元彼の遺言状 第8話  篠田の冤罪 あらすじネタバレ感想

ドラマ

元彼の遺言状第8話面白かったなあ。

5月30日、「元彼の遺言状」第8話が放送されました。

 

この記事では、篠田の冤罪、第8話のあらすじ、見どころ、視聴率、ネタバレ感想について紹介しています。

 

本記事のテーマ

元彼の遺言状 第8話  あらすじネタバレ感想

スポンサーリンク

この記事では

・篠田は冤罪?

・第8話のあらすじ

・第8話の見どころネタバレ感想 

・第8話の視聴率

篠田は冤罪?

7話の考察で予想した通り、篠田は冤罪でした。

無実の罪を晴らすことができず、名を変え、逃亡生活を送っていたところ栄治に匿ってもらっていたんですね。

「しのだをたのんだ」は、しのだの冤罪を晴らしてくれだったんですね。

 

警察に追われていた篠田

第一発見者だった篠田

パーティーの後眠ってしまって

気づいた時には死体と一緒だった。

凶器の包丁には篠田の指紋

被害者と言い争っていたという供述

どれも篠田にとって不利な状況証拠が揃ってる。

 

お金にならない刑事事件の弁護を引き受けることにした麗子

後見人に津々井弁護士

 

万全の体制が整った。

 

だれかが、篠田を犯人に仕立て上げたのでしょうが、いったい誰の仕業だったのでしょう。

 

しかし、名前を変えただけでよく逃げていられたものですね。

第8話のあらすじ

篠田(大泉洋)は、6年前にある島で起きた殺人事件に巻き込まれ、殺人犯として警察から追われていることを麗子(綾瀬はるか)に告白した、以来、篠田は、身分を偽って各地を転々としていたが、3年前にたどり着いた軽井沢で栄治(生田斗真)に出会い、匿ってもらったのだという。「僕はやっていない」。麗子は、栄治がそうしたように、無実だと言う篠田を信じることにするが……。

あくる日、麗子は、篠田に弁当を作るよう指示すると、遊びに来た紗英(関水渚)とともに西園寺製鉄社長・西園寺一蔵(金田明夫)の屋敷へと向かう。今朝、一蔵から直接、仕事の依頼があったのだ。

麗子たちが一蔵の屋敷に到着すると、家の前には野次馬が集まっており、警視庁捜査一課の刑事・橘(勝村政信)らの姿もあった。一蔵が死体で発見されたのだという。風呂場で倒れている一蔵を発見したのは長男の渉(駿河太郎)だった。鑑識によれば死亡推定時刻は12時間ほど前だというが、麗子が一蔵と話したのは今朝の8時――いまから3時間前のことだった。不可解な出来事に麗子たちは首をかしげ……。

https://www.fujitv.co.jp/motokare/story/index.htmlより

第8話の見どころネタバレ感想

6年前の殺人事件に巻き込まれる

栄治は知っていた

篠田敬太郎というOBになりすますことも栄治の案だった

 

篠田は無実の罪で警察に追われていることを麗子に明かします。

 

西園寺製鉄の社長

仕事の依頼があり、西園寺の屋敷に向かう麗子たち

不可解なことに、所有地にはホームレスが住みつき、腕には高級時計

スポンサーリンク

長男が浴槽で死んでいる男性を父だと思い通報

しかしそれは、ホームレスでした。

 

親子の関係は既に崩壊するほど、どうしようもない息子でした。

 

依頼人に会うべく麗子が向かった先は所有地内のホームレスのたまり場でした。

 

全ては社長が仕組んだことでした。。。

 

祝杯をあげる

大口案件が決まり篠田と二人で高級フレンチでディナー

好きなのを決めていいという麗子でしたが、驚きの展開に。。。

 

逮捕された篠田

篠田を売ったのかと思われた麗子の行動でしたが、すでにこの時、篠田の無実を信じ、弁護をすると誓っていたのでしょうね。

 

全ては、篠田の無実を晴らすため。

 

津々井弁護士も麗子に頭を下げられては、身元引受人も引き受けないわけにはいかないでしょう。

 

お金にならない刑事事件。

これまでの麗子なら絶対にやらないこと。

栄治の遺言「しのだをたのんだ」を実行すべく、動いた麗子

見事な伏線回収でしたね。

 

クリームシチュー

前回、篠田の作ったクリームシチュー

裏設定が発表されていました。

北海道の大地の恵みだけでなく、たっぷりの海鮮入りだったんですね。

クリームシチュー食べたくなるなあ。

うちの晩御飯もシチューです♪

 

 

第8話の視聴率

第8話の視聴率は8.7%でした

 

まとめ

麗子はどうやって、篠田の冤罪を晴らしていくのか。

これからますます目が離せなくなりました。

次回は幻の女

 

篠田の無実と真犯人をはっきりさせる

 

 

次回も楽しみですね。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました