風間公親 教場0 第10話あらすじロケ地情報まとめ - 山の生活
【PR】

風間公親 教場0 第10話あらすじロケ地情報まとめ

ドラマ

10話のロケ地

どこかな?

6月12日(月)風間公親 教場0

第10話のロケ地が特定できたところを紹介しています。

created by Rinker
¥715 (2024/05/27 10:54:25時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥858 (2024/05/27 10:54:25時点 楽天市場調べ-詳細)

風間公親 教場0 第10話あらすじロケ地情報まとめ

スポンサーリンク

6月12日放送 第10話

県警捜査一課の風間公親(木村拓哉)と中込兼児(染谷将太)は、変死体が発見されたという現場に臨場する。死亡したのは、住宅街の一軒家に住む仁谷清香(竹下景子)。発見したのは22歳年下の夫でデザイナーの継秀(岡田義徳)だった。清香は電話機の近く倒れていた。調理中だったようで、レンジにはフライパンが置かれ、アルミホイルの上の鰆が焦げて炭化していた。清香は1年ほど前から認知症を患っていた。それを知り、妻の明子(大西礼芳)に任せっきりにしている認知症の母・ふき(余貴美子)のことを思い出す中込。物忘れが激しくなっていたためか、清香は電話を受ける度に録音していたようで、録音データには彼女の声がたくさん残っていた。

清香が死亡したと思われる時間、継秀は、印刷会社に勤める田瀬葵(中村ゆりか)と食事をとりながら打ち合わせをしていたという。葵に会いに行った風間たちは、継秀がいつもと違ってセット料理ではなくコース料理を頼んだこと、「妻が指輪をなくしてがっかりしている」という話を聞いたという証言を得る。「いつもと違う行動をしたということは、日常に異物が紛れ込んだということだ」と中込に告げる風間。

スポンサーリンク

ほどなく、清香の死亡原因はフッ化水素ガスの吸引によるものと判明する。たが清香には苦しんだ様子もなかった。中込は、風間の言葉の意味を考えながら、継秀の証言や、現場を見たときに感じた違和感の正体を追うが……。

https://www.fujitv.co.jp/kyojo0/story/story10.htmlより

中込の母が息子はどこですかと聞いていた場所

中込兼児(染谷将太)の母が息子はどこですかと聞いていた場所は、中込が子供の時に誘拐され、誘拐犯に現金の受け渡し場所として指定されていた場所でした。

毎週木曜日に徘徊していたのは、その記憶だけ残っていて繰り返してしまう若年性痴呆症のせい。

息子も子どもの時の記憶なのでしょう。大人の中込を見ても息子はどこですかと聞いてしまいます。

徘徊していた場所はつどい歩道橋

〒224-0032 神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央

まとめ

遠野(北村匠海)が息を引き取った

REBORNじゃなかったのね。

一瞬、目を開けて意識を取り戻したかと思ったのに

僕は刑事になれませんか・・・

涙腺崩壊の大号泣でした。

次回は最終回

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました