されています。

10月には、13枚目のシングル「ONE/花の唄/六等星の夜 Magic Blue ver.」を発表し、週間オリコンチャートで最高2位を記録しました。「花の唄」のミュージックビデオは三木孝浩が「Re:pray」のミュージックビデオ以来約6年ぶりに監督を務め、女優の浜辺美波が出演し話題を呼びました。

11月からは全国ツアー『Aimer LIVE TOUR 17/18 “hiver”』を開催し、全国15都市16公演を行い、総観客数は自己最多となる3万4千人を動員しました。12月、ライブ映像作品としては初の単体発売となる『Aimer Live in 武道館 “blanc et noir”』をBlu-rayのみで発売しています。

2018年

2018年2月には、14枚目のシングル「Ref:rain/眩いばかり」を発表しました。表題曲の「Ref:rain」はフジテレビ系深夜アニメ『恋は雨上がりのように』のエンディングテーマに起用され、山戸結希が監督を務めたミュージックビデオには女優の桜田ひよりとミスiD2008グランプリ受賞者で女性アイドルグループ終演後物販の元メンバーである兎遊が出演した。もう一方の表題曲「眩いばかり」はCoccoが書き下ろしによる楽曲提供を行った。

6月には、単独公演としては自身初となるオーケストラコンサート『Aimer special concert with スロヴァキア国立放送交響楽団 “ARIA STRINGS”』をBunkamuraオーチャードホールにて開催し、8月には、公式ファンクラブ「Blanc et Noir」会員を対象とした自身初となるファンクラブツアー『Aimer Fan Club Tour “été”』をZepp3会場で開催しました。

9月には、15枚目のシングル「Black Bird/Tiny Dancers/思い出は奇麗で」を発表。女優の土屋太鳳と芳根京子が主演を務める映画『累 -かさね-』の主題歌に起用された自身初となる実写映画主題歌「Black Bird」、ソニー・ミュージックレーベルズ主催の楽曲オーディション『Sony Music presents 全国作曲コンクール』から採用された「Tiny Dancers」、作品発売に先駆けて新曲として父の日にミュージックビデオが公開されていた「思い出は奇麗で」をそれぞれ表題曲とするトリプルA面シングルとして発売された。

10月には、2作目となるライブ映像作品『Aimer special concert with スロヴァキア国立放送交響楽団 “ARIA STRINGS”』をBlu-rayとDVDで発表

 

週間オリコンチャートでミュージックDVD・Blu-rayランキングおよびミュージックBlu-rayランキングの2つで、過去発売された全作品を通じて自身初となる1位を記録した。また発売同日より全国ツアー『Aimer Hall Tour 18/19 “soleil et pluie”』を開催しました。

12月には、LINE株式会社が運営する音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」の2018年間ランキングにて、「カタオモイ」がBGMランキング年間2位を記録しました。

2019年

2019年1月、16枚目のシングル「I beg you/花びらたちのマーチ/Sailing」を発表。アニプレックス配給劇場版アニメ映画『Fate/stay night [Heaven’s Feel] II.lost butterfly』の主題歌として、前作の主題歌「花の唄」に引き続き梶浦由記が楽曲提供およびプロデュースを手掛けた「I beg you」を含むトリプルA面シングルとして発売され、週間オリコンチャートでCD作品としては自身初の1位を記録し、同チャートでの女性ソロアーティストCDシングル首位獲得は、2014年の岩佐美咲「鞆の浦慕情」以来5年振りの記録となった。「花びらたちのマーチ」のミュージックビデオは湯浅弘章が監督のもと、かねてよりAimerのファンであることを公言していた日向坂46の佐々木美玲の主演、タレントの早瀬慧や工藤美桜が出演し話題を呼んだ。

また「I beg you」のミュージックビデオは「花の唄」に引き続き三木孝浩の監督、浜辺美波の主演で続投となり制作された。シングルとしては2019年現在の時点で最も多い売り上げを記録している。

 

4月には、5枚目のアルバム『Sun Dance』と『Penny Rain』を発表。週間オリコンチャートでは『Sun Dance』が3位、『Penny Rain』が2位となり、また2作品と映像作品をバンドルした『Sun Dance & Penny Rain』では合算され、年間オリコンチャートでは76位を記録した。

5月には、5作目となる配信限定シングル「STAND-ALONE」を発表。4月のアルバムリリースから1か月にも満たない短いスパンでの作品発表となった。同曲はテレビドラマ『あなたの番です』の第1章主題歌に起用され、ミュージックビデオにはドラマにて尾野幹葉役を務める女優の奈緒が出演している。

6月には昨年の10月から本年の2月にかけて開催した『Aimer Hall Tour 18/19 “soleil et pluie”』の海外ツアーとして『Aimer “soleil et pluie” Asia Tour』を開催し、最終日の東京公演を含めたアジア5都市5公演を行った。

8月には、17枚目のシングル「Torches」を発表。NHK総合のテレビアニメ『ヴィンランド・サガ』の前期エンディングテーマに起用されました。

10月からは、全国ツアー『Aimer Hall Tour 19/20 “rouge de bleu”』を開催するなど、年を追うごとに、ツアーの規模も全国から全世界に、回数も飛躍的に伸びてきています。

2020年

2020年3月、18枚目のシングル「春はゆく/marie」を発表し、「春はゆく」、「marie」を表題曲とした両A面シングルとして発売。週間オリコンチャートでは、最高3位を記録しています。

また「春はゆく」のミュージックビデオ過去の2作品「I beg you」「花の唄」に引き続き三木孝浩の監督、浜辺美波の主演で続投となり、三部作の締めくくりとして制作されています。

4月には、YouTube公式チャンネルの登録者数が100万人を突破し、シングル「春はゆく/marie」のヒットを記念し、「StarRingChild」以降のミュージックビデオ全10曲のフルサイズを公開している。5月には、YouTube公式チャンネルにて、梶浦由記のピアノ伴奏に合わせた「春はゆく」のセッション動画を公開。

6月、TAKA清水翔太が発起人となったプロジェクト「[re:]プロジェクト」に、阿部真央、絢香、KENTA(WANIMA)、Nissy、三浦大知とともに参加。楽曲「もう一度」をYouTubeにて発表。

2021年

4月には、約2年振りとなる6枚目のアルバム『Walpurgis』を発表。

9月25日、所属レーベルをSACRA MUSICに移籍し、同時に12月から放送されるアニメ「鬼滅の刃 遊郭編」のオープニング及びエンディングテーマを担当する事を発表。

翌2022年1月12日には両曲を収録したシングル「残響散歌/朝が来る」の発売が決定。

早速予約しておきました。

インスタ

本人のインスタが・・・見つかりませんでした^^;

 

非公式のファンのインスタはあるのですが、また、アップされたら更新していきたいと思います。

 

 

ちなみにTwitterはこちらのようです。

おすすめ楽曲

蝶々結び

全ての曲がおすすめですといいたいところですが、「蝶々結び」が何よりもおすすめだと思います。

初のテレビ出演で披露してからも話題となり、世界一感動する「蝶々結び」を人と人との関係に結びつけた人気の楽曲です。鳥肌が止まりません。

花の唄

2017年10月に発表された13枚目のシングルです。

週間オリコンチャートで最高2位を記録しました。

「花の唄」のミュージックビデオは三木孝浩が「Re:pray」のミュージックビデオ以来約6年ぶりに監督を務め、女優の浜辺美波が主演で登場しています。

 

I beg you

2019年1月に発表された16枚目のシングルです

アニプレックス配給劇場版アニメ映画『Fate/stay night [Heaven’s Feel] II.lost butterfly』の主題歌として起用され、ミュージックビデオには「花の唄」に引き続き三木孝浩の監督、浜辺美波の主演で続投となり制作された。シングルとしては2019年現在の時点で最も多い売り上げを記録している。

 

まとめ

鬼滅の刃の遊郭編でテーマソングに起用されたことから、Twitterでもトレンドとなり、注目をさらに集めています。

唯一無二の独特の声量と歌唱力は聞いたものを虜にし、一度聴いたらもうファンになってしまうほど。

 

日本音響研究所所長(当時)の鈴木松美さんは、Aimerの声質について、「振幅ゆらぎと周波数ゆらぎが同時に発生している、非常に稀な声の持ち主です」と高く評価しています。

 

 

 

もっと聴きたいという場合は、Amazon Music Unlimitedの無料体験でAimerさんの楽曲を楽しむことができますよ。

無料体験はこちらから⇨>>Amazon Music Unlimitedキャンペーンページ

Amazon Music Unlimited キャンペーンまとめ【2021】【新規登録で500ポイント】
この記事では Amazon Music Unlimited キャンペーンについて紹介しています。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました