元彼の遺言状 第5話篠田の正体を考察 あらすじネタバレ感想

ドラマ

元彼の遺言状第5話面白かったなあ。

5月9日、「元彼の遺言状」第5話が放送されました。

篠田の正体はいったい。。。

この記事では、篠田の正体を考察、第5話のあらすじ、見どころ、視聴率、ネタバレ感想について紹介しています。

 

本記事のテーマ

元彼の遺言状 第5話篠田の正体を考察 あらすじネタバレ感想

スポンサーリンク

この記事では

・第5話のあらすじ

・第5話の見どころネタバレ感想 篠田の正体を考察

・第5話の視聴率

第5話のあらすじ

麗子(綾瀬はるか)と大手出版社の顧問契約の話を篠田(大泉洋)が勝手に断ってしまったことが原因で、ふたりはいまだに口もきかない冷戦状態にあった。そこにやってきた紗英(関水渚)は、麗子と篠田の間に挟まれてイラつきつつも、篠田を借りるといって一緒に出かけていく。

すると今度は、津々井(浅野和之)が『暮らしの法律事務所』を訪ねてくる。近年、業績を伸ばしている投資会社M&Sキャピタルの創立25周年パーティーに、麗子を連れて行きたいのだという。

パーティー会場は、M&S社が経営しているレストランだった。同社は上場を控えているらしく、会場には大企業の幹部や大物投資家たちが顔をそろえていた。津々井が麗子を誘ったのは、経済に強い彼女を『山田川村・津々井法律事務所』に復帰させ、上場を機に新たな弁護士を探しているM&S社との契約を獲得しようという魂胆だった。ふと、隣のテーブルにつこうとしていた男に目をやる麗子。するとそこには篠田と紗英の姿があった。M&S社は森川家の投資顧問なのだという。

そんな中、会場が暗転し、スポットライトとともにステージに現れたM&A社代表取締役の真梨邑礼二(藤本隆宏)が挨拶を始める。まず、一緒に会社を立ち上げた共同代表の庄司健介(髙橋洋)への感謝の言葉を口にする真梨邑。次の瞬間、会場の後方で突然大きな音が響いた。明かりをつけると、そこには投資家の久野という男が倒れて死んでいて……。

https://www.fujitv.co.jp/motokare/story/index.htmlより

第5話の見どころネタバレ感想

篠田は明らかに警察を避けている

警察に向かう篠田と剣持、紗英でしたが、いつの間にか篠田は姿をくらまします。

スポンサーリンク

篠田が警察を避ける理由

・事件を起こし警察から逃げている

・警察に知り合いがいるもしくは、元警察関係者

 

事件を起こし警察から逃げているというのは、ストーリーからも無理がありそうなので、ちがうでしょうね。

 

 

単に警察の人を避けているという点だけだと、警察に知り合いがいる、もしくは、元、警察関係者という線が濃厚かと思います。

 

元警察関係者だったり、知り合いがいると言うだけなら、逆に会いにいきたくなるはず。何も逃げる必要はありません。

明らかに避けている。

避けなければいけない理由がある。

どんな理由で、警察を避けなければならないのか、とても気になりますね。

 

元警察関係者で、問題を起こして警察を去ることになったのであれば、今でも会いたくないかもしれませんね。

 

ストーリー最後に登場した篠田敬太郎に関する調査報告書の中身が気になりますね。

篠田が何者なのか、今週わかると思ってワクワクしていましたが、真相はまだ先になりそうです。

冒頭に登場した栄治と篠田の出会いにも何か重要なヒントが隠されているのかもしれませんね。

大口の契約

せっかくの大口契約が成立したかと思えば、殺人事件

 

何度も事件に出くわす剣持麗子

篠田と息のあった流石の推理で、犯人をバシッと的中させるところは、毎回とてもスッキリしますね。

今回はまさかの交換殺人がテーマでした。

 

ミステリー作家の卵という篠田は毎回小説になぞらえて解説してくれます。

これはまるで、アガサクリスティの「忘られぬ死」

レストランで一人の女性が死ぬところから始まると言います。

 

誰かに毒物を注射された事による中毒死

警察の聴取が始まると、いつの間にか篠田の姿がありません。

犯人には動機があるが完璧なアリバイがある

暗闇の中でどうやってターゲットを殺したのか。

パーティーでは席が決まっていた。

夫婦の中は冷え切っていた

夫を殺す動機があるが、彼女には友人とお茶をしていた

これは、「忘られぬ死」じゃなく「見知らぬ乗客」だったという篠田

見知らぬ乗客で行われるのは交換殺人でした

 

加害者と被害者に接点がないから足がつきにくい。

犯人を追い詰める二人はカッコよかったですね。

第5話の視聴率

第5話の視聴率8.6%

 

まとめ

まさかの犯人に今回も驚かされましたね。

 

次回は「黄色い部屋」がテーマとなるようですね。

どんなストーリーなのか楽しみです。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました