『ビリオン×スクール』ロケ地 講堂 溜まり場 第2話のあらすじ情報まとめ - 山の生活
※当サイトのリンクには広告が含まれます

『ビリオン×スクール』ロケ地 講堂 溜まり場 第2話のあらすじ情報まとめ

未分類

「ビリオン×スクール」ロケ地めぐりしたいけど、撮影現場どこやろ?

『ビリオン×スクール』第2話のロケ地やあらすじ情報などをまとめています。

『ビリオン×スクール』ロケ地 講堂 溜まり場 第2話のあらすじ情報まとめ

スポンサーリンク

この記事でわかること

・『ビリオン×スクール』第2話のロケ地あらすじ

1話から最終話までのロケ地あらすじ情報はここから

『ビリオン×スクール』第2話のロケ地あらすじ

日本最大の財閥グループ企業『加賀美グループ』のCEOで億万長者=ビリオネアの加賀美零(山田涼介)は、秘書兼ボディーガードの芹沢一花(木南晴夏)とともに教師として私立絵都学園に赴任。「やる気ゼロ」「才能ゼロ」「将来性ゼロ」の生徒が集められた3年0組の担任になった。

ある日、加賀美と芹沢が校庭を歩いていると、頭上から教卓が落ちてくる。そして、駆けつけた0組の西谷翔(水沢林太郎)が気になることを話し出し……。西谷から話を聞いた加賀美は、クラスにいじめがあることを読んでいた、と言う。それは、いじめ問題の解決が可能になれば、AI教師の導入が大きく前進するからだった。

スポンサーリンク

あくる日、加賀美は0組の生徒たちにタブレットを出すよう命じ、アンケートを配布する。それは、いじめに関するアンケートだった。タブレットの電源が入らなかった梅野ひめ香(上坂樹里)に、代わりのタブレットを手渡す芹沢。すると東堂雪美(大原梓)が、アンケートの内容に異議を唱え、疑われるのはショックだと言い出す。そんな雪美に加賀美は、このアンケートはいじめがあるかないかではなく、いじめはあるという前提で、誰がいじめられ、誰がいじめているのかを再確認するものだ、と言い放ち……。

加賀美が内巻と話していた講堂

加賀美零(山田涼介)が私立絵都学園の校務員・内巻雫(神木隆之介)と話していた講堂は、おおぐろの森中学校の多目的ホールです。

〒270-0122 千葉県流山市大畔581

紺野たちの溜まり場

偏差値番付最下層の紺野直斗(松田元太)たちの溜まり場となっているビルは富士見ビルです。

『マルス-ゼロの革命-』のロケ地にも使われていました。

〒292-0831 千葉県木更津市富士見2丁目3−34

 

まとめ

『ビリオン×スクール』の2話のロケ地あらすじ情報などをまとめました。

ロケ地めぐりの参考になれば幸いです。

 

1話から最終話までのロケ地情報あらすじまとめはここから

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました